2017年09月19日

ホッとしたのは仔猫の方?

c80ba246.jpg

猫…いや野生動物捕獲保護士に国家試験はないが、もしも試験があるとすれば観察力と誘導力と瞬発力ではないか。
最初はひたすら観察、動物の性格がわかってくる。規則正しい生活の中で餌をやるタイミングを見計らうとだんだんと距離を縮めてくる。最後はスパッとスピードで捕まえる。
いつも感じるのは、仔猫は捕まるまでは逃げ足が速く警戒心が強いが、捕まった瞬間は身体の力が抜けて、フニャンと脱力感…捕まって良かった、ホッとしたと思ってるのは仔猫の方ではないかと思うのだ。

捕まったチッチキチー(以降チッチキ)は車のエンジン付近を根城にしてたのでススで真っ黒、まずは風呂だ。ノミ取りシャンプーで洗ったがススはなかなか取りきれない、明日またもう一度。次は動物病院で健康診断、できればワクチンまでやってやりたい。で、次は…
で、次は…。

理想的なのは里親が見つかること、過去20人以上の里親を探したが、最近はその自信もなくなった。
さあどうする。
ふふふ、
これを考える時間が楽しい。
ふふふ、
スマートフォンの絵文字で、笑い顔に涙を浮かべてるものがあるが、そんな気持ち。

このところ少なくなってきた野良猫、
なんとか上手いこといきますように。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 18:09Comments(0)

2017年09月18日

昼そば〜そばの膳、田川にて。

34a197ce.jpg
蕎麦屋は沢山あるがそのすべてに行くことは不可能、惜しまれながら今日閉店だとか、昨日開店したばかりなんて店だってあるだろう、だから最近はせめて行ったことのない店に行くようにしてる。蕎麦屋に限ったことではないが蕎麦は特徴がつかみやすい。旨いかそうでないかというよりは、好みかそうでないかというのが楽しみなのだ。

今回は「そばと膳 田川」へ。
場所柄か駐車場が広いのがありがたい、車で来るというのは酒は飲めないということでもあるのだが。暖簾をくぐると店内が新しいことに気がついた、お祝いの胡蝶蘭が沢山…おそらく新装開店したのだろう。厨房をのぞくとフランス料理店のような雰囲気の料理人さんがいらっしゃった、さすが「膳」である。
蕎麦は殻ごとの田舎が基本だが最近は白の更科に凝っている、淡い味もまた蕎麦の魅力、更科の大盛りを注文した(写真)。
蕎麦をすすりながら店内を見回すと、改装されたことが改めてよくわかった。もしかすると世代交代…先代の建物はそのままに。
そんな想像もまた味のひとつ。

さて、喜多方、旭川とご当地ラーメンを堪能したのでラーメンを控えてたのだが、そろそろ解禁してもいいのではないか。
私が1日の食事の中で最も重要視するのが昼そば、日本蕎麦だとダイエット…ならば天ぷらそばにすればいいと言われそうだがそうはいかんばい。
腹もちするのはラーメンの方、値段も安い。
今日はラーメン、
なんたってラーメン。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 09:59Comments(0)

2017年09月17日

秋の演奏会のお知らせ。

859d9f84.jpg
9月は演奏旅行で地方公演でしたが、10月は関東近郊ての演奏会です。地元横浜は定例ですが、赤坂は初出演、再結成バンドは楽しみです。


10/29日曜日
第2回座間ジャズ祭
「松井イチローラテンジャズトリオ」
神奈川県座間市役所内レストランD&Cにて。
11時頃から18時頃まで、アマチュアを含めていくつかのバンドが出演予定。私たちのグループの時間は決まりしだいお知らせいたします。
松井イチローper、石井圭b、山本琢pf

11/1水曜日
「松井イチロー&LA NOCHE」
横浜Hey JOE(横浜市神奈川区鶴屋町新港ビルB1階)
18時30分開場、19時30分開演
ご予約3600円、当日4100円
♪ラ・ノーチェの定例演奏会、横浜限定のあのメドレーも好評!なにはともあれおすすめイチオシのライブです。
松井イチロー、内山永人、小林慎per、石井圭b、山本琢pf、大堰邦郎sax、伊計博司tp、中雅志tb

