今回の津波では、自治体の指定した避難所を利用しない住民も多かった。

 徳島県では4市町の計約1万800世帯(約2万5000人)に避難勧告が出たが、各市町が確認した避難者はわずか225人。同県美波町の漁業男性(75)は「津波と聞いて気持ち悪い思いがしたが、数十センチなら高潮と同じ位。大丈夫だろうと思い、漁船も特別なことはしなかった」と話した。

 和歌山県那智勝浦町は5地区7753世帯(約1万5000人)に避難勧告より強い「避難指示」を発令したが、避難所に集まったのは約90人。津波到達予想時刻の午後2時半頃には、海岸でサーフィンをする若者の姿も見られた。

 寺本眞一町長は「被害は出なかったが、今後、より厳しく注意を喚起しなければ」と反省を口にした。

覚せい剤、「着ぶくれ」で発見=体巻き密輸、容疑で逮捕-北海道(時事通信)
<東京高裁判決>「特例企業税は適法」神奈川県が逆転勝訴(毎日新聞)
過去事件へ適用「憲法違反でない」=時効撤廃・延長で千葉法相(時事通信)
上場企業の規制強化諮問=「公開会社法」の是非焦点-千葉法相(時事通信)
<火災>高校生が4歳児救出 排水管から2階へ(毎日新聞)