興和は4月6日、持ち運びに便利で、頑固なかゆみにその場ですぐに対応できるかゆみ・虫刺され用薬「プチウナコーワα」を新発売する。

 2008年に発売された「プチウナコーワ」の処方強化品として、かゆみが悪化したり、皮膚が赤く腫れたりする原因となる炎症を抑えるデキサメタゾン酢酸エステルを新配合。また、ジフェンヒドラミン塩酸塩がかゆみの基になるヒスタミンの働きを抑え、かゆみを鎮めるとともに、リドカインの局所麻酔作用により、かゆみの伝わりをブロックする。

 用法・用量は1日数回、適量を患部に塗布する。価格は12mL/609円(税込み希望小売価格)。


【関連記事】
一般用医薬品「ポポンピュメリ錠VB」など新発売―塩野義製薬
目薬「ロートジー」シリーズを一斉リニューアル―ロート製薬
ビタミンD3製剤2成分のスイッチOTC化を了承
スイッチOTC市場、2.3%増の1571億円
一般用医薬品販売制度のQ&Aを事務連絡―厚労省

<わいせつ行為>国交省係長を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
霧島山で小噴火の可能性=警戒レベル引き上げ-気象庁(時事通信)
高速道路上限割引 来週にも正式発表(レスポンス)
<首相・閣僚会見>(3)「庁舎管理」で制限も(毎日新聞)
若林氏の議員辞職要求=投票代行問題で-自民執行部(時事通信)