DIARY & TALK

「ふりーえりあ’09」管理人Zueの日記&語り場です★

2018年06月

4コマまとめ

前回本の感想が長くなってしまって4コマ上げられなかったので、改めて。
しかしこれ覇穹アニメ見てないと意味わからないよねーwww
アニメももうすぐ終わりだし、そしたらどうしようかしら…。

その18
hakyu22

韋護楊推奨4コマw
韋護が描きたいマイブームでしたねー。

その18
hakyu23

初描きの老子、通天教主、美人三姉妹…でしたが、意外に楽しかったです(笑)
時間はかかったけど…。

その19
hakyu24

時々差し込まれる飛虎聞…w
若聞仲がイマイチ可愛く描けなかったのが残念><

その20
hakyu25
趙公明戦スルーされたと思ったら、この回で突然回想で出てきたんですよね。
普賢回だったんですが、お話がシリアスだと4コマ描きにくいのよ…。

その21
hakyu26

また飛虎聞テイストだ…w
しかし聞仲描きづらい…。自分の中では封神の中で一番美しいのは聞仲様なので、どうしても満足いくようには描けないんだよなあ…。

その21
hakyu27

これアニメ見てないとホント意味わからない…w
そしてアニメ道徳に寄せて描こうとしたけど、普段と大して変わらない…w

その22
hakyu28

道徳封神回でした。
めっちゃパラレルワールドな感じですね…(笑)

【良心をもたない人たち】感想

【良心をもたない人たち】という本を読んだよ。
『良心をもたないサイコパスは25人に1人いる』と裏筋に書いてあって、ええっ!?そんなに!?クラスに1人はサイコパス!?と吃驚してしまうわけですが、本文読むとこれは欧米での比率で、日本は極端に少ないとのこと。

いやそれにしたって多すぎやしないか?…と思ったけど、それはサイコパス=連続猟奇殺人犯…みたいなイメージがあるからなんですね(^^;
実際には、そういうケースはまれで、サイコパスの定義としては【良心をもたない人】ということらしいです。
まあ良心がないから、その人の嗜好が【人を殺したい】に特化した場合、何人でも殺せるという結果になるのでしょう。

しかし案外【良心】の定義も難しいんだな…と思いました。
普通の人にはあって当たり前な良心なので、良心とは何か?なんて、普段考えたことも無い…ですよね?
全世界共通の【良心】の認識となると、結構難しいです。
国により、文化や時代により、【悪】とされることも違いますからねー。
この本では【絆や愛着に基づく義務感】としていますが、解りにくい!(笑)

でも、人を傷つけてしまった時や、嘘をついた時、些細なことでも罪を犯してしまった時(ポイ捨てとかね)罪悪感を感じる人は多いはずで、何となくそれは良心があるからだ…とたいていの人は思うはず。
だから罪の意識を感じたことのある人は、サイコパスではないです。

サイコパスの特徴として、罪悪感がない、平気で嘘をつく、他人の同情を買うためなら涙を流す、自分の目的のためなら手段を選ばない…などがあるようです。
なので、実際にはビジネスで成功する人もいれば、政治家になる人もいるし、ママ友のリーダーになる人もいるかもしれない。
アクティブでなく無能なサイコパスは、ヒモやニートになる場合もあるとか…。
親や女性に対して罪悪感がなく、平気で嘘をつけて、自分が楽をするという目的のためなら手段を選ばない…ってことですかね…これはこれで迷惑ですよねえ…。

欧米では25人に1人…4%の割合でサイコパスがいるとされていますが、わが国では?というと、これが極端に少ないのだそうで、なんと0.03〜0.14%!
ざっくり言っても3000人に1人とかそれくらい…?
【東アジアの国々、特に日本と中国ではサイコパスの割合が極端に低い】として、調査したのが台湾という点で、どこまで正確なのか…?とも思うのですがw

もしも中国もサイコパスが少ないというのなら、それは国の管理体制のおかげなのかもしれないし、そうなると世界で最もサイコパスが少ないのは北朝鮮とかになるのでは…?という気もするのですが、実際どうなんでしょうね…。

欧米などの個人主義の文化圏では、サイコパスの特性が成功に繋がる機会が多い…つまり、周りの目を気にせずに、リスクを考えずにアクティブにチャレンジする人が成功しやすい…という土壌があって、それゆえにサイコパスの資質を持つ人が社会に紛れ込みやすい…のだそうです。
もちろん成功者=サイコバスという意味ではないですよ?

そこで我が国を考えてみると、確かに出る杭は打たれるし、生真面目で慎重な人も多いし、チャレンジ精神にあふれる…って人もそう多くはないし…。
これを日本の悪い所とする場合も多いけど、サイコパスの特性を持つ人がいた場合、すごく目立ってしまうのは確かよね…。
もしかしたらサイコパス資質を持つ人間の割合は、全世界でそれほど差はないのかもしれない。
ただし、それが発芽するかどうかは、その国の文化に深く関わっているのではないか?という仮説があります。

では何でわが国ではサイコパスが少ないのか?
【東アジアでは、万物の間の相互関係が、信仰として古来から重んじられている】と。
これって万物に魂が宿る…とか八百万の神々ってことだよねえ?
これは、愛着や絆に基づく義務感とも通じるもので、良心の基本とも重なるってわけです。
うん。確かに人間はもとより動物や無機物にも愛着持ってる人多いし、擬人化もするし、物にも魂が宿ってツクモガミになるって言われたりするしね。針を供養したりするし。

なので、社会にサイコパスが現れると、お互い同士の絆を重んじる文化圏では、他社に対する義務をその個人に厳しく認識させようとする…つまり昔から言われる『お天道様はお見通しだよ』『世間様が許さないよ』『人様の迷惑になるようなことはするな!』ってやつですよ!

