2017年11月20日

この気持ちが大切なのだ、ワタリガニ。

1b34fc62.jpg
今年になって、約2か月に1度ほど仕事で市場に通っている。当然のことながら市場には安くて新鮮な生鮮品が沢山ある、用が済んだあとは市場巡りをするのが定例となった。野菜をはじめ肉、魚、たまご、菓子、乾物、包装用品の専門店…眺めてるだけでも楽しいが、たまに掘り出し物があったりするのが魅力でもある。

今回の掘り出し物はワタリガニ。
先日、浜名湖でドウマンガニに会えなかったことも手伝って私の目に飛び込んできた。聞けば注文品で余ったものという、1パイ千円は買いだろう。
凶暴なハサミはゴムで結わいてあるがまだ元気に行きている、うちに帰りゴムを外してタライに入れると活き活きとしてますます元気に、ハサミを振り上げるほどに甦ったのだった。
レオ、危ないぞ、近づくな!(写真)
しばらく見てると食べるのがかわいそうになってきた、ロブスターしかり甲殻類には何故か弱いのだった。
夜になり再び覗くとグッタリして動かない、良かった、これなら調理できそうだ。生きたまま蒸し器に入れるのはなんとも残酷…しかし野菜肉魚すべて同じこと、命をいただいて生きてるわけだ、この気持ちが大切なのだ。

ワタリガニは出汁用が主で食べる部位は少ないものだがこれはずっしり重くて大きさから見てもドウマンガニと言っていいのではないか、などと思いながらいただいた。甘い、旨い!最後は味噌汁にしてちゃんちゃん、ドウマン、いやワタリガニを満喫した。

長風邪も治りアレルギーも小康状態だったが再び鼻水が酷くなってきた、アレルギーの再発か。
いつもの薬のほかにアレルギーの薬となるとまた薬の数が増える、持ち歩き用の薬箱はパンパンに。
あ、咳喘息で中断していた歯科も再開せねば…
相変わらずの病院通い、たまりませんな。
ああ、たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 23:57Comments(0)

2017年11月19日

1日2合くらいなら。

aa665b0f.jpg
実家でワインを1本空けたがまだ元気、たった1杯でひっくり返ることもあれば、2本空ける時もある…最近はめったにないが。
疲れ過ぎて酔えないのか…体調といえばそれまでだが心と身体のバランスというのは複雑なものだとつくづく思う。
最近はワインを2日で1本空けるペース、心で抑えてるわけではなく身体が自然にそう判断してる感覚、だから無理のない減酒。1日2合くらいなら許容範囲内なのではないか。

というわけで、実家から歩いて3分くらいのところにあるいつものバーへ行くことにした。
ウチで飲むのが一番いいが、バーの酒はやはり旨いもの、歩いて3分のところにバーがある実家が羨ましい。ウチは住所からみれば実家よりも都会感があるが現実は厳しいものがある、徒歩圏内で酒が飲める店がない…
ない、
ないないシックスティーン。
だからいいのか。

♪カラン、カラン
ばんわー、
スコッチをすこっち。
1杯、2杯…
お、これこれ、これが飲みたかったんだよ!(写真)
3杯、4杯…
旨い!
酔いたくても酔えません。
本日は打ち止め。
店を出たとたんに腹が減ってきたので龍太郎でラーメンを。この店は相変わらずの人気、ジャニーズファンで深夜まで盛り上がっている。
いいねぇ。

明日も早いぞって?
そんなこと気にしてたら生きていけません。行ける時には行けばいい、行きたくたって行けない時の方が多いのだから。
キラキラネオンの誘惑、
たまりませんな。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 23:14Comments(0)

2017年11月18日

メイルズのライブ!

bea697da.jpg
さて、いよいよメイルズライブの日がやってきた。22年前がやって来た、いや、22年前に戻って来た…これがタイムマシンに乗るということなのだろう。

初めましての会場はなかなか手強いものがあった、赤坂の繁華街のほぼ中央…楽器の搬入は困難を極めた。こんな場所に入ってくる車は運送業者かタクシーくらいなもの、素人が入る場所ではない。そして駐車場、今はバブル期ですか?料金もさることながら台数も少なく狭い、さすが大都会、だから車で行くところではない。
ようやく搬入そして楽器のセッティング、ここまでできれば本日の8割が終了したと言ってよい。

