DIARY & TALK

「ふりーえりあ’09」管理人Zueの日記&語り場です★

2013年08月

そういえば、こないだ旦那がテレビのインタビュー受けたんだって。
G馬の高校が甲子園で優勝したでしょ。それで「街の声」みたいな?
「めざましテレビ」とか言ってたけど、あれって確か放送してる時間が長いよね…いつ流れるかわからないし、そもそも使われるかもわからないしね。
そんなのの為にずーっとテレビ見てるのも辛いし、録画してまでとは思わないし。

…そんなわけでスルーしちゃったので、テレビで旦那を見るという珍しい体験は出来ませんでした。
…まあべつに見たくないしね…www

レモンが超食いしん坊でビビる…。
鰹節とか、鮭フレークとか狙ってくる…っ!
フッキーもらん君もそういうものには全く興味を示さなかったので油断してたわー。
子猫用のフードはいまいち喰い付きが悪くって、隙あらばフッキーとらん君のフードを食べようとするので困る…。

先住は2匹ともなぜか「お腹すいた」アピールをしないのね。…で、まあだいたいの時間を決めてあげてるんだけど、におい嗅いでどこか行ってしまって、数分後に戻ってきて食べたり、2,3口食べてどこか行って、しばらくすると戻ってきてまた食べて…の繰り返しなんだよねー。
変な癖をつけてしまったんだな…これ。出してすぐに食べ切ってくれないから、フードを片付けられないのよね…。

でも出しておくとレモンが食べちゃうし…。レモンが近づいてくると、らん君は食べるのやめて逃げちゃうしー!
そんなわけで、食べたそうにしている時に出して、食べ終わったらしまう…って感じで、何度も出したりしまったりしています…(^^ゞ
フッキーとらん君がご飯食べてる時は、レモンを隔離しています…。ものすげー鳴きわめきますが…wwwwww

レモンが物凄い勢いで階段を駆け下りるのだけど、半分転がり落ちてるみたいな感じで…www
それを見た旦那が「レモン。気をつけないと、階段から落ちたらまず100%死ぬから(相棒)俺今まで何度も階段から人が落ちるの見たけど(相棒)殆ど全員死んでるから(相棒)」
って話しかけてて笑った…(笑)


天気のいい昼間、レモンが伸びてました。
完全に脱力しています。

CIMG0809

気持ち良さそう…。
ちょっと目開いてるけど(笑)

CIMG0810

手が長い。

CIMG0811

寝惚けた様子で起きてきて、
フッキーの横でコロンって。

CIMG0815

よくあくび写真を撮られるフッキー(笑)

CIMG0816

なんかとっても仲良しさん!…に見える。
よく絡んでたのはらん君なのに、突然フッキーとの仲が進展したよう。
毛づくろいもしてもらいました。

CIMG0817

なんだか↓の2枚、
同じポーズしてるんですけど…(笑)

CIMG0821

CIMG0820

可愛いな…この猫の人達…っ!!

内容が重いです…多分(*^・ェ・)ノ

藤圭子の死がちょっとショックだった。
さすがに藤圭子の世代ではないんだけど、「圭子の夢は夜ひらく」は知っている。子供心に「暗い歌だなあ…」と思ったよな。
あんまり顔も知らなかったのに、何となく楳図かずおの描く女の人のイメージだった。
宇多田ヒカルが出てきて、藤圭子の娘と知って、結構吃驚したのを覚えてる。宇多田世代でもないので、宇多田の曲も殆ど知らないんだけどね。

宇多田ヒカルのコメントを読んで、「あー…」って。
あれうちの母親とそっくりだ…。
母のことはこれまでにも何度か書いてるけど、感情の起伏が激しくて、理由のわからないことで突然怒り出したり暴れたり。そして嵐が過ぎ去ると猫可愛がりしたり謝ったり…の繰り返しだったんだよね。
現実と妄想の区別もついてなかったし、特に酔っ払うと酷くて、包丁振り回したり、交番に乗り込んでおまわりさんに迷惑かけたりしてた…www

そして本当に精神科などに連れて行くのは無理だったし、そんな話しようものなら大変なことになってたと思う。本人はいたって正常、自分が一番正しいと思っているから。
…というか、物心ついた時からそんなだったので、「うちの親は変」とは思っても、精神を病んでいる…とは思わなかったんだよ。
不思議な事に、本当に「今思えば…」なのね。多分統合失調症だったんかなーと思います。
指摘してくれそうな付き合いの親戚もいなかったし、人をはべらすのが好きな人だったから昔は周りにたくさん人がいたんだけど、みんな「子分」扱いみたいな感じで…www母に意見するような人はいなかったんだよね。
まあ段々誰からも相手にされなくなっていってしまったんだけどね。

