立ち回りと勝ち方

November 02, 2013

パチンコ黄金率 新・白い絹糸の稼ぎの構造

まず始めに言っておきます。
パチンコ黄金率「新・白い絹糸」は、
パチンコの玄人、素人に関係なく実直に行えば
勝利を導きます。

現行のパチンコは、小額投資で短期勝負が基本です。

それは簡単な話です。

例えば、等価交換、大当たり確率400分の1の確率の台で、
1000円で30回転回ったとしましょう。
(通常は有り得ませんけどね。。回ってせいぜい20前後、平均でならせば15前後ってとこ。)

400回転回すのに、いくら使いますか?

400÷30=13,33・・

つまり、14000円使う計算に。

そして、出玉はあっても約2000発程度。

等価換金で8000円。


分かりますか。

完全確率計算で、必ず負ける確率になっているわけです。


しかも、大当たり確率は1日では収束しません。
月単位の稼動でやっと確率が見えてくる程度。。



ただ、釘を読んでいるだけでは、
完全な勝ち組にはなれないように出来ています。

昔のハネモノのような“釘”だけで勝てる時代は終わっています。



確実な根拠のある事実は、大当たり確率の収束周期以外にありません。



パチンコ黄金率は、特許庁から認可を受けている商標登録です。
特許を取得しているほど、しっかりとした構造があります。


その内容はすべて、これに尽きます。


打つべき台に座って出す


打つべき台とは、これから出す周期になる台。



パチンコメーカー事に、
機種のタイプ(ST機、確変機、デジ羽根混合など)や、
周期の揺らぎは違いますが、
すべてのパチンコ台に於いて共通していることは、
市場に出ているパチンコ台はすべて、
検定試験をパスした確率の収束に忠実な機種だけだということです。


そこを攻略することが、
現行のパチンコを攻略する唯一の方法です。


>>パチンコ黄金率「新・白い絹糸」公式ページこちら<<



p_eva02 at 06:51|Permalink