群馬県

2020年09月05日

江戸・明治期の絵図から探る郷土前橋で企画展│群馬県 

江戸時代や明治期の絵図などを通じて当時の群馬の姿をみる企画展「絵図・古文書から探る郷土の姿」が群馬県立文書館で開かれている。明治の地租改正に伴い作製された「第四大区三小区群馬郡大友村地引絵図」は土地所有者に所有権の証券を発行する際につくられたもので、現在の前橋市大友町の当時の区割りが記載されている。11月22日まで。新型コロナウイルス対策のため、事前予約が必要。


https://digital.asahi.com/articles/ASN8Y6RCHN82UHNB00M.html
  1. 群馬県立文書館(群馬県前橋市文京町3丁目27-26)
  2. ホテル ルカ(群馬県前橋市天川大島町1-19-22)
  3. ビジネスホテル みつわ(群馬県前橋市天川大島町1-11-4)
  4. ロイジェントイン前橋(群馬県前橋市西片貝町4-13-6)
  5. ちぎらホテル(群馬県前橋市西片貝町4-14-1)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 08:59|PermalinkComments(0)

2020年08月16日

上越線の「モグラ駅」に喫茶店「mogura」│群馬県 

谷川岳の玄関口で、「日本一のモグラ駅」として知られるJR上越線土合駅の駅舎内に8日、喫茶店がオープンした。無人駅となって長らく休眠していた駅務室を活用した店は、開店初日から鉄道ファンや観光客でにぎわった。


https://digital.asahi.com/articles/ASN8F7DKVN88UHNB00N.html
  1. 土合駅(群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽 218?2)
  2. 天神ロッジ(群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽220-4)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 15:07|PermalinkComments(0)

2020年03月21日

SLぐんまの客車改装、公開│群馬県 

週末と祝日に運行する蒸気機関車「SLぐんま」のリニューアル客車として、「ラウンジカー」が初めて導入される。JR東日本高崎支社が12日、高崎駅構内で報道陣に公開した。4月に始まる大型観光企画「群馬デスティネーションキャンペーン」に合わせ、保有する客車7両を改装した。


https://digital.asahi.com/articles/ASN3G7KGLN3DUHNB004.html
  1. 高崎駅(群馬県高崎市八島町)
  2. アパホテル<高崎駅前>(群馬県高崎市八島町232-8)
  3. 高崎アーバンホテル(群馬県高崎市八島町58-1)
  4. ホテルメトロポリタン高崎(群馬県高崎市八島町222)
  5. 高崎ワシントンホテルプラザ 2020年3月1日リニューアル(群馬県高崎市八島町70)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 13:01|PermalinkComments(0)

2020年02月02日

文化財にも乗れる「日本一安い遊園地」│群馬県 

「日本一安い遊園地」の異名を持つ。コースター、ミニヘリコプター、メリーゴーラウンド、豆汽車。8台の大型遊具は、1枚各50円の利用券で乗れる。木馬5台を含む小型遊具16台の利用料金は各10円だ。正式名称は「前橋市中央児童遊園」で、所有は前橋市。開園は1954年で、04年に公募で「るなぱあく」の愛称がつけられた。群馬県庁や利根川に近く、サッカー場2面ほどの敷地に遊具がぎっしり詰まっている。


https://digital.asahi.com/articles/ASN1W6KX8N1WUHNB01B.html
  1. 前橋市中央児童遊園(群馬県前橋市大手町3丁目16-3)
  2. ホテル平安<群馬県>(群馬県前橋市大手町3-9-11)
  3. 前橋テルサ(群馬県前橋市千代田町2-5-1)
  4. 旅館 松月荘(群馬県前橋市岩神町1-9-11)
  5. 前橋ホテルサンカント(群馬県前橋市本町1-3-2)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 08:38|PermalinkComments(0)

2019年09月22日

ホームまで486段「日本一のモグラ駅」真夏もひんやり│群馬県 

「日本100名山」の一つ・谷川岳をモチーフにした巨大な三角屋根の駅舎。年季の入った看板には「日本一のモグラ駅」とある。地下には、不思議な空間が広がっていた。70.7メートル。JR上越線の土合駅下り線ホームと地上との標高差だ。薄暗いホームに列車が近づいてくると、風の音、ブレーキの音、耳をつんざくような警笛の音が反響する。真夏でも空気はひんやりとしており、半袖だと肌寒いくらいだ。


https://digital.asahi.com/articles/ASM9K6HP4M9KUHNB00T.html
  1. 土合駅(群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽 218-2)
  2. 天神ロッジ(群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽220-4)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 10:46|PermalinkComments(0)