あしたのジョー(京楽)

November 26, 2010

あしたのジョーMAX

本日、あしたのジョー2台目。
大当たり0回、588回転程の台に座り625回転目、
力石幻影モード突入から
赤ハガキ「あしたのためにその二」、VSカーロスダブルリーチでヒット。
CA1125.jpg


6連。
ST後、少し回してヤメ。
等価交換店、トータル投資8K、換金26K。

MAXタイプのあしたのジョーですが、
強烈さがミドルタイプと比べて
若干上がったかな程度の雰囲気があります。。
京楽ST機MAXタイプの威力、
仮面ライダーから考えると
どんどん衰えているような、、。

ハマりはキョーレツですけどね。。
ちょっと優等生になり過ぎたか。

それでも、ST機のドキドキ感は堪りません^^

さて、
5、6箱程度の出玉なんて
打とうと思えば簡単に消化してしまいます。
でもね、確定出来る勝ちを逃す程
バカバカしいことありません。
それが例え、数千円でもです。

「もしかしたら、もう少し出るかも。」
この誘惑には冷静に対応しましょう。

少しでも出玉を消化し始めると、
減った分を悔やむようになって止まらなくなり
すべて入れてしまう。。
結局はマイナスで退散。

身に覚えがあるでしょうか?

考えてみましょう。
パチンコは遊具というカテゴリですが、
正直ギャンブルです。
そしてスタート時点、
誰もが必ず大きなマイナスから始まるという事。
玉を買わずしてパチンコは打てません。
それが例え数千円でも、プラスに転じるんですよ。

また、パチンコを面白くしている要因の一つに、
大当たり乱数があります。
例えば、300/1確率の機種で
300回転に必ず1回当たりが来るのでは、
パチンコ店は成り立ちませんね。

機種の大当たり確率は、
膨大な回転数を稼動して収束する確率。
つまり、1日単位やそこらでは、
全くその確率には当てはまらないってこと。

そして、
時に大きくハマり、時に続けて大当たりを引くから
面白い訳。

つまり!
大当たりを引いたとき、
単発もあるけど、大連チャンする時もあるんです。

収支プラスにする為には
1回以上大当たりを引くしかありませんが、
その大当たり数が多く続く時もある訳。
その爆連チャンに備えて
数千円でも良しとするのが最善の道なんですね。

「たかが数千円・・」って注ぎ込んでマイナス収支では、
次回挑戦機会に大きな損失です。

p_eva02 at 00:21|PermalinkComments(0)

March 10, 2010

「あしたのジョー」とか「美空ひばり」とか

京楽の機種、あまり記事にはしませんけど、
結構打ちます。
だって、京楽の機種ってかなりの台数、稼働してるでしょ?
やっぱり面白い機種が多いですよ、京楽は。
「キン肉マン」から「必殺仕事人」、「仮面ライダー」、「美空ひばり」、最近では「あしたのジョー」などなど^^
「冬ソナ」なんて未だにファンがいます^^;

ただ、相性というか、京楽で大勝はあまりありません。
負けてはいませんけどね。

CA3A0279-2CA3A0277-1


自分の経験則から、京楽の機種は深追い無しで、カニ歩きです。
言うなれば、大当たりという“事故”の感覚。

また、新台時の良釘から徐々に絞っていく過程で
極端に出なくなります。
「仮面ライダー」なんかはその典型ですね。
京楽は回転率が連荘性に至極重要ってことです。

まあ、どのメーカーにも
回転率は最重要ポイントですけど。。

京楽に限らず、いろんな機種、メーカーを打ちましょう。
なぜか。
狭い視野で居ると、
必ず在らぬ方向へと考えが向かっていくものです。

p_eva02 at 00:09|PermalinkComments(0)