海洋写真家・吉野雄輔の妻

たまたま結婚した人が、海の写真家、 海、写真を伝えるために、 吉野雄輔フォトオフィスの営業ウーマンとして日々奮闘中!

「尾鷲で潜ろう」

ついに〜やって来ました〜尾鷲の海。


子供の落書き?みたい、、、

 
三重県尾鷲市の尾鷲シードリームの伊藤英昭さんの所で潜ってきた。


須江の阿部カップに参加していた堀口和重カメラマンと、
尾鷲の応援団、中野篤史さんと4人。


あいにく海は多少うねっていたが。
ボートのポイントが5つあるそうで、
名古屋方面からのダイバーが多いそうだ。


今時期はエビカニが多いそうで、まずはアヤトリカクレエビ。


僕の「世界で1番」にも掲載している、
なんか好きなエビなんだけど、、
よく見たら、本に出したやつと、ずいぶん文様が違う。
持ってる人は比べてください。
図鑑でもいいし。


ナシジイソギンチャクの模様の感じが違うので、
こうなるのだろうが、こいつは模様が大雑把 笑


僕みたいな性格の子供が体に模様を、
いい加減に描いたみたいだで、手作り感満載?。
(本のは細かい)


ついでに子供はどんなかなってことで聞いてみたら、
透明で小さくて、目が光らないと見えないそうだ。


今のワシには無理そうだが。
チビアヤトリ、模様が出たてだと可愛いだろうな〜


松坂市の近くなので、肉うましだが、
尾鷲では、鶏肉がうまいのだそうだ。


次回は鳥食いに行こう。
(吉野雄輔FBより)

80040706_2476820755869614_2966271540385021952_n

「須江に潜ろう」

「日本産幼魚大図鑑」の制作のために、
自分の写真を朝から晩まで見続けた3ヶ月間。


撮影でお世話になっている
現地のガイドさんの写真を見るために
そろそろ旅に出ることにした。


まずは、和歌山県串本紀伊大島・須江に到着!
こちらのSさん、Aさん、Tさん、Uさんの
データを全部見る。


「ABECUP」参加の為にいらしていた
柏島のMさんのデータも含めて、
合計30テラ分のデータを見た。


須江は、10月から3月までしか潜れない海。
時間がゆっくり流れる何もない土地の、何かある海。
そんな極上の海で、
写真を見ながら、
時々潜ってます〜♪

80117640_2472732739611749_8964670522935738368_n

写真の旅は続くよ〜!

写真の海を泳ぎ続ける、、、


溺れそうかも、、、笑


なるべく沢山の水中写真を見ようと、
旅に出てから16日目。


編集者としての旅かな。


阿部ちゃん号と須江に滞在中。


南紀でダイブショップを営む、AさんTさん、
ここスエのSさんの写真を全部見た。


阿部カップにきた四国のAショップ、Mさん夫婦のHDがやってきて、
10枚のHDと苦闘中〜。


うまいお客さんの写真もかなり入っているので、
こりゃあ^大変だが、、、


沢山の写真の中には、
魚の成長過程のミッシングリングが隠れていたり、
キレ〜な写真や、斬新な写真もある、、、
その方の10年とか20年とかの出会いを見せてもらえるってことで、
そりゃ〜すごい体験なのだが、
PCの前に座り続けるのは大変でもある。


東京で、一日15時間とか、3ヶ月。


図鑑の写真の中を泳ぎ続けて、
流石に疲れて旅に出てきた。


ここだと、たまに潜れるので、気分転換には最高〜
たまに潜るって、、
カメラマンじゃね〜けど、、、


写真の中を泳ぎ続けるのも、すごいことなので、、
これを楽しむしかない。


次の目的地は、古座、そしてミナベ、、、?!
(吉野雄輔FBより)

78557677_2468965799988443_4870372817788469248_n








キャンピングカーの旅11日目

今日は朝から雨。


朝方から降っていたような、、、
はっきり記憶がないけれど、、、(汗)


