感覚統合器具メンテナンスサービス、専任担当者は月5件程のペースで東奔西走しております。


今回は4月初めにご訪問した施設の様子をご紹介します。


~昼休み~

リハビリの空き時間を使って頂いてのメンテナンスです。

今回は岐阜県の療育センター、スイング類の数も多いですが、遊び坂や台など、多くの種類と数量とご対面です!

1IMG_1661






















昼休み内に終われるのか?ドキドキしながらも取り掛かります。


2IMG_1657






















天井金具です。井桁にきれいにロープが巻かれています。

チューブスイングです。
3IMG_1639























一見何ともなさそうですが、良く見ると一部だけが膨れています。紫外線によりゴムが劣化している証拠です。ゴムは紫外線に弱いですから、保管は倉庫内など完全に暗くなる場所でないと、使わなくても劣化してしまいます。

今回は窓際の空調の上に置かれていました。


3 IMG_1647
























販売終了した商品、筒型ソフトリングです。

原型はタイヤチューブが4つ、ベルトで巻かれているものですが、ばらばらになって使用されていました。


当時のカタログ写真

img-426134813-0001



























その他にも合計15点ほどの器具をメンテナンスして、90分ほどで作業完了、センターのご担当者へ結果のご報告と注意点についてご説明して終了です。

今回は器具の点数と、ロープのほつれを処理する作業もあり、少し予定をオーバーしましたが、メンテナンス時間はスイング10点と天井1部屋で、およそ60分です。


感覚統合器具メンテナンスは現在初回無料キャンペーンにて実施中です。

スイングの点検、ロープのヘタリなどが気になる方、全国へお伺い致します。


お申し込みはこちらから

http://www.p-supply.co.jp/seminars/46


事業開発本部 藤田