リハーサルが終わり、少しの時間でも外の空気を吸いにいこうと表に出ると驚いた。階段の上からさらに隣のビルの前までお客様がならんでいらっしゃる…道行く人はどこの人気バンドの出演かと思ったに違いない。
満員御礼!
ライブも好評、帰り際のお客様の笑顔がすべて、充実感(写真)。
お店で簡単な打ち上げをして解散した。

まだまだ先のことだと思っていたが、あっと言う間に過ぎてしまった。
しかし、充実感に浸ってる間はない、明日も早朝仕事…催しは次から次へとやってくる。こうしてどんどん時が過ぎていくのだろう。

今宵は運転のためにジンジャエールで乾杯だったので、ウチに着いたらスポンと開けたい。
1時間くらいは余韻に浸れるかな、浸りたいな、浸るべき。
ま、そういう口実で。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 23:37Comments(0)

2017年11月17日

昼そば〜チャーハンはお持ち帰り。

f33c9221.jpg
昼そばは愛福楼の「牛バラ煮込みそば(写真)」、これにチャーハンがついて880円。これは安いが「昼そば予算」を超えてる、しかしお持ち帰りすることも考えれば予算内ということになる、としてる。

このランチにつくチャーハンを私はいつもお持ち帰りするので一緒にはでてこない、そばを半分くらい食べたところでお持ち帰り用パックとともに出されるのだ。周りの客はハテナ顔、これがVIPの証であると私は自己満足にひたるのだった。私はいつもジップロックを持参し自分で詰めて持って帰るのを見ていたのだろう、いつしかパックが出されるようになったという経緯がある。
とはいえ、セットになってるのにまったく手をつけないのはマナー違反、ひとくちふたくちは必ずいただいてから詰めている。ランチのサービスなのに初めから持って帰るつもりというのは失礼だ。
ちなみに、私はここで昼そばするときはたいてい五目チャーハンと焼き餃子をお土産に作ってもらう、そしてこれを2〜3日かけて食べるのだ。

さて、今日も腹一杯、胸一杯。
ウチに帰ったら餃子とワインでもう一食、
少食家はこうして二食かけて愛福楼を楽しむのであった。
人の二倍生きると言うのはこういうことですか。
いや、それは違うだろう。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 15:10Comments(0)

2017年11月16日

11/17はメイルズのライブです。

9b852797.jpg
いよいよメイルズのライブです。
あれから20数年が経ちましたが、今またこのメンバーでライブができることを嬉しく思います。これはきっとタイムマシン、メンバー皆であの時に戻ることができるのでしょうか!
不思議な時間をご一緒にいかがでしょうか。
リハーサルも一生懸命やりました(写真)。

11/17金曜日
「Mails」
赤坂グラフィティ(東京都港区赤坂3-21-10 03-3586-1971)
石川永世、菅野愛子vo、会田敏樹g、村上功b、中井正剛dr、メイシコsax、金山徹sax、イチローper
  
Posted by palm_ichiro at 19:39Comments(0)

2017年11月15日

近くて遠い埼玉県。

de527fbd.jpg
浜松から埼玉県は桶川へ。
走れ走れ!
高速道路を降りて街道を、さいたま市、上尾市、桶川市…そんなに遠くはないのだが、お仕事でもない限りはなかなか訪れることのない場所である。
近県とは言え行き慣れない場所は何故か遠くに感じるもの、ここはどこ?私は誰?となるわけだ。
近くて遠い埼玉県。

ひと昔前まではコピーした地図を横目に見ながら走ったものだが、今やカーナビというモノがある。ひとたびこの文明の利器に頼ってしまうともうやめられない…これも人工知能?人間が考えることをやめたらどうなるのか、コワイ話だ。

さて、本日の現場に無事到着した。
到着することで仕事の8割が終わったと思うのは私だけ。
終演後、本日は美女に囲まれて記念撮影を。
寂しそうな表情をしてたマッキーにしかたなく声をかけた。
「しょーがないなー、一緒に入っていいよ」
何を隠そうマッキーはかつて私のラテンジャズバンド「ラ・ノーチェ」のトランペッターだったのだ。今このように違う現場でご一緒できるというのは嬉しい限り。
ではみなさん、ハイ、チーズ!(写真)
本日もお疲れ様でした!
  
