2015年07月28日

江戸のなぞなぞ分かる? 高崎・タワー美術館で判じ絵展│群馬県 

鈴の中に目が描かれて「スズメ」など、絵や文字を使って別の言葉を表す「判じ絵」を紹介する企画展が、高崎市栄町の市タワー美術館で開かれている。江戸時代の人々に「目で見るなぞなぞ」として親しまれた。訪れた家族連れは「何て読むんだろう」と首をかしげたりしながら、笑顔で“正解”を考えている。9月6日まで。


http://www.raijin.com/ns/8114377465362014/news.html
  1. 高崎市タワー美術館(群馬県高崎市栄町3-23)
  2. ホテル1ー2ー3高崎(群馬県高崎市栄町2-23)
  3. ホテルココ・グラン高崎(群馬県高崎市東町3-5)
  4. ホテルメトロポリタン高崎(群馬県高崎市八島町222)
  5. アパホテル<高崎駅前>(群馬県高崎市八島町232-8)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 12:49│Comments(0)TrackBack(0)群馬県 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字