さいの所思雑感

感想(音楽とか芝居とか食べ物とか、まあ色々) 兼サイトの更新履歴など。

河井英里追悼ライブ告知 (更に追記有り)

 告知されていたオフィシャルの掲示板が閉鎖されてしまったようなので、ひとまずこちらに情報アップしておきます。
 びっくりするわ……。ログ、保存しておくべきだった。あそこには英里さんのコメントもいっぱいあったのに……。

※追記※
 掲示板閉鎖についての事情を伺いました。
 オフィシャルの掲示板を設置したのは英里さん本人なのだそうです。なので登録されていたアドレスも、パスやidなど誰も知らないままだったそうです。
 有料の掲示板に乗り換える提案もされていたそうですが、英里さん本人があの掲示板のデザインを気に入っていて変えたくないと拘っていたそうです。(特に英里さんの書き込み時に使っていた女の子のアイコンを「私に似てるでしょ(笑)」と言って気に入ってたそうです。)
 掲示板での交流を楽しみにしていた英里さんの、過去ログをそのままにしたい、という希望もあり、大切にしていたオフィシャルサイトとともになるべく手を入れずに残したいと思われていたそうなんですが……。
 掲示板停止のお知らせメールは、英里さんが登録したメールアドレスに届いていたんでしょう……。残念です。
 追悼コンサートの会場となる江古田BUDDYは英里さんが「ここでライブやりたいな〜」と言っていた場所だそうです。

 7月2日付けで由宇あおいさんが出演者に加わったそうです!嬉しい(。´Д⊂) 英里さんのライブには2002〜2004年にかけて何度もサポートメンバーに入られてた方なので是非出演して欲しいと思ってました!

※更に追記※
 藤沢晶子さんのぴよ工房ブログで、コンサートに関する追加情報や英里さんの思い出などを掲載していくそうです。

----------

 追悼コンサートに関しては、今後バディのサイトを確認した方がいいかもしれません。


「河井英里追悼コンサート」2011.8.4(木) 18時開場/19時開演

<会場> LIVE HOUSE BUDDY(ライブハウス バディ) 
     練馬区旭丘1-77-8 双葉会館B2F
     西武池袋線江古田駅南口下車すぐ

<料金> 前売り3,500円/当日4,000円
(別途ドリンクの注文をお願いします)
※前売りで満席に達した場合当日券は発行されないかもしれません

<前売り> 7月1日から
    メール予約・・・御氏名、人数、連絡先電話番号を記載のうえ、info@piyokobo.com 宛に送信をお願いします。
    電話予約・・・江古田BUDDY(TEL:03-3953-1152)へ営業日の15時以降にお電話ください。ライブ本番中などはつながりにくいかもしれませんがご了承ください。


出演者(6/30現在、敬称略、順不同)

-Music-

秋岡欧(bandolim)
ayako_HaLo(vo)
現村達也(pf)
岩城由美(vo)
上野洋子(vo)
おおたか静流(vo)
大野智子(vn)
岡田浩安(quena,zampona)
梶谷美由紀(vo)
加藤みちあき(guitar)
萱谷亮一(pac)
桔川由美(fg)
窪田ミナ(pf)
笹子重治(ac.guitar)
鈴木純子(ob)
妹尾武(pf)
歳森今日子(pf)
三森未來子(vc)
宮野陽子(vn)
弓月さな(vo)
吉野弘志(ac.bass)
渡部安見子(va)

-Talk-
佐藤順一
佐藤恭野

-書&Music-
柳田泰山
光田康典

司会:梶谷美由紀、ayako_HaLo


舞台監督:岡田健治(I.B.Company)
協力:SUPERBOY Inc.
主催:ぴよ工房

あれ?

 サイドにオススメの本とかCDとかDVDとか出してたんだけど、なんか指定した覚えもないものが並んでるよ?
 いつのまに仕様変更したわけ?

