奈良市の奈良公園でボーガン(洋弓銃)の矢が刺さったシカが死んだ事件で、文化財保護法違反(天然記念物のき損)容疑で逮捕された津市芸濃町、飲食店経営、稲垣銀次郎容疑者(39)が「食パンをまいてシカをおびき寄せた」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。

 食パンをまいたのは同容疑で逮捕された三重県亀山市みずほ台、飲食店員、伊達恵容疑者(37)で、2人は交際していたという。奈良県警は近づいたシカを稲垣容疑者が撃ったとみて調べている。

 奈良公園一帯のシカは国の天然記念物に指定され、約1100頭いる。公園内で売られているシカせんべいを与える観光客に日常的に接しており、人に対する警戒心が弱い。

 県警は14日午後、2人を同容疑で奈良地検に送検する。【岡奈津希、上野宏人】

【関連ニュース】
天然記念物き損容疑:「シカ売れば金に」 新たに1人逮捕
文化財保護法違反:39歳容疑者逮捕 シカにボーガン
文化財保護法違反:30代男聴取へ 矢でシカ死なせた疑い
文化財保護法違反:死んだ雌ジカ 妊娠していたと判明
奈良公園:矢の刺さったシカ死ぬ

愛子さま「毎日ご通学」(産経新聞)
政治とカネも普天間も、首相「心配ご無用」(読売新聞)
法相、社団法人調査を指示 無利子融資問題で(産経新聞)
【オトナの旅】熊本・人吉(上)米焼酎良し、温泉良し、人情良し…コドモには分からぬ魅力(産経新聞)
全国唯一の「税の学習施設」がリニューアルオープン 東京都台東区(産経新聞)