11/3金曜日
「ぶしつけ本番」
横浜野毛うっふ(横浜市中区宮川町野毛小路、ルタンペルデュの少し先)
18時会場、20時頃から開演
IKUO三橋、島田のぶひろ、中野渡彰子、松井イチローほか
♪野毛の定例会、IKUO三橋プロデュース、完全オリジナル、ぶしつけ本番の世界をお楽しみください。最近私も歌ってます。

11/17金曜日
「Mails」
赤坂グラフィティ(東京都港区赤坂3-21-10 03-3586-1971)
石川永世、菅野愛子vo、会田敏樹g、村上功b、中井正剛dr、メイシコsax、金山徹sax、イチローper
♪幻のバンドが20数年ぶりに再結成、リーダー石川永世氏のオリジナルの世界。先日、当時のビデオを見るとなかなかいいバンドでした。このメンバーでまたできるとは嬉しい限り。乞うご期待!

以上、皆様のお越しをお待ちしております。
  
Posted by palm_ichiro at 08:31Comments(0)

2017年09月16日

仔猫だ!

45ff6789.jpg
朝、ウチの猫達が戸の外を見てわめいていたが、どうせ野鳥とのにらめっこだと思い放っておいてトイレに入った。しばらくするとだんだんとわめき声が大きくなって、その中にニャーと甲高い声がするのに気がついた。
仔猫だ!
気がつくと私は脱ぎかけのステテコに足をとられながら欽ちゃん走りで外に飛び出していたのだった。

見ると推定生後1か月半の茶白の仔猫が網戸越しにこちらを見てるではないか、私が近づくとサッと逃げてしまう、どうやら車のエンジンルームあたりに身をかくしているようだ。
とりあえず水と餌を与えて仕事に出た。

戻ってみると餌はカラ、どうやら食べたらしい。
レオと一緒に声をかけると出てくる(写真)が私の姿をみると逃げてしまう、今までにない慎重な仔猫だ。自称「仔猫捕獲士」の私の経験上これはほどなく捕獲できるだろう、時間の問題だ。
しかしだ、捕まえてどうするのか。
まずは病院で検査、できればワクチン接種まで。そのあと里親探しをするかウチで飼うか…
また4匹ですか?
外猫という手もある、作業場のネズミ退治に活躍してもらおうか。
久しぶりの仔猫到来に嬉しいやら困るやら。

ついさっきまでは焼き芋のことで頭がいっぱいだったが、今度は仔猫のことで頭を悩ませている。
しかし、昔の話とか将来の話より大切なのは今の話、今が盛り上がらなければダメなのだー!
とはいうものの、
芋とか猫とか、
今すぎてリンダ駒忠。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 05:26Comments(0)

2017年09月15日

初焼き芋。

e316ca6a.jpg
先日納品された焼き芋機を初稼働させた。
今回のものは電気式で温度調節もタイマーもあるから機械に任せきりでよい、焦がす心配はなくなった。焼き芋は温度と時間が決め手になる、これさえ抑えておけばバッチリなのだ。
初めて焼く芋はベニハルカという品種で、焼き芋には最適種、焼けば糖度が50%でしっとりとした食感と味はかの安穏芋をしのぐとか…210度で60分、教科書どおりに焼いてみると…
ん?
甘さが今ひとつ、
実験は続く、
調べてみるとベニハルカに場合は180度で80分くらいが良いらしい、
それでももっと甘みが出るはずだ、
更に調べてみると、
芋は掘りたてのものよりも掘ってからしばらく熟成させた方が良いと…
なんとまあ。
焼き芋も奥が深い。

それでも充分に美味しかったのでお試し販売をしてみると、人気集中で即完売、焼き芋の場合、
「これどうやって食べるんですか?」
などと聞いてくる人はいない、そのままだ。簡単、美味しい、女性は皆大好き、焼き芋人気を見せつけられた。