 確認したら、勝手に「ライブリンク」ってものに変わってたみたい。指定したものの関連?のものをずらずら並べるらしい。知らないものをオススメするつもりないよ!まったくもう。

 ひとまず全部消したよ。

関田豊枝さん出演情報

関田さんの出演情報です。

演激集団INDIGO PLANTS
第2回公演 『残影』
日時:2010年7月27日(火)19時
          28日(水)14時/19時
          29日(木)14時/19時
          30日(金)19時
          31日(土)14時/19時
        8月 1日(日)13時/17時
場所:日暮里 d-倉庫
   (日暮里駅南口下車、徒歩7分)
料金:4300円(全席指定)
予約ページ

関田豊枝さん出演情報

こっちにエントリしてなかった!もう公演始まっちゃう(汗)

関田豊枝さんの出演情報です。


NeoMask 第8回公演『 CALLING 』
作・演出 徳留 英人
日時:2010年4月 7日(水)19時
           8日(木)19時
           9日(金)19時
          10日(土)14時/18時
          11日(日)14時/18時
          12日(月)18時
場所:吉祥寺シアター
料金:日時指定/全席自由 前売 3,500円
             当日 4,000円
   *選択指定席 前売りチケット代プラス500円にて、
    ご希望の座席をお取りします。
    (例:一番前の真ん中・通路側の前から5列目 等)
    ※先着順となりますので、ご希望に副えない場合も
     ございます。ご了承下さい。

出演:関田豊枝 山本美智子 田中謙次 山田清崇 宮崎重信
   関根隆士 田口弘 菅村功 石田武 工藤孝裕
   徳井広基 吉孝行 富永研司 青木主税 藤田信宏
   相川譲二 内山正則 井出学 野村かおり 山本佳代
   結樺レイナ 若林美保 徳留英人  
スタッフ
作・演出:徳留 英人
幻想効果:ANXRA
舞台監督:伊藤 清一
ダンス振付:結樺レイナ(Irisbjou)
音響:Sound Gimmick  
照明:龍野 禎和(Lightshop Neo)
制作協力:すわいつ郎 
宣伝美術:MW
プロデュース:山下 弘一郎

関田豊枝さん出演情報

Dragon Question! 関田さんから舞台のお知らせ来ました。

渡辺晃プロデュース公演『Dragon Question!』

 事故にあい生死をさまよっている少女が迷い込んだのは、体感格闘ゲームの中!10人のキャラクターを使いこなし、現実世界へ戻れるか!?キャラ達の人間模様も交えて、アクション・ダンス・ヒューマンドラマ…かなりなエンターテイメントになってます!
 そしてなんと…仮面ライダーアマゾンの!レッドアクションの!新堀和男さんが殺陣師!(☆☆)緊張感でいっぱいです。

 関田さん曰く「ちなみに私、大ボスやってます(;^_^A 添付チラシの真ん中に描かれている、薙刀を持ったキャラです。…衣裳もそのまんまかも?!(*_*)」だそうです。

日時:2010年1月28日(木)19時
          29日(金)14時/19時
          30日(土)14時/19時
          31日(日)13時/17時30分
                (開場は45分前です)
場所:萬劇場(JR大塚駅北口下車、徒歩4分)
料金:前売3000円

ご予約・お問い合わせは関田さんのサイトのメールフォームからお願いします。
《歓伝ーKANDENDOー堂》


blogram投票ボタン

迎春

BlogPaint 新年あけましておめでとうございます。

 今年ものんびりやって行きます。どうぞ宜しくお願いいたします。
 昨年分のエントリーも、まあ追々。

井波 高満 二人会@新宿 白龍館

井波 高満 二人会 新宿 白龍館へ、井波陽子さんと高満洋子さんのライブに行ってきました。

 最初は高満さんから。「二人会」という名称は落語会をイメージした高満さん発案なんだそうな。
 高満さんは歌う曲によって声が変わるねー。表情豊かな歌声です。
 ちょっとレトロなお着物でちんどん屋さんに間違われたエピソードやら、赤ちゃんをこっそりあやしてたら抱っこしてた母親にバレたエピソードとか、高満さんてばMCも面白いです。

