福岡市で2006年8月、児童3人が死亡した飲酒運転追突事故で、車を追突させた元同市職員今林大(ふとし)被告(25)(上告中)ら計5人に対し、両親が計約3億5000万円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁に起こしたことがわかった。

 提訴は5日付。

 両親の代理人弁護士によると、5人は今林被告のほか、車に同乗していた男性2人、飲酒検知前の今林被告に水を飲ませた男性、車の所有者である今林被告の父。両親が負った心身の傷と3児の死亡に対する慰謝料などを求めている。

 今林被告側は刑事裁判で「被害者の居眠り運転や急ブレーキも事故の原因」とし、被害者側にも過失があると主張。被害弁償は行われておらず、両親がこれまでに受け取ったのは自賠責保険の保険金のみという。

実質年3.46%の高い伸び=昨年10~12月期GDPの民間予測(時事通信)
保険外併用療養など「早急な結論は危険」―枝野行政刷新相(医療介護CBニュース)
ラジオ体操帰りの高齢女性狙う=ひったくり容疑で中学生2人逮捕-警視庁(時事通信)
自室に放火、36歳男逮捕=連続不審火との関連捜査-福岡県警(時事通信)
首相動静(2月12日)(時事通信)