そういう母の態度にムカついてた人も当然いるわけで、そういう人(女)から、陰で意地悪されたりしてたの…私(笑)
なんでか母親に言いつけることもしなくて、大人になってから「そういうことがあったよ」と話したら、「あら…へえ…○○(女の名前)がねえ」って笑ってたよ…www
今思えば、そこは笑うところじゃなくて、私に謝るところじゃないの?と思うんだけどね…。

子供の頃は本当に怖くて、何しろ何が感情の爆発の琴線に触れるかわからないから。…多分それで言わなかったのかもしれない。
力でも敵わないし、とにかく顔色うかがって、暴れださないように…と祈るだけ。
まあこちらも成長して、母親より身体も大きくなって、弟なんて180cm超えたから、さすがにもう戦っても殺られるって事はなくなってたけど(笑)
それでもやっぱり親だから、こちらから暴力なんて振るえなかったよね。

一度弟がキレて、ちょっと蹴りを入れたことがあったんだよ。
何度目かの交番での騒ぎで、弟が迎えに行って、おまわりさんに叱られて、「もういい加減にしろ!」と。
いやもうその後大騒ぎ…(苦笑)私はその頃独立して近くに住んでたんだけど、電話かかってきて「もうあんな子と一緒に暮らせない!親を蹴ったのよ!あんな子と一緒に暮らすくらいなら、住み込みで仲居でも何でもやって、独りで生きていくから!」って。
いやいやいや無理でしょ。もう10年以上、あなた弟に養って貰って一切働いてないでしょ。そもそもそんなつもり毛頭ないくせに、「親不孝な子供を持って私は不幸」…という悲劇のヒロイン状態なだけなんだから。
結局少し落ち着いたら「私も少しは悪いところがあったかもしれない」と言い出して、なんというか…「養わせてあげてもいいわよ」的な…wwwツンデレかよ!という(むしろヤンデレか・笑)

藤圭子と違うのは、「病で本人が苦しんでいた」ということはなかったってところかな。その分重症だったのかもしれないけど。
肉体的な病気をして、ぶっ倒れて入院…なんてことがあって、その時は病院にも凄く迷惑をかけて、私と弟が医者から呼び出しを受けて、母親は「私癌なの!?」と焦ったんだけど、実際私も弟も医者から家族呼び出し→告知…かと思ったんだけど、ただあまりにも迷惑患者なので家族から注意してくれ…というお叱りだったという脱力エピソードがあるよ…www

退院してからも、全く食事療法とかせず、通院もせず、いくら言ってもきかなくて、振り返って考えれば、もう明らかに肉体的にヤバい状態なのはわかってたんだけど、本人が「行かない。大丈夫。その時になったらちゃんと自分で行くから」と言うので、無理矢理医者に連れて行くということはしなかった。
もう自分でトイレに行くことも出来なくなって、紙おむつ買ってきてと言い出して、弟におむつ交換して…と言い出したところで弟が「もう無理だ」と、救急車を呼んだんだ。
身体が凄くむくんでて、もう全く動けなくなってて、4〜5人がかりで運び出したんだよ。
入院して投薬したらむくみが取れて「あ。ホントはこんなに小さかったんだ」って…(苦笑)←元々がかなり大きな人だった。

再び入院した当初は、医者からよくなります。退院できます…と言われてたんだけど、急変して亡くなってしまったんだよね。
もっと何か出来たのではないか…と、結局親を見捨ててしまったに等しいのではないか…と、やっぱり思ってしまうところはある。
あれは緩慢な自殺ではなかったのか…と思うとやりきれない部分もある。
でも、本当にどうしようもなかった…。と、やっぱり思う。
性格や生き方が原因で早死にするってことはあるんだと思う。

ちょっとここでは書けないような問題もたくさん抱えてる人で、私はいつか弟が母を殺してしまうんじゃないか…ってどこかで思っていた。
類似のニュースを聞くと「まさか…」と思ったりしてね(笑)
弟の人生は母によって食い潰されてしまったように思えるし、あのまま長く生き続けているよりは、あっさり死んでくれてよかった…と思ってしまう。
それでも、弟は「もう二度と誰かと暮らしたくない」と思うくらいには消耗して傷ついているし、「もう少し早く死んでくれてたら人生仕切りなおせたかもな」…って言ってる。
いまだに「母が死んだのは夢だった!」という夢をみてうなされるらしい…wwwこれ聞いた時笑っちゃったんだけど、それだけ根深く傷になってるってことなんだろう。

大人になってから親のせいで…というのはどうかと思われるかもしれないけど、あの母親と、狭いアパートで2人で暮らしていたことを思うと、無理もないと思うし、弟に母を押し付ける形で家を出てしまった私なので、弟には本当に申し訳ないと思ってる。
近くに住んで買い物とかは私がやっていたけど、1時間一緒にいるだけで、凄く疲れるんだ…。人のエネルギーを吸収してるんじゃないかってくらい(笑)

