July 2005

July 26, 2005

7月30日は反戦反政府行動へ

zappa-tistaです。

最近、ホームページ&ブログ更新を怠っているので、
久々に書き込みます。

今月30日、靖国問題を問う学習会があります。
終戦(敗戦/光復)記念日にあたる来月15日には、
小泉靖国参拝と国家追悼に反対するデモがあるのですが、
それにむけた学習討論会という位置づけかな?

それぞれ、自分の位置を問い、問題を共有化する作業を、
少しづつ始めましょう!

以下、案内です。

=================================================

    反戦反政府行動7.30学習討論会
8.15靖国参拝やめろ!国家による慰霊・追悼許すな!
        反天反政府デモ

=================================================

60年前の8月15日、大日本帝国は敗北した。しかし、最高責任者である昭和天皇ヒロヒトはその戦争責任を問われず生き残り、A級戦犯は首相になり、その孫は「政界 のサラブレッド」などと呼ばれている(※)。はたして、侵略戦争と植民地支配にほんとうの終止符は打たれたのだろうか。戦後60年の今年、小泉首相の靖国神社参拝が中国や韓国などアジア各地で噴出した 「反日感情」の根拠として政治焦点化した。くりかえされる小泉首相の居直りは、何の議論もないままの「昭和の日」の制定と同様に、なし崩し的に侵略戦争と植民地支配を正当化するものである。

こうした傾向は、教育現場への「日の丸・君が代」の強制、「愛国心」教育の導入、 「つくる会」教科書の検定通過と採択への政治圧力、教育基本法の改悪策動にも見ら れる。また、日本軍性奴隷制度を裁き、昭和天皇ヒロヒトに有罪判決を下した女性国際戦犯法廷のNHK報道特番への政治介入と改ざんもけっして看過することはできない。このような状況は、イラク軍事占領にも参加する自衛隊の海外派兵の恒常化や、中国や朝鮮民主主義人民共和国を仮想敵国とした米軍再編とそれへの自衛隊のよりいっそうの一体化といった日米軍事同盟の強化(さらなる戦争体制づくり)と同時に進んでいる。

このようなことが「平和憲法」の下で推し進められてきたこと、そしてその「平和憲法」そのものも全面改悪されようとしていることを、今、私たちはどのように考えるべきだろうか。「戦後60年」という枠組みじたいを問い直すところから考えてみたい。現在進行中のこの状況に抗うために、国境を越えうる連帯の一歩を築くために、課題を共有し行動をはじめようと思う。


★反戦反政府行動7・30学習討論集会
「“戦後60年”を問う〜靖国・9条・戦後補償〜」

日時:西暦2005年7月30日(土)1:00pm〜
場所:京都大学文学部新館第1講義室
テーマ:(1)靖国と天皇制 (2)憲法9条と日米安保
    (3)戦後補償


★8・15靖国参拝やめろ!国家による慰霊・追悼許すな!
 反天反政府デモ

西暦2005年8月15日(月)
11:30am三条河川敷集合/
12:00am集会開始/
13:00デモ出発(〜円山公園まで)


(※)これは岸信介のことを想定していますが、彼はA級戦犯ではなく、A級戦犯容疑者でした。





pace_r at 13:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 京都界隈の社会運動 | 京都界隈の社会運動
Profile

反戦地域サークル"P...

訪問者数