Noh Jesu(ノ・ジェス,盧在洙)氏とJAPAN MISSION - livedoor Blog(ブログ)

Noh Jesu(ノ・ジェス,盧在洙)氏とJAPAN MISSION

韓国人であり、日本が世界の希望(JAPAN MISSION)であることを13年間に渡り一貫して発信し続けているNoh Jesu氏を応援するブログです。 時事ネタ、経済や政治についても感じていることを語ります。

人気ブログランキングへ ←こちらをクリック!

環境に依存するのではなく、環境を自ら変える方法

観術は5感覚に新しい感覚をプラスする技術ということですが、そのことがライフスタイルにどう活用できるのかがなかなか伝わりにくかったのではないでしょうか。

全く新しい発見や発明をした人は異端児扱いされるのは歴史の流れから見てもあきらかなことです。

地動説を主張したガリレオ・ガリレイは、それまでの常識だった、天動説をひっくり返す内容でしたから、裁判になり、地動説を唱えないことを宣告されてしまいました。

Noh Jesuの最新のコラム「五感覚・認識システムの進化」を読むと
Nohさんは条件反射的に生きてしまっている人間は本来人間のあるべき姿ではなくて、
本来は人間はクリエイティヴな存在、無限の可能性を持っている存在だから、
環境に支配されるのではなく、環境を自ら変えられる存在であると言っています。

環境を自ら変えられる自分になるには新しい感覚を身に付けることが必要だと
語っているわけです。

確かにコラムで書いているように目が見えない人が目が見えるようになったら、たくさんの問題を解決することができたり、多くの気づきや発見が起きるでしょう。
そのことは4感覚から5感覚に感覚が上昇することで、多くの感動や、クリエイティヴが生まれるように、6感覚を身に付けることにより、今まで問題と思っていたことが、たくさん解決できたり、
目が見えない人が目が見えたときに得られる、感動や発見以上に、たくさんの気づきや発見があるのではないでしょうか。

2012年は黒龍年!

新年あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします。
2011年はみなさんにとってどのような年だったでしょうか。
2011年は日本では大震災が起きて、生き方について見直された年でも
あったかと思います。
今年は黒の龍の年。黒龍は龍の中でも一番強い力を持つそうですね。
2012年は黒竜年!
日本は龍の形をしていますが、日本にとって、飛龍昇天の年となることを祈願しています。
Noh Jesuさんもメルマガで今年は日本が目覚める年と語っていますね。
みなさんにとって希望あふれる1年となりますように!
--------------------------------------------------------------------
新年あけましておめでとうございます。
Noh Jesuです。

このメールマガジンでは、「和の産業」「悟りの産業」を実現するためのキーワードを、毎日発信しています。

辰年の2012年が始まりました。

「みんなが見る夢は、必ず現実になります。」
そして、
「未来は予測するものではなく、共に創っていくものです。」

ここ日本から、新しい歴史、新しい文明が創られていくことは間違いないことです。

東洋思想からみると、2012年の象徴は「黒の龍」です。この「黒の龍」はまさに日本の龍です。
今年は、世界70億人を目覚めさせていく日本の底力が大きく動き出す年になります。

ー飛龍昇天ー

今年は、日本が大きく目覚めるきっかけになる年であることを確信しています。
私もその勢いに乗って今年も頑張っていく所存でございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2012年がみなさんにとって幸多き一年になりますように。

---------------------------------------------
☆「和」の産業を広めるムーブメント(本メルマガ)を、ぜひ多くの方にお知らせください!
メルマガ登録は簡単!
(m@noh-jesu.comに空メールを送信)