Posted by palm_ichiro at 23:23Comments(0)

2017年11月14日

真っ黒な蒲焼。

c8cc3d5d.jpg
浜松中心部からから北上すること小一時間のところに舘山寺温泉がある。以前ここの小学校で演奏した時に親戚のおじさんが見学に来てくれたことがある、私たちの演奏を聴きながら熱心にメモをとるおじさんの姿にメンバー一同が凍てついたのを覚えている。「俺たちあとでおじさんにダメ出しされるんじゃない?」と。
そのおじはその少し先の奥山というところの寺の住職だった。
今は引退、その後あき寺になってしまった。今回は奥山経由で帰路につこう。
その前に鰻を。
とーぜんです。

以前食べて印象深かった「曳馬路」へ。
こちらは現在国営放送の大河ドラマで活躍してる井伊家の菩提寺である龍潭寺の目の前にある。
とにかく真っ黒な蒲焼が印象的、あの味をもう一度!
旨い!
色は凄いが味はわりとさっぱりしている(写真)。

さて寺へ。
留守寺にしては庭も周辺も綺麗になってはいたが、主人なき寺はさみしい限り。そのご先祖様の墓参りをした。向かいの川でサワガニを沢山取ったことや自家製マムシ酒をいただいたことなどを思い出す、その川に行くと15センチ位の大きなカニがポツリと佇んでいたのには驚いた、今やこのカニが寺を守ってるのかもしれないな。
川で遊んでる私に
「イチローくーん、ジュースがあるわよー」
と元気に声をかけてくれた叔母も今はいない。
雨がポツリぽつり、
帰るとするか。

明日は何処にいくのだったっけ?
もう一晩泊まっていくか、
いや、それはむりでしょう。
二回も鰻を食べたのだから…

「曳馬路」を出てすぐに「いしかわ」という鰻店を発見、どうやら私の好きな関西風らしい…
次はこちらへ。
仏前に手を合わせても、頭の中は鰻だらけ。
うーん、マンダム。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 23:39Comments(0)

2017年11月13日

うーんとうなります。

0c439e0f.jpg
静岡県は浜松市にやってきた。戦線を離脱してニョロニョロに走りたいところだが団体行動ではそうはいかない、しかしそこをなんとか出来るかどうかが今回の旅の最大のポイントなのだ。

宿にチェックイン、一服するとその時がやってきた。
今だ!
駅前のお目当は予約で満席…やはり敷居は高い。駅前周辺は観光やビジネスマン向けの鰻店が多く玄人好みの店は少ない、かえって郊外店の方がいい店があったりするものだ。しかしそんなことは言っていられない。
ウナギうなぎ!
というわけで駅前の漁協直営「丸浜」へ。こちらはとにかく安価が嬉しい。一般向けのタレなので印象は薄いがとにかくウナギ、ようやく浜松に来たという実感を得たのだった(写真)。
明日も隙あらばウナギ!

次から次へと仕事と行事が過ぎていき、そのひとつひとつを反省しみじみする間もない。楽しいかつまらないかと言うより虚しという言葉があてはまる。明日の仕事の段取りばかりを考えて過ごす1日はただ虚しいばかり、しかしそれが仕事をしてる証でもある。

だから目先の幸せは食べること。
旨いものを食べて飲んでる時こそ至福の時、
では本日も隙をみて…
うーん、とうなります。
行ってまいります。
  
Posted by palm_ichiro at 23:14Comments(0)

2017年11月12日

教会のバザーに出店。

a314269b.jpg
焼き芋と野菜を軽トラに満載にして教会バザーに向かった。
このバザーに出店するようになって10年くらい経つだろうか。売(ばい)のお得意様が「そこの教会でバザーをやってるので出店してほしい」と私のいつものショバから目と鼻の先にある教会を指差した。以来、毎年こちらのバザーで野菜の直売をさせていただいている。

10寺30分開場だがお客さんは1時間も前から行列を作り出す、毎年のことだがこちらのバザーの人気は高い。
しかし、寒空の下での1時間待ちはさすがにツライ、イライラも募ってくると入口にもっとも近い場所の私がつつかれる。
「お客さんが多いのだから早く開けなさいよ」
私は主催者ではありません。
「そのブロッコリーはいくらかしら?」
始まったら値段表出しますから。
とにかく入口にはいたくない。

