パシフィックサプライブログ

パシフィックサプライ株式会社関連の情報をご案内します

国際福祉機器展(H.C.R.)2018 展示レポート

1010()12()の三日間、

東京ビッグサイトにてH.C.R.が開催されました。

今年の特長として、開放的なブースのレイアウトでございます。

どんな様子だったのか、さっそくご覧頂きましょう。


1

MEYRA(マイラ)社の『スマート』のご紹介は、

さっそく乗って頂いての体感から始まります。

出たり入ったりしやすいブースがさっそく効果的!

2

こちら『Vトラック』でも座り込んでのご説明です。

付かず離れずのこの距離感は、

「熱い対話」をしているように感じます。


3

再び『Vトラック』のご説明は、車椅子ユーザーに対してです。

H.C.R.ではユーザーの方のご来場も多く見られます。

ご自身が使われるものへの探求は熱心ですし、

それに対しての私たちのご説明も力が入ります。


4

『ラッサルクッション』は、ベッド上でのポジショニング体感を中心に。

実際に横になって身体に添えさせるかそうでないかは、

受ける印象がだいぶ変わってきますよ~


5

ablenet(エーブルネット)社の

VOCA(Voice Output Communication Aids;音声出力会話補助装置)のコーナーです。

初めて触れる方々にも、その意味合いや使い方などを丁寧にご紹介しております。

使ってみると簡単で楽しいですよ~


6

とあるスタッフもH.C.R.の展示員としてデビューとなりました。

ユーザーの視点からの「想い」を伝えてくれるのではないかと期待しております。


7

参考出展の商品の市場性の調査や、

機能の評価を頂く場としての意味合いもH.C.R.にはございます。

車椅子用のクッションを手に取って確認して頂いております。


8


H.C.R.全体では3日間で12万人弱の入場者数となりました。

パシフィックサプライのブースにも多くのお客さまがいらっしゃいました。

何かの「成果」を得て頂いていることを願っております。

そして、この3日間だけでなく、

これからのフォローも必要だと感じております。

 

ご来場頂いたお客さま、H.C.R.に関わった全ての皆さまに感謝致します。

どうもありがとうございました。

 

また、来年もH.C.R.会場でお会いしましょう!

 

お問い合わせ、ご意見などはこちらから。

info@p-supply.co.jp

 

広島営業所 戸室浩司

キッズポジショニングセミナー開催!

先日、一般社団法人ナチュラルハートフルケアネットワーク主催のセミナーに
参加してきました。

 

当日は、養護学校の先生や小児のデイサービス職員の方、療育センターの方、
訪問看護師と多種多様な方々が集まり、少人数で開催されました。

 

PHDL5093


こちらはお手伝いと言いながらも、実際には参加者と一緒にポジショニングに
ついて考える時間となりました。

BTKN0153


前半は目的の確認、アセスメント方法、姿勢の整え方をじっくり学び、
後半はクッションを使用して整えた姿勢をどうサポートするかを考えました。


OFEX0158


身体の各部位の重さがどのように流れているのか、それをどのようにサポートすれば
よいのか。丁寧に考えてアウトプットしていきます。


YISF5050

 

仰臥位、側臥位、腹臥位と色々な姿勢を体験して、最後は参加者全員でディスカッション。

RHJM1217

明日から何を実践していきますか?それぞれの役割からやらなければいけないことを考え、
発表する時間に。考えるだけではなく、アウトプットして行動に移すことが大事で・・・

 

日頃の自分の活動を見直す、貴重な時間となりました。次回は、12月に開催予定を
されています。またお手伝いさせていただきます。

特に小児のポジショニングについてお困りの方、ぜひ一緒に参加して学びましょう!
詳しくは、下記をご参照ください。

http://nhcn.jp/app-def/S-102/d06970medb1/

 研修のご案内から、姿勢援助キッズコーナーをご覧ください

 

 

弊社でもポジショニングセミナーを開催しています。
ここでの学びを皆さまにもお伝えできればと思っています。ご気軽にお問合せください!

↓↓

https://www.p-supply.co.jp/seminars/index.php?act=detail&sid=101&place_id=32

 

事業開発本部 杉本昌子


拡大校内研修会2018 in沖縄

学校では夏休み期間に入り、研修会が多くのところで開催されています。
今年は、沖縄県立鏡が丘特別支援学校において、
『拡大校内研修会~いきいきとした生活を過ごすための姿勢管理~』
というテーマで、座位姿勢についてお話しさせていただきました。


タイトル


9:30-15:00という長時間でしたので、単純に座学で終わるのではなく、
今回はグループワークをメインに進めさせていただきました。


グループワーク1


まずは、座るということがどんなことなのか、自分たちの身体を使いながら、
というよりも、自分たちも同じように座っていることに興味を持ってもらい、考える時間を作ります。



グループワーク2


そして、姿勢が崩れたときに身体がどんな反応をするのか、身をもって体験し、
子どもたちの身体の中で何が起こっているのかを、想像します。



研修会


そして、座ることに興味を持てたら、実際に座ることとはどういうことなのか、
説明していきます。アンケートから、専門用語が分からない、といった
お言葉もありましたので、そこは次回への反省です。分かりやすくと思って
説明していても、まだまだ伝わっていないことがあるようです。



発表


最後にグループワークのまとめとして、事例を通じて支援者としてありたい姿、
見るべき視点、考えていくこと、それぞれ意見を出し合って、発表してもらいました。
インプットだけでなく、アウトプットも行うことで、お互いの考えを理解しあったり、
自分の考えを整理したり。とにかく言葉に出すことが大切ですね。

最後に、アンケート結果より、全体満足度は82%。まずまずでしょうか。
いえ、まだまだですね。参加者の言葉一つひとつが私自身へのフィードバック
となり、次へのステップへと繋がります。参加者の方にも、この研修をキッカケに
次へのステップに繋がってくれると嬉しく思います。


このような機会をいただき、ありがとうございました。


 

事業開発本部 杉本昌子

プロフィール

Pacific Supply Co....

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