それでも、うちの母もなんだか憎めない人で、時々秀逸なユーモアとばすし、カンがよくて洞察力があって、魅力的なところのある人だった。若い頃はかなりの美人でトランジスタグラマーだった。
とてもじゃないけど、母の娘であることを誇りになんて思えないけどね(笑)

肉体的な病気をしてからだいぶおとなしくなって、こちらの言うこともある程度聞くようになって、身体が治ったら、弟や旦那、旦那ママと一緒に、温泉でも行きたいね…って言ってたんだけどね。
実現しなかったのは、本当に残念。
嫌うことも憎むことも許すことも出来ないまま、いなくなってしまったなあ…という感じ。
あんなにあっさり死んでしまうなんて、私も弟も思っていなかったからね。

本当は、もっとたくさん色々と話したかったし、謝って欲しいこともたくさんあった(笑)
現実は、物語みたいにキッチリ落ちや決着がついたりしないもんなのだなあ…と思ったね。
だからこそ、私は物語はハッピーエンドで、しっかり決着がついて終わってるのが好きだ。


藤圭子が亡くなったことで、母のことをしみじみ思い出しました。
藤圭子さんのご冥福をお祈りいたします。

昨日ツイッターで「外食のお持ち帰り」の話をしていたんですよ。
以前チャットで、名古屋方面のお友達に「こっちだとお持ち帰りは普通というか当たり前だよ」という話を聞いたのね。お店の人も心得ていて、持ち帰り容器をさっと出してくれるって。

結構吃驚したんですよ。これは関東(というか東京?)にはない習慣なので。
東京で外食して、食べ切れなくて「これ持ち帰りたいんだけど」と言ったら、多分同席してる人はちょっと引くと思う。
印象としては「セコい」「恥ずかしい」「図々しい」「オバさん臭い」かな…(ごめんよー)
なので、「東京ではやらない方がいいかも」という話をしていたわけです。
すげー感じ悪いと思われるかもしれないけど、狭い日本にも文化の違いがあるのだな…(^^ゞ

お持ち帰りが当たり前の地域の人からしたら当然のことをしようとしただけだよね。
それなのにそんな不当な評価を受けてしまうのは、なんだか気の毒すぎるじゃないですか。
しかもたいていの場合「えー…」と思っても、その場で言わないと思うのね。だから誤解を解くチャンスもない。
陰で「あの人ってさあ…」と言われたりしちゃう。

…で、昨日もツイッターで名古屋地方の別のお友達と「お持ち帰り」の話になって。(なぜか名古屋方面の友人知人が多いのだ)
複数の方から「こっちでは持ち帰りするよー」みたいに言われて。あと四国の方でも持ち帰り文化があるとか。

…で、気になってちょっと調べてみたんだけど、地域性はわからないんだよね。
ただ質問系のサイトを見ると、思ったより「外食の持ち帰り」について悩んで相談してる人が多い。
基本的には「お店の人の許可を貰って、持ち帰り容器で包んで貰える店ならいいのでは」という感じ。
論外なのは「自分でタッパを持っていって、店に断らずに持ち帰る」…でしたwww
アメリカ在住の方が何人か答えてて、あちらではお持ち帰りが普通に定着しているとの事。

でも日本では最近は持ち帰ったものを時間経ってから食べて食中毒でも出されたら困るので、持ち帰りはNGというお店が増えているみたい。
ちょっと最近の日本はクレーマーとか多くて、神経質になり過ぎてるところがあるよね。
お持ち帰りが定着したら、食べ物無駄にしなくていいと、私も思うんだけどなあ。

これなんか、質問者がちょっと可哀想…。
こんなことで職場の人間関係までおかしくなっちゃうなんて…。
会社の会食だから…ってのもあるんだろうけど。
いやでもお持ち帰り文化のところでは、例えば夫婦で食事に行ってお持ち帰り…ならわかるけど、友人数人の場合とか、誰が持ち帰るとかってどうなってるんだろう?(笑)
みんなで分けるほどは残さないよね?

お店側としても、せっかくの料理なのだから、残ったら持ち帰って食べて貰いたい…という意見と、せっかくの料理を一番美味しい状態で食べて貰えない時点で、持ち帰りは歓迎できない…という意見があったりして。
うーん…思ったより根が深い問題なのね…。

私は「持ち帰り文化があるよ」ってところで、ああ…それはいい文化だねーって思ったけど。
でも、お友達にそれを聞かなかったら、やっぱり最初に書いたように「えー…意外にセコいんだ…この人」って思ってたと思う…(^^ゞ
少なくとも私はお持ち帰りする人を見たことがなかったし、食べ切れる量を注文して、食べ切って帰るのがマナーだと思ってた。いや今でも本来はそれが一番いいんだろうとは思う。

