妻を暴行して死なせたとして、神奈川県警港南署は20日、横浜市交通局営業推進課職員、目沼俊彦容疑者(54)=同市港南区野庭町=を傷害致死容疑で逮捕した。同署によると、目沼容疑者は「特にありません」と話しているという。

 逮捕容疑は18日午前7時ごろ、自宅で妻佳代子さん(58)を殴るなどして搬送先の病院で死亡させたとしている。同署によると、同10時ごろ自分で119番した。市によると、目沼容疑者は病気を理由に08年8月~今年3月は休職、4月1日に職場復帰したばかりだった。【宗岡敬介】

【関連ニュース】
提訴:障害者枠採用の女性「職場いじめで退社」賠償求め
働くナビ:労働相談の受け手向けに、マニュアルができました。
働くナビ:精神疾患、自殺の労災認定基準が10年ぶりに見直されました。(2/2ページ)

<改正道交法>70歳以上の死亡事故割合、10年で倍増(毎日新聞)
元郵便局員の女を追送検=「管理ずさん」と供述-兵庫県警(時事通信)
橋下新党「大阪維新の会」発足(時事通信)
元明石署副署長を聴取=歩道橋事故で指定弁護士-兵庫(時事通信)
たちあがれ日本 略称は「日本」(毎日新聞)