 井波さんは賢くてサンタクロースが呼べて流石です。大好きだ井波さん。
 高満さんを迎えての「ダンス」や「手紙」も良かったです。
 あー、冬なんで「片栗粉のテーマ」も是非演って下さいって言うの忘れてた。

 楽しいライブでした。次回も楽しみだー。

セットリスト(井波さんの)
01 空と恋と自転車
02 ガーデン
03 北風小僧の寒太郎
04 月夜の浜辺
05 花籠に月を入れて
06 何年も前のことだった
07 夕映え
08 神様の十字路
09 ダンス
10 砂糖壷の魔法
E1 手紙
E2 ハレルヤ(高満+井波+聴衆)

ホッとPHOTO 2009

 鎌倉は由比ヶ浜のBORN FREE WORKSへ。イワサキユキオさんの写真展「ホッとPHOTO展」へ行ってきました。
 今年で3年目。毎度、可愛いジャックラッセルテリアまみれ(笑)になれる幸せな写真展です。

 前回前々回も入り口から入るなり吠えながら駆け出してきていたルーシーとハンナは、今回は大人しめ。他にお客さんも居なくて静か。
ハンナ なんでもさっきまで他の犬に吠えまくってて叱られて、若干大人しくなってたハンナ。

ルーシー 一方、大人しいというか落ち着いた風情のルーシー。

 イワサキさん手作りだというパウンドケーキ(中に栗が入っててめっちゃ美味しい!!!)とコーヒーをご馳走になりつつ、写真を見たりルーシーやハンナの写真を撮ったり。
 そのうち他のお客さん&ワンちゃんたちがやってきて、ルーシーとハンナのスイッチオン!
 それでもルーシーは暫く経つと割と友好的?に振る舞えますが、ハンナはそれはもうすごい勢いで吠えたてます。
締め出されハンナ ハンナはあんまりガルガルモードが過ぎて車に閉じこめられたり、ベランダに締め出されたりしてました。キュウキュウ言ってました。

横座りルーシー ルーシーはもう9歳ですって。顔も随分白いものが増えてます。

 カレンダーとポストカードを買って、持っていた「Say Hello !」にサインして貰いました。

 また来年の写真展が今から楽しみだなぁ。


blogram投票ボタン

コトリ木@カフェ莢

カフェ莢 今日はコトリ木ライブ。妙蓮寺のカフェ莢へ。

 若干迷いつつ無事到着。
 到着が早すぎたので、商店街をウロウロ。ああ、なんて立派な白菜!メンチカツ美味しそう〜。後でハルコさんも白菜買って帰りたかったなんて話してました。

コトリ木@カフェ莢 開演前におなかペコペコだったので、おにぎりじゃ間に合わないと思いスパゲッティ。あとでおにぎりにしようと思ってたら売り切れで食べ損ねちゃったよ。おにぎりカフェなのにしまったなー。

 本日の出演者はコトリ木・美紀屋のかなこ・柳田健一。
 トップバッターはコトリ木。サポートに佐伯ハルコさんがキーボード&コーラス。
 歌ったり、ギター弾いたりウクレレ弾いたり、リコーダー吹いたり、そして客席を巻き込んだり、いつもの通りのほんわかしたライブ。
 コトリ木ライブは和みますなぁ。ほんわ〜。

01 ココロのアカリ
02 ひなたでこうちゃ
03 もみじ
04 Aria
05 月の庭(サリー・ガーデン)
06 旅をしませんか
07 ふるさと
08 ハッピーバースディ
09 不思議な街

 美紀屋のかなこさんは、上野樹里に似てるよね、と同行者に言ったんですが、その人の意見は渋井陽子似。まあ、それも分かるけど。
 それでライブ終わったら信希さんに判定してもらおうよ、なんて言ってたんですが話すの忘れてまして。ハルコさんにどっちだと思う?と聞いたらば、ハルコさんには渋井陽子が分かんなかったという……。でも上野樹里には似てるよね、とは言ってもらったよ。
「123」という曲が富士登山経験者としては、すごくよく分かる曲でした。