あ。一度だけ持ち帰りした人を見たな…。
昼食会でさ。昼食会にしては会費が高くて、酒飲む人はまだいいけど、酒飲まない人はチョッと気の毒…って思う金額だった。といっても昼間だし、そんな飲むわけではないけど。4〜5000円だったと思う。普通の中華だよ。
「子供はただでいいよね」と訊かれて、みんな「いいよー」って言ってたけど、企画した人は子供二人連れてきてたな…。他の人は殆ど子連れではなかった。
…で、その企画した人が、残った料理殆ど持ち帰ってた…www
さすがに「えー…」って思ったよ…誰も何も言わなかったけどね。

まあこれは極端だと思うけど。

ある地方では常識のことが、他の地方では非常識…ってことは結構あるよね。
それ知ってればいいんだけど、知らないで当たり前のこととして振舞ったら…みたいなのは悲劇だと思うのよ。
しかし「持ち帰り」に対する意見って、感じ悪いのが凄く多い…。神経質すぎる…ってのもあるけど、とにかく感じ悪い。

「すみませーん。おなかいっぱいになっちゃった」
「ああいいよいいよ。包んであげるから、もって帰って食べなー」
って方が、いい感じだと思うんだけどな…。

食中毒云々って言うけど、そんなこと言ったらデパートのお惣菜だって売れなくなっちゃうよね。傷んでから食べておなかこわしたとか、そりゃあホントに自己責任だと思う。
リスク回避もわかるけど、なんだか住みづらい感じになっていっててイヤだなあ…と思ったのでした。

さっき書くの忘れてたよ。
昨日ね、洗濯したんだけどね…。
洗濯籠から洗濯機に衣類を入れるでしょ。んで洗濯終わったまた洗濯籠に洗い終わったのを入れるじゃないすか。…で、干すわけよね。
旦那と2人で洗濯物干していたわけです。
そしたら、籠の下の方になにやら黒っぽい物体が…。
一瞬Gかと思ったんだけど、それにしては厚みがある…。これ…セミだよね…羽ないけど…みたいな。

それにしても、いつどうやって洗濯籠に入り込んだのかわからない。
最初に洗濯機に衣類入れた時には確かになかった…ってことは、衣類にくっついてたのをそのまま洗ってしまった可能性が高い…ひいぃぃぃぃ!!
でも衣類にセミがくっついてて、気がつかないなんて事あるだろうか…。

まあとにかく旦那に「これ取って」って言ったんだけど、「カゴのまま逆さにして窓から捨てろ」って言うんだよー。
えええ…ティッシュで取ってくれればいいじゃん!私だって一人だったらさっさと自分で取っちゃうけど、旦那がいる時は甘えたっていいじゃん!
…と、私が躊躇っていたら、旦那がカゴひっくり返して窓から捨ててました…www

もしかしたら、私より虫ダメなんだよねえ…ちっ。
高い所もダメ、回る乗り物もダメ、虫もダメ…頼りにならないなあ!!(笑)

…と、騒いでいてふと床を見たら、セミの欠片が…(汗)手とか足が…っ!
うわあ…と思いつつ、今度こそティッシュで取ろうとしたら、レモンがダッシュでやってきてむしゃむしゃ食べだしたのよー><
私は「あらー」って感じだったんだけど、旦那が慌てて「レモン!ダメ!」と叫びながらティッシュで取ってたよ…半分くらい食べられちゃったけど…www

レモン…ワイルドだなあ…(笑)
フッキーもらん君も、虫食べたことないのよ。
…と言うか、らん君は小さな甲虫(カナブンの1cmくらいのとか)でもビビって手を出さないし、フッキーは壁にとまった蚊とかに遠くから「カカカカ…」って威嚇するだけだし…www
多分生きてる虫がいたら、レモンは捕まえて食べちゃいそう…。
我が家は♂の方がへたれかもしれないです…www
いや元々メスの方が強いのか…。


机の上でたむろする3匹

CIMG0798

人間が食事してる時は乗らないように躾けたんだけど、それ以外の時はフリーです。どうにも躾けられなかったねー。
よくこの机の上でダラーっと寝てます。特にフッキーが。
まあ潔癖症の人は嫌だろうな…と思う。
現在レモンは食事中でも飛び乗ってくるので、躾け中です。

猫たちのお世話をしているのは、ほぼ私なわけですよ。
ご飯あげたり、トイレ掃除したり、ブラッシングしたりね。一応旦那には「ゲロ掃除」を任命してるけど、そう毎日ゲロってるわけではないし、旦那がいない時は私が掃除するわけで、そして殆ど旦那はいないわけで…。

そのわりに旦那によく懐いてると思うの…なんかずるい(笑)
確かにおやつあげる係りは旦那なんだけどさー。それって美味しいとこ取りだよねー。
あと、旦那の履き古したスリッパが大人気!抱え込んでうっとりしてるんだよね…レモンもそうみたい…www私はスリッパ履かないからなあ…。

