第17回 高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展
バリアフリー2011

2011年4月14日(木)~16(土) 入場無料
時間/10:00~17:00
会場/川村義肢ブース No.4-802 (4号館)
インテックス大阪 (大阪市住之江区南港北1-5-102)


つながる 安心
 
広がる 笑顔
私たちの目指すところ。
それは出会ったお客様全てが安心して生活できるように支援することです。
ただ「モノ」を売ることはしません。
お客様の人生を最高のもにとするために様々なご提案やサポートを心がけています。
川村義肢バリアフリー2011チラシ表面 川村義肢バリアフリー2011チラシ裏面 


●川村義肢ワークショップのご案内●
4月14日(木) 13:30~14:30
会場/2号館 第2セミナー会場
説明/安井 匡
歩き方で変るリハビリの効果
片麻痺者の歩行改善を目指して開発されたゲイトソリューションデザイン(GSD)は、油圧機構により安定した踵設置を生み出すことが特徴です。
このワークショップでは、GSDと従来の装具で歩行がどのように異なるかを紹介し、そしてその結果リハビリの効果がどれだけ変化するのかをGSD専用計測器「ゲイトジャッジ」により、わかり易く説明いたします。
4月15日(金) 13:30~14:30
会場/2号館 第1セミナー会場
説明/橋本 貴之、林威智郎
車いすの座り心地と快適な生活環境を
一緒に考えてみませんか?
車いすに安楽に座るにはどのようにすれば良いのか?
どういった工夫が必要なのか?
体格にあわせた車いすの種類の選び方、骨盤のサポートづくり等クッションの種類、安楽な姿勢を支えるポイント、支えの作り方等方法をお伝え致します。安楽な車いすに乗ることで、生活範囲を広げる第一歩となり、心身ともにQOLの工場をしていける方法をお伝えします。
4月16日(土) 10:30~11:30
会場/2号館 第1セミナー会場
説明/大内 啓照
いすに関わる私たちのコーディネート
私たちの身の回りにある「いす」には、様々な思いが込められています。もちろん川村義肢が製作する「いす」にも、ユーザー様や支援者からの意見が反映されています。
例えば、腕の重さと座る姿勢の関係性を感じたことはありますか?
また「いす」に座る目的を考えたことはありますか?
座位保持装置や車いす等に関するユーザー様や支援者の要望と制作側からの提案を事例紹介することで、「いす」に込められた思いをお伝えします。
●川村義肢展示予定商品●
建築工房 かわむら住宅改修相談コーナー設置
●ブース内プレゼンのご案内●
毎年好評を頂いておりますブース内プレゼンテーションを今年も開催いたします。
今年は「装具一つで変わる歩き方」「就労支援の取組み」「心から安心できる住空間作り」などお客様の生活に役立つ内容を多数用意しております。
また、日頃から素敵な活動をされている方々をお招きしての発表も企画しておりますので、是非ブースにお立ち寄りください。
開催時間
4月14日(木)
(1)11:00~11:15
(2)13:00~13:15
(3)15:00~15:15
4月15日(金)
(1)11:00~11:15
(2)13:00~13:15
(3)15:00~15:15
4月16日(土)
(1)11:00~11:15
(2)13:00~13:15
(3)15:00~15:15
-川村義肢ブース ご来場特典-
ブースにてアンケートをご記入頂いた片に、記念ボールペンを進呈します。
川村義肢への連絡先がいつでも確認できる素敵なペンです。

川村義肢ブース案内図 No.4-802 (4号館)
 
川村義肢株式会社