2007年06月04日

日本人投資家に愛国心はあるのか?

中国の上海総合株価指数が、本日、先週末比8.26%安の、3670まで下がったそうです。
この件については、6月1日の日記にも書きましたが、5月末に、4400くらいまで行っていたので、はや、2割近く下がったことになります。

当ブログでは、中国株高騰の原因は、日本マネーが中国株を買っているからだ、と、書いてきましたが、それを裏付けるニュースが出てきました(こちらを参照)。
国内の中国株ファンドの純資産残高は、5月末で、前月比12%増の1兆1268億8千万円に上るそうです。
5月だけで、日本人は1000億円以上の中国株投資ファンドを買っているわけです。
5月に売り出されたUBSグローバル・アセット・マネージメントの「UBS中国株式ファンド」は、1000億円を越える設定にもかかわらず、発売から4日で1000億円を達成したのだそうです。

公立学校の卒業式で「君が代」を歌わないというだけの理由で教師を処分する、などと言っている裏側で、中国にガバガバお金を貢いで、中国の産業振興の支援をしている日本人投資家が多数いるということです。
中国市場が下がり始めて、やっと、日本の証券市場も明るくなってきましたが、5月に1000億円も中国株の最高値を日本人が買って、売り抜けた中国人はウハウハでしょうね。
「南京大虐殺はなかった」とか「中国に反論させない本」というたぐいの中国叩きをやっている本が書店に所狭しと平積みされていますが、日本企業の競争力を相対的に失わせるような投資行動を叩くような本は見たことがありません。
要するに、中国叩きをやる亡国論者には愛国心などカケラもないということです。

日本企業に投資せず、中国企業に投資することを、国家が規制する、ということではないと私は思うんですね。
ヤフー掲示板で口汚くののしられるうちに、すっかり伸びが止まってしまいましたが、楽天が将来の夢を熱く語っても、日本人投資家が、楽天株を買わずに、中国企業の株を買えば、日本企業の成長が止まり、中国企業が成長路線をとるのは当然です。
しかも、今回は、日本人投資家が1000億円レベルで中国株を買ったところで、まるで、計画されていたかのように、中国当局は、株式取引印紙税率を引き上げました。
中国当局でさえ、中国株式市場は過熱していると見ているのに、なお、中国に投資するという日本人の姿勢、嘆かわしいばかりですね。
「愛国心」は、卒業式で「君が代」を歌うかどうか、なんていうことではないと私は思いますけどね。
規制されて、というのではなく、日本人が自ら、中国人の夢にかけないで、日本人の夢に共感する、ということにはならないのでしょうか?

----------------

理工系受験生向け大学入試問題研究サイトはこちら
大学入試問題検討ブログはこちら


ここが変だよ日本 - livedoor Blog 共通テーマ

paintbox77 at 23:26│Comments(16)TrackBack(0)株式投資 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by サスケット   2007年06月06日 02:23
中国株高騰の原因であるA株は基本的に中国国内投資家のみ売買可能です。
また、A株と比較しても、B株、H株は割安になっていますし、
さらに、B株の市場規模はA株の1/10。加えて中国国内投資家ならばB株投資も可能。


どうみても日本マネーではなく、中国マネーでは?




2. Posted by paintbox   2007年06月06日 08:22
サスケットさん

すぐに、そうやって話をすりかえようとするんですね。
だったら、国内の中国株投資ファンドの1兆1200億円は、どこに投資されているのですか?

A株、B株、というような問題を言っているのではありませんよ。
3. Posted by サスケット   2007年06月07日 00:38
>すぐに、そうやって話をすりかえようとするんですね。
>だったら、国内の中国株投資ファンドの1兆1200億円は、どこに投資されているのですか?

話のすり替えとはどういうことでしょう。
高騰の要因は日本マネーと主張される件に異論を唱えただけで、すりかえる要素がどこにもありません。


中国株投資ファンドの1兆1200億円?
そんなもの、中国株投資ファンドなんだから、中国株式に決まっています。それくらいはわかりません?

私が言っているのは1兆1200億円は聞かれるまでもなく当然のごとく中国向けの投資ですが、群を抜いて巨大というわけでもないということです。
高騰の要因は日本マネーでなく中国マネーですよ、という指摘です。

長くなったので、コメント制限で貼り付けが面倒なため、続きは以下リンク先になります。
http://sasuket.blog7.fc2.com/blog-entry-64.html
4. Posted by paintbox   2007年06月07日 07:57
サスケットさん

私が言いたいことは、1兆円以上の大きなお金が中国に流れているということです。
株価というのは、均衡ラインからの僅かのずれで大きく動きます。
1兆円が全体の中で占める割合が大きくなくても、均衡が崩れれば株価は動くのです。