オス猫は男性に、メス猫は女性に懐く傾向が…という説を聞いたので、もしかしてそれもあるのか?と思ったんだけど、どうもレモンも旦那に懐いてる。
旦那がいると旦那の膝にいくし、寝る時も旦那の枕元で寝る。←きっと旦那が壁際だから落ち着くせいだと思う!(笑)

まあ、一家の主に懐いてくれた方が、私としても気が楽ってのはあるからいいんだけどさー。
もしも私にばっかり懐いてたら、旦那の可愛がり方もちょっと違うかもしれないし、やっぱ懐いてくれたら嬉しいものだし。

私に懐いてないわけではなく、お世話してる割合に比べると、何もしてない旦那になんでそんなに懐くのよー!…ってことです(笑)
あ。冬場のフッキーは私と寝てくれるよ!


おすましフッキー

CIMG0807

変顔激写!

CIMG0808

レモンもいた
机の上散らかってるな…(^^ゞ

CIMG0800

なんか遠近ついちゃって…変…www

CIMG0795

接近♪
レモンがおとなしくしてる時はフッキーも立ち去らないみたい。

CIMG0796

キリッ…って感じ(笑)

CIMG0804

なんかさ…凄く耳がデカいと思うんだ。
身体が細いせいもあるけど。

CIMG0801

コレなんか猫に見えないんですけど…(笑)

CIMG0806

…ちょっと変顔…v
ニャー!!

CIMG0802

可愛いのう…v

そろそろ撮影熱も落ち着いてきました。
だいたい同じような感じになっちゃうしねー。
もう少しレモンが落ち着いて、フッキーヤらん君とイチャイチャするようになったら再燃しそうだけど(笑)

避難してるつもりなのか?らん君の後姿が大福のようwww
座椅子がボロボロなのは猫のせいだけど、なかなか捨てるのめんどくさくて見苦しくてスミマセン(^^ゞ
正面右の扉の奥が書庫なんだけど、入りきらなくなった漫画がここに…。
写らないアナログテレビとか、もう見ないであろうビデオとか…恥ずかしいwww
「ニャッ!」って鳴いてるのはらん君です(笑)
その声に釣られて?フッキーが様子を見に来るのが和む。



らん君もこのオモチャで遊ぶの大好きなんだけど、レモンに取られちゃって遊べない。
一緒に遊ぶかな…と思ってやってみたけど、らん君には迷惑なだけだった…すまん。



↑のオモチャのヘッド部分。
レモンがこれでよく一人遊びしているんだけど、突然フッキーがこれをどこかから咥えて持ってきた。
レモンに持ってきてくれたのかと思ったら、突然自分で遊び始めた…www
普段全然じゃれて遊んだりしないのに!楽しそうに見えたのかね…(笑)



新しい面子が加わると、色々と変化する部分があるようで楽しいですな。
もうレモンがうちに来て丁度1週間だー。早いね。

ここ数日は、レモンに興味津々だったらん君も、レモンを避けるようになってしまった…www小猫のパワーに負けたもよう。
フッキーは小猫の頃からおとなしくて、あまりじゃれたりしなかったから、らん君が来た時は凄いアクティブだ!と思ったけど、レモンはそれ以上でした(笑)

らん君は猫種的に鼻が短くて、通りが悪いらしいのね(医者に言われた)なので、あんまり長い時間遊べない。息が苦しくなっちゃうみたい><
子供の頃よりはよくなってるから、最近はそうでもないけどね。

週に1度の人間のビールの日には、猫にもささみのおやつをあげるんだけど。
らん君は一切食べないんだよね。フッキーは大好きで、こんな時だけは甘えておねだりするんだけど。
レモンはどうかな…と思ったら、物凄い勢いで喰いついた(^^ゞ旦那の指まで齧る勢い…www
遊び好きで食いしん坊という、先住2匹を足して2をかけたようなレモンでした…。

2013年9月から、ペット販売時の対面説明の義務化、生後間もない犬と猫の販売規制などを定めた改正動物愛護管理法が施行されることになるようですね。
インターネット販売であっても、写真を見てクリックだけで購入は出来なくなるってことね。
実際にその生体を見て、説明を受けなきゃ飼うことが出来なくなるっていうことね。

あと、親からあまり早く引き離されてしまった犬や猫は、噛み癖があったり問題行動が多くて、結局それで飼いきれなくなって…ということもあるらしいので。
確かにうんと小さい子は可愛いんだけどね。

ネットの普及とツイッターなどのツールの普及で、昔に比べたら里親さん探しは格段に捗るようになったとは思うけど、ペットのネット販売も増えて、不幸になる子も増えてたわけで…。
また一方では、ペットショップでの展示販売をやめて、信頼できるブリーダーから直接譲り受ける…というのが一番いいのではないか、という意見もあって、なかなか難しい。
でも、ネットでポチッとするだけで生き物が買えてしまうというのは、明らかにおかしいので、いい方向に向かってほしいと思うなあ。