今の時間は、少し小ぶりになってきた。


朝食を食べている間は、
雨足も強く、
風も強く吹いて、
横殴りの雨になっていた。


なんか、外に出る気がしない。


こんな時、キャンピングカーは、ありがたい。
1日、中で過ごすとしても
全く苦痛ではない。


お天気がおさまる気配を見ながら、
過ごしている。


11月の紀伊大島・須江では、
天使のラッパ、ハイビスカス、ブーゲンビリア、
南国の花が咲いている。
なんか変な光景だ。

園芸名は、エンジェル・トランペット、
元々はアメリカの熱帯地方が原産らしいが、
暑さが苦手で、高地にしか生息してないらしい。


キダチチョウセンアサガオ属、
チョウセン(朝鮮)と入っているので、
韓国の方から日本に入ってきたのかと?!
勝手に思っていました。


地下茎には、毒もあるらしい。
美しいものには、要注意ですね。

DSC_7746













DSC_7749



キャンピングカーの旅ー5日目

キャンピングカーの旅
5日目。


和歌山県紀伊大島・須江に滞在中。


須江ダイビングセンターで、
よくお目にかかる神島七海さん、
小さな体で、
とっても愛らしいお顔立ちからかぁ〜?!

みんなに愛され、いじられている〜♪(爆)


土日明け、ゲスト様がお帰りになって、
七海さんは、朝早くここを出発するので、
みんなで夕飯をご一緒した。


第28回串本フォトコンの応募期間がそろそろ近づいてきている。


七海さんは、どの写真を応募するか?
決めかねているようだ。
そんなこともあって、


25~27回まで審査委員を務めさせていただいた吉野雄輔、
水中写真講座でご教授いただいている阿部秀樹さん、
須江ダイビングセンターの坂口昌司さん、
そして、口だけは一人前のスージー(あは〜!)


と各々方のご意見を聞いて、
ますますわからなくなった七海さんでした。


彼女は、自分の写真のどこが良くて?、
どこが悪いか?
わからないそうだ。


足しげく、須江に潜りにきて、
たくさん写真も撮っている。

昨日もいい〜写真をいっぱい見せてくれた。


吉野のアドバイスは、
自分の写真を何度も見て、
何が好きか、何が撮りたかったのか?
撮影する以上に、
その作業を深くするのがいいよ、と言っていた。


そして、
第25回目でしたか〜
見事グランプリを撮った「伊藤紀和」さんのお話が出た。


彼は、黒い背景に、
ナシジイソギンチャク、
そして、、、ハゼが休んでいる、


このお写真が、好きで、何度も何度もこの写真を応募して、

ようやく吉野の目に止まって、
グランプリに輝いたのだ〜!!!


イソギンチャクの触手が揺れて、

なんか動きを感じさせてくれる写真だ。




写真は、止まっている世界だけど、、、、

それが動きを感じさせる、、、
それがいい〜写真だと思う。


七海さんは、まだ気持ちが定まらないけど、、、
きっと自分の世界を見つけた時に、
これだ!って、応募ができると思う。




それを見つけることは、とても楽しい〜作業だと思うよ〜♪
私も今楽しんでいます〜!

78582659_1373577156154104_5782845513246179328_o

キャンピングカーの旅1日目。

昨日午後東京を出て沼津へ、、、


いつもなら2時間ぐらいで着くのだか、、、
秦野中井で、追突事故があって、
一般道へ、倍ぐらいの時間がかかってしまった。


夜動くのも嫌なので、、、
デリバリーガレージさんの敷地内にP泊。

DSC_7270














朝早く出るつもりだったのが、、、
私は、夜中サンノジに起こされて、、、
吉野は、前日4時間ぐらいしか寝てなかったので、
二人とも8時少し前まで、寝ていた。


少し疲れが取れた感じ〜♪

DSC_7277














雨だし、、、、
高速は、雨で視界が悪い。

DSC_7285














静岡SAに止まってのんびりしています。

カクレクマノミー7

小さな小さなカクレクマノミの写真が出てきた。


7mmとかなんだろうけど、ポジで撮影したので、
とても原価がかかっている、難しいし、、笑


そういえば一時期、
幼魚図鑑のためにこんな撮影ばっかしていた。


我ながら、暇人というか、物好きというか、
1度ハマると抜けられない性格が、、
災いの元でもあり、楽しさの元でもある。


同業で、浮遊系の稚魚や、幼生にはまっているみねちゃんこと、
峯水亮氏が、実は今制作中の幼魚大図鑑の発案者なのだ。


当時エビカニをやっていた峯ちゃんが、
僕に幼魚図鑑作りましょう〜とか言ってくれて、
気軽に始めたのだった。


当時は幼魚なんて本当にわからないのだらけで、
そこらにいるスズメダイの子とマツバスズメダイの子さえ、
同定されていなかった。
やたらと細かい作業が多く、
神経疲れる仕事の合間に、
幼魚にまつわる思い出が思い出される。


