昨日、雨天のため突発的休日になったので、昨年暮れより期間限定公開されている
「筑波海軍航空隊記念館」を観てきました。(入館料¥500 ¥500のパンフレット付き)

絶賛上映中の「永遠の0(ゼロ)」の撮影にも使われた施設のようです。

訓練中の飛行写真、連合艦隊の写真、訓練生たちの笑顔の写真なども展示してあります。
特攻で出撃した若者たちの家族に書いた最期の手紙・・・
遺影写真との結婚式の写真・・・妻に宛てた遺書・・・・・・

当時の訓練生の年齢が自分の子供たちと同じ年齢ということもあるのか?嗚咽して泣いちゃいました。

他にも貴重な制服、軍刀、訓練機・赤とんぼのプロペラ etc.も展示してあります。

・・・以下「観光いばらき」より抜粋です・・・

@旧筑波海軍航空隊司令部庁舎

実際にここで、主人公・宮部久蔵が筑波海軍航空隊の教官だったという設定で「永遠の0」のロケが行われました。
教え子を特攻へ向かわせることに対する宮部の苦悩が描かれた、重要なシーンに登場します。
2013年12月20日から、2014年5月6日まで
筑波海軍航空隊プロジェクトにより、期間限定公開されています。

訪れれば、映画「永遠の0」をさらに楽しく観られること間違いなしです。

筑波海軍航空隊は、昭和13年に編成され、終戦までの間に1500人以上が操縦訓練を受けました。
しかしその間、昭和20年には戦況悪化により「神風特攻隊筑波隊」が発足。
学生ら約70人の尊い命が特攻により失われました。

笠間市にある県立こころ医療センターの敷地内およびその周辺には、
筑波海軍航空隊の司令部庁舎、滑走路などが いまも ほぼ当時のまま保存されています。


所在地:茨城県笠間市旭町654(茨城県立こころの医療センター)


アクセス:【車】常磐自動車道水戸ICまたは岩間ICより約20分、友部SAスマートIC(ETC専用)より約15分
北関東自動車道友部ICより約10分


問い合わせ:筑波海軍航空隊プロジェクト
TEL/FAX : 0296-71-7566


ビクスク・バーナーをポチッとしていただけるとウレシイです♪ にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
tkk_00tkk_13tkk_21tkk_25