海中写真家・吉野雄輔の妻

たまたま結婚した人が、海の写真家、 海、写真を伝えるために、 吉野雄輔フォトオフィスの営業ウーマンとして日々奮闘中!

藤野さん&塩野さんご夫妻

山口県青海島で知り合った藤野さん、


カメの保護団体Everlasting Nature of Asia
の副会長&理事をやっていらっしゃいます。


その昔、吉野は、東京から1000キロの小笠原諸島で、
カメの撮影をしていました。
当時は、小笠原丸で、32時間かかりました。


小笠原海洋センターでカメの研究や保護をしている
菅沼さんにご協力いただいて、
調査に同行させていただいて写真を撮らせてもらいました。
今は、菅沼さんはEverlasting Nature of Asiaのスタッフさんです。


Earth Color Projectは、
美しい地球を後世に残す為、1人でも多くの方々に、
美しさ、尊さを知ってほしいのです。
という趣旨から生まれました。


塩野嘉純&梨紗さんご夫妻がやっていらっしゃる会です。


そして先日グループの写真展が開催されました。
第1回目「あなたが伝えたい美しい地球」
2017年5月5日(金)〜11日(木)
富士フォトギャラリー銀座 スペース1
吉野も1点出品させていただきました。


多くの方にご来場いただけたようで、
また来年も開催されるそうです。
すごい〜ですね。


59354













青海島のワカメ


昨日は、ひょんなことからご一緒させていただきました。
楽しい〜時間をありがとうございます。


_DSC9654

たくさんのふしぎ10月号、色校

やっと色校正まできたが、なかなかうまくいきません〜!

たくさんのふしぎ10月号
「海のかたち ただよう生き物」
色校が上がりました〜!
編集者さんと吉野で、見ています。


_DSC9649 (1)

湯河原「飛ぶ魚」ギャラリーにて展示

ダイバーの友人がやっている
湯河原のギャラリー・カフェ飛ぶ魚
〒259-0312 神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜2000-12
0465-46-7702
にて「海のなか のぞいた」の展示が
7月28日からあります〜!


door01
















ただいま展示の準備しております。
大体のプリントが出来上がりました。
後は、大きなプリントを1点別注で作ります。


19113814_1743156522379419_6330787667778276355_n















月刊ダイバー連載「吉野雄輔的 勝手に魚顔論」

ダイバーの連載「吉野雄輔的 勝手に魚顔論」
昨年の12号からスタートして今月7月号で8回が終了した。
残すところ後4回である。
本当、あっという間に1年が過ぎてしまう。


19030507_1734518556576549_219407920626933233_n




















『魚やエビ・カニなど
海のいきものには、「顔」と呼ぶ部分はなくて、
「頭部」なんです。
けっこう笑えるし、種ごとに特徴があるし、同種でも個性がある。
人間と全然変わらない〜のです。』(吉野談)


いきものの顔って、様々な表情がありますね。
うちの場合は、海のいきもの限定って、感じですが、
魚、エビ、カニ、イカ、カイ、など、など、
様々な表情の顔があるし、いろ、かたち、
違いがある顔、が出せたら、いいなぁ〜!と思ってます。


1987年に、大先輩で尊敬する中村征夫さんが
(株)情報センター出版局から
「海中顔面博覧会」を出版なさっています。


海のいきものとそれを擬人化したコピーが
とても斬新でした。


吉野的にも何かまとめたい〜な!って思ってますが、、、
まだまだ思案中!


_DSC9574

新しい本の企画

今日は、新しい本の企画、売り込みに行ってきた。


吉野は、文庫というものを作ったことがない。
文庫というサイズで、
写真と文で、何かできないかと、
編集者KKさんに写真を見ていただいて、
ご意見を伺おう〜!と思いました。


海は、一般の人には、
やはり遠い世界なのです。
1億3000万人の人口で、
海に興味を持っている人というのは、
ごくごく少ないのです。が、、、

 
これから夏、夏といえば、、、海であ〜る。
海というとテンションがあが〜る。
海に行けば、およ〜ぐ。
そして海の中を覗くのである。
そうすると、、、色んな生き物が、ちらちらと目につく。
海の中は、どんな世界かなぁ〜?!と
興味津々になるのであ〜る。


日本は、一般的には、海道3万キロと言われています。
国の周りが、ほとんど海のおかげで、
新鮮な海の幸の食文化があります。
お寿司などが発達したのもそのせいだと思います。


色んなかたちで、海の魅力を伝えたい〜!
海洋写真家・吉野雄輔は、そういうお仕事をしております。


一応作ったからには、
プロとしてある程度は売らなくてはいけないし、
いつも物作りをするときは、色んな重責がある。


ベテラン編集者さんKKさんから的確なアドバイスをいただいて、
少したたき台を作ってみることになりました。
どうなるかなぁ〜???