10時30分、
ヨーイドン!
の合図とともに戦闘開始、大根、キャベツ、ブロッコリーは10分で完売、始まって30分間は野菜の取り合い、もみあい、いがみ合い…そんなに食糧難ですか?
こういう時はこうなるものだが、これもまた祭らしくていいか。いや祭りではなくバザーなんですが。

出店は教会らしく国際的、インドからカレー、ベトナムからブォー、イタリアからピザ、そしてフィリピンからバンド演奏も披露され祭、いやバザーを盛り上げた。

毎年同じでつまらない、
いや、
毎年同じだからいい。
賛否両論あるだろうが、アマチュア集団のお楽しみ祭りは後者でよい。今年もあのオジサンが焼きそばを焼いてた、とか、野菜売りのオバサン歳とったねえ、とか…オバサンじゃなくてオジサンなんですけど。

昼そばは遅めの昼たぬを。
そして早帰りして旅に出る。
さあ、もう一踏ん張りいたしましょう。
たのむよー!
  
Posted by palm_ichiro at 23:36Comments(0)

2017年11月11日

出目金薬浴。

f5779a0d.jpg
出目金が病気になった。
飼い始めて半年ほど、尾腐病だろうか皮膚の一部が水に溶け出して水が濁る。出目金自体は至って元気だからそれがまた怪しい。症状が重い1匹(写真)と比較的簡単軽い2匹を分けて薬浴させた。
以前も金魚が三匹、これもやはり飼い始めてから10か月あまり…やはり同じような症状で亡くなった、その時の状況が蘇える。今度こそはなんとか治療してやりたいと思うのだがなかなか自宅にいることができない。肝心な時に面倒をみてあげられないもどかしさ…ひとつの命は人間も猫も金魚もみな同じ。

とはいえ、人間とて大変なもので、ゆっくり休む暇などは毛頭ない。
深夜〜早朝が一周りで、15時から19時が仮眠、1日の睡眠時間を2回に分けている。だから私の1日は2日というわけで、これはやはり2倍速で生きている、生き急いでるといえる。かのナポレオンは3時間睡眠だったなどというが、1日が2日だとしたら私もナポレオン級ではないかと思うのだ。

さて、焼き芋が絶好調。
皆さんどれほど焼き芋好きだかがよくわかる。明日は早朝起床で9時までに3回焼きたい。1回に1時間かかるから3時間、余熱を入れれば3時間半…
うわっ。
焼けた妹をどう保温するかが当面の課題、冷めても美味しいがやはり暖かい方がいいだろう。
冬は軽トラで焼き芋売り、
うーん、だんだん理想のカタチに近づいてきた。
あとは
♪さおやーさおだけー♪
ですか。
たのむよ。

  
Posted by palm_ichiro at 04:43Comments(0)

2017年11月10日

充実した1日。

e335937a.jpg
ふつう、3日でやるしごとを1日で終わらせることができて大満足。早朝から出っ放しではあるが「時は金なり」時間ほど高価なものは他にないと改めて教えてくれるよいあな1日だった。

まずは年末の大仕事、某宴会の打ち合わせにと横須賀商工会議所に呼び出されていた。名刺のない私にとっては「顔が名刺です」といいたいところだが、まだまだそういう状況ではない業界の方々…名刺の威力たるやおそるべし。様々な業界の方々と交流できるのは私にとってはいい機会、これわわまた次に繋げなければならないのだ。
そこが肝心。

横須賀で会議してその会場までをも視察、
さらに別の現場がこの近くで、打ち合わせから会場視察まで出来てしまった。一石四鳥。
その合間をみて古着屋、マグロ屋、肉屋に寄リ道、途中、海岸線をドライブして夕陽まてながめたりできたりして…なんとまあ充実した1日だったことか(写真)。
仕事は地産地消、近ければロスは少ない。
これは重要なことだ。

本日の収穫品をみてうっとり、
神奈川県っていいなあ、とつくづく。

さて、明後日の旅支度までをも考えながら明日の段取りを。こんなことあと何年できるのか。
頼まれるうちがハナ、まだまだ御隠居様には早すぎる?
というわけで明後日の支度を。
忘れものがありませんように、
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 22:09Comments(0)

2017年11月09日

納品先、閉店…。

54d90dfd.jpg
週に一度ほど野菜を卸していた「こだわり食品」の店が今月半ばに閉店することになった。
卸すことはしたくなかったが、お得意様の仲介でどうしても断り切れなかった経緯がある。今年で12年目を迎えたこちらのお店、そのうち9年くらいのお付き合いだった。