☆このメルマガへのコメント、ご質問はこちら!
mm@noh-jesu.com

NR JAPAN RMCセミナーに参加して。

NR JAPANのRMCセミナーに参加してきました。
RMCとはReal Mind Communicationの略。
日本語に訳すと本物の心のコミュニケーション。
ちなみにこのセミナーはアドバンスセミナーを受けた人だけが
参加できるセミナーとあって、内容もかなり濃いです。
心の秘密がスッキリわかるアドバンスセミナーについてはNR JAPANのホームページを参考にされたらよいかと思います。
まずはみんなで「自分が話すのが苦手か、聞くのが苦手か」など、日常的なこと
だけど、普段話さないことをSSMをしてシェアをしました。
ひとりずつ自分がコミュニケーションでどんなところが苦手かを一人一人、
あげていったのですが、赤裸々にアウトプットできるのも、安心できる場だからこそ。
自分だけの悩みと思いきや、意外とみんなに共通することばかりで、
共感しまくりでした。
みんなでアウトプットした後に、講師の清水さんが整理をしてくれました。
一見みんな違うことを話しているかのように見えるけど、
実はシンプルに整理できるんですね。
コミュニケーション講座と言えば、話し方を変える、聞き方を変えるといった、
やり方に走りがちだけど、それは根本的な変化ではなくて、
根本的に解決するためには自分の心の器を変えないといけないということを
すごくわかりやすく、いろんな例えやイメージを使って教えてくれました。
結局は自分が嫌われないようにということばかり考えてしまって、
無我の状態ではない。
自分のことばかり考えていては、相手のことをわかってあげることは本当に難しい
という話を聞いて本当にそうだなぁと感じました。
後半は実際に感じることをワークを通してやってみました。
感性を磨くことでロジックも磨くことができるという清水さんのシャープな
言葉が今でも残っています。
アドバンスセミナーを受けた人限定ですが、日常生活のコミュニケーションを
根本から変えるトレーニングができるRMCセミナー
感動のセミナーです。

NR JAPANのアドバンスセミナーに参加!

NR JAPANのアドバンスセミナーに参加してきました。
 
自分自身をどう思うか。
 
自分のアイデンティティの変化が変われば、
 
自分と自分以外の世界が変わる。
 
自分と自分以外の世界が変われば、
 
生き方が変わる。
 
その根っこからの変化。アイデンティティの変化から
 
本物の変化を創っていく。
 
自分って何って言ったときにこの体が自分であり、
 
自分は男だ、女だ。
 
もっとさらに深く行くと自分は人間だという
 
ことなんですけど、
 
人間の現在地を知ること。
 
人間とは何なのかが明確にわかったときに
 
じゃあ本物の自分とは何なのかをまでシンプルに
 
整理整頓するので、本当にスッキリですねっ。
 
現在地とゴールが明確にわかって
 
現在地からゴールまでの行き方を誰にでも
 
わかりやすく説明してくれるNR JAPANのアドバンスセミナー
 
は人間の可能性がつぶされている現代、
 
そして、その中でも先進国の中で、最も大変な
 
日本人に必要な内容であると深く深く感じることができました。
 
 
 
 




人気ブログランキング

NR JAPANが目指す新しい日本創り

NR JAPANについて。
今、日本が震災で元気がない中、人間力のバージョンアップから日本を元気にしようとしている企業があります。
その企業の名前はNR JAPAN株式会社
NRはNinshiki Technologyの略称だそうで、これからの時代は認識の時代ということを宣言しています。
物質的には豊かになった日本。世界も同じですが、これからは心の豊かさがカギであると感じていて、心の豊かさを満足させる内容の商品ができることで新しい産業、新しい職業が生まれ、時代も楽しく、ワクワクになると感じています。
創意力溢れる人材づくりを目指しているNR JAPAN株式会社はこれからの注目の企業です。
NR JAPAN株式会社ではコミュニケーション、人間関係がうまくいかない原因を独自の理論、マインドーム理論で解明し、うまくいかない原因だけでなく、どうすればコミュニケーションが改善するのか、その処方も用意しているということ。
よくある自己啓発や思い込みで改善するような内容ではなく、自分自身とは何なのか。
本来の自分、アイデンティティからの問題解決を目指しているベンチャー企業です。
年間で3万人の人が自殺する日本。
うつゼロ、自殺者ゼロの新しい日本創りを目指しているNR JAPANと代表取締役のNoh Jesuをこれからも応援しています!

Noh Jesu氏が語る共通のビジョンとは?