新しことを見つけた時の喜びや、
昨日までわかっていなかったことがわかった時の感動は格別なんだけど、
死にそうになって写真をみつずけている。


今日も、一体こいつのさらに小さいやつは、
どこにいるのだろう?とか、
誰か写真撮ってないかなとか、考えていたら、、、
自分の写真の中にあった。灯台元暗し、、、
予断を持ってものを見ないことの難しさかな、、
簡単そうな奴って、
こいつだって決めつけて、
本当に見ようとしないんだよね。


そんな僕を癒してくれる写真、、
写真に癒されてちゃ、、あかんな〜
背景のイソギンチャクエビの太さぐらいしかない。
(吉野雄輔FBより)

76918407_2443738612511162_1828543607141826560_n

日本産幼魚大図鑑

急に、S学者さんから文が届いて、、、
8年ぐらい止まっていた
文一総合出版社の「日本産幼魚大図鑑」が動き出した。


小笠原に行く予定にしていたのも延期にして、
今これに集中しています。


朝から晩まで、寝ても覚めても、、、です。
600Pの大割りはすでに出来上がっていたのですが、、、
止まっている間に、、、
世界が変わっている。
さらに進化させなくてはと、、、
また一人で、がんばっているんですよねぇ〜?!(汗)


大丈夫かなぁ〜?!
ほんと〜吉野さん、馬鹿がつくくらい、、、やっています。

DSC_4102













72149438_2411317989086558_1510335591919648768_n






カニもチョウも顔が似てる〜♪

ワールドカップ、ラグビー
日本が、優勝候補のアイルランドに勝った〜!!!


やった〜!!!
すごい〜、すごい〜!
奇跡じゃないし、まぐれでもない〜!
今までの練習の成果だと、思う。


そして、、、明日日曜日には、
スコットランドとの試合が予定されている。


台風19号の状況次第ではありますが、、、
行えると、いいなぁ〜!


話は、変わりますが、、、
写真集「世界で一番美しい海のいきもの図鑑」創元社より、、、


ビワガニのゾエヤ幼生
全幅1センチ|山口県 青海島|水深2m
photo by 吉野雄輔


そして、、、
ツマグロヒョウモン♂
全幅5僉壇豕都 世田谷区|
photo by スージー


カニもチョウも同じ節足動物、、、
なんか顔が、似てる〜!

p15_4cアタリ













DSC_3726





ようやく、、、動き出した「日本産幼魚大図鑑」

幼魚と稚魚、、


日本には、本当かよ〜〜ってぐらい
すごい日本産稚魚図鑑という奴がある。
学者さんが精密な絵で描いたやつで、
日本産魚類検索図鑑は、親中心。
で、稚魚図鑑は親とは違う形態の稚魚。
浮遊している奴らだ。


で、幼魚という分類はないのだそうで、
ま〜魚の子供で、海底などの生活になったもの。
形態的特徴が親と同じになった奴だ。


ヒレのトゲの数とか、、、
でも色とか形は全然違うのも多いので、
普通の図鑑では判別しにくいし、
そもそも少ししか出てない。


浮遊系より採集しにくいので、
知られている奴、調べられている奴も少ない。


20年ほど前だろうか、
S先生と始めて、それなりに形になり、pdfができたが、
10年くらい前に、文が止まってしまっていた。


それが動き始めたので、
再び勉強と、整理、
新たに撮ったものの追加に追われている。


写真は、シチセンムスメベラの幼魚?。


一応海底で発見したので。


浮遊している稚魚と違うのだろうか?
この次のステージと線のつきかたとか一緒なので、
いいと思うのだが、、
浮遊している奴は、
海底に居場所を変えると、
すぐに色が変わり始めるようなので、
こいつは着底したばかりかね?