健康食品をはじめ、味噌、醤油、油からパン、豆腐、納豆などの日用品までを揃えるがやはり高価、それでもこだわりの中高年主婦たちから人気を集めて頑張っていた。
しかし、ここ数年は中高年主婦らにもインターネット販売の波が押し寄せたという。店頭品はお試し品で気に入れば継続購入はインターネットというカタチになったのだ。こうなると個人店はバンザイでこれも時代か。
インターネット販売は確かに素晴らしい。スマホでポチッとやれば明日明後日にはウチまで届けてくれる。私もCDをはじめワイン、猫の処方食などをインターネットで購入してる、重いものなどは特に便利だ。この買い物はこれからもっと増えるのではないか。

しかし、インターネット販売には不向きなものがある、それは生鮮食品、特に野菜だ。
1個150円のキャベツに送料340円を払うのは、一杯500円のチャンポンを食べるのに駐車場代300円払うのよりもムツカシイ。かといってどんなに美味しいキャベツでも2個はいらないだろう。
私も移動販売はほぼ宅配だ。
スマホからではなく玄関先で新鮮な野菜を自分の目で選べるというのはやはりいい、自分のウチにも来て欲しいくらい…。
だから私の売(ばい)にはまだまだ将来性を感じているわけだ。

いつの時代も生鮮品だけは対面販売がいい。
スーパーでは魚部門が元気でいいが、チョッと突っ込んだ質問をすると答えられない店員が多い。肉は黙ってパック詰め、野菜は出すだけ
「質問は受け付けません」
というオーラを放っている。この辺りを改善すればスーパーの生鮮コーナーは賑惣菜コーナーよりも賑わうのではないか。料理する人も増えるだろう。
え?新鮮な野菜を売りながらもラーメン食べてる私に言われたくないって?
それ、ごもっともです。
医者の不養生。

さて、来週までの納品かと思いきや今回でおしまいとのこと。
夫婦喧嘩も見て見ぬふりをしたものだが、仲の良いこちらのご夫婦とも会う機会がなくなり寂しい限り。
11年間お疲れ様でした。
最後に記念撮影を(写真)。
自撮り棒って便利だなあ。

それではお元気で!
  
Posted by palm_ichiro at 23:05Comments(0)

2017年11月08日

病院二軒、サバ二貫。

9b1c30fd.jpg
病院巡り。
血液検査は概ね良好
「じゃ、薬は今までどおり2日に1度で医院じゃ整形外科医」
「いや先生、以前おっしゃられたとおり毎日飲んどりますが…」
「あ、そうだったっけ」
私だけの先生ではない、沢山の患者を診てるのだから忘れてしまうことだってある。カルテに何がどう書いてあるのか知らないが、診るも人、信じるは数値のみ、だ。今の時代はスマホで調べて治療、施薬がおかしいと思ったら黙ってセカンドオピニオンをするべきだろう。長いお付き合いは安心ではなく不安心、医師も患者も馴れ合いという生活習慣病だから数年に一度はかかりつけを変えた方が良いこともある。
どうせなので先生に相談を。
「インフルエンザの予防接種をしたいのでお願いします」
「ウチではやってないよ。でもあれって効果が3か月らしいから今月末にやった方が医院じゃ整形外科医?」
「そうですか、わかりました」

一軒目が早く終わったので午前中に二軒目へハシゴ。血圧と呼吸器でお世話になってる先生だ。
近頃の症状を訴えると
「そんなに苦しい時は救急車呼んだ方がいいです」
と。あなたそれでも医師ですか、そんな台詞は資格のない私にだって言える。日産やスバルと同じじゃ内科医呼吸器科医。
「そんなことよりも…」
ときた、
「マツイさん毎年インフルエンザの予防接種してますよね」
「はい」
「そろそろいかがですか?」
「昨年こちらで早々に摂取しましたが、早過ぎて年明けにインフルエンザななかかってしまいました。噂では予防接種の効果は3か月ということらしいので月末にまいります」
「3か月なんて聞いたことないな…、ニュースで盛んにやってるように今年はワクチンが少ないからなくなってしまうかもしれません(今やった方がいいよ)」
「(しかたなく)じゃ、お願いします」
チクリと一発3900円。
早い者勝ちは病院側。

ますますかさむ医療費、
どうも信用できない医者の声、
そこんとこ、ホントはどうなんですか?
それホント科医、
たのむよ。

昼めしは鮨店へ。
このサバ、やっぱり旨いな(写真)。
すべて許す!
  