東証でも、全体の取引総額が3兆円あって、外人の買い越し売り越しが数千億でも、大きく株価は動きます。

A株、B株、というようなことを言っているのではありません。
5. Posted by サスケット   2007年06月08日 02:14
私が言っているのは『中国株高騰の原因は、日本マネーが中国株を買っているからだ』に対する異論です。
A株B株はそれを補足するデータのひとつです。


貴方が引用した「日本のファンドの1兆円」のニュースは、その程度の額では、中国株価を現状レベルまで押し上げる主要素になりえないと言っているだけで、A株B株はそれを補足するデータのひとつにすぎません。


ついでに突っ込むと、『資産残高1兆円』と、『一日の取引総額3兆円』を比べてもなんの意味もないでしょう。



貴方が今回引用したニュースである、月間1000億の増加は確かに小さなものではないですが、ここ最近の中国株の加熱の一要素に過ぎず『中国株高騰の原因は、日本マネーが中国株を買っているからだ』と言う根拠にはなりえません。
6. Posted by サスケット   2007年06月08日 02:34
あともうひとつ突っ込むと。

>1兆円が全体の中で占める割合が大きくなくても、均衡が崩れれば株価は動くのです。

じゃあ、中国株高騰の原因は日本マネーじゃなく、日本マネーは高騰している原因の一部だということじゃないですか。


この理論をエントリと整合性をとらせるためには、
『今回「日本からのわずかな1000億」が引き金になった。だから日本マネーが原因だ』
とならなければなりませんが、『日本の1000億以外が流れてきていない』なんて話は聞いたことがありません。


中国国内投資家を主として多くのマネーが流れ込んでいるわけで、『1000億でも高騰するんだ』というなら、『日本の1000億がなければ高騰しなかった』なんて結論は余計に出なくなります。

もうひとつおまけに中国市場の一日の取引額は東京市場を越えているはずです。
7. Posted by paintbox   2007年06月08日 09:37
サスケットさん

中国株上昇は、日本の1兆円の資金、5月1ヶ月で1000億円超の資金流入があるからですよ。
日本以外から中国に資金流入がない、なんていうことは、私は一言も言っていない。
そうやって、あなたは話をすり替えようとするんです。
私が問題にしているのは、「日本から中国への資金流出」です。
外国がどうしようと私の知ったことではありません。
日本の首相がもっと日本を売り込んで、日本に外国資金が流入するように努力せよ、ということぐらいです。

中国に、日本からの資金流入がない、あるいは、日本に資金が流出する、例えば、日本の金利が上昇ムードになる、ということになると、日本へ資金が還流するのではないか、という懸念が生じて、2月末にも上海株は短期的に暴落しているのです。
あの時には、実際に円高に振れたので、少なくとも、ドルから円への還流はありました。
日本から中国への資金流出(一定期間での変動分で見て)がほぼゼロになってはじめて、中国株価は日本の影響下にない、と言えるのです。
(つづく)
8. Posted by paintbox   2007年06月08日 09:40
(つづき)
日本でもそうだけれども、1億株の銘柄が、1億株分のお金が動かなければ、株価が動かないということではありません。
1万株程度の取引でも大きく動きます。
資金流入ということで上昇期待ムードになるので、売りが手控えられるからです。
株価はセンチメントで動くのです。資金総額で動くのではありません。

中国株の上昇期待を他ならぬ中国バッシングに熱心な日本がやっていることを私は批判しているのです。
中国をバッシングするのであれば、日本から中国への資金流出はゼロであるべきだ、と言っているのです。
1兆円も流れれば、中国株価にはプラスに働くでしょうね。
1ヶ月に1000億円の資金流入(しかも投資ファンドだけで)が予想できれば、株価にはプラスに働くでしょうね。
そのことを私は批判しているのですよ。
9. Posted by サスケット   2007年06月09日 01:01
>中国株上昇は、日本の1兆円の資金、5月1ヶ月で1000億円超の資金流入があるからですよ。
>日本以外から中国に資金流入がない、なんていうことは、私は一言も言っていない。


すり替えてるのは貴方のほうではないですか。
貴方はなんと言いましたっけ?

『中国株高騰の原因は、日本マネーが中国株を買っているからだ』

私はこれを「誤っている、なぜなら日本以外から中国に流れ込んでいる資金を無視しているから」といっているのですが。
『中国株価は日本の影響下に"ある"』と言うことはいえます。それは私も認めています。だからこそおかしい。

私が異論を唱えているのは
「日本の対中国投資だけ悪し様に取り上げる根拠がない」
と言うことです。
日本の資金だけで動いているわけではない、と何度言えばご理解いただけるのでしょうか。
10. Posted by サスケット   2007年06月09日 01:05
(3)
そもそも日本の投資家が日本株を買わないからマイナスだ、なんてどういう詭弁ですか。

すべてが逆。

成長するから投資家を呼ぶんです。
成長性がないのに資金を流すなんてただのボランティア。
中国をはじめとした新興国は高い成長率を期待されたから資金が集まっている。

資金が集まったから成長するんじゃあない。成長を期待されたから資金が集まり、そこから実際に成長していくんです。
日本株式に期待したいなら、成長が見えてからです。
成長できないからカネをくれ、なんて浅はかな経営者に投資するバカはいません。
11. Posted by サスケット   2007年06月09日 01:17
(4)
南京大虐殺だかなんだか、馬鹿な左翼と阿呆な右翼が必死こいて戦っていようが、まともな投資家は知ったことじゃない。市場心理はそんなものあやふやなものに影響されません。
【資金流入ということで上昇期待ムードになる】その前に資金が流入する理由を考えるべきです。何故流入するのか?

