東京大医科学研究所(東京都港区)の東條有伸教授(54)らの論文に、所内倫理委員会の承認を受けたなど虚偽の内容が記載された問題で、東京大は15日、東條教授を12日付で停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。医科研の所長と元所長にも監督責任があるとして、文書で訓告と厳重注意した。

 東大によると、東條教授は08年5月に伊医学誌に掲載された論文で、実際には倫理委が研究計画の修正を求めたのに「承認された」と誤解。検体を提供した患者への同意も、一部は文書でなく口頭だけだったが、「同意を得た」として結果的に虚偽記載をした。

 田中明彦・副学長は「今後このような行為がおこらないようコンプライアンス(法令順守)推進体制の強化に当たりたい」とコメントした。【河内敏康】

【関連ニュース】
セクハラ:東大の30代准教授を諭旨解雇
東京大学:トルコ国籍助教の博士号取り消し 論文盗用で
東京大学:合格発表…前期日程入試、平均倍率3.19倍
ナノ微粒子:遺伝子を搬送、がん治療に応用も 東大が実験
新型インフル:東大、名古屋大など追試せず

事故米転売、指南役の「三笠フーズ」元顧問に有罪判決(産経新聞)
<普天間移設>沖縄県議団が防衛相に「県内反対」の意見書(毎日新聞)
スバル富士重役員にトヨタの高田常務役員が就任(レスポンス)
奈良県警の警部補「組長から250万借りた」(読売新聞)
<雪崩>巻き込まれて76歳男性不明 山形の熊野岳(毎日新聞)