本当は、「犬や猫を飼いたい」と思ったら、里親探ししてる子達がたくさんいるわけだから、そういった中から選んでくれると一番いいけどね。
アメショとスコを飼ってる私が言うのも変なんだけど、知らないことってたくさんあった。そもそも「血統書つき」がどういうものなのかも解ってなかったしね…www
知ってみれば、血統書つきの犬猫って、人間のエゴで無理矢理作られた奇形なんだ。
その「見た目が可愛い」というだけで、飼ってしまう人がいるから、耳が寝た猫とか、足の短い猫とかがいるわけでね…。
当然生き物としては不自然なので、何らかの障害を併せ持ってることも多いし、寿命も短かったりするんだよね。
「雑種は強い」とよく言われるけど、雑種が強いのではなくて、純血種が弱いんだと思う。

【地方自治体が販売業者から犬や猫の引き取りを求められた場合、相応の理由がないと拒否できることも規定】
とあるから、つまりこれってペットショップが殺処分のために持ち込むことが多いって事…だよね。
一般の持込にも適用して欲しいよな…。
…というか、動物好きの人からしたら、「持ち込める」という神経がわからないでしょう。
100歩譲って、捨て猫、捨て犬ならまだ…わかる。昔はよく見かけたけど、最近はホントに見かけない。
捨てるくらいなら、保健所に持ち込んだ方が飼い主としての義務を果たしていることになるのか…なあ。難しい。
ちょっと前、生まれた子猫を海に投げ捨てる女流作家がいたよね…。

そういえば、数年前に動物愛護法のパブリックコメント?記入して送ったことがあったよ。
あれも反映しているのかな…?


この手の事って「どうしてそんな酷い事ができるの!?」と思うのは自然としても、そこからそういった人達を「悪」と決め付けてしまうのは簡単で、さらには自分を「正義」だと思ってしまったりするところもありそうで難しい。
いや動物殺して平気なのは「悪」だけどさ!
「ペットショップで動物を買うな!」とかさ。「少し無理すれば里親になれるんじゃないの?可愛そうな子達を見殺しにするの?」みたいなのとかさ。←これは被害妄想かもしれないけど、私が感じてたことなの。
何もしないことを責められてるような…ね。

まあペットに限らず、「飢えた子供たち」のために活動してる人とかもね。無視すると罪悪感あったりするでしょ。
罪悪感から、そういった人達との交流は避けたい…と思ってしまったりね。

私も殺処分のリツイートばかりしてる人のフォロー外してしまったもん…。
どうにも出来ないことも辛かったし、責められている気になってしまってしんどくてな…。
知って欲しいし、考えて欲しいとは思うけど、強要するものではないし。
誰かを不快にしても、救える命があればいい…と、私は思い切ることが出来ないな…。

ぶっちゃけ犬猫のことは憂えても、毎日豚や牛や鶏を食べていたりするわけでね。
豚や牛や鶏だって、飼えば懐くし可愛いんだよ。鶏はちょっと怖いけどね…懐くよ。
でも「殺すな!」とは、殆どの人が言わないよね。
そこを考え出すと、もうなんだかわからなくなってくる。
殺して食べていい命と、救いたい命がある…ってことにね。
キリスト教だと、牛や豚なんかは神様が人間のために作ったものだから殺して食べていいってことになってるらしいけど。…随分都合のいいことだ。
かといって、菜食主義者は好きじゃないんだよねえ…。

動画アップしようと思ってたのに、なんだかブツクサ言ってしまった…www
予定は未定ってことで…すみません(^^ゞ


レモンが来る前のらん君とフッキーの写真
なんか面白い構図…w

CIMG0748

レモンがうちの子になってもう5日目ですな。
だいぶ慣れてきましたよー。

近づくらん君くつろぐレモンw

CIMG0779


さらに近づくらん君
なんかテヘペロになってる…(笑)

CIMG0776

掃除しようと思って座椅子を片付けたところ。
2匹の位置が同じだけど、違う時に撮ったもの。

CIMG0770

そして近づくレモン

CIMG0768

ついに初のスリーショット!
…というか、同じフレームに3匹納まって撮れただけだけど。

CIMG0784

そしてフッキーと一緒に寝てた!

CIMG0788

実はらん君もいた(笑)
コレなら「スリーショット」でいい…かな?

