炭火焼

  • author: p_a_n_d_a
  • May 28, 2017

 代車で買い物へ出かけた。いつもの魚屋と八百屋と肉屋。ついでに、隣接するスーパー。
 サザエ、ホンビノス、メザシ、鮎を買った。炭火焼するって! やほーo(゚▽゚)/

 ランチは、いつものように「何食う?」と聞いてくれた。「ラーメン。それか蕎麦」と答えると「チャーハン」と返ってきた。チャーハンがわりと美味しいとこがあるとかで。
 たしかに美味しかった。しかも、安い(ボリュームは男性向き)。


image
 明るいうちしか写真を撮れないから、前半分だけ。上から時計回りに、鮎、サザエ、焼けた鮎、ホンビノス。


本日は

  • author: p_a_n_d_a
  • May 27, 2017

1.洗濯

2.彼のカップ麺をこっそり食べた(夜、懺悔した)

3.買い物
 Tシャツでない半袖トップスを買った。毎年「Tシャツしか持ってない」とボヤキつつ、これ!という半袖も見つからないので、思い切って「とにかく買う」と決めたの。半袖ニット、カットソーなど(結局、Tシャツも買ったw)。

4.ヘアサロン
 カットとカラー。髪、だいぶ短いよ。

5.彼と商店街で買い物
 ヘアサロンを出たあと、彼にメッセ。商店街で待ち合わせることになった。

6.本を予約
 ネットで予約して店頭で受け取る。地元駅の駅ナカ本屋がわたしにはとても便利。この方法なら、宅配便を受け取れなかった……ということもない。
 あ、今回は辞書を予約した。通勤電車で読む予定。

7.代車はVitz
 小型車だけど、足元が広々してる印象(あくまでも印象)。

新月

  • author: p_a_n_d_a
  • May 27, 2017

 書類選考が始まるらしい。その通知を見たとき、胸がざわざわした。きっと「ダメだったらどうしよう」が反応したんだ。
 ダメでもだいじょうぶ!



 ボス。全体的に、まだまだ回復してない。回復の兆しもない(と感じる)。でも、本人は「早く元気になりたい!」と言ってる。いままでできていたことができなくなっているので、凹んだり嘆いたりしている。
 きっと焦りがあるんだろう。子どもを産みたい。でも投薬中なので、そうもいかない。仕事も制限している。でも、数字を挙げなければならない。

 そういうボスの下で働いていても、わたしはマイペース。くっきりとした線を引くことができてるのかな。精神的に引きずられることも、ない(と思う)。



 ヒヨコが足の甲を捻挫したらしい。整骨院で診てもらい、テーピングをしてもらったらしい。
 そのテーピングに気づいた彼が「足、どうしたんだ?」と訊いてる。湿布の置き場所を教えてる。




 さっきNHKドラマで、倍賞美津子さんを見た(『ツバキ文具店』)。相変わらず、綺麗な人だと思う。シワもあり、白髪も染めず、顔は頬の肉が落ちていた。そのナチュラルな老いが綺麗だった。

 なにげなく見たドラマだったけど、ストーリーは思いがけずよかった。倍賞さんは、主人公の祖母。主人公は、祖母に育てられ、祖母に反発して家を飛び出し、とうとう祖母の最期に会わなかった。けれど、祖母が遺した小さな文具店と、祖母が言った「うちは代々、代書屋をしている」という嘘を信じ、跡を継いでいる。
 祖母は、死の直前まで、イタリア在住・イタリア人と結婚した日本人女性と文通をしていた。ハーフの男性が主人公を訪ね、祖母が送ったという手紙の束を渡す。

 祖母は祖母のやり方で、孫(主人公)を愛していた。その愛情に気付かなかったことを、主人公は涙を流して悔いていた。




 彼は包帯を外している。傷跡が目に入ったとき、足がぞわぞわしちゃった。
「だいじょうぶなの?」
「2日も経てばだいじょうぶと言われた。傷が着けばだいじょうぶって」
「そ、そうなんだ……関節を曲げるのを見ると怖い」*関節にも縫い目がある
 彼は指を曲げ伸ばしして見せた……(TT

シンクを磨く

  • author: p_a_n_d_a
  • May 25, 2017

 彼が指を怪我した。左手の親指。けっこうな傷で、病院で3針縫ったんだって。
 それでもごはんを作ってくれる。いつもみたいに美味しいごはん! しかも、洗い物ができないのに。だからわたしは、料理後の洗い物をさっさと洗うことにした。今夜はついでにシンクを磨いた。ぴっかぴかで気持ちいい。




 仕事。山場の最後は、業務数はうんと少ないけど、やるとなったら重要なことばかり。でもわたしは、肉体的に疲労、精神的にも疲労(困憊)で、神経をビリビリさせていた。あとは校了を待つばかり。
 今後ますます、業務量が増える見通し。ボスがわたしを頼っている(心身ともに)。この先、どーなるんだろねー。

散漫

  • author: p_a_n_d_a
  • May 25, 2017

 注意散漫な日だったなあ。きのうまでの集中がふっつりと切れてた。なので、しょーもないポカをやった。あああああああ! あの煩雑な繁忙をノーミスで終えたと思ったらこれだよ、ったくもう……と思いかけて、やーめた。仕方ないわ、人間だもの。疲れたんだわ。


 

テンプレート

  • author: p_a_n_d_a
  • May 24, 2017

雛形を見たけど、わかりにくかった。わたしには合わないテンプレートだと思う。

さっき、手書きでラフを作った。家で清書する。



きょうは、気が抜けてるみたい。

職務経歴書ぉ?