 そして最後の柳田健一さんはバカリズム似だ!と思ってたら、あれ?世間的にはオザケン?あれ?
 っていうか、誰に似てるって話は脇道だよ。もう、すっごいカッコいい演奏で、ノリの良い曲に会場が盛り上がる盛り上がる。「青空」も「洒落男」もすっごい良かったよー。

 カフェ莢さんのお客さんのノリが良かったのもあると思うけど、とっても楽しいライブになりました。
 終演後はしばらく残って信希さんと話したり飲んだりしてから引き上げてきました。

 来年のライブも楽しみだー。


blogram投票ボタン

ぷちこでボジョレーヌーボー

ボジョレーヌーボーボード いつもワインを飲む時はある程度熟成したものを飲むので、たまにはヌーボー(新酒)にも手を出してみようか、と久しぶりにスタンディング・バー プチコニシへ。

 昼過ぎにしんちゃんに、今日5時からぷちこでボージョレヌーボーしようと思ってるんだけど、どう?とメール。
 しんちゃんからは、遅れるけど参加する、と連絡が来てNさんとMさんと自分の三人で先に始めました。

ワイン ボージョレヌーボー解禁という事で、本日のグラスワインはみんなヌーボー。一つだけボージョレじゃなくてロワール産だけどね。
 Mさんはワインがあまり得意じゃないのでヒューガルデンのホワイト、Nさんはフレデリック コサール、私は樽出しのギィ ブルトンで乾杯。早くおいで、ワインのみ干しちゃうよ〜としんちゃんにメール。

魚の3種盛り しんちゃんが来るまでの繋ぎと、フェーブやドライトマト、チーズ盛り合わせなどでチビチビ飲むもだんだん我慢し切れず、魚のオードブル3点盛りをオーダー。
 これが美味しいんよ、もう。
 キッシュも美味しかったけど、スモークサーモンがこれまた蕩けんばかりに美味い。あんまり美味しいので、グリーンサラダとこのプレートはしんちゃんの分を取り分けておく。
 合流したしんちゃんは駆けつけ3杯ならぬヒューガルデンのでっかいグラス。片手じゃ持てないよ。写真撮っておけば良かった。
 Nさんはティエリー ピュズラ(ロワールの白)→ジュンコ アライ→ドメーヌ ド ラ マドーヌ→ギィ ブルトン、私はクリストフ パカレ→マルセル ラピエール→ジャン フォワイヤール→フレデリック コサールと飲み進めて、Mさんは早々にソフトドリンクに移行。
 他にも色々食べて、9時ぐらいに引き上げました。
 ああ、色々美味しかったなぁ。


blogram投票ボタン

皇室の名宝−日本美の華− 2期

 1期に引き続き「皇室の名宝−日本美の華−」の2期に行ってきました。東京国立博物館。

 平日。雨。
 この条件なら……と思ったんですが、荷物仕舞うロッカーにも困るほどの混雑。
 やはり、正倉院宝物ともなると人気が高いのかも。あと年齢層が高かったです。

 以前から見たかった、漆胡瓶とか螺鈿紫檀阮咸とか。
 法華義疏とか「うわ、これ本当に聖徳太子が書いたの?マジで?」みたいな、古の人の存在を目の前にする感動。教科書や古典で見た人の筆とか、目の前にすると感慨深いです。こういう書があるから、色んな古典が今に伝わってるんだよね。
 あと、蒙古襲来絵詞とか聖徳太子像、教科書に載ってたなーとか。

 今日は見てる最中に発作起こしちゃって、ちょっと辛かったです。すぐ薬飲んで脈は暫くで落ち着いたけど、心臓の違和感は今も続いてるのよね。

 上野のあの辺りはミュージアムがたくさんあって面白そうな展覧会がいくつもあるので通えたら楽しそうなんだけど、微妙に遠いのよねぇ。
 そしてやっぱりストレス感じるので若干億劫。展示ケースに触らない、ってマナーが浸透してないとしか思えないほど、いくつもの指紋に観賞を邪魔される。
 東京国立博物館のサイトには「展示品および展示ケースに触れないでください。」って書いてあるのに、どうして展示室内にはそういう掲示しないんだろう。混むのは仕方ないけど、そこは改善出来ると思うんだけどなぁ。

