金環日食の旅 その1その3

2012年05月25日

金環日食の旅 その2

今回初車中泊。後ろのトランクとシートをフラットにして寝るのかと思っていたら、前座席を倒して後ろとつなげてそこに寝るって超デコボコ〜。そこに、銀色の保温?シートを無理矢理敷いて、シュラフ、毛布・・・真っ先に毛布の上でコナンくつろぐの図ができあがり。着替えて、よし寝るぞってな段階で、足元にとぐろを巻くコナン。こうなったらテコでも動かないのが生きる文鎮コナンです。膝を折っった窮屈な体勢でなかなか眠れないっつうの。オットの足元で寝てくれたらいいのに、まさか私の体の長さを把握してこっちが寝やすいだろうってことなら、なんて頭がいいのかしら。川の字になろうよーーー夜中、お水の要求で起こされ、アッというまに起床時刻の5時半を過ぎ


向かうは羽豆岬。走る車中から撮りました。









大きな地図で見る



最初は快晴でしたが7時を過ぎたら急に厚い雲。三脚を構えてやる気だったおっちゃんがいたんだけど、もうだめだって帰っちゃいました。でも見に来ていたほとんどの皆様はそのまま座り、空を見上げつづけていたのね。そうしたら、ちょうど金環のときに雲がさーーっと動いて太陽が見えた!(歓声わ〜っ)そしてまたすぐに消えた・・・







「しまゆり」
船の名前って素敵ね

その後、さらに高い展望台らしきところへ上って景色を見ていたのね。そこにいらっしゃった方々と、見えた見えないっちゅう感動の余韻を話していたら、足元のコナンがくぅぅうーーん。女性が「太陽見ちゃったのかな?」って。いやいや、絶対にありえませぬから。なんだろう、最近、意味のわからぬタイミングでくぅぅんと言ってくるのよ

at 20:35│Comments(0) お出かけ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
金環日食の旅 その1その3