というわけで今年から焼き芋という新商品が加わった。
サツマイモだけでなく、ジャガイモやサトイモも焼くと美味しくなるのでやってみたい。期待できそうだ。

ところで、早朝から焼き芋の試食ばかりしていたら胸焼けして昼そばどころではなくなってしまった。
私は芋よりソバが好き、
わたしの昼そばを返せー!
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 09:40Comments(0)

2017年09月14日

三軒茶屋、今昔。

38b5c44d.jpg
11月に開催されるライブ「メイルズ」のリハーサルが始まった。実に22年ぶりの再結成、リーダーの石川永世氏に「なぜ今なのか」とたずねてみると「歳とる前にやっときたかったから」と今ひとつわかりにくい答えが返ってきた。
しかし、空白の22年間、石川氏からの年賀状は絶えることがなかった。このことからも彼のメイルズに対しての強い思いがメンバーに伝わっていたのだろう、再結成の連絡が来て断るメンバーがいなかったことが理解できる。

リハーサルスタジオでいよいよ顔合わせ、まったく22年ぶりのメンバーもいる、緊張の一瞬!
しかし、会ってみると何故か久しぶりの感じがしない、22年間とはこんなものか。時折むかし話になるが会話は圧倒的に今の話題…これで良い。
むかし話はまだ10年早い。
そうか、これが彼の
「歳とる前に」
ということなのか、奥が深かった。
メンバーの年齢は近いとはいえほとんどが私より年上の方、私は年少者、貴重なバンドだ(写真)。

リハーサルが終わり一服しようと皆でぶらぶら街歩きをした。
こちら三軒茶屋はかつて私の母校があった場所、この校舎には3年通ったが、ここで農業を学んだとはどうしても思えない。また、高校時代に初めて結成した私のバンドのキーボード奏者が三軒茶屋に住んでいたため私の根城になった、ここから渋谷や六本木に繰り出したのだ。なので街には詳しいはずだが今は様変わり、私は浦島イチローになったのだ。

最近の三軒茶屋といえばリハーサルのほかにもう一つ、子供の頃にお世話になった父の友人が住んでいる。どうしているかと思っていた矢先、商店街でばったり遭遇した。14歳になるゴールデンレトリバーのロッタも一緒、
「新しくできた唐揚げの店に来た」
とのこと。こちらも数年ぶりにお会いするものの話題は今…これが良い。
今と昔が混在した不思議な街、三軒茶屋。
何か縁のある街である。

三軒茶屋に茶屋はなし、それよりも居酒屋の暖簾がかかる時間、来月もくるが電車できたいもの。
じゃ、楽器はどうするの?
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 23:21Comments(0)

2017年09月13日

芋焼き機がやってきた。

8103b75a.jpg
新兵器「芋焼き機」がやってきた。
サツマイモはジャガイモのように色々な惣菜に使えない、せいぜい焼くか蒸かすかのどちらかだ、ならば焼いて売ったらいいではないか。直売所でいい香りを漂わせれば千客万来、焼き鳥屋同様「匂い商法」だ。
以前も芋を焼いて販売していたことがあるが、近所の鉄鋼所で作ってもらったため大きくて重く機動力に欠けた。今回のものは小型だが家庭用コンセントでできる電気式、一日中稼働しても電気代は100円程度、こちらの会社の営業部長の説明にも力が入る(写真)。機械上部に取り付ける部品を忘れたのはご愛嬌。

さて、5キロ焼くのに1時間かかるらしいが、開店と同時に5キロ売れてしまったら次の芋は1時間後…これでは効率が悪い。
予約をとれば楽だが、焼き芋はその場にあるから買いたくなるわけで…
ということは私の就業時間を1時間前倒し?
どうなることやら。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 05:52Comments(0)

2017年09月12日

掘ったり拾ったり。

1b8fd41a.jpg
今年から新たに借りてる畑には栗の大木が5〜6本植わっており、この収穫もウチの権利になっている。その栗が収穫を迎えた、たわわに実るイガグリはなんとも可愛らしくて微笑ましい、ぱかっと割れてこんにちは(写真)。栗の裏にはサツマイモが植わっておりこちらも収穫期、なんとも秋を感じているわけだ。
私が子供の頃は「イガグリ頭」をしてるイガグリ坊主がいたものだが最近あまり見かけなくなったのは気のせいか。

