TBS社員を名乗って知人にもうけ話を持ち掛け、現金20万円をだまし取ったとして、警視庁赤羽署は、詐欺の疑いで埼玉県鳩ケ谷市坂下町、アルバイト、大村智容疑者(41)を逮捕した。赤羽署によると、大村容疑者はアルバイト先の印刷会社の同僚に「自分はTBSのディレクターだが、仕事で失敗し謹慎している」と偽り、業界関係者に頼んでインターネットの通販サイト内にホームページ(HP)を作れば、毎月広告料が入ると持ち掛け、手数料名目で5人から計約55万円を詐取したとみられる。

【関連記事】
Adobeかたる詐欺メール、アップデートと称してユーザーをだます
楽しそうな家族が…元夫から事情聴取 御殿場市の遺棄事件
組長が市営住宅の家賃減免悪用 兵庫県警が逮捕状
「PS3でLinux」無効化めぐり、ユーザーがソニー訴える
「高差」「うちこ」隠語は健在…警視庁ネットハンターが狙う闇サイトの“急所” 
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

将棋 封じ手は「4四銀」 名人戦第3局(毎日新聞)
京都の病院で集団食中毒、7人からノロウイルス(読売新聞)
普天間、全面県外移設は困難=鳩山首相、沖縄知事に表明-名護市長は拒否(時事通信)
母の日 青いカーネーション「ムーンダスト」出荷ピーク(毎日新聞)
「酸っぱい」カツ重…売れ残りトンカツ肉転用(読売新聞)