パシフィックサプライブログ

パシフィックサプライ株式会社関連の情報をご案内します

6月16日「お客様の声」を更新しました。


web専用有償レンタルサービス 『パッとレンタル』より ご利用いただいたお客さまのご意見を、 パシフィックサプライホームページ 「お客様の声」欄にUPいたしました。 ●今週の更新製品● 「ゲイトイノべーション」      1件        計1件です。 以下のURLよりご覧ください。 http://www.p-supply.co.jp/sp/rentvoice/

6月9日「お客様の声」を更新しました


web専用有償レンタルサービス 『パッとレンタル』より ご利用いただいたお客さまのご意見を、 パシフィックサプライホームページ 「お客様の声」欄にUPいたしました。 ●今週の更新製品● 「VOCAセットA」        1件  「フレックスランwithナイキソール」 1件        計2件です。 以下のURLよりご覧ください。 http://www.p-supply.co.jp/sp/rentvoice/

『Vトラック』フィールドテスト レポート

障害者総合支援法等の公的制度を利用して

義肢装具や座位保持装置を製作する場合には、

「完成用部品」に認められた部品を使って作っていきます。

 

「完成用部品」に認められるためには、強度などの工学的な面からの評価と、

実際に使用しての臨床的な面からの評価をクリアしなければなりません。

 

臨床的な面での評価を受けることを、

「フィールドテスト」とも呼んだりしています。

 

前置きが長くなりましたが、

そんな「フィールドテスト」の様子はどうだったのでしょうか。

さっそくご覧頂きましょう!

1

こちらはあるユーザーさまのお宅です。

Vトラック』の新しい部品の評価のためにお邪魔致しました。

もちろん『Vトラック』以外の部分も全体的にチェックと評価でございます。

まずは座面のチェックから。前後の位置の調整やクッションそのものの確認を致しました。

2

移乗した後は、『Vトラック』による側面のサポート具合の確認です。

足りない部分があれば、工具により調整をしていきます。

工具を動かす範囲は小さくても、身体に与える影響は大きいものでございます。

3


バックサポートの高さも調整していきます。

どの向きで支えるかの角度を調整した場合には、高さも合わせる必要があります。

4

Vトラック』は、

バックサポートの天地の向きによっても、身体を支える方向が変化します。

現状でちょっと違うかな?と思った時には、まず試してみます。

今回は、天地を逆にして取り付けた方が良い評価となりました。

5

こういう調整をするとこのような姿勢になるのでは?と考え、

実際に調整した後の姿勢を評価する。

取りたい姿勢のイメージに近づけていけるように、仮説を検証していきます。

もちろん、「達成したい目的」が前提としてあり、

それをかなえる姿勢はこうなるはず、というビジョンが大切ではあります。

6

当初の仮説では、右側を長くサポートできる部品で適合かと思いましたが、
左側に身体が流れる感じがするとのことで、
左右両側ともに長くサポートする
部品の方がより適合が良くなりましたので、
そちらを採用することと致しました。


7

一所懸命考えて試した結果は、いったいどうだったのでしょうか。

 

全てのユーザーさまのより良い生活のために、

これからも頑張れるような素敵な笑顔を頂けました!

 

 

お問い合わせ、ご意見などはこちらから。

info@p-supply.co.jp

 

広島営業所 戸室浩司


livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