CIMG0787

別角度。
散らかってるけど…ソファーの上の物レモンが落としちゃうんだよー。
あとティッシュの箱は裏にしておかないと悲惨なことになるんだよー。

CIMG0786

こんな感じで、だいぶ仲良くなってきました!
もうらん君もフーッて言わないし、一緒にじゃれあって遊んでるよー。
まだちょっとぎこちない感じだけどね(笑)

もう諦めた(とっくに)CDラックでの爪とぎ。
フッキーが来た8年前から、日々削られて…><
らん君もここで爪とぎするし、レモンも…wwwwww
他の与えても使わないからさー。

CIMG0781

もうすぐこの脚なくなるよね…と、言いつつ数年なんだけど(笑)
でもそろそろ本当になくなりそう。

CIMG0782

前回「大人気」と書いたレモンのケージ内の水
らん君も…。

CIMG0769

レモン後ろで見えないけど3匹揃って…www
慌てて撮ったのでボケちゃった。

CIMG0771

いつまでもケージ出しておいても仕方ないので、この後レモンの水とフードも、フッキー達の所へ移動させました。
それでもやっぱり人気みたいなので、多分陶器の器がいいのかな…。今までのはステンレスだから。それくらいしか違いはないはず。

バタバタと賑やかです。
フッキーは我関せずのマイペースだけど(笑)
一番大変そうなのはらん君だねー。レモンのことが気になって仕方ないけど、全力でぶつかってこられてビビり気味だし(想像以上のへたれっぷり)
遊ぶの大好きだったのに、オモチャでらん君と遊ぼうとしても、レモンが入ってきちゃってらん君は遊べないし。
レモン閉め出して遊ぼうとしても、外にレモンがいると気になって遊びに集中できないし。
コレがあれか…2番目がワリを喰うってやつか…?(笑)

次回はまた動画いきます♪

最近ちょっと気になる芸能人に坂上忍がいる。
半年くらい前かなあ…テレビで見て、「ああ…この人…年取ったなあ…」と(笑)
なんせ私が記憶してる坂上忍は1983年の「ションベンライダー」に出てた頃なのよ。…30年前?そりゃ年もとるよ。私もだけど…www
もう内容も覚えてないけど、友達がハマって、サントラとかも買って貸してくれたのね。主題歌はまだ覚えてるよ。
何となく「名前が素敵だな」と思って記憶していたんだよね。

…で、久しぶりにテレビで見かけたら、その後なんかよくテレビで見かける。「ブスが嫌い」とか、「仕事嫌い」とか、毒舌でブレイクしたの…かな?
でも、なんか凄く神経が細やかそうな人だなあ…そして屈折しているなあ…と思ったんだよね。
昔から、男女問わずそういうのに、なんか弱い(笑)見た目は特に好みとかではないんだけど。

ーーと、言いつつ特に追いかけるわけでもなく、テレビで見かけると「お。また出てる」と思う程度。【相棒】にもゲスト出演してた回があったな。

昨夜雷鳴りだしたんでパソコン切って、テレビつけたら、またいたんです。彼が(笑)
お涙ちょうだい系の番組だったので、普段は見ないんだけど…。
父親との確執の話でさ。大好きで憧れてた父親が、事業の失敗などで荒れるようになり、離婚。1億円の借金を背負わされて、返済のために本当は辞めたかった役者を続けて、完済。
「逢いたい」と言う父親に「寿司を奢ってくれるなら逢ってもいい」といって逢ったんだけど(子供の頃、父親のことが大好きだった頃に、よく寿司屋に連れて行ってもらった思い出がある)
結局支払いをしたのは母親だった…。
それ以来絶縁状態だった…って話なんだけどさ。本人も「それ以来逢っていない」と。
実は去年お父さん亡くなってて、死に顔も見に行ってないし、墓参りも行ってない…と。

もしかしたら番組の企画かもしれないけど、坂上氏の記憶からすっぽり抜けているらしい父親とのツーショット写真が用意されてて。
父親が本を出版して、その時に逢いに行ってるわけ。本人は「逢ってない」と思い込んでた…みたいな。
大好きだった頃の父親は、新聞記者で、いつも書き物をしてて、会社をおこして失敗してからはギャンブルにハマって借金作っちゃうんだけど。
「まだ物書きだったんだ」みたいな…証拠?それを見た時の反応がお芝居じゃなくて、急に感情が溢れてきて止められなくなったような、凄い勢いで席を立って、早足でカメラの前からどんどん逃げていくような…まあカメラは追いかけるんだけど(笑)写されないように号泣してた…ように見えた。

そんな重大な記憶を丸ごと忘れてしまうことってあるのか?と言えば、あると思う。
忘れるというより、自分で書き換えてしまったのかな…と、父親を憎み続けるために。
肉親ゆえに、大好きだったゆえに、物凄く複雑な、愛憎があったのだろうなあ…と。
ラストはお墓参りのシーンで終わったけど、あと少しだけ早く気づいていたら、生きているうちに和解できたのかもしれないと思うと切ない。

…とはいえ、子供に1億の借金背負わせるなんて、ろくでもない父親だって誰が聞いても思うだろうけどね…。
それでも、子供は本心では、親を憎み続けるのは難しいんだろうな。憎み続けているとしたら、それ相応に屈折した人間になってしまうし、それが遠因で本人も幸せになれなかったりすると思う。
ま。ちょっとしたドラマよりドラマチックだなあ…と思ったのでした。

