2011年01月12日

コケコッコー!(うさぎ年)

苔2


雪の朝、結構な苔がコケティッシュでした...今年も滑稽にコケたいね!

他人様のお庭でうっかり恋写。そういえば僕の髪にも白いものが。いまさら冬?鼻毛も。

こころなしか、ものまねチックにGO!



palluc at 20:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年12月29日

乾パン娘

軍国02


本年もいろいろお世話になりました。ありがとうございます。
 
来年は従来にも増してまじめにひたむきにがんばりたいと思います。
 
ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


よいお年を!...


軍国01


palluc at 18:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年11月19日

豆腐カナッペ

豆腐カナッペ


かための木綿豆腐を一口サイズにカットして、その上にお好みで具をのせて食べる豆腐カナッペです。具3種はわさびの浅漬けとチャンジャと唐辛子味噌... だったかな。

すべての料理にハズレのない居酒屋「山桜」... お酒は出羽桜の美味しいのをたっぷりいただいて、もうここで死んでもいい、いや死にたい... と思い始めた頃、6等分された和風シーフードピザが登場。真っ先につまんだ僕のがおろし生わさび満載の大当たりで、死んだね。牡蠣フライルーレットはめずらしくセーフだったけど。

少年のようないたずら心というのかな?食べ物で遊んだらバチがあたるぞ!... まあ、別にいいんですけど。いつも当たりを引いている(引かされている)気がするよね。西武ライオンズの渡辺監督みたい、だってさ。アハハ。きれいに人数分に等分されたメニューには気をつけなきゃね、とか... ありがとう、気をつけます!



palluc at 12:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月13日

冬瓜畑でつかまえて

冬瓜

ハロー!安芸郡海田町の家庭菜園にて。(もちろん、僕の家のではないよ)

なんとなく、個人的に、純粋に、詩的に?冬瓜の存在感が気になっているんだよね。昔から。
 
この菜園はインパクトのある盆栽や鬼瓦や骨董品に囲まれているので、なおさら、何気なく無造作に放置されている感じの(手塩にかけて大事に育てられたのではあろう)冬瓜のたたずまいにぐっときたわけです。盗撮だよ!


palluc at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月27日

ちんぴょろ・すっぽーん!

すっぽん


平均週2回くらいスッポンポンになって大人の遊びを愉しんでいるのに、「実はまだすっぽん食べたことないんです〜」という、初心者男女ですっぽんを食べる会。会場は「おたべ」(広島市中区八丁堀)。シャオヘイ氏の「快食.com」だと名古屋発祥のあんかけスパゲッティなどユニークなランチメニューで評価の高い「おたべ」だけど、残業サラリーマンが集う夜の居酒屋としての顔もなかなかグー。県庁マンなりきりプレイにもベリーグーね。

さて、すっぽんコースといえば、気になるのはまずお値段?京都の高級店で数万円、広島のそこそこのお店で一万円前後といった相場ですが(今Webで調べました)、それが、な、な... なんと驚きの4000円!4000円ですよ、そこのオッサン聞けよバカ!というわけで、即予約。「おたべ」の大将の親戚が瀬戸内海に浮かぶ旧軍事要塞の江田島ですっぽんの養殖業を営まれており、そのルートで良質なチンポコではなくすっぽんを破格の安価でご提供できるので、すっぽん初心者の皆さんには是非是非是非食べてみてほしい!とのこと。やったね、今日まで童貞でよかったー!...