井波陽子@西荻窪サンジャック

井波陽子@サンジャック 本日は井波陽子さんのワンマン。西荻窪サンジャックへ。
 サポートにヴァイオリンの脇田輝くん。
 井波さんの楽しそうに歌う様子を見てるとこちらも嬉しくなってきます。
 大好きな「ゴンドラに乗って」にヴァイオリンが加わると雰囲気出てこれまた良いですねぇ。ヴァイオリンが加わった曲の中で一番好きだったのは「花籠に月を入れて」これ、とっても良いです。「陽はすでにガンジス河から」も良かったなー。

「ダンス」はもしかして輝くんが歌ってくれるの?と思ったら違いました。井波さん一人も信希さんコーラスもいいけど、男声ありバージョンも聴いてみたいです。

 アンコールの「手紙」でどこからともなくコーラスが聞こえてきて、最初、空耳かと思ったら、なんと客席に居た高満洋子さんでした!

 感覚としてはあっという間でしたけど、振り返ってみるとこんなに曲演ったんだなぁ。たっぷり聴いて楽しみました。また次回が楽しみ。


01 しずかな午後
02 空と恋と自転車
03 on the road
04 親愛なる・・
05 夕映え
06 約束
07 ゴンドラに乗って
08 お前を讃える栄光のために(イタリア歌曲)
09 陽はすでにガンジス河から
----
10 よろこびのうた
11 カメラ
12 ターマイトワルツ(ピアニカ)
13 タイトル未定インスト
14 ジンタ(インスト)
15 花籠に月をいれて
16 何年も前のことだった
17 ダンス
18 砂糖壷の魔法
----
E1 美味しいごはんと音楽があれば幸せだわ(インスト)
E2 手紙
E3 邂逅

三ツ峠山登山

 昨年登った三ツ峠山に再度登ってきました。
 朝4時起きで5時に友達の車で出立予定だったので早めに就寝したのですが、なかなか寝つけず、やっと寝たと思ったら2時半くらいに発作が起きて苦しくて目が覚める、という「何故よりによって今日!」みたいなタイミング。幸い薬を飲んで暫くしたら治まったので、無事出発できました。

 河口湖近辺にたどり着いたら、すごい霧。霧の中を通り抜けて林道を登りました。

雲海に富士山 途中、開けたところで見えた雲海に浮かぶ富士山があまりに見事だったので、車を停めて撮影しました。

 林道の外れで車を停めて登山道へ。今回は前回の表口ではなく、裏口登山道。勾配はかなりキツいですが、距離自体は1/3くらいかな。1時間ほどで登れました。

犬と干し柿 そして山荘にはこんな素敵な看板犬がお昼寝してました。

富士山 気持ちよく晴れて、富士山がよく見えました。

富士山 前回はガスがかかってほとんど見られなかったので、ここぞとばかりに富士山の写真を撮りまくりました。

紅葉 富士山に気を取られてせっかくの紅葉はあんまり撮ってなかったです。しまった。でも、すごくきれいでしたよ。まるで絵画みたいだったんですが、自分が撮ると今一つなのよねぇ。

 頂上付近の開けたところで早めの食事をして、コーヒー淹れてのんびりと過ごしました。富士山を眺めながらのコーヒーブレイクは最高です。

 往復2時間くらいなので、のんびりしても昼前には下山して来られました。
 あんまり難易度の高いとこには登れませんし、体力ないからしんどいけれど、たまには登山も楽しいですね。



blogram投票ボタン

皇室の名宝−日本美の華− 1期

 もうすぐ終わる「皇室の名宝−日本美の華−」の1期、実は友達も行きたがっている事を知り一緒に東京国立博物館へ行く事に。

 自分は1期よりは2期の方がより興味が有ったのですが、いざ見てみたら、伊藤若冲がすっごい良かったです。狩野永徳の唐獅子図屏風もすごい迫力だった、っていうか想像してたより大きくてびっくり。今まで見た屏風絵の中で一番高かったかも。
 若冲の動植綵絵の絵はがき買おうかと思ったけど、いっそ、と図録を買ってきました。


