海洋写真家・吉野雄輔の妻

たまたま結婚した人が、海の写真家、 海、写真を伝えるために、 吉野雄輔フォトオフィスの営業ウーマンとして日々奮闘中!

引きこもり中〜なう!

引きこもり中〜!!!(笑)


FB見ると、
友人達はどこぞの海でいい写真撮ってやがる! 
ガッデム!汗、、


何本通るかわからん企画を作らなきゃいけなくて、
パワーポイントで、300Pぐらい働いた〜!


前から懸案の、、、
浮遊系の写真の整理、、多すぎる、、
山がでかいと登る気が、なくなりやすい、、で10年、、(汗)
今でしょ!って林先生も言うので、500P作った。


まだ半分もいかんけど。並べて全体を俯瞰して、
何が不足か、何ができるのかはわからないけど、
1番必要な作業でもある。


さて写真ですが、
青海島のカクレウオの仲間の稚魚。


背中のものは、軍旗と呼ぶのだそうだ。
伸びたり、ちじんだりするような気がする。
泳ぐ時のバランスとりとか、浮力の助けになるのかも。
小さな個体のが長い感じ。


お腹の中の銀色は肝臓かな。
体から下に伸びるのは、外腸と呼ばれる。
エサの栄養を極限まで取り込むために長くなると言う。
そこそこ外腸を持つ稚魚はいる。


何個体か撮影したけど、そこそこが多いな〜!

41302207_2168188903399469_8030513121716076544_n





ロウソクギンポのオス?メス?

オタク万歳〜!


ロウソクギンポのオス、メス、
黒い婚姻色か興奮色がオス。
白いのがメス、、ってことになってるが、
当然オスも白くなるわけで、
簡単に書いちゃいけないわけだ、、、、、


1ヶ月あまりの沖縄ロケで、普通の体色の時に、
オスメスの区別はつかないだろうか?
とずっと気にしていたのだが、
結論として無理がとりあえずの僕の答えだった。


写真の状況としては、
オスの穴に普通色のものが入って、
それに気がついたオスは、
急いで戻ってきて、穴をのぞいた。
で、普通色の奴が、写真のように出てきたわけだ。
その後出て行ってしまった。
これは、オス同士ということはないのかね?
って疑問がある。
見分けられないから、、、


でイソギンポの専門家のH先生に聞いて見た。
今、カエルウオの本を作るのに助言をいただいている先生だ。
思わぬ答えが返ってきて、感心したのである。


1、状況からして、オス同士なら、
めちゃくちゃ怒りまくるはず
これは、他のギンポを見てても想像できるし、
ロウソクギンポは、縄張り意識が特に産卵期では、
強い感じであった。


そして2、、、写真で見る限り、白い個体の性器の様子、
つまり輸卵管のあるメスの感じなのだそうである。
だからメスでしょうとのこと、、
そういえば微妙な差はあってもおかしくない。


たまたまこんな写真だから、
言えることだけど、、
いや〜、そこまで考えなかったな〜!


学者さんといえば、やっぱオタクですよね〜!
すごいですよね〜!
だからね、1冊の本の中に、
撮影者としての思いや感動として、
可愛い〜!というのが出て、
オタクの方、この場合で行くと学者さんの
努力や見解の入ったものを作りたいと思っている。


H先生から帰ってくるメールの返事の中に、
やっぱイソギンポ、、可愛いですよね=とか
癒されますよね=とかがやたら多くて、、、
少し笑ってしまう。
根っこはね、一緒なんですよね。


プールの水温が上がって、ボケてしまった写真ですが、、、

41158206_2167146556837037_7870537839186804736_n





シシマイギンポ

先日の沖縄カエルウオ、ギンポロケにて、、
遅ればせながら、、、
「シシマイギンポ」初めて見たのだが、、


げげ、ちっちゃい〜って叫んだら、、


てっちゃんが、すかさず、
こいつでかい個体です〜というので2度ビックリ〜〜!!


頭の幅5mmぐらいかね? 
沖縄だと小さいってのはないのかね?


大揺れで、やっとこさピンと合わせただけで、
皮弁とか写ってないし、、
ガク、ガク〜!
またいかなきゃですね〜!
(吉野雄輔FBより)

40684538_2165702183648141_7941825225329475584_n















参考までに、、、
なんで〜獅子舞なのかなぁ〜と思ったら、
歯並びが、獅子舞のようにビシッとしているからだ、
そうです。
顔は、どちらかというと癒し系、
のんびり父さんのような顔をしているように見えます。

顔の本企画中ナウ〜!