Posted by palm_ichiro at 23:10Comments(0)

2017年11月07日

昼たぬ〜勉強したい。

a19352bd.jpg
子供の頃は大人たちに「大人になると子供の頃にもっと勉強しておけば良かったと後悔するぞ」と言われたもの、大人になって後悔はしてないが、もっと勉強したいと思うようになった。
今はスマートホンという便利なモノがあるからいつでもどこでも簡単に調べ物ができる、わからないことはほぼ即解決する。スマートホンはもはや私の脳みその一部を担ってる。

で、何を勉強したいかというと教科でいえば「歴史」だ。
中学生の頃は歴史というものにどうしても興味がもてず、暗記ができない私は落ちこぼれた。
そのトラウマから高校では地理を選択、これは興味があって楽しかったのだが、おかげで私は世界史にはほとんど触れずにきてしまった。もう少し世界の歴史を知っていれば今の国際情勢がもっと理解できたのではないか。

思うに、日本史の授業というのは原始時代から始めて明治の初めくらいで終わる。これを逆から始めたらどうだろう。
バブル期、昭和の高度経済成長期、それはなぜ起きたか。
第二次世界大戦、大政奉還、なぜ起きたのか。
徳川家康とはどんな人物なのか…
北京原人は余興でいい。
この「何故なに」から遡れば歴史に興味をもてるのではないか。アニメやドラマのように、いいところでまた次回…楽しみだ。
今があるのはすべて歴史があるからだ。

昼たぬは上の家。
私の右手前のご夫婦、私と同じくらいの年代だろう、注文してからそれぞれがスマホとタブレットにかぶりつき。食事をしながらも、食事が終わっても…会話は一切なし(写真)。
私と同じ「今になって勉強したい病」患者か。
蕎麦の歴史を、
この店の歴史を、
それとも、この店のクチコミを?
まさか、ゲーム?
我々世代ならありえるな。
会話しようよ。
蕎麦すすりながらそれじゃこっちがさみしくなってしまうじゃ内科医。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 23:18Comments(0)

2017年11月06日

いよいよ、メイルズのライブです!

5754abf8.jpg
不安定な気候が続いたとはいえ秋も深まってまいりました。次のライブは伝説のバンド「メイルズ」の再結成ライブです。メイルズについては私のもうひとつのブログ「まついち音楽通信」に色々と書きましたのでそちらもご覧ください。
東京だよおっかさん。

11/17金曜日
「Mails」
赤坂グラフィティ(東京都港区赤坂3-21-10 03-3586-1971)
石川永世、菅野愛子vo、会田敏樹g、村上功b、中井正剛dr、メイシコsax、金山徹sax、イチローper
♪幻のバンドが20数年ぶりに再結成、リーダー石川永世氏のオリジナルの世界。そういえばこのグループでテレビ出演していたのも思い出しました。
このメンバーでまた演奏できるとは嬉しい限り。乞うご期待!

2018年
2/18日曜日
「オルケスタ・ステテコ」
千葉県浦安市音楽ホール「ハーモニーホール」(新浦安駅南口下車徒歩約3分)
13時開場、13時30分開演
前売3800円(完売しました)
当日券はございません。
♪我がラテンビッグバンドの久々のコンサートが決定!涙あり笑いありのコミックビッグバンド、これはみのがせません。
チケットにあるQRコードでメンバーからのメッセージ画像を見ることができます、お楽しみに!

定例会
2/28水曜日
「松井イチロー&LA NOCIE」
横浜Hey JOE(横浜市神奈川区鶴谷町3-32-14新港ビル地下1階)横浜駅西口下車徒歩約5分、ホテルキャメロットジャパンを目指していただき、ホテルを過ぎて橋を渡ると左手にファミリーレストラン「ジョナサン」が見えます。ジョナサンの手前の川沿いの道を100メートルほど進むと右手にあります)
18時30分開場、19時30分開演
ご予約3600円、当日の方4100円
お問い合わせ、ご予約は、045-313-3631ヘイジョーまで。
松井イチロー、内山永人、小林慎per、石井圭b、山本琢pf、大堰邦郎sax、伊計博司tp、中雅志tb
♪ますます盛り上がりを見せている定例会、おすすめのライブです、ご予定に入れていただければさいわいです。