 それにしても、自分は都会の美術館・博物館には向いてないのかも。実家に居た頃も県立美術館とか行ったりしてたけど、こっちとは混雑の度合いがまるで違う。向こうに居た時のゆったりした鑑賞と、こちらでの人並みをかき分けての鑑賞では、同じ美術鑑賞でも意味が違う。まったく癒されません。
 あっちでなら好きな展示の前に何分でも立っていられるけど、こっちじゃそれは迷惑すぎてダメだもんね。
 あと、人が多すぎてガラスに触っちゃうような人も多いのがまたストレス。なんで人の脂越しに美術鑑賞しなきゃならんのだ。今回はジブリの時とは全然年齢層も違うからあれ程酷くはないし、見てる間に何度も掃除の人がガラス拭きに来てくれてたからだいぶマシだけど。
 2期は少しは人が少ないだろう平日に行ってこようと思います。


伊勢ろくの親子丼 博物館に行く前に伊勢ろくで親子丼食べてきました。
 美味しかったです。
 それにしても、あんなに細かく食べ方指示されてる親子丼は初めてでした。まあ強制されてるわけじゃないし、従わなくてもいいのかもしれませんが、面白かったです。あの指示書いてあるのも写真撮っとけば良かった、と思ったらサイトにも載ってたよ。
親子丼の美味しい食べ方
まず、どんぶりのふたを軽く開け、やげんぼりの七味唐辛子を少々、三つ葉のまわりにさっとふりかけ、一度ふたを閉めて蒸します。そのまま約3〜5秒おいてもう一度ふたを開け、醤油と味醂のほのかなにおいを味わいながらどんぶりに箸を入れます。 隅の方から卵をくずさないように、ご飯と一緒に一口ずつ口にはこびます。二、三口食べた後、香のものを口直しに軽くつまみます。その際、決して香のものをどんぶりの上からふりかけたり、卵とご飯をかき混ぜたりしないで召し上がって下さい。以上が当店の親子丼を、より美味しく食べるコツでございます。

店主



blogram投票ボタン

Rivendellライブ@末広町トリオンプ

 末広町のカフェ トリオンプRivendellライブ。

納豆カレー の、その前に。
 秋葉原近辺にせっかく出てきたので、コミケットスペシャル記念の「水戸納豆カレー」を買ってきました。



 久しぶりのRivendellライブは一部はトラッド中心、二部はオリジナル中心。一部の最後とアンコールに、みんなで合唱があったり。
 そして藤野さんは猫耳だったり。
 一部と二部の間には林太郎さんと河井英里の思い出話。終演後には藤野さんと「サン牧」話(笑)をしました。

ねぎし定食 帰りにはねぎしで牛タン食べて帰りました。トリオンプでカレー食べたのに。しかも麦飯おかわりしちゃった。


blogram投票ボタン

たんけんぼくのまちDVD

たんけんぼくのまちDVD 先日のエントリーで書いたたんけんぼくのまちDVDを観ました!

 チョーさん若い!懐かしい、そして楽しい。そうそう、こんなだったよ。
 そしてまさかのチョーさんセクシーショット(笑)
 オーディオコメンタリーも楽しい!うっわー、チョーさんが犬が苦手という設定は、そういう理由からだったのかー!
 未公開VTRでは全力で芝居するチョーさんが堪能できます。

 これ、是非続編出して欲しいなー。今度は那珂湊篇!コロムビアさんよろしくお願いします〜!


