鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)は1日、強風で3月10日に折れた大銀杏(いちょう)の残った根の部分から、新芽が生えていることが確認されたと発表した。

【ニュースの第一報】鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台

 八幡宮によると、1センチに満たない青色の芽が吹き出しているという。3月16日に倒れた大銀杏の幹を本殿に続く石段脇に植え付け、同18日には、幹や残った根の部分の再生を願う神事が行われた。境内に設置した記帳台には1日までに、2万5000人が記帳しているという。【吉野正浩】

【関連ニュース】
【鶴岡八番宮の現場に行ってみた】イチョウは手品師?
鶴岡八幡宮:大銀杏の植え付け作業終わる
鶴岡八幡宮:大銀杏、無事に育って 一般公開--神奈川・鎌倉
鶴岡八幡宮:大銀杏を植え直し 幹を切断、根の再生に期待

<掘り出しニュース>わさおの“ぶさかわいい”ティッシュ人気 北東北限定(毎日新聞)
<名張市長選>亀井氏が3選 三重(毎日新聞)
<保険金殺人>上申書の元組長が上告 懲役20年不服(毎日新聞)
ランサー2400台リコール=三菱自(時事通信)
東京商工リサーチ元社長・西山静氏死去(産経新聞)