以上、皆様のお越しをお待ちしております。

写真は凛々しくなってきた隣のチッチキチー。
私が行くと
「もっとあそんでくれニャン!」
と離してくれません。
ヤンチャ盛りです。
  
Posted by palm_ichiro at 23:44Comments(0)

2017年11月05日

昼そば〜あの味を堪能。

804c8c24.jpg
先日の「ぶしつけ本番ライブ」の日、日の出町の改札を出た交差点の先に「北海道ラーメン楓」なる暖簾を発見した。旭川に行ったのはもう2ヶ月も前のことだったかと時間の速さを痛感、なんとなく北海道という言葉に誘われて暖簾をくぐったのだった。
「当店の一番人気は味噌ラーメンです」
としてあったのでそれを注文、待つこと少し、出されたラーメンは見た目は地味な味噌ラーメンだった。
麺を手繰って…
おいおい、なんだこの粘りのあるスープは、
けしからん!
ひとすすりズーズー…は安井かずみ。
ん、これは!

もう10年くらい前に週に一度ほど通っていたラーメン店が「むつみ屋」だった。北海道ラーメンで味噌が主流、週替わりで赤味噌と白味噌が入れ替わり、変わり種として酒粕の入った味噌ラーメンなどもありとにかく私好みだった。
むつみ屋は一時支店が沢山できたのだが、いつの間にかに店舗が縮小、私の行動範囲に店がなくなってしまったのだ。
こちらの店、
むつみ屋だ。
あの味噌ラーメンにそっくりだ。
久しぶりにあのラーメンの味を堪能した。これから野毛に来た時は必ず寄りたい、どうかなくなりませんようにお願いします。

リハーサルだライブだ猫だ野菜だと公私混同マサオミで、自分の病院になかなかいけないでいる。
二週間も前に受けた血液検査の結果もまだ聞きに行ってないし、生活習慣病の薬も切れた。
薬(やく)をくれー。
平日に戻ったら病院巡り、こりゃ大変だ。
お代官様、どうか、どうか沢山の薬を出してくださるようお願いいたしますー!
どうせ一生飲まなきゃいかんのだから。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 23:55Comments(0)

2017年11月04日

ぶしつけ本番、歌こける。

3e00fd1b.jpg
ぶしつけ本番ライブ、野毛にやってきた。
ここには月に2〜3回は来るのだが、その度に新しい店が開店したり老舗が閉店したりと変化がめまぐるしい。オトナの駄菓子屋、社会人の学園祭、飲み屋のテーマパーク…など、例えは色々ある。

このグループはだいたいが当日のリハーサルのみで本番に臨むというやり方だが、15〜20曲もの曲をいきなり本番でやるわけで、これはなかなか手強いのである。
さすがに当日は早く集まるが、リハーサルといっても長時間だと集中力が落ちて覚えきれないもの。私の場合は楽譜さえあればできるというものではないので余計にそう感じるのかもしれないのだが。

そして本番、
今回、私は二曲を歌うことになっていた。曲は知っていたが歌うのは初めて、もちろんキーも先代のものだから容赦ない。リハーサルではなんとかできたが本番では
♪歴代の首相でさいていは〜
ん?
歌い始めたはいいがどうも音程が違う、三橋さんに
「はい、やり直し〜」
と言われて良かった。本人が止めることはなかなかできないものである。歌うというのは難しいことだと今更ながらに思ったのだった。
私の失敗にヤジが飛んだ。
「よ!ぶしつけ本番!」
このグループを理解してくださる温かいヤジだった。
もちろんやり直し回はバッチリ歌えたが。
ほんと?