「世界で1番美しい海のいきもの図鑑」
の1章に顔というテーマがある。


僕らが日々海中で出会う生物は、
首がなかったりすると頭部と言われるのだけど、
僕にとっては、やはり顔だ。


その生物の意思や感情を感じ取れるのが顔だから、、、


進化の過程の中で、頭、顔がどのようにできてきたのかを、
頭化過程と呼ぶそうで、
それは機能、競争力として獲得されたものなのだそうで、
なるほどな〜と納得させられる。
機能だから、戦闘機の進化なんかと、
よく似ているな〜と印象に残った。


魚だけで何万種もいるから、ま〜いろんな顔に出会ってきた。


この本を作る過程で、選び、並べてみた写真で、
1冊できると思っていて、、、
個人的には、顔をめぐる冒険を楽しんでみたいと思い、
1冊分作り、これからプレゼンだ。


写真は、コブシメの赤ちゃん、、
パッとみたときに、キリスト教の伝道師、
フランシスコ、ザビエル、、を思い出した。


全く関係ないものを想像するのも楽しい。
皆さんは、何を思われるのだろう〜?
(FB吉野雄輔より)

40330428_2163061987245494_5161613613827358720_n





心に残る1枚

ここ最近何人の方から、吉野雄輔さんのお写真って、
「とっても優しくて、好きです!」と、言われました〜!
わぁ〜わぁ〜わぁ〜、とっても嬉しい〜お言葉、です。


そしてやっぱり、お部屋にず〜と飾っておきたくなる写真は、
吉野さんの写真だよねぇ〜!って、言われて、
あ〜なんて、センスのある人なんだぁ〜!と思いました(笑)
ありがとう〜ございます〜〜〜!!!


心に残る1枚というのが、
吉野の写真だったら、写真家として、写真家冥利につきますね。


ただ長年そばで写真を見てきた私としては、
もっと他にもあるんだよ〜!って、思うところもあります〜?!(爆)


でも人のとらえ方、感じ方というのは、十人十色で、
多分その方々は、優しい〜感じのものが好きなのだと、思います。


吉野は、被写体にじっくりと向き合って写真を取ります。
相手が、何かいい〜表情、
動きをした瞬間をいつもちゃんと狙って撮ります。
相手は生き物なので、、、やはり動きとか、
何かアクションを感じさせる写真も私は、いいと思ってます。


ダイナミックな水中景観、
海の中は、陸と比べると、なかなか遠くまで写らない、、、
奥行きのある写真を撮りたいと、、、
ず〜とチャレンジもしてきました。


吉野の時代は、35ミリのポジフイルムの時代、
3:2の黄金比と言われる画角の中で、
どう構図をまとめるのか?!


吉野の写真は、トリミングなしで使える、
スキの無い写真だと、思っています。


これは、親戚のよしみ?!(爆)
独断と偏見(爆)かもしれませんが、、、、


今のデジタルの時代は、写真の取り方自体が、
変わってきています。
ポジの時代と比べると、
写真が簡単に撮れる時代になりました。


だから、、、吉野は、もっと、もっと攻めて
写真を撮ることが必要と言っています。
まだ自分もそれができてないと、、、、
私には、まだよくわかりません〜が、

6288















多分、ハンドウイルカ、ですか?チューク諸島
photo by吉野雄輔

ヒレナガカエルウオ

ヒレナガカエルウオの名前の由来
って、オスの尻びれだったのね。


不勉強の証拠、、


スピッツの世古さんに教わり、探索を開始。
てっちゃんと二人、目を凝らして、
やっと見つけた。
前にFBに出した奴はメスだったのね。
地味で人気ないけど。
海は大揺れで、ピント合わせるので限界。
上からてっちゃんが、押さえつけてくれて、やっと撮影した。


必死だったな〜2度と会えないかもだし。


数日後、とある場所で、ヒレナガのコロニーを発見。


撮影していると、あれだけ探して2匹だけだったのに、
なんか集団でいて、どういうわけか簡単に撮影できる。
おまけに婚姻色の奴も、、
この辺りには3つ、メス沢山、幼魚も結構な数いた。
えらい楽じゃん〜水中カメラマン、あるある、、だな。