sedakaginnpo


日々雑務

東京に戻ってきて早1週間が、経ちます。


溜まっているお仕事をバシバシ片付けてはいるものの〜(笑)
なかなか終わりがありません。
毎回とりあえずのところで、終わってしまう。


ここのところ、吉野は、データを
ハードディスクに焼く作業に、ずーと追われていた。
どんどんデータ量も増えるので、
また新しい外付けを幾つか購入した。


私自身も撮った写真がなくなったら困るので、
3ヶ所に焼いている。
写真の整理もしないと、無駄にデータが大きくなるばかりだ。


いつも仕事は、急ぎのもの、そして約束したものから始める。


が、「(株)学研プラス
学研の図鑑LIVE 水の生き物 ¥2200+税
2016年7月12日 初版発行
BBC(英国放送協会)のDVDつき48分
発売中なう〜!」
は、こちらの都合で、ほったらかしにしてありました(爆)


ようやく預けてあった写真、
使用していただいた写真を返却していただきました。
担当のYさん、本当、ごめんなさい〜!
お手数をおかけしました。


こちらの図鑑は、厚くて、重くて、DVDつきだよ〜ん、
お値段もリーズナブル。
ただいま絶賛発売中であります〜♪
いろいろお写真使っていただきました〜!
毎度、ありがとう〜ございます!


19059329_1739290532766018_7416196373080555673_n

















19059210_1739290459432692_7429191394067456089_n

ストリートミュージシャン★神川圭司さん

先日JPCO(Japanese Photo Cluture To Oversea)
に取材に来てくれた神川圭司さん、
実はストリート・ミュージャンさんなんです。


てくてくTV、ケーブルTVの取材に来ていらっしゃる時に
お目にかかったので、
てっきりケーブルTVの方だと思っていました。


取材の様子、
吉野の展示風景も少し出ておりますので、
良かったらご覧ください。

https://youtu.be/HzM1hWhAAq8

神川さんは、毎週日曜日、代々木第一体育館前の歩道橋下で、
ライブ活動やっていらっしゃいます。
代々木公園から原宿駅に行く途中ですので、
人通りはかなり多いです。


とてもきれいなお声の持ち主、、、
バラード、聞いてみたいなぁ〜♪
道行く方が、「あっ、いい〜声だね!」って、
私もそう〜思いました。


今月6月25日には、ライブもあるので、
皆様足をお運びください〜!
また告知させていただきますね!


_DSC9502













_DSC9463

ヤマケイカレンダー「海の時間Blue」10年目

お陰様で、、、、


ヤマケイカレンダー「海の時間Blue」今年で、10年目なんです。
いろいろと変化の激しい時代、
一つの世界観で、10年も続けられるというのは、
とても嬉しい〜ありがたいことです。


表紙は、今までアイランドや水のイメージなどが使われてきましたが、、、
今年は、ガラッと変わって、イルカの水中写真です。
あれっ!って戸惑う方もいらっしゃるかと思いますが、、、、


吉野雄輔の「海の時間Blue」に間違いありませんので、
どうぞ、よろしくお願いします。
9月10日発売となりますので、
どうぞ、お楽しみに〜♪


本日は、担当の編集者さんが来てくださって、
また次の企画などの相談をさせていただいております。



_DSC9410

JPCO(Japanese Photo Culture To Oversea)

柴田誠さん主催のJPCO、
メンバーは、60名ほどいらっしゃるそうです。


海外では、写真などを購入してお部屋に飾る習慣がありますが、、、
住宅事情もあるかとは思いますが、、、
日本は、まだまだ〜です。


なので、写真が販売目的の個展を京都と東京で、開催されています。
アジア諸国でも何度かやられています。


今回新宿ヒルトンホテルの地下1Fにあるヒルトピア・アートギャラリーで、
JPCOのグループ展が開催されました。
海洋写真家・吉野雄輔もプリント10点と
写真集「世界で一番美しい海のいきもの図鑑」創元社のスライドショーで
参加させていただきました。


ようやく取材旅行から帰ってきたので、
作品など預かってくださっていた高崎勉さんのところへ
ピックアップに行ってきました。
そこで同郷の有岡秀倫さんに出会って、、、


我ら3人、富山県人会!ということになりました。


_DSC9433
















ss2015-4海のいきもの図鑑_帯あり

伊豆も東京も草ぼうぼう〜!(笑)

