ブログネタ
中日ドラゴンズ に参加中!
 送ればせながら、先週やっと日本プロ野球が、セ・パ同時開催いたしました。
 ご存知の方も多いとは思いますが、太平洋東北沖地震(東日本大震災)の影響で開幕が遅れていました。
 野球好きなTammyではありましたが、さすがに今回は仕方ないかととの想いは有ったものの、やっぱり野球が始まらないと寂しいのもの事実で、開幕してホッとしております。
 で、わが中日ドラゴンズの開幕2カードの結果ですが・・・・・・
 まず楽勝予想していた開幕カード、対横浜戦ではまさかの負け越し(しかも開幕黒星スタート)、続くナゴヤドームに移動してのこれまた(ドームでは)得意としている対阪神戦でも1勝1敗1分けと全く精彩の掛ける結果となっています。
 先発陣がこけつつも中継ぎ陣は何とかゲームを作っているのですが、いかんせん、野手陣が・・・・
 昨年の打線に比べるとずいぶん良くなっているようなメンバーだと思うのですが、うまい具合に繋がりません。
 まあ一つの要因としては昨年セ・リーグのMVPである和田選手の不信は否定できないですね。
 打線のつながりをどうしても分断してしまう和田選手の不振は痛かったです。
 そんな中やっと和田選手にもサヨナラとなるタイムリーも出ました。
 こうなると、Tammy的には問題視されるのは、ブランコ選手ではないかと・・・・
 昨年からの、インハイを投げた後の、アウトローへの逃げる球をブンブン振るだけのバッティングは、いまだ健在でした・・・・
 キャンプでの修正を期待していたのですが、全く同じ光景の繰り返しに驚きを隠せません。
 ブランコ選手ほどのリーチが有れば、打席を少し後ろに立つだけでもずいぶん相手投手の投げるコースを少なくさせることができると思うのですが、そのような工夫も全く見られません。
 後ろに立てば、インコースには間違っても投げることはできません。その上でアウトコースに照準を絞れば、踏み込んで打つこともできると思うのですが・・・
 それと、相変わらず一発狙いのスイング、せめてグスマン選手並み(何もラミレス選手窓とは言いません)に柔らかいバッティングに心がけてくれれば、かなり打率も上がってくると思うのですが・・・
 確かに、ブランコ選手のあの飛距離は魅力的ではありますが、当たらなければ話になりません。
 もともとパワーは有るのですから、フルスイングでは無くハーフスイングでもかなり飛ぶと思うので、当面それで打率をあげ、チャンスでフルスイング・・・ってできないのかな??
 Tammy的にはグスマン選手もいるのだから、一層の事一度ファームに戻して打撃改造に踏み込んではとまで想ってしまいます。
 とにかくあのパワーはシーズン後半、優勝を目指すにはどうしても必要な場面がきっとあると思います。
 それまでに何とか打ち方を考え直してくれないかな?と思っちゃいます。
 あと、今季の中日の目玉としては昨年ほとんどを棒に振った井端選手の復活が有ります。
 ただ、今季の井端選手無理やり引っ張って打とうとしているように見えます。
 もともとおっつけて流すのが井端選手の真骨頂。無理に引っ張らなくても、チャンス拡大を目指してランナー進塁が仕事だと思うのですが・・・
 今年こそは結果を残して、と言う気持ちは分かるのですが、だからこそ2番と言う打席に見合った仕事をしてほしいと思うのはTammyだけでしょうか?
 荒木選手が出塁しても、2番が井端選手だと送りバントのサインも出ていないようです。
 これが昨年のように大島選手なら間違いなく送りバントでしょう。
 確かに打者井端選手の信頼度は大島選手とは雲泥の差が有るでしょうが、ランナーを進める、その仕事に違いはないと思います。
 続く森野選手の調子が良いだけに、この辺りはベンチワークを見直してほしいと思います。

 まあ、中日ドラゴンズのスロースタートはいつもの事で、実際のところTammyもそれほどは心配してはいません。
 今季吉見・チェン両エースを書いてスタートした割にはまずますの滑り出しではないかとさえ思っています。
 今季試合スケジュールもか見るになると思われる中、昨年同様夏以降のスタミナがカギになってくると思っています。
 そうなれば、きっと中日に分があるとも思えますので、選手たちには頑張って欲しいものです。



 もともと中日OB選手の多い楽天、中日OBが多いことも有って応援していましたが、今季はちょっと違いますね。
 今時点ではありますが、被災地の期待を背負い選手たちのやる気がみなぎっているように思えます。(実際山崎選手の3ベースなんて聞いたときには驚きました)
 この勢いであの時のオリックス同様、ペナントを東北に持ち帰り、できることなら中日-楽天の日本シリーズが見て見たいものです。