  • author: p_a_n_d_a
  • May 24, 2017

 某転職エージェントが「職務経歴書」を早く提出してねと言う。あなたは未提出ですね、って。そんなもん、書けるものならとっくに出してるんだわ。経歴書って「WebのPVが1000万/月が1500万/月になりました」とかさ、手柄を書けって言うわけ。で、わたしの職歴で言うと、そんなにあっさり数字が変わったりしないんだわ(それに、目に見える手柄を、働いてる人のすべてが立ててるわけないじゃん)
 クリエイティブ系って、職歴書のテンプレートも用意されてないし、ほんと困るわ〜。

 勤務先の上場/非上場だの、全従業員数だの、資本金額だの、ちっとも覚えてないし。

 みんな自分の会社のこと、そんなに知ってるんだ? わたし、楽しく勤務できたら、非上場でも中小零細企業でも、構わないんだ。だから、従業員数も資本金額も思い出せないの。

 あ! 会社でなら書けそうw いまの会社でする仕事中の内職って、すんごいクオリティ高いの! 調べ物の精度が高かったり。集中してるし、勘も冴えてるんだろうなー。
 あー、手書きすればいいのか。


ダブーリ

  • author: p_a_n_d_a
  • May 23, 2017

レバノン料理・ダブーリ。食べたいなーと彼に1度だけ伝えた。

image


帰宅したら、ダブーリが!

色鮮やかだね。
美味しかったぁ! ほとんど1人で食べちゃった💞

ダブーリには、キヌアが入ってる。Amazonで、オーガニックのキヌアを手に入れておいてくれたって!
ヽ(;▽;)ノ
このキヌアがまた美味しくて。


あーっ!
しあわせっ‼︎



帰り道

  • author: p_a_n_d_a
  • May 22, 2017

きょうは、9時近くまで勤務してた。あー、びっくり。

疲れてるから、家に帰ってもなーんにもできそうにない。




母子家庭

  • author: p_a_n_d_a
  • May 22, 2017

http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12029579807.html

電車で、これとぢんさんの子育て本を読んでた。


そしたら、彼の言葉がまた違って感じられた。




そして、武勇伝になるようなネタを探しながら生きてきたのかもなーと思った。



———


母子家庭だから××
母子家庭なのに◯◯
という世界に、まだ居座ってるのかなぁ、わたし。

居座ってるんだろなー。

心地よくないと思ってるけど、
ネタ探し
という観点なら、
アリ!
にできてしまうでしょ?



———

苦労しないとダメ
稀な経験がないとダメ
という思い込みがありそう。

そしてそれは、
貴重な経験をさせたい
と母がたくさんのあれこれを調えてくれたことも、由来してそう。
ありがたいことなんだけど、
いいことだけ受け取るって、できないじゃ?

貴重な経験のなかには、わたしが受け入れがたいことも、含まれる。


わたしも、
貴重な経験をするわたしを見て喜ぶ母
を見て、
お母さんがうれしそう
って思うわけで。





手放す

  • author: p_a_n_d_a
  • May 22, 2017

先に手放す
という考え方がある。けど、
いまの会社でないところで働きたいとき
先ず退職する
もいうのは、あまり現実的でない。

で、思った。
手放す=辞める決意
かも、って。


———

ぢんさんは、行き着くところは
お母さんとの関係性
と言う。理解はできる。が、わたしそんなにお母さん大好きだったかなあ? わりと、お父さん子だった気がする。



で。
母がいつも
お父さんの意向なんだよ的なこと
お父さんが喜ぶと思うよ的なこと
を言ってたのを思い出した。

要するに、
お父さんが喜ぶ(と母が考えてる)ことをわたしがする→母は父から認められる(的な)
という仕組み。

母が勧めることをすれば、わたしは、
父からも母からも認められる
という仕組みでもある。




それと、
要介護になってからの母は、
楽天的でお茶目で明るく朗らか。

お茶目なのは知ってた。でも、楽天的⁉︎

母は(わたしの記憶では)心配性で、用心深く、プライドが高く、怖い人、怒る人。

なので、介護施設に行った母が楽天的に過ごしているのは、わたしへの気遣い(Only)だと思ってた。

でもさ、ほんとに気遣いOnlyでそんな生活ができるかなぁ。

母が
心配性
用心深い
怖い
という記憶って、断片だよー!(と自分に叫んだ)