いろんなことがわかれば、撮ること自体は楽だ。


今、写真を整理していると、全く撮れてない日が結構ある。
随分時間を無駄にしているな〜とプロとしては、
あかん〜と思う部分もあるのだけど、
例えば本を作るときに、写真に撮れないけど、
語れることは随分増えたような気もする。


効率を求めると、新しい感動って無いような気もするし〜
1ヶ月で、どんだけ〜これだけ〜って気もする。


今回撮影した20種程のギンポくんたち、
微妙な生き様というか、暮らしかたの差が、
少しわかった気がした。


地味なヒレナガくん、繁殖期の綺麗な色。
結構素敵だ〜〜〜!!!
(吉野雄輔FBより)

38294459_2138227216395638_3637386770527551488_n

ヨダレカケ

沖縄から戻った。
陸に棲む魚、ヨダレカケの若者。
カエル?魚?って顔だ。
笑える。


あまりダイバーに縁のないギンポ、カエルウオを追った1ヶ月。


この辺は、30年ほど前に随分撮影したのだが、
どう撮影したのかの記憶はすでになかった。


沖縄ダイビングセンターのてっちゃんと、
あーだ、コーダと作戦を練りつつも、
失敗、意外!、的外れの連続だった。
あそこもダメ元で行ってみましょうという、
テツパワーに引っ張られながら、
長い時間をカエルウオ君たちと過ごした。


水深50cmまでの撮影は、想像していたよりも難しい。
潮の満ち引き、風、うねり、透明度、
サーモクライン、沢山の要素がありすぎる。


素速いカエルウオ君に翻弄されるばかりの1ヶ月だった。
陸と海のはざまに棲む、
今回狙ったカエルウオ君たちが、
どうしてこのような生き方をしているのかを、
思い知らされた旅。


撮ろうとした瞬間、今まで海中だった所が陸になる。
波で、、
こちらは、水中カメラ。
おそらく捕食者からもそれだけで消えるように見えるはずだ、、


星 飛雄馬の消える魔球は打てん。


おまけに彼らは、陸も移動できるだけでなくて、
ジャンプして遠くの小さなタイドプールにも逃げる。


なかなかの奴らなんです。
ヨダレカケ、陸に進出した魚界の挑戦者。


笑える顔の可愛いやつではなくて、
半端ない奴らなんだね〜!
(吉野雄輔FBより)

38152775_2134787216739638_8885293604545757184_n








東京に戻ってきたよ〜!

あ〜あ、
また投稿に間が空いて、しまいました〜?!
反省〜〜〜!!!


ゆうたんパパ、
東京に戻って来たよ〜!
サンノジ、嬉しそう〜!!!

_DSC8438

2018年8月2日号週刊新潮

週刊新潮8月2日号
本日発売です〜!
(7月27日)


「掲示板」のコーナーに
記事掲載しております。


良かったら、ご覧ください。
情報をお持ちの方、お返事お待ちしてます〜!

CCF20180726




















_DSC6088 2

内田春菊さん

代官山クラブヒルサイド・セミナーシリーズ
読書会「少女は本を読んで大人になる」Part2
第2回 #Me Tooって恋愛なの?

ゲスト:内田春菊さんに行ってきました〜!


今回初めてお目にかかったのですが、、、
本当に、自然体〜!
あまりに素直すぎる春菊さんのファンになりました〜!




春菊さんには、2017年7月2日の読売新聞
本よみうり堂・万華鏡のコーナーで、
写真集「世界で一番美しい海のいきもの図鑑」創元社の
ご紹介をしていただきました〜♪


長崎出身、、、子供の頃から海に親しんでいらした、
そして水がいっぱいあるのを見ると得した気分になる。
水族館の床に布団を敷いて寝るのが夢でした、というくらい
大の水族館好き〜な方です。


著書に「水族館行こミーンズI LOVE YOU」
という本も出版されています。
私も早速ネットで、注文いたしました。


春菊さんは、漫画家のみならず、
作家、歌手、俳優、として多彩に活躍されています。


私にとっての春菊さんは、作家として
「ファザーファッカー」との出会いです。
春菊さん自身の体験を基にして書かれたという本は、
私にとって、とても衝撃的でした。
自分の人生の中では、経験したことがなかったことでした。


人は本を読んで未知の世界を知る。
自我の芽生え、性への目覚め、愛するということ、
女が仕事を持つこと、社会の不条理・・・・。

新しい経験への扉を開く、、、、
本当に、そうです。



少女時代、、、、私は、ぼんやり、した子供でした。
今もぼんやり〜していますが、、、(笑)


この本のお陰で、おばさんになった今、
今更ですが、、、
自我が目覚めた〜ような気がします。
ありがとうございます!!!