ややこしい種類の判別点、
10年休んだら、わからなくなると思ったが、
pdf見てると意外と思い出すから、自分でもびっくりした。


真横から取らないと、小さいので尾にピントが来ない、、、
ダメじゃん
(吉野雄輔のFBより)

71498973_2409765342575156_3854554108153298944_n
著書
新作



創元社より
2015年発行
写真集「世界で一番美しい海のいきもの図鑑」
ssss2015-4海のいきもの図鑑_帯あり のコピー


定価¥3600+税
Amazonにて好評発売中!
1年半魚類学にてベストセラー1位
ただ今5刷
3年経っても時々1位〜!




福音館書店より
2014年月刊たくさんのふしぎ9月号
「サメは、ぼくのあこがれ」
ds2014ーfusigi9


定価¥667+税






















パイ姉さん
























パイ姉さん(先住犬)

ビアーデッドコリー♀13才

保護犬には、気はやさしい
更年期のせいか?!
飼い主には、怒りん坊(爆)
スージー母さんに似ている?!



9代目預かりワン

コーラル君大変身〜!























名前:コーラル君
ミニュチュアプードル♂レッド

現在は、東京都三鷹市で、
パパ&ママ、
プリンセスリコ&
先住犬ププ君と
楽しく暮らしています。



8代目預かりワン

マルガリ





















くーたん

名前:空
性別:シーズー♂
体重:現在4.3kg

正式譲渡決定
現在は、茨城県鹿嶋市で、
パパ&ママ、お兄ちゃん2人、
先住犬モティコさんと
幸せに暮らしています。
7代目預かりワン
里親募集中




















リーフ君


チワワミックス♂3
里親様決定!
現在は、神奈川県川崎市で
暮らしています。
パパ&ママ、もえ姉ちゃんの
弟分としてしあわせ〜!

6代目預かりワン










ブリーズ






















ブリーズ君

マルチーズ♂4
正式譲渡決定!
現在は、千葉県鎌ヶ谷市で
暮らしています。
K家のアイドル的存在

5代目預かりワン
アース




















アース君

マルチーズ♂3.5
正式譲渡決定
現在は、北区で
パパ&ママさん、
はるのちゃんと
暮らしています。
とてもおとなしい子で、
親戚の皆さんからも
愛されています。


4代目預かりワン
アッ君























アクア君

マルチーズ♂4.35
正式譲渡決定
現在は、埼玉県越谷市で
2世帯7人家族で暮らしています。
とっても元気、性格も◎
とってもラブリーな子
3代目預かりワン
ブリーズ






















ウェーブ君

ダックスフンド♂
2010年8月5日他界
明るくて、天真爛漫な子でした。
預かりワン
サンがやって来た〜!








サンノジ君
ヨークシャテリア♂大きめ、
5.55
推定年齢10才前後
吉野家の3代目ワンコとして
暮らしています。









お婿に行った子








マリン君


甲状腺の機能低下で、体に毛が生えていませんでしたが、
お薬の投薬でフワフワワンコに変身。
横浜で、ハマッコマリンとして、
パパ&ママ、ター君、お姉さんと幸せに暮らしていましたが、
高齢のため他界しました。






海ちゃん








初代海ちゃん

やさしいオカン様と
自然のゆたかな山中湖で、
暮らしていましたが、
2013年1月17日永眠。

吉野雄輔
ゆうたん




1954年、東京生まれ
海と海の生物すべてをこよなく愛する海の写真家
年間半分は海に潜り、撮影を行っている
30数年スチール写真を専門とする
NHK「海のシルクロード」の水中スチール班としてシリアへ遠征
するなど訪れた国は80か国ほど
《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。ストック数20万点
広く大きな海の写真から、マクロの世界まで
日本・外国の海洋生物5000種
海洋風景、ダイビングシーン、マリンイメージなど幅広く撮影
仕事も写真集、図鑑、写真絵本、雑誌、新聞、広告の世界と幅広く活躍。
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