コロムビアミュージックエンタテインメント「NHK-DVD たんけん ぼくのまち」

 コロムビアの【たんけんぼくのまち特設ページ】にチョーさんからのメッセージ動画が新しくなってました。前回もすごかったけど、今回もすごいです。っていうか最初から見切れてますよ〜!(笑)


 チョーさんのブログにレビュー依頼があったので、エントリー。これでわたくしもチョーチョーリーズエンジェルねっ。街でチョーさんに会ったらラブハグして貰えるわー♪(笑)

blogram投票ボタン

たんけんぼくのまちDVD発売

 1984〜92年にNHK教育テレビで放送されていた小学校3年生向け社会科番組「たんけんぼくのまち」
 街の商店で住み込みで働きながら店長を目指すチョーさんが、配達に行った先で地域の人たちと出会って、社会の仕組みや色んな職業を勉強して行き、それを手書きのイラスト満載の「たんけん地図」にまとめる、という番組。
 子供の頃、楽しみに見た番組です。
 それがこのほどDVD化。2009年10月21日に発売です。

コロムビアミュージックエンタテインメント「NHK-DVD たんけん ぼくのまち」

 チョーさんの描く「たんけん地図」に憧れた人も多かったと思います。
 この番組にはどこか、おカタいNHKらしからぬところがあって、スタッフとチョーさんが、少しでも面白くしようと努力しているのが見えるような番組でした。

 コロムビアの【たんけんぼくのまち特設ページ】にチョーさんからのメッセージ動画も有りますので、是非ご覧下さい。チョーさん変わりませんよー。いやむしろパワーアップしてるかも、あのハイテンション。

 DVDにはチョーさんの録り下ろしコメンタリーが収録されているそうで、これも楽しみです。

 チョーさんのブログにバナー貼り依頼があったので、さっそく。これでわたくしもチョーリーズエンジェルねっ(笑)

blogram投票ボタン

アーモンドジプシーの果てに

 過日、ブルーダイヤモンド・アーモンド社のローステッド・ソルテッドが手に入らなくなった、という話をエントリーしました。

 当ブログに「ブルーダイヤモンド・アーモンド」のキーワードで検索して辿り着かれる方が時々いらっしゃるんですが、その方達もアーモンド探してらっしゃるのかしら。

 あれからも色んなアーモンドを試してみていました。でもね、好みに合うものってなかなかないんですよね。
 ずっとアーモンドジプシーを繰り返していましたが、もう近所のスーパーで買えるもので妥協するしかないかと思ってたら、これなら、と思うものに巡り会いました。

 それも意外と近くで。
 ケーキやパンづくりの材料、食材の販売をしている富澤商店たまプラーザ店に時々買い物に行くのですが、ここで見付けました。
 たまたま量り売りをしてて、味見させてもらったら、もう!
 ブルーダイヤモンド・アーモンド社のローステッド・ソルテッドと比べるとちょっと大粒ですが、アーモンド自体の甘みが十分なのと、ブルーダイヤモンド・アーモンド社よりも塩味がちょっと薄めなのが却って好ましいくらい。

 この日はたまたま量り売りでしたけど、普段は「味付アーモンド」として売っているそうです。

 これでやっとアーモンドジプシーをしなくて済みます。あちこちのスーパーとか輸入食品店とか散々巡ったけど、こんな近くに好みのものが有ったとは意外な盲点だったわー。なんかメーテルリンクの「青い鳥」みたいだねー。

blogram投票ボタン

「Oriental Green」@白楽 珈琲文明

 白楽の喫茶店、珈琲文明へ。
 河井英里さんの最後のアルバム「Oriental Green」を発売前に流すイベントへ行ってきました。
 柚子庵の空穂さんが誘って下さって、総勢4人で行ってきました。

 お店にはBGMとして「Oriental Green」がかかってました。造語詞とかスキャットもの中心。昼間の喫茶店はお客さんも多く賑やかで、あまりしんみりせずに過ごしました。
 でも注文後トイレ入ったら店内のBGMとは別に「風の道へ」がかかってて、折しも「ほんのひとしずくの水(ライブ)」で……さっそく泣きそうになったけどね。


 チョコレートケーキやよもぎ草餅と甘いものをオーダーする男子二人を尻目に、辛い物好きの女子二人は「地獄のカレーパン」なる素敵メニューをオーダー。完食するとえんま台帳に記帳出来るんだそうで。