9月は種まきに忙しい。
売(ばい)には出るが品数が少ないから売りあげも今ひとつ、軽トラの荷台は派手さにかける。また、この時季の収穫は掘ったり拾ったりという作業でこれもまた地味、これが秋なのです。今年は湿りがいいから発芽もいいだろう、10月半ば過ぎからの収穫が楽しみだ。

今年は新しい畑でサツマイモを増産した。これを売るために新兵器も購入、はたして新商品販売は成功への道を歩いていくのか!
あまりにも人気が高いと、これまた専門業にしなければならなくなるかもしれない。
期待と不安が入り混じる。
明日はいよいよ新兵器の納品日、
乞う御期待!


  
Posted by palm_ichiro at 05:37Comments(0)

2017年09月11日

ずっとです。

fd389450.jpg
ウチの上田吉次郎(ジロキチ=写真)の投薬が始まって7か月が過ぎた。先生にいつになったら終わるのかと聞けないままだったが、先日いよいよ勇気を出して聞いてみると
「ずっとです」
と。ずっとということは死ぬまでということ?これでは私の薬生活と同じでは内科医獣医、これは大変だ。
ジロキっつぁん、私と一緒に仲良く薬生活を送りましょう、薬をのんでれば大丈夫、ありがたいものだと思うべきなのだ!

病気を発症してから1キロ減ったが、その後じわりじわりと戻してきて今は6.8キロになった。オシッコ詰まる病は肥満、運動不足が原因のひとつでもある、最近は玩具のネズミちゃんにもまったく無反応、運動を全然しなくなった。餌も専用に変えたが、三匹のうちジロキチだけその餌を食べさせると言うのは難しい、私がいない時は他の餌を食べているだろう。いっそのこと全員ジロキチの処方食にしなければダメだろう。しかたがない。
そんなこととはつゆ知らず、今日も元気な三匹組、私はこれに癒されている。

おっと、猫の薬ではなく、私の薬も貰いにいかないと…この前行ったばかりだと思ったのに、1か月などあっと言う間だ。
薬代は仕方がないとしても、病院の処方箋代とは一体何だろか?その都度とる必要はないだろう。ずっと飲まなきゃならないのだから…
けしからん!

では、病院に行ってまいります。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 11:19Comments(0)

2017年09月10日

葉山牛の角車。

72846c4b.jpg
葉山は葉山牛専門店「角車」にやってきた、牧場直営店ならではの献立はやはりここまで来る価値があるというものだ。せっかくなのでフルコースを…とはいえ、生と焼きの二種類で満喫、もしも、もしもだ、ここにワインでもあったら、
♪パンパカパカパカうんパンパン、ぱふっ!♪
と笑点、いや昇天してしまうことだろうが、そうは肉屋が許さなかった。

今回はモモを注文、赤身はやはり肉の基本だから血の滴るような赤が来るかと思いきや、
「こちらを焼きます」
と出された生肉を拝見すると赤というよりは霜降りの桃色、これはサーロインでは内科医な。葉山牛は脂の融点が低いので限りなく生が良い。
ジャジャーン!
なんともありがたいお肉である(写真)が、モモはモモらしく赤い肉の方が食欲がわく…とはいえ旨い、
旨いなあ。
幸せ。

日本農業の技術の高さ、高価なものだが食べる人がいるから作るのだろう。食べる人がいなければこんな肉牛は作らない、作り手の志気をもっともっと高めていただくためには私たちがもっと食べなくてはならないのだ。そう思うようにしてる、都合よく。

ここまできたのだから海産物も買い出したかったが、そうは魚屋が許さなかった。本日は早帰り、またの機会に出直そう。
さて、今夜は何にしよう。
満腹だとなかなか思いつかないもの、
しかし考える、妥協は許されない。
食べることは楽しいことだが同じくらい辛いことでもある、バランス良くとはなかなか難しい。
ではスーパーにお買い物、
行ってまいります。
はあ、
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 16:17Comments(0)