1ヶ月半(45日)ぶりに伊豆に戻ってきたら、、、
庭がすごいことになっていた。
今回は、キャンピングカーの車検待ちがあったので、
出かける前1週間、
毎日庭の片付けを2時間ぐらいはやっていたのですが、、、
戻ってきたら、ジャングルのようになっていた。


_DSC9388















東京は、52日ぶり、
事務所の前に植えてある黒タケ、フジがすごいことになっていた。
ま、こちらは、猫の額のような小さな庭なので、、、
1日あれば、十分片づけられる。


_DSC9403















東京は、そろそろ梅雨入り。


山口県青海島では、ほとんど雨に降られることもなかった。
本格的に降ったのは、1日ぐらいだったかなぁ〜?!
あまり劇的にお天気が変わらなかったせいもあってか?
海も大きな変化は、なかったようなきれいな〜海でした。


浮遊系狙いで撮影に行っているのですが、
前半は、そこそこ調子が良かったものの、
後半は、じーと辛抱の海でした。


それでもいつ何が出るかわからないので、、、
予定の時間まで、頑張るのでした。


海も陸もすっかり夏モードになっているのを感じて、
春の浮遊系シーズンが終わったことを感じつつ
青海島を去りました。
著書
新作



創元社より
2015年写真集「世界で一番美しい海のいきもの図鑑」
ssss2015-4海のいきもの図鑑_帯あり のコピー


定価¥3600+税
Amazonにて好評発売中!
半年間魚類学にてベストセラー1位




福音館書店より
2014年月刊たくさんのふしぎ9月号
「サメは、ぼくのあこがれ」
ds2014ーfusigi9


定価¥667+税






















パイ姉さん
























パイ姉さん(先住犬)

ビアーデッドコリー♀13才

保護犬には、気はやさしい
更年期のせいか?!
飼い主には、怒りん坊(爆)
スージー母さんに似ている?!



9代目預かりワン

コーラル君大変身〜!























名前:コーラル君
ミニュチュアプードル♂レッド

現在は、東京都三鷹市で、
パパ&ママ、
プリンセスリコ&
先住犬ププ君と
楽しく暮らしています。



8代目預かりワン

マルガリ





















くーたん

名前:空
性別:シーズー♂
体重:現在4.3kg

正式譲渡決定
現在は、茨城県鹿嶋市で、
パパ&ママ、お兄ちゃん2人、
先住犬モティコさんと
幸せに暮らしています。
7代目預かりワン
里親募集中




















リーフ君


チワワミックス♂3
里親様決定!
現在は、神奈川県川崎市で
暮らしています。
パパ&ママ、もえ姉ちゃんの
弟分としてしあわせ〜!

6代目預かりワン










ブリーズ






















ブリーズ君

マルチーズ♂4
正式譲渡決定!
現在は、千葉県鎌ヶ谷市で
暮らしています。
K家のアイドル的存在

5代目預かりワン
アース




















アース君

マルチーズ♂3.5
正式譲渡決定
現在は、北区で
パパ&ママさん、
はるのちゃんと
暮らしています。
とてもおとなしい子で、
親戚の皆さんからも
愛されています。


4代目預かりワン
アッ君























アクア君

マルチーズ♂4.35
正式譲渡決定
現在は、埼玉県越谷市で
2世帯7人家族で暮らしています。
とっても元気、性格も◎
とってもラブリーな子
3代目預かりワン
ブリーズ






















ウェーブ君

ダックスフンド♂
2010年8月5日他界
明るくて、天真爛漫な子でした。
預かりワン
サンがやって来た〜!








サンノジ君
ヨークシャテリア♂大きめ、
5.55
推定年齢10才前後
吉野家の3代目ワンコとして
暮らしています。









お婿に行った子








マリン君


甲状腺の機能低下で、体に毛が生えていませんでしたが、
お薬の投薬でフワフワワンコに変身。
横浜で、ハマッコマリンとして、
パパ&ママ、ター君、お姉さんと幸せに暮らしていましたが、
高齢のため他界しました。






海ちゃん








初代海ちゃん

やさしいオカン様と
自然のゆたかな山中湖で、
暮らしていましたが、
2013年1月17日永眠。

吉野雄輔
ゆうたん




1954年、東京生まれ
海と海の生物すべてをこよなく愛する海の写真家
年間半分は海に潜り、撮影を行っている
30数年スチール写真を専門とする
NHK「海のシルクロード」の水中スチール班としてシリアへ遠征
するなど訪れた国は80か国ほど
《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。ストック数20万点
広く大きな海の写真から、マクロの世界まで
日本・外国の海洋生物5000種
海洋風景、ダイビングシーン、マリンイメージなど幅広く撮影
仕事も写真集、図鑑、写真絵本、雑誌、新聞、広告の世界と幅広く活躍。
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