地獄のカレーパン1 小振りのパンにカレーが注いであります。

地獄のカレーパン2 蓋を開けるとこんな感じ。

 一口目は甘みを感じるくらい。ウマーイ。
 そして中から色んな種類の辛みが出てきます。ちょっと酸味が有ったり色々。ハバネロとか。すごいカラーイ。めっちゃ汗吹き出します。顔を扇ぎつつ食べました。
 でも最終的にはすごく美味しくて、食べ終えるときに最後パンでお皿にこぼれたカレーを拭って食べました。
 よくあるカレーパンとは違って揚げてなく、ふわふわしてないわりとしっかりしたパンなので、固くて(顎弱いなー自分)最初苦労しましたが、カレーの染みたところは程よく柔らかく、またしっかりしたパンなのでパン自体の旨味も美味しく。また食べたいなぁ。

 手こずりつつ食べた自分とは違って、もう一人はペロリと平らげ。すっごい。平然と食べてました。やっぱり上には上が居るもんだ。自分の辛いもの好きは大した事ないなぁ。

 自分は途中コーヒー飲んだりはしましたが、二人とも用意された水には手をつけず(最初に大きな水のグラスが用意される)完食して無事えんま台帳に記帳。

 そんでコーヒーがとっても美味しかったです。サイフォンで入れるコーヒー、初めて飲みました。やっぱりコーヒーも本格的な専門店で飲むと違いますね。


 帰り際、ポストカードと「Oriental Green」のフライヤーを頂戴しました。ポストカードは予告されてたんですけど、フライヤーは不意打ちで……泣いてしまいました。
 もうなんていうか、岩代太郎さんや大島ミチルさんのメッセージがどうとか、英里さんの写真がどうとか、じゃなく、収録されてる曲目一覧見てるだけでも色んな思い出がわーっと溢れて、目から勝手によだれが出るですよ。
 店を出たみんなを追って慌ててマスターに挨拶して出てきたけど、明らかに泣いちゃってたからなぁ。辛気くさくてすまんです。

 20時から再度珈琲文明来店予定の空穂さん達と別れて、帰ってきました。
 空穂さん達のおかげで、あまりメソメソせずに(したけど)過ごせました。珈琲文明に足を運んでみて良かったです。行かないよりはずっと落ち着いて発売日を迎えられそうな、気がしています。
 いや、フライヤー見てまたメソメソしたりしてるけどね。


 アレンジの違うシャ・リオンやジムノペディ、今まで音源化していなかった楽曲……英里さん……形になったよ。
 だけど。本当だったらレコ発ライブとかあるはずなのに。

「次のライブでお目にかかるときには、新しい歌をいっぱい聴いていただけるよう
頑張りたいと思います〜。もうしばらくお待ちくださいね。」

 わかってるのに。それでもライブのお知らせが来るような気がしてしまいます。

blogram投票ボタン

8月4日

 8月4日……河井英里さんの命日です。

 訃報は翌5日に出されましたが、あれから一年。
 毎日公式サイトをチェックしていた自分は、見た瞬間「あ!更新されてる!」と新しい知らせに期待しつつスクロールして…………………………真っ白になりました。



 河井さん、天上の居心地はどうですか?
 ……あなたの命日をいったいどう過ごせばいいのでしょう。わかってましたけど、一年経っても哀しみは消えませんね。あなたの事を思うとやっぱり今も泣いてしまいます。
 あの告別式の暑い日を思い出します。あの日も自分はぐずぐず泣いてばかりでした。

 もうすぐ最後のアルバム「Oriental Green」が発売されますね。
 その時をどんな心持ちで迎える事になるでしょうか。最後のCDを聴く事も、DVDを観る事もやっぱり覚悟が要るでしょうね。
 しっかり受け止めなくちゃ、と思いつつ……相変わらず不甲斐ない自分は覚悟が定まりません。
 また思い出して泣き過ぎて頭痛を起こしそうです。進歩のない自分です。
続きを読む
☆カテゴリ別☆
☆月別ログ☆
☆コメント☆
☆ワタクシって☆
blogram投票ボタン
☆QRコード☆
QRコード
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派 NO MORE 自粛
  • ライブドアブログ