私も小学校2年の始めくらいに父母が離婚して、それから中2の時に亡くなるまで、父に逢ったことがなかった。
母親はもうしつこいくらいに父親の悪口ばかり言うし、今になればそれは母親の自己正当化で、本当は父親だけが悪いのではないとわかるけど。…というか、むしろ母親のが悪かったのだろうと思う。
悪口だけでなく、「お前たちに父親なんていないから。お前たちは私が独りで生んだんだから」と、しょっちゅう言ってた。
そんなのまったく信じてなかったけど、口答えしたり「お父さんに逢いたい」なんて言ったらヒステリー起こして暴れるから言えなかったし(笑)

だから、父親が亡くなったと連絡があって、「葬式行くでしょ?」と母親が言った時も、「父親なんていないんでしょ?だから行かないでいいんじゃない」と言ったくらいだし。
それは父親がどうのとかでなく、明らかに母親に対するあてつけだった。自分の言い続けてきたことで、少しは困ればいい…と思った。
父が死んで悲しいという気持ちも全く起きなかったし、実際別に死に顔なんて見たくないとも思った。
「そんなこと言わないで。お前たちには父親なんだから」と、母が珍しくしおらしいことを言うので、「しょうがないなあ…」って感じで、葬式に行ったんだ。

でも、棺おけに入ってる父親の顔を見た時、本当に説明がつかないんだけど、物凄い感情が溢れてきて、号泣してしまったんだよね。
理屈じゃない、理屈では止められない大きな感情の波。あんなことは初めてだった。

昔はそこそこ偉い人だったらしいけど、離婚後落ちぶれて、最後は肝硬変で死んだらしい。つまり酒の飲みすぎ。雀荘かなんかで倒れてそのまま…みたいな、殆ど野垂れ死にだったらしい。
でも、子供たちの写真をたくさん持ち歩いてた…って。
それ聞いて、また泣けたよね…。
死ぬ前に、1度でも、逢いに行けばよかった…って。

現実問題として、自分はまだ子供だったし、そんな行動力もなかったし、母親にいったら大騒ぎでまた暴れるから、無理だったけど。

まあ、そんな色々な事を久しぶりに思い出したのでした。
母親との間には、もっと複雑でめんどくさいあれこれがあったけど、年とって病気して、少しおとなしくなったから、これから解決していけるかなあ…と思ってたら死んでしまったからな。
和解とかそういうのではなくて、母親の脳内で自分に都合よく書き換えてしまった出来事の、本当の所を聞きだしたかった。
…まあ、書き換えられてるから、本人ももう何が真実だか判らなかったかも知れないけど。

和解したい気持ちとか、話し合いたいことがあるのなら、親が生きてるうちに、早めにした方がいいよ(笑)
「いつか」とか思ってると、死んでしまって永遠に話し合えなくなっちゃうから。

なんか重い話ですみませんね…(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

猫三昧なここ数日(笑)
一昨日撮った動画です。



フッキーは終始こんな感じ。怒るわけではないけど、相手にもしない。
近づいてくると後ずさって立ち去ります。何でなのかしら…。

もうひとつ。
テレビの音が脱力だったので音楽入れてみたんだけどうるさいかも(^^ゞ



だいぶ長かったので、初めて「編集」というものをしてみたんだよー。
レモンがじゃれて遊んでるだけです。疲れ知らずで延々遊ぶからさ…(笑)

この猫のオモチャは高いんだけど食いつきいいんだよね。
ヒモ部分が細くて見えないからかな。先端は色んなやつに取替え可能です。
これにしてから他のじゃらしオモチャは買わなくなった。

らん君とレモンですが、昨日から近づいてもフーッ!て言わなくなりました。
時々遠くからジャンプで飛び掛られると驚いてフーッ!言うけどwww

デジカメに残ってた動画です。
フッキーとらん君のまったり動画。



執拗に耳を攻めるフッキー(笑)
こうしてみると凄く仲良さげだけど、ホントにたまーになんですよ…こういうの。
だからすかさず動画を撮るわけです(笑)
いつもマイペースで、あんまり2匹一緒に寝たりしないのです。

それにしても、こいつら凄いムチムチしてる…丸い!!
冬場ってのもあるんでしょうけど…。
レモンはどんな風に育つのかなあ…。
体型的にムッチリはしない…と思うんだけど…。もう少し丸くなってくれるといいな。でもしなやかさも捨てがたい…。
フッキーとらん君って、ちょっとタヌキ入ってるもんな…(いや。そこが可愛いのですが・笑)

動画のらん君がふてぶてしすぎだったので…微妙にフォロー。
目ヂカラのある可愛い子なんですよ!・・・やっぱ丸いけど(笑)

CIMG0747

このページのトップヘ