終演後はぶしつけ男4人衆で打ち上げを、
いいたい放題で盛り上がると時間を忘れた。
まずいっ!
テツヤ武田ですか!
しかし、70過ぎの先輩もご一緒である、私などまだまだ頑張らなくてはならないのだ。

♪まーだまだまだ、まーだまだまだ、マダガスカルー
深い、深過ぎる!
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 21:12Comments(0)

2017年11月03日

秋色。

6f3a6c7a.jpg
携帯電話が鳴った。
「ジロちゃんオシッコ出るようになりましので退院です、お迎えにきてください」
やはり二種の薬を続けないといけないようで、どうやら薬漬けはご主人様に似てしまったようだ。オシッコが出るようになったジロは元気いっぱい、元気過ぎるのも困るのだが…。
先生はいつもジロのことをジロウ君と呼び、診察券にもジロウと書いてある。
「あのう、正しくは『ジロ』なんですけど」
と、ここ(首のあたりを指差して)まで出てるがなかなか言えないものである。先生にしてみればジロでもジロウでもサブローでもどうでもいいわけであるからに。
とりあえずは一安心、また詰まるのだろうがその時はその時。私のオシッコ詰まりも時間の問題かもしれないと覚悟した。

芸術の秋に収穫の秋、軽トラの荷台もようやく秋色になってきた。
悪天候で遅れていた人参、牛蒡、大根などの根菜類、緑の代表プロッコリーを初収穫、これくらいなくちゃいけません(写真)。あとはほうれん草が獲れればバッチグー。
朝昼晩と我ながら良く働いてると思う、働く場があるというのはなんともありがたいとつくづく思うのだ。
まだまだ働かねば、
働けはたらけ、ハタケでハタラケ!
では行ってまいります。
どこって、
野毛です。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 14:46Comments(2)

2017年11月02日

次は野毛、うっふで歌います!

585e8c54.jpg

11/3金曜日祝日は野毛うっふでライブです。
皆様のお越しをお待ちしております!
一緒に飲みましょう!

11/3金曜日
「ぶしつけ本番」
横浜野毛うっふ(横浜市中区宮川町野毛小路、ルタンペルデュの少し先)
18時会場、20時頃から開演
IKUO三橋、島田のぶひろ、中野渡彰子、松井イチローほか
♪野毛の定例会、IKUO三橋プロデュース、完全オリジナル、ぶしつけ本番の世界をお楽しみください。最近私も歌ってます。

11/17金曜日
「Mails」
赤坂グラフィティ(東京都港区赤坂3-21-10 03-3586-1971)
石川永世、菅野愛子vo、会田敏樹g、村上功b、中井正剛dr、メイシコsax、金山徹sax、イチローper
♪幻のバンドが20数年ぶりに再結成、リーダー石川永世氏のオリジナルの世界。そういえばこのグループでテレビ出演していたのも思い出しました。
このメンバーでまた演奏できるとは嬉しい限り。乞うご期待!

以上、皆様のお越しをお待ちしております。
  
Posted by palm_ichiro at 11:42Comments(0)

2017年11月01日

みんなイケメンよー、結婚してー!

7c452e90.jpg
我がラテンジャズバンド「ラ・ノーチェ」のライブを開催、前回に引き続き満員御礼の中で楽しく盛りあがった。
この定例ライブは3〜4か月に一度、会場はライブハウス「ヘイジョー」に定着した。私が初めてこの店に来たのは2011年3月11日、東日本大震災のその日だったからよくおぼえている。私のバンドで出演するようになって2年ほどだろうか、店主こだわりの音の良さとほどよい内容の飲食のバランスが良い、色々と信頼できる店である。

最近は遠方からの来場者が増えてる傾向にある、わざわざここまで来ていただきありがたい限り。今回は行きつけの地元と三浦三崎の二軒の鮨店の方が来てくださった、また房総からも…私にとってはどこか潮の香りがする店内だった。
地元横浜ということで私の野菜のお客様も多数かけつけてくれた。中でも70歳代の姉妹様は凄かった。
みんなイケメンよー!
誰でもいいから結婚してー!
いつしかウチはアイドルグループになっていた、歳の差だけを考えればわからなくもないが…会場を一番盛り上げたのはこのお二人だったのかもしれない、次回から我がバンドの「ダンス部」として出演していただこうかと考えている。
コラボり姉妹。

次回は、来年2/28水曜日に開催が決定、今回と同じ会場と時間。また皆様とお会いできるのが楽しみだ。

さて、演奏会は続くよどこまでも。
この月末月初は演奏会の目白押し、これぞ「芸術の秋」である。
天気もようやく安定してきて心地よい、天気が良いとヤル気が出るのは人間だけだそうだが。
11/3は野毛で「ぶしつけ本番ライブ」がある、最近私も歌っているからアルコールで緊張をほぐさないとイケません、早めに行ってチョイと一杯やりますか。
ああ楽しや野毛の夜。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 23:41Comments(0)