東京都教育委員会は15日、都立国分寺高校(勝部純明校長)で先月23日に行われた入試の英語に出題ミスがあり、3人を追加合格にしたと発表した。3人は入学の意思を示しているという。出題ミスによる追加合格は、都立高では初めて。

 都教委によると、ミスがあったのは、国分寺高が自校作成した英語の問題。英文中に助動詞が二つ含まれる文法上の誤りがあった。9日に問題集などを作成する出版社から問い合わせがあり、誤りが分かった。該当する設問を全員正解としたところ、3人が合格基準を超えたという。

 3人は既に私立高への入学手続きを済ませていた。都教委は「支払った入学金が戻ってこない場合は、対応を考えたい」と説明、弁済の意向を示した。【江畑佳明】

<ハイチ地震>PKO20人が帰国(毎日新聞)
三井情報、最大10万件の個人情報紛失(時事通信)
「悪口あった」と両親に報告=中2女子自殺で市教委-東京(時事通信)
「桃鉄」キャラを無断使用=風俗店経営の男を書類送検-大阪府警(時事通信)
携帯電話から全国約600,000件の賃貸マンション・賃貸アパート等の物件情報を検索・比較・お問い合わせが可能な、検索ボックステンプレート「お部屋サーチ」提供可能に。