29日午後1時ごろ、北方領土・国後島沖の日露安全操業水域で、操業中の羅臼漁協(北海道羅臼町)所属のスケトウダラ刺し網漁船2隻に、ロシア国境警備隊のヘリコプターが照明弾を発射した。漁船に着弾せず、けが人はなかった。第1管区海上保安本部は30日、2隻に銃撃を受けたような痕跡があったと発表した。

 2隻は「第58孝丸」と「第63清美丸」。1管によると、痕跡は「第58孝丸」に15カ所、「第63清美丸」に5カ所あった。1管は2隻がヘリに銃撃された可能性があるとみて乗組員らから当時の事情を聴取し、詳しく調べている。

 羅臼漁協によると、衛星通信管理システム(VMS)のデータでは、2隻は国後島から約11キロ離れた安全操業水域にいた。同漁協は「違反していないと認識している」と話し、外務省を通してロシア側に抗議する方針。また、銃撃とみられる痕跡が見つかったことについて同漁協の村椿力男専務は「銃撃となると(照明弾とは)話が違う。慎重に対応したい」と話した。【三沢邦彦、本間浩昭】

【関連ニュース】
日露外相会談:領土問題、認識の差埋まらず
ロシア:「不法占拠」見解で抗議集会 北方領土めぐり
ロシア大統領府長官:鳩山首相と会談…答弁書をけん制
ロシア大統領府長官:領土交渉継続の姿勢示す…東京で講演
実母からの献金「申告をして、納税致しました」 12月27日午前9時半ごろ~

貨物船火災 積み荷から激しい黒煙 ベリーズ船籍 福岡(毎日新聞)
<バレンタイン>QRコード付きチョコあげます 大阪で(毎日新聞)
がん診療連携拠点病院、新たに15施設を指定へ(医療介護CBニュース)
【中医協】「院内トリアージ体制加算」を新設へ(医療介護CBニュース)
<団地の地盤沈下>愛知県の責任認めず 名古屋高裁(毎日新聞)