震災を通して世界中は日本の礼節さに感動を受けている一方で、日本ではリーダーシップに対して、憤りを感じている人が増えています。

今、日本はモノを作りたくても電力不足で作れない、売りたくても放射能汚染国家というイメージが邪魔をしてモノが売れない事態が恒常化している状態です。

その結果、日本人のやる気やチャレンジ精神が失われてきており、若者が夢を描けなく、将来を不安する時代になっています。

輸出産業も大きな打撃を受け、5月度の自殺者数は昨年比で17.9%も増加。大変な危機的な現状があります。

この危機を突破するためにはどうすればいいのでしょうか。

日本の政府は「ALL JAPAN体制」で、日本を団結しようとしていますが、団結させるにはどうすればいいのでしょうか。

今、2011.7.14 ALL JAPAN体制を実現するエコノミック・コーポラティズム(Economic Corporatism)というコラムについて考察していきます。

以下はコラムからの抜粋です。

Noh Jesu氏はALL JAPAN体制を実現するためには「共通のビジョン、価値、夢、目標、プランが明確になることが必要です」とコラムで発言しています。

さらにその共通のビジョンは日本だけでなく、今の時代の全世界の人が納得し、共感できるものである必要があると語っています。

観術が案内する「悟りの産業化・ゼロ次産業化」は、一人ひとりの認識を次元上昇させることで既存の産業を活性化させながら、一人ひとりの悟りにもつながるものなので、まさに「ALL JAPAN体制」のビジョン、価値、夢、目標そのものになれる。

コーポラティズムとは、共同体を人間の身体のように見做し、個人の間における有機体的で社会連帯的で機能的な特質と役割に基礎を置いた、政治や経済や社会の組織のシステムの1つである。wikipediaより。

ということですが、Noh Jesu氏はこれからは、今までの部分的な協力の範囲にとどまったコーポラティズムの限界を超え、人類69億を取り込む「ALL JAPAN体制」を、日本の国家リーダーシップが世界最初に展開する必要がある。

観術では、これを「認識経済」「JAPAN MISSION・JAPAN DREAM」と呼んでいます。会社の社員たちの夢が、日本の国家の夢であり、この時代の世界の人々の夢である世界、これこそ「真理経営」の真髄です。

絶対的真理の商品化・ビジネス化・産業化、すなわち、絶対的和の産業化、悟りの産業化を国家政策として応援することが、私が言っている「エコノミック・コーポラティズム」なのです。

今の世界的経済危機を救済する日本づくりを実践していることに誇りを持っていただければと思います。

ここまでNoh氏のコラムを抜粋しましたが、
要約するとNoh Jesu氏はALL JAPAN体制を実現するためには共通のビジョンが必要で、しかもその共通のビジョンは日本だけでなく、全世界の人が納得し、共感できるものが必要である。
その共通のビジョンとは一人ひとりの悟りにつながる「悟りの産業化・ゼロ次産業化」であり、その新産業を国家が政策として応援することが「エコノミック・コーポラティズム」であると明確に語っています。

ここまで言い切れるのは悟りが今までのイメージでは特別な人しかできないものだと思われていたことが、悟りは誰もが納得できるものであると確信があるという裏づけがあるからではないでしょうか。

これからもNoh氏の発言に注目していきたいです。

Noh Jesu氏はなぜジャパンミッションを語るのか。

Noh JesuはなぜJAPAN MISSIONを語り続けるのか。
東日本大震災が起きて、日本が誰もが立ち直れないと感じている中でなぜ

Noh JesuはなぜJAPAN MISSIONを語り続けるのか。

16年間一貫して彼は世界から見て日本が唯一の希望だと語る。

それはなぜなのか。

人脈もない、日本語も話せなかった彼が16年前に得たイメージ。

そのイメージが元になり、観術という全く新しい学問体系が形成された。

そのときに彼は日本の底力と出会ったという。

またNoh Jesu

日本があったからこそ、67億人全ての人を幸せにする道を選択することが

できたという。

なぜ、彼はそこまでして、日本の可能性を見出すようになったのか。

次回以降からその秘密について語りたいと思います。
livedoor プロフィール
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