つまりサイコパス資質を持つ子供が生まれても【良心】を知識として認識させることで、後天的にサイコパスの特性を封じ込むことができる…ということなのね。
少なくとも個人主義の国に生まれたら反社会的行動に走るようなサイコパスから、社会に反しないような行動を引き出すことはできるだろう…と書かれています。

欧米では【自分個人のために罪悪感なく行動できる能力を持つことは大きな特権だ】と考えるそうで、だから家庭でも社会でも、サイコパスの芽を摘むことができないのだそう…。

うーん…なるほど!
日本の悪い所と思っていた部分が、実はこんな効果をもたらしていた…って目からウロコでした!
でも最近は特にメンタル面も欧米化してきてるので、サイコパスの割合は増えているのかもしれないですよね…。

日本では少ないと言われるサイコパスですが、まったくいないわけではありません。
そんな人が、企業のトップだったら?政治家だったら?身近なところで、もしも自分の配偶者だったら?…これは怖い。

良心をもたないってどんな感じなんだろう?と想像して、私が辿り着いたのはゲームです。
ゲームをプレイする時、シナリオを100%にするためとかに、キャラをわざと窮地に陥れたり、見殺しにしたり…ってことあるでしょう?私はあります!(笑)
多少の罪悪感を感じる場合もあるけど、まあゲームだし…って思うよね?
多分サイコパスはそんな感じじゃないかな?って。
実際ゲーム感覚で人生やってるっぽいんです。成功したサイコパスは勝ち続けることが目的で、退屈は敵!だからリスクのあることも進んでトライ!そのために誰が犠牲になろうと気にしない。罪悪感なんてそもそもないのだから。

知性が高く、才能があるサイコパスは、一見とても魅力的だったりするそう。
そうでなくても、良心のない人がいるなんて普段考えもしない(特に日本では)から、例え遭遇しても信じられないと思うんです。
だから、被害にあっても、まず自分自身が『あの人はサイコパスだ』とは思わないし、またそれを他人に話しても、信じてもらえないんです…。

今にして思えば、もしかして…?という人がいたんですよね…。
病的な嘘吐きで、人の同情を買うような嘘と、自分を誇示するための嘘を次から次に吐く。
他人をコントロールすることが好きで、人の弱みに付け込むのが上手い。
人の不安を煽ったうえで『私がついてるから大丈夫。任せて!』と、自分に依存するように仕向ける。
なまじ才能のある人だったので、けっこうみんな引っ掛かりましたね…。
イベントを企画していて、その時のスタッフだったので、滅茶苦茶に引っ掻き回されました><
そもそも嘘を吐く理由も解らないので、疑う理由もなく、親身にアドバイスしてくれるので、悪意があるなんて思わないわけです。
そんなことをして本人に何の得があるわけでもないんですから。

ただ、その当時他のスタッフとの横の繋がりがきちんとあったので、『あの人ちょっとおかしくない?私こんなこと言われたんだけど…』的な意見が出始めて、色んな人に話を聞いてみたら、あちこちで不安を煽る&私に任せて!…をやっていたことが判って、まあだいたい御しやすい人が狙い撃ちされてたんですが…www

『アレは宇宙人だ!』って、当時言ってましたね…なぜそんなことをするのか、理解不能過ぎて…(^^;
苦労の末、何とかスタッフから追い出すことに成功して、イベントは無事成功しましたが…。
世間様の勝利!!(泣笑)

ただ、これが個人に降りかかった場合、周りの人はその人を信じちゃってる場合、多分私の言うことは信じてもらえないです。
才能も魅力もあって、面倒見のいいあの人をそんなふうに言うなんて…と、むしろこっちがハブられる可能性もあります。
これはこれで【世間様】なんですよね…。

もしかしたら、そういう【怪物】に苦しめられている人もいるかもしれない。
なんか変だな、おかしいな…と思っても、そんなはずはない…と、自分に良心がある人なら思うかもしれないけれど、敵は良心のないモンスターです。一人で戦っても勝ち目はありません。
勇気をもってその相手から逃げることも必要かもしれません。
そういう人間もいるのだと、世間様が認知してくれるといいんですけどね。
その前に、まず自分がそういう人間もいるのだ…と認識することが大事なんですけども…。

だからといって、すぐに『あいつはサイコパス』って言うのもダメですけどね…(^^;
自分を正当化するために他人をサイコパス扱いするのは、同じ穴の狢だと思う。
Amazonのレビュー見たら、サイコパス認定してる人多くて、ちょっと不安になりつつ…。


プロフィール

Zue

Twitter プロフィール
最近の主な生息地はTwitterです。時々チェックしてフォロー返していますが、気がつかないことも多いので一言いただけると嬉しいです♪
Recent Comments
Archives