母はしあわせだった。
という魔法の言葉を思い浮かべると、もやもやするわー。家に帰ったら声に出してみよう。




似てる〜

  • author: p_a_n_d_a
  • May 21, 2017

 バンドの練習に出かける彼を、クルマで駅まで送った。きょうは、隣駅まで。
 クルマの傷は、代車の都合でまだ修理してない。今週末、とうとう(ようやく?)擦った傷の修理が始まる。なので、きょうもしも万が一傷を増やしても修理で消えちゃうんだけど、彼を乗せての運転、緊張したわー。彼はずっと無言だし。あ、いや、話しかけられても困るけどね(気が散るのは運転しづらい)。

 彼は酔っ払うと饒舌になることがあるんだけど、わたしに話す内容って『人生に関わる(ような)』大切なことばかり。それを、酔っ払って繰り返すの。「わかったってば!」と言いそうになることも、正直言うとある。
 きょう、暑かったなあ。2人で出かけたら、彼は現地でビールを飲んだ(帰りはわたしが運転)。それで気づいたんだ「いいなー、わたしも飲みたいなー」って、わたし3回言ったの。3回も。すぐに「あ、同じだ」って気づいた。2人とも『俺の話を聞け〜』(タイガー&ドラゴン/クレイジーケンバンド)なんだなと。


―――

 もう3年くらい、保温できるランチボックスを使ってた。前の会社は職場がとても冷えるうえ電子レンジがなく、彼が「あったかいものを」と、そういうランチボックスを買ってきてくれた。いまの職場は電子レンジがあるから、保温する外容器を外してお弁当箱だけ持って行く(荷物を軽量化)。
 ちょっと前は曲げわっぱが欲しくて、見つけるたびに「いいなあ」と言ってた。でも、あれは嗜好品(1万円以上するし)。本気で木製だから汁気NGなので、2人でNG出してた。
 そんなわけで、けれど思いがけず、お弁当箱を買ってくれた。春慶塗(漆塗り)の! 2段になった弁当箱で、おかず入れは普通にプラ製タッパで取り外せるの。

 直前、フライングタイガーで、ペーパーナプキンを大人買いしたとこだった。カラフルでPOPなペーパーナプキンと、春慶塗のお弁当箱。どっちも大好きだから、どっちも毎日持っていこうっと^^


きっと

  • author: p_a_n_d_a
  • May 21, 2017


さっき思った。

年齢を重ねることが不安だったけど、
年上の友人のほうが多いということは、
実は年齢を重ねることに憧れがあるのかも。と。


まだ知らない世界を見られるだろーな。

だから、年上の友人のほうが多いのかも。

晴れの土曜日

  • author: p_a_n_d_a
  • May 20, 2017

 心屋ぢんさんの新刊をとうとう買った。子育ての本(『心屋先生のお母さんが幸せになる子育て <子育ての呪い>が解ける魔法の本』)。読んでいるというか、電車でパラパラと斜め読みというか。

―――

 ヒヨコはきっと、寂しい思いを抱えつつも、わたしに言わなかったんだろうな(言うつもりがなかったのか、言えなかったのかは不問)。
 もっといっしょに過ごす時間が欲しかったのかもしれない。なにしろ仕事仕事だった。残業もするし、土日も勤務するしで、生活が仕事中心だったかも(そうなった背景も不問)。
 ジジババにいろんなことを丸投げしてたなあ。すごくジジババに甘えてたなあ。
 保育園の先生方にも、いろいろと助けていただいたし。当時だって涙が出そうなほどありがたかったし、振り返っても胸がじわじわと締め付けられるような思いがわたしのなかに今もある。

―――

 彼はお仕事、ヒヨコはアルバイト。わたしは家で洗濯機を回してる。あとで掃除機もかけよーっと。

 肋骨を押さえると(しゃがんだり、寝るときに折れたところを下にする等)痛む。ときどき急に痛む。でも、だいぶいい。またヨットに乗りたい(シケは避けたいけど)。

―――


お!

  • author: p_a_n_d_a
  • May 20, 2017

某エージェントからスカウト?のメール。
でも、メールを開くと文字化けして読めない……再送してもらったけど、やはり文字化け……。別アドレスに再再送してくださいと連絡した。

行きたい!そこで働きたい!

さっき、パソコンでその会社を見た。アクセスを見たり。
休みは多くはないけど、なにしろ家から近い!

ご縁あるといいなー💞



で。

いま気づいた。彼はディレクターもうまかったこと。。。
敵わないなぁ……。

でも!わたしはわたしなりにやる。比較しなくていいもん
٩( ᐛ )و




きょうも繁忙だったなー、夕方から。
残業だったよ……がっつり残業。
入稿間際の修正・変更・差し替えは、
明日やろう
と先送りすると、地獄を見るから(T-T)



仕事は楽しい。クライアントの営業からの差し替え依頼電話は、すごーく申し訳なさそうだったけど、わたし、あかるーく
わかりましたー!
とか答えてる。

コミュニケーションは明るく楽しく、業務はしっかり。



ページトップに戻る▲