成長期待ムードだからですよ。

逆なんです。ジム・ロジャーズをはじめ多くの投資家が中国やインドなど新興国の成長に期待を寄せている。故に資金流入して、当然のごとく株価が上がるんです。
Yahoo掲示板で馬鹿が大騒ぎして楽天を叩こうが叩くまいが、そんなものは企業の業績とJASDAQ市場の下げトレンドの前には何の意味もない。
12. Posted by サスケット   2007年06月09日 01:18

(5)
愛国心だなんだと投資家を叩いて、無意味なボランティア活動を煽るな、と私は言いたい。そんなもので一時的に株価が上がっても踏まれるだけ。


『中国株高騰の原因は、日本マネーが中国株を買っているせいではない。成長率を期待されているからだ。』
と言うことです。
中国企業の株を買おうが、インドの株を買おうが、日本市場に魅力があれば一緒に上がっていきます。上がらないのは別の理由。
13. Posted by paintbox   2007年06月09日 07:00
サスケットさん

私が、何をすり替えているというのでしょうかね?
私が言っていることは一貫しています。
「中国株高騰の原因は、日本マネーが中国株を買っているからだ」ということです。
何ら誤っていません。

しつこく話をあちこち、そらそうとするあなたにお付き合いして、時間を無駄に使わされているだけのことです。
あなた方のやり口は、反論にもなっていないことを繰り返し書き込み同じことを何度も言わせ、嫌気を起こさせて、ブログを続けさせなくすると言うやり口。
どこも間違っていないのに、ただただ、おまえは間違っていると言い張るだけ。
私も、そうそうムダに時間を使うわけにも行かないので、どこかでおしまいにしますが。
(つづき)
14. Posted by paintbox   2007年06月09日 07:04
(つづく)
日本人の私が、外国人投資家に向かってものを言ってどうするのですか?
日本以外の資金がどうのこうの、ということは私には興味はないのです。
外国人投資家がどうしようと、残念だ、とか、感想くらいは言うかも知れませんが、メッセージは何もありませんね。

私は日本人として、日本人投資家の行動を問題にしているのです。
日本人が中国株を買い続けるから、先週まで、日本からの資金流入を期待して中国株価が上昇してきました。
それに対して、日本人投資家に向かって、愛国心があるのなら、成長性のある日本企業を発掘して、日本株を買え、と言っているだけです。
既に過熱状態にあると評論家でも言っている中国株に手を出すのなら、日本株にせよ、というメッセージを発しているだけのことです。
将来への夢を語っている経営者が日本にもいるのに、無理して、過熱している中国株を買い続ける必要がどこにあるんでしょうか?
(つづき)
15. Posted by paintbox   2007年06月09日 07:06
(つづく)
日本人投資家が日本株を買わないから、ということで、海外からの資金流入が減っているのですよ。
ここのところは、日本株は、外人が買い越し、日本人が売り越し。
この状況が情けない、と言っているのです。

私は、成長性のない日本企業に投資せよと言っているのではありません。

日本人は、USENをゴールドマン・サックスに渡してしまうのでしょうか?
電源開発(Jパワー)の次世代発電開発資金を英国TCIに渡してしまうのでしょうか?
これで、明日の日本はあるのか、日本はこれで良いのか、と、言っているのです。
私は、現時点の「成長性÷株価」で見て、日本株の方が中国株よりも成長性が高いと思いますね。
起業家が夢を語っても、いくら成長性があっても、資金が集まらなければ、ビジネスを展開することはできないのです。
日本人投資家は、バブル状態の中国株ではなく、成長性の高い日本株を買うべきです。
(つづき)
16. Posted by paintbox   2007年06月09日 07:07
(つづく)
これだけ私が言っても、日本には成長性が無く中国には成長性があると言うのなら、日本よりも中国が良いと言うのなら、中国株を買えばいいんじゃないですか?
どんどん、バブルの中国株を買って、せいぜい大儲けしてください。

ただし、このブログは、日本の成長を願うブログです。

このブログにあなたがいくら「愛国心だなんだと投資家を叩いて、無意味なボランティア活動を煽るな」とコメントを書き込んでも、断固として、あなたの言い分を通すことはありませんね。
あなたが何を言い張ろうと、
「中国のバブルはさっさとはじけろ!」
「日本の明日のために、成長性ある日本株、頑張れ!」
がこのブログのスタンスです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