とりあえずビールで乾杯、間髪入れずコース開始(ただし要予約/3日前迄に)。ヘルシーな付出し各種とコラーゲンサラダに始まり、すっぽんスープ、すっぽん生血、すっぽん唐揚げ、すっぽん肝刺、すっぽん鍋、すっぽん雑炊、最後に果物の盛り合わせ。思ったよりクセがなくて、とてもおいしかったです。 以上
貧弱な感想で恐縮ですが、初心者だからしょうがない。生き馬の目を抜くこの外食デフレ時代、すっぽん(2歳)の生き血を吸って飲んで食って一人あたり6000円、というのは、僕のCP感覚からしたら絶対ありだと思うし、永川選手や栗原選手の奥さんにも必ずそう思ってもらいたいよね。(なんのこっちゃ)

とにかくまあ、みんなで仲良くすっぽんを食べて、元気モリモリ*夢がモリモリになったら、お目当ての彼氏彼女と抜け駆けして、すっぽんぽん第2ラウンドを味わうもよし、ふられた腹いせに歓楽街でセミプロ相手に大暴れするもよし、自由な資本主義社会ニッポンの一番おいしいところを謳歌してほしいね。●欲の秋、ボナペティ!

P.S. また行こうね。


palluc at 20:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年08月31日

オー・マン・ゲッツ!

せと

残暑お見舞い申し上げるわけでもなくソーリー!思いっきりクーラー病なんよベイビー!というわけで、灼熱の太陽に焼き尽くされた平和都市ヒロシマの名物料理といえば、お好み焼き!略してオッコン!(て言うか?じっさい..) 美味しい店の案外多様なお好み焼きの諸相については、中国新聞社サイト内の「炎の鉄板」コーナーやシャオヘイ氏の「快食.com」を見ればいいんじゃないかな。体系的で参考になるよ。
 
さて一年の計はお盆にあり。カリスマグルメブロガーを目指すことにしたボクなんだけど、「食べログ」にトップ掲載されているタカノ氏のレビューやシャオヘイ氏の感想文を事前に読んでしまったせいで、やれやれ、もう食わなくても味が判るよ、アホらし・・・ と洗脳された状態で、東広島市八本松にある「せと」を訪問。このお店は特徴ある焼き方をしたあと最後に生卵を真ん中にぼっとんと落として出来上がり。食べる人間が自分で適当に卵を破壊しながら勝手に食えばいい、という趣向だけど、どう勝手に食ってもうまいようにできているので、えらい。水菜のトッピングもこれまたバッチグー。基本構成を「スペシャル焼き」にすると生イカ、生エビ、生ホタテなんかも入ってくるけど、そんなのは邪魔なだけ。お前らは海に帰れ。
 
というわけで、最近生卵の艶っぽいビジュアルに魅せられているんだよね。昔の映画(タンポポ)で役所広司と黒田福美が生卵の黄身を口移しで行ったり来たりさせる印象的なキスシーンがあったけど、それとは関係なく。いやあるかも。いずれにせよ、生卵の黄身の表面のハリとテカリが、細胞レベルで憔悴しきった中年男性に生きる勇気と希望を与えてくれていることが重要。感謝にゃり〜。というわけで、日の丸の代わりに国旗が黄身丸になっても俺はオッケー。今日も生卵を求めて天満町「いいづか」で三味そば。うまし。

いいづか三味


palluc at 17:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年06月09日

がんばるけん LIVE!

がんばって

球場の空を渡る風に なって行きたい
離れても 何処にいても
あたしは がんばるけん

会いたいと思うごとに 好きな気持ちは育った
涙は もういらん
はぶてんで がんばるけん・・・
 
広島弁のベタ歌詞が印象的なご当地ソング「がんばるけん」。。好きなのか嫌いなのか判断つかないまま水に流すつもりが、広島電鉄「第15回路面電車まつり」で石井杏奈ちゃん(16歳)のライブに遭遇。
 
ゆるい会場状況から撮影禁止とは夢にも思わず、係員さんに注意された渾身の1枚(うっかりしてたde賞)。ステージに転用されたイベント用電車の紅白幕や造花の質感または価値観が素晴らしく、完璧にジモティー。
 
CDシングル「がんばるけん」は広島地区ローソンで限定発売。たくさん売れてほしい、なんて思わないけど、まさにがんばってほしいね。公式ブログはGoogle Readerに登録したのでアクセス数アップにならないと思うけど、杏奈も、みんなも、(そして俺も)、がんばって〜



palluc at 12:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)