2017年09月09日

ガッチャンコと2万枚。

521cc150.jpg
ウチに戻ると野良仕事、売(ばい)の支度をしてると野菜を入れるビニール袋を注文しておいたのを思い出した。こりゃいかん、引き取りに行かなければ。あれも仕事これも仕事、細かいことが色々とある。
ガッチャンコガッチャンコと2万枚に穴あけを、年に二回のことだが気が遠くなる作業なのだ(写真)。

ほそぼそと収穫してきた夏野菜だがここに来てほとんど終了した。今月は種まきの月、大根、ほうれん草、小松菜、カブ…、キャベツ、プロッコリー、白菜は苗を植えた。冬に向けて豊作を祈願、今年は湿りが充分なので順調に成長するだろう。
このビニール袋が活躍しますように。
  
Posted by palm_ichiro at 08:28Comments(0)

2017年09月08日

偶然と幸運の旅。

c61c5032.jpg
いよいよ旭川も最終日、午後一番の飛行機で羽田に戻る。やりのこしたことはない、完全燃焼、チェックアウトの11時まではホテルでゆっくりすることにした。
旭川の繁華街は狭いと思っていたがとんでもない、昨夜は2時間ほど歩き回ったがまだまだ歩ききれず…横浜の関内くらいの規模はあるのではないか。郷土料理、ラーメン、ビストロ、カフェなど様々な店が渾然一体となってるのが面白いが、数年前に整備されたという駅周辺は道も広く整備されホテルが立ち並び無味乾燥、この再開発で「どこの街も同じような風景」にならないでいてほしいものだ。

11時にチェックアウト、向かった先は先日タクシーの運転手に教わったおすすめラーメン店三軒のうちの二軒目「梅光軒」だ。ちなみにもう一軒は「山頭火」だったがこれは確かうちの方にもあったと記憶している。
行列するからとのことで11時の開店とともに入店、するとなんとウチの事務所の社長と遭遇、
「昨夜食べてとても美味しかったからお土産に…」
「お土産は後で、とにかくもう一度食べましょうよ!」
なんたる偶然、半ば強引に一杯をご一緒していただいた。
旨い、確かに旨い!
昭和44年創業と言うからさっぱりあっさりと思いきや、ドスンとしっかりしたラーメン、90点!
満足、旅の締めにふさわしい朝ラーメンだった(写真)。

そして空港へ。
空港に近づくにつれて再び田園風景が広がっていく、
いよいよウチに帰るのだなあと実感が湧いて来た。

かくして房総〜旭川の演奏旅行が終了した。
久しぶりの長旅だった。
最近、地方に行くたびに自然の中での生活に憧れる。今も自然に囲まれてはいるが、もっともっと奥深くに入りたいと思うようになった。今回のコンサートでは沢山の「移住組」の方々にお会いした、意外にもこのような方々がコンサートの企画に参加したり村のために動いたりしてるのが興味深い。
空港ではあの彼女にお会いできなくて残念。

今回は偶然と幸運の旅だった。
月末にまた旅の予定がある、それまでは体力を温存しておきたい。
マタタビ…早くウチの猫たちに会いたくなった。
(おわり)


  
Posted by palm_ichiro at 07:25Comments(0)

さよなら、旭川。

42b56efa.jpg
久しぶりの士別の風景に感激、そして重なる偶然もまた旅の醍醐味である。
  
Posted by palm_ichiro at 07:01Comments(0)

2017年09月07日

そうは肉屋が許さなかった。

1a09c733.jpg
というわけで夜の旭川に鼻垂れ、いや放たれた。さてどうするか、こんな時こそインターネットと検索するがあまりにも店数が多すぎてわからない、やはり頼れるのは自分の勘なのだ。実際に歩いて店の匂いを嗅ぐ、店舗の空気感で店選びをするとたいていは間違いがない。

