November 2010

November 26, 2010

あしたのジョーMAX

本日、あしたのジョー2台目。
大当たり0回、588回転程の台に座り625回転目、
力石幻影モード突入から
赤ハガキ「あしたのためにその二」、VSカーロスダブルリーチでヒット。
CA1125.jpg


6連。
ST後、少し回してヤメ。
等価交換店、トータル投資8K、換金26K。

MAXタイプのあしたのジョーですが、
強烈さがミドルタイプと比べて
若干上がったかな程度の雰囲気があります。。
京楽ST機MAXタイプの威力、
仮面ライダーから考えると
どんどん衰えているような、、。

ハマりはキョーレツですけどね。。
ちょっと優等生になり過ぎたか。

それでも、ST機のドキドキ感は堪りません^^

さて、
5、6箱程度の出玉なんて
打とうと思えば簡単に消化してしまいます。
でもね、確定出来る勝ちを逃す程
バカバカしいことありません。
それが例え、数千円でもです。

「もしかしたら、もう少し出るかも。」
この誘惑には冷静に対応しましょう。

少しでも出玉を消化し始めると、
減った分を悔やむようになって止まらなくなり
すべて入れてしまう。。
結局はマイナスで退散。

身に覚えがあるでしょうか?

考えてみましょう。
パチンコは遊具というカテゴリですが、
正直ギャンブルです。
そしてスタート時点、
誰もが必ず大きなマイナスから始まるという事。
玉を買わずしてパチンコは打てません。
それが例え数千円でも、プラスに転じるんですよ。

また、パチンコを面白くしている要因の一つに、
大当たり乱数があります。
例えば、300/1確率の機種で
300回転に必ず1回当たりが来るのでは、
パチンコ店は成り立ちませんね。

機種の大当たり確率は、
膨大な回転数を稼動して収束する確率。
つまり、1日単位やそこらでは、
全くその確率には当てはまらないってこと。

そして、
時に大きくハマり、時に続けて大当たりを引くから
面白い訳。

つまり!
大当たりを引いたとき、
単発もあるけど、大連チャンする時もあるんです。

収支プラスにする為には
1回以上大当たりを引くしかありませんが、
その大当たり数が多く続く時もある訳。
その爆連チャンに備えて
数千円でも良しとするのが最善の道なんですね。

「たかが数千円・・」って注ぎ込んでマイナス収支では、
次回挑戦機会に大きな損失です。

p_eva02 at 00:21|PermalinkComments(0)あしたのジョー(京楽) 

November 24, 2010

エヴァが出ると感動

今日はエヴァ。
2台目、大当たり21回(突確含む)
時短後即ヤメの74回転目の台に座り123回転目、
金枠(リラックス)4アスカのロングからロンギヌス
2号機リーチで「3」図柄ヒット。
CA3A0408

(画像ヒドくてスンマソ・・)
6連。(赤5、青1)

時短後150まで回してヤメ。
等価交換店、投資11K、換金約34K。

初代エヴァからのファンとしては、
何度やっても出ると感動しちゃうんですよね^^
今作エヴァ6は取っ付きづらいところがありますが、
赤図柄(確変図柄)が続くと威力あります。

さて、現行エヴァのように、
登場して時間が経つ機種、人気の飛び気味機種は、
ホールによって客付きが全く変わってきます。
お客のほとんど付かないパチンコ店、
適度にお客が出玉を背負っているパチンコ店、
雲泥の差があります。

お客って素直なもので、
出さない機種は打たない。
お客の飛んでるホールは、かなり絞ってる訳。。
いわば“回収傾向”。

お客が付いているホールは、
バリバリ現役機種として扱っています。

あなたがその機種を打つとするなら
当然、後者のホールで打つべきですね。

機種の入れ替わりが激しい現在、
パチンコ店としては、
真新しい機種を入れないと
やっていけない部分もありますが、
死んでいるシマを作っているようでは
フル稼動している新台など人気のシマも圧迫して
絞り傾向になります。

絞れば、お客は飛ぶ。
悪循環に陥ります。

古い機種でも人が付くようなホールこそ、
優良パチンコ店です。

p_eva02 at 00:28|PermalinkComments(0)エヴァンゲリオン 

November 09, 2010

続・貯玉について

こんな質問を頂きました。


> 等価交換のホールでなければ、貯玉をするべきだと思うのですが。

以前に、「会員カード」の付き合い方について
記載したことがあり、その記事に対して頂きました。

確かに、等価交換以外の換金レート店では、
次回の打ち出しが有利となる場合が多々あります。
ですが、貯玉には制約がありますね。

・再プレイ手数料などで換金レートとの差分を少なくする場合
・手数料は取らないが、1日の貯玉からのプレイ制限がある場合
・手数料を取らない日や時間帯を作り、客を呼ぶ場合

基本的に貯玉制度は、そのホールにお客を縛りたいものであって、
お客のためとは上辺だけと感じられます。

例えば、

・大きく貯玉しているお客は、1日の使用制限で何日にも渡って来てもらう
・お客の入りが悪い日、時間帯に手数料無料タイムを設けて来てもらう
・手数料を取る事で、換金レートの差分は減らしてるし、貯玉してるからまた来てくれる

などという扱いに対してです。


また、貯玉カードの出し入れは簡単に管理出来ます。
ホール側からすれば、
各カード番号毎に、いついつ入れて、いついつ出してというデータが
パッと分かる訳。
目につくデータのカード会員は、それ以降使用する際に、モニターされる場合があります。

そりゃそうです。
ホールとしては、
お客がパチンコ遊戯でお金を使ってくれるのが前提であり、
勝っているお客の分析は欠かせません。

だから折角、自分のペースで勝ち道が確立されてきても
会員カードの使用毎に監視される危険があります。

よって、貯玉はどうかと考えるのです。

こんな事を書くと、パチンコ関係者に怒られそうですが、
実際そういうプロセスが働いています。

正直、ホール側としては、
会員カードの使用具合を見て、
よりお客の満足出来るような営業をしたいと考えている部分もあります。

私としては、
貯玉使用に際して手数料を取ることがイマイチなんです。
会員カードでホールに縛る事が出来れば、
「それで良いんじゃない!?」と思う訳。
それなら、多少監視されても使おうかとも思えます。

p_eva02 at 05:32|PermalinkComments(0)パチンコ基本