そしてガルシア・マルケス「エレンディラ」も購入しました。

これから読むのが、とても楽しみ〜です♪


p.s.
そうそう〜10月頃、
「ファザーファッカー」を母親目線から書かれた新刊が出ます。

同じく文藝春秋からです。
私も待ち遠しい〜!!!

_DSC8156
著書
新作



創元社より
2015年発行
写真集「世界で一番美しい海のいきもの図鑑」
ssss2015-4海のいきもの図鑑_帯あり のコピー


定価¥3600+税
Amazonにて好評発売中!
1年半魚類学にてベストセラー1位
2年経っても時々1位〜!




福音館書店より
2014年月刊たくさんのふしぎ9月号
「サメは、ぼくのあこがれ」
ds2014ーfusigi9


定価¥667+税






















パイ姉さん
























パイ姉さん(先住犬)

ビアーデッドコリー♀13才

保護犬には、気はやさしい
更年期のせいか?!
飼い主には、怒りん坊(爆)
スージー母さんに似ている?!



9代目預かりワン

コーラル君大変身〜!























名前:コーラル君
ミニュチュアプードル♂レッド

現在は、東京都三鷹市で、
パパ&ママ、
プリンセスリコ&
先住犬ププ君と
楽しく暮らしています。



8代目預かりワン

マルガリ





















くーたん

名前:空
性別:シーズー♂
体重:現在4.3kg

正式譲渡決定
現在は、茨城県鹿嶋市で、
パパ&ママ、お兄ちゃん2人、
先住犬モティコさんと
幸せに暮らしています。
7代目預かりワン
里親募集中




















リーフ君


チワワミックス♂3
里親様決定!
現在は、神奈川県川崎市で
暮らしています。
パパ&ママ、もえ姉ちゃんの
弟分としてしあわせ〜!

6代目預かりワン










ブリーズ






















ブリーズ君

マルチーズ♂4
正式譲渡決定!
現在は、千葉県鎌ヶ谷市で
暮らしています。
K家のアイドル的存在

5代目預かりワン
アース




















アース君

マルチーズ♂3.5
正式譲渡決定
現在は、北区で
パパ&ママさん、
はるのちゃんと
暮らしています。
とてもおとなしい子で、
親戚の皆さんからも
愛されています。


4代目預かりワン
アッ君























アクア君

マルチーズ♂4.35
正式譲渡決定
現在は、埼玉県越谷市で
2世帯7人家族で暮らしています。
とっても元気、性格も◎
とってもラブリーな子
3代目預かりワン
ブリーズ






















ウェーブ君

ダックスフンド♂
2010年8月5日他界
明るくて、天真爛漫な子でした。
預かりワン
サンがやって来た〜!








サンノジ君
ヨークシャテリア♂大きめ、
5.55
推定年齢10才前後
吉野家の3代目ワンコとして
暮らしています。









お婿に行った子








マリン君


甲状腺の機能低下で、体に毛が生えていませんでしたが、
お薬の投薬でフワフワワンコに変身。
横浜で、ハマッコマリンとして、
パパ&ママ、ター君、お姉さんと幸せに暮らしていましたが、
高齢のため他界しました。






海ちゃん








初代海ちゃん

やさしいオカン様と
自然のゆたかな山中湖で、
暮らしていましたが、
2013年1月17日永眠。

吉野雄輔
ゆうたん




1954年、東京生まれ
海と海の生物すべてをこよなく愛する海の写真家
年間半分は海に潜り、撮影を行っている
30数年スチール写真を専門とする
NHK「海のシルクロード」の水中スチール班としてシリアへ遠征
するなど訪れた国は80か国ほど
《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。ストック数20万点
広く大きな海の写真から、マクロの世界まで
日本・外国の海洋生物5000種
海洋風景、ダイビングシーン、マリンイメージなど幅広く撮影
仕事も写真集、図鑑、写真絵本、雑誌、新聞、広告の世界と幅広く活躍。
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