宿を出て繁華街に向かうと羽田空港で一緒だった女性がその友達だろう女性と歩いてるではないか、これは偶然、特徴ある方なのですぐにわかった。彼女らは老舗の蕎麦屋に入っていった。
私はそのまま店選びの散歩をした。1時間くらい歩いただろうか、狭い路地のジンギスカン店に落ち着いた、北海道といえばやはりジンギスカンだ!
とてもいい店だが今夜はハシゴ、ここはビールと生ラム一皿だけにしておこう。
すると特大鍋がやってきて注文してない野菜がてんこ盛り…サービスだという。こりゃ一皿じゃ申し訳ない、すぐに出て次の店に行くつもりだったが、そうは肉屋が許さなかった(写真)。
2枚目は当店名物の「塩ラム」を注文、鍋から網に替えられて準備が整った。
ジャーン!
ジュージュー、
特性塩をつけて
パクリ、
旨い、旨すぎる!
ふわ〜。

私がご当地の味を満喫していると店の扉が開いた。
いらっしゃいませ、2名様ですか?
どうやら私と同じく一見さん、
ふと見ると、なんと羽田空港〜蕎麦屋のあの女性がご来店!
♪この広〜い大地〜の中で〜♪
何故、どうして、おせーておせーて(小松政夫風に)!

明日はいよいよ旭川最終日、
もしもまた彼女と飛行機が一緒だったら名刺の一枚も…。
好奇心半分、怖さ半分。
そして旭川の夜はふけたのだった。

  
Posted by palm_ichiro at 06:26Comments(0)

塩ラム。

becb22e4.jpg
これは美味しかった!
  
Posted by palm_ichiro at 06:21Comments(0)

松井。

d5068c64.jpg
私が迷い込んだジンギスカン店は「パリ街」にある「零亭」、この店の先には「松井」という店があり、またその先には「のらくら」という店があった。
縁あって呼ばれましたなこりゃ。
  
Posted by palm_ichiro at 06:17Comments(0)

パリ街の「のらくら」

9eafb911.jpg
すごい。

iPhoneから送信
  
Posted by palm_ichiro at 06:14Comments(0)

2017年09月06日

旭川へ!

2ca10bc3.jpg
前夜がいかに遅くても日の出と一緒に目がさめる、そして腹がグーと鳴る、よしよしこれで良い。
せっかくの温泉宿、昨夜入りそこねたので早朝風呂をいただいた。5時半に入る人はなかなかいない、もちろん貸切、この時季すでに寒ささえ感じる北海道の早朝は清々しい。露天風呂からみる景色にはチラリと紅葉の兆し…たっぷり1時間半の湯浴みを楽しんだ(写真)。

朝食も一番乗り、朝食が美味しいのは健康の証、今日も1日頑張りましょう。
宿を出て旭川の街までおよそ2時間、それはまるでドライブ気分、広大な大地を満喫した。
空港に到着、ここからメンバーは三々五々、それぞれ自由時間を過ごすのだった。

私は旭川市内に移動、まずは今夜のお宿に荷物を預けて昼そばへ。鼻が効くとはいえさすがに旭川ラーメン詳細はわからない、こんな時は客待ちのタクシー運転手に聞くのが良い。
これこれしかじか、
すると三軒の旨い店を教えてくださった、ありがたい。
「中でも私は青葉が好きだけどね」
この一言が私の青葉行きを決定づけた。行ってみるとこの時間なのにまだ行列を作っている、これは期待できそうだ、昨日に続いて「醤油チャーシュー」.を注文した。
昨日とは正反対、さっぱりとしたスープに細縮れ麺、これまた昔ながらの支那そばだ。食べた瞬間の感動はないが、じわりじわりとその旨みがくるのがよくわかる、こういうのが旨いラーメンなのだなと。

朝の長湯が効いたせいかやたらと眠い、ホテルに戻り昼寝をした。薄暗くなった頃に目覚め元気一杯、こりゃまずいぞ。
今夜は何件いきますか、
なんともヤバそうな旭川の夜が始まった。
  
Posted by palm_ichiro at 05:33Comments(0)

お宿の朝食。

1ee7a101.jpg
美味しく朝食をいただけるのは元気の証。味噌汁がしみた。
  
Posted by palm_ichiro at 05:31Comments(0)

士別のプリンスホテル。

21e9d332.jpg
かれこれ20年近く前に1週間くらい滞在した懐かしのホテル。あのプリンスホテルとは関係ないそうだ。現在は経営不振で廃屋になっていた。
  
Posted by palm_ichiro at 05:27Comments(0)