2020年07月15日

リサイクルのうち。

IMG_1441

「残り飯置き場」を増築中(写真)。
生ゴミ減らせ!夜出すと朝にはきれいに片付いている、残飯収集者に感謝、これもまたリサイクルのうち。

昼寝が遅かったせいか20時になっても眠くない。
コルクを開けて3合飲んだが酔いも来ない、しめたとばかりにテレビをつけた。もう2ヶ月くらい見てない、撮りためた番組で容量がいっぱいになってるのではないかと気になっていたところ。
すると予想外、週に4番組ほどしか予約されていなかった。見れないことがわかってるから予約数も自分で減らしたのだろう、そんなことすら忘れてた。

「ミュージックフェア」を見た。
やはり過去の映像集が多かったが、貴重な映像の数々は見応えがあった。伴奏してるミュージシャンに知り合いが多いのも楽しかった。
最近の放送でTUBEの特集があった。今年デビュー35周年だそうだ、私のバンドと同じでは内科医…ウチはデビューしてないが。
TUBEのメンバーは私と同じく座間や厚木の県央地区出身者なだけに親しみがある、当時から「夏」を売りにしたバンドだが画面で見たボーカルの前田さんは若の花の桑田佳祐を足して2で割った感じで、どちらかというと「秋」になった。

テレビにワイン…何かつまみたいが何もない、こんな時のためにポテトチップスとかチートスとか仕込んでおくべきだった。
うーん、まんだむ、
のんだむ。
酔わない不思議。
のーんでか!(なんでかフラメンコ風に)
明日は酔いたい。
  
Posted by palm_ichiro at 21:32Comments(0)

2020年07月14日

笑いながら怒る人。

IMG_1440

今年から販売店への納品を始めたわけだが、その頃から新型コロナマークIIの流行が始まった。
緊急事態宣言が出されても食料品と生活必需品を扱う店は通常営業となり私も通常営業、4月のシーンとしたショッピングセンターの雰囲気は忘れることができない。

私が納品してる店の店員は全員が女性、緊急事態宣言の時も忙しく、頑張って働いていらした。
「今日は何をお持ちいただけましたか!」
真剣な表情でキラキラと輝いて美しく見えた。
見えた…のは半分。
残念ながら大きなマスクが顔の半分以上を覆っている…この方どんな口をしてるのだろう、目は怒ってるみたいだけど口は笑ってるんじゃないか?
笑いながら怒る人、それじゃ竹中直人じゃ内科医。
とか。
せっかく知り合えた女性、
貴重な女性との出会い…
しかし、
半年経っても顔がわからない。
道であってもわからない。
ああ、さみしい。

一杯やってると必ず抱っこしろとやってくるジロキチ。
ジロキチに聞いた。
ねえ、マスクしなくていいの?
お前は何か持ってるの?
いつも手ぶらでいいなあ。
ジロキチは言った。
手じゃないよ、前足だよ中尾だよ。
明日、爪切るぞ。
  
Posted by palm_ichiro at 17:39Comments(0)

2020年07月13日

好きな味噌ラーメン店を発見!

IMG_1433

昼そばは満龍センター南店にて。
私の昼そば時間はたいてい15時頃だが、最近は納品という行動パターンが加わったために更に時間が遅くなっている。
16時過ぎの昼そばはもはや夕そばで、ここで満腹にしてしまうと晩酌に影響、満腹だと酒を欲しない、だから休肝日にすれば良い…と、そうは胃肝臓なのである。
なので昼そばは遅くても15時までには済ませたい、いや済ませるようにしようと決意した。

初めての店は期待が高い、果たしていかがなものか。
「札幌ラーメン」としてあるから味噌ラーメンを注文、いかにも札幌ラーメン、これは旨い!(写真)
いつぞやかよく通った「むつみラーメン」を思い出した。また来たいラーメン店、次回は「焦がし味噌ラーメン」に決めている。
調理の兄さん気合いの具合かゴムの具合かマスクがずれていらっしゃる、それじゃ意味なし芳一じゃよ。

財布にスマホに老眼鏡にマスクにマイバッグ…持ち物が多すぎる、なんとかならないか。
「新しい生活様式」に早く慣れたい。
たのむよ。

  
Posted by palm_ichiro at 17:25Comments(0)

2020年07月12日

あと一色足りないのはなんでしょう?

IMG_1427

赤、緑、紫、橙、白…色とりどりの野菜が収穫され、軽トラの荷台も賑やかになった。
これぞ夏の荷!(写真)

音楽仲間の中にはボチボチ復帰してる人もいらっしゃるようだが、私はいまだ先見えずの状況だ。
これから先はわからないが、無観客ライブなどの配信なども今のところ予定してない。何かしなければという気持ちはもちろんあるがいい考えが浮かばない、こういう時は無理に動かないのがいい。お地蔵様のようにじっとしてる。

いや、じっとしてなんかいられない、今は農業に全力を注いでる。
夜の街に出歩きたいものだが、18時のハッピーアワーを目前に睡魔に襲われる。おかげさまで飲みに出るどころではないドジョウ。
ちょうどいいでドジョウ。
日の出から日の入りまでがあまりにも長過ぎてリンダ駒忠。
早く陽が縮んでクレジット。

軽トラの荷台、
あと一色足りないのはなんでしょう?
正解は黄色。
では、この時季に黄色い野菜は何でしょう?
バナナは果物。
♪いデーオ、痛て痛て痛ておー
まーたイテーくなっちゃうよー♪
いデー…
くどい官九郎。
正解はトウモロコシ!
ハクビシンとアライグマとの戦いだ。
畑ではキビシイ私である。
だからウチに来いってーの!
いってーのってっ!
たのむよ。

  
Posted by palm_ichiro at 18:10Comments(0)

2020年07月11日

タレにも色々ございます。

IMG_1415

昼そばは東戸塚にて「冷やし中華」を。
自宅ではたまに作るがプロはやはりひと味、いやふた味は違う。蒸し鶏、焼豚、ハム、クラゲ、海老…これだけの食材を揃えたらこの値段では収まらない、こういうものはお店でいただくべし(写真)。

数年前の夏、冷やし中華に凝って横浜中華街の名店を食べ歩いたのはこのブログでも紹介した。
季節限定のため各店が自慢の食材を上に乗せてこれ見よがしに宣伝するが、食材よりもタレの工夫が全体の良し悪しを左右、これは注文してみないとわからない。タレと麺だけで満足した店もあった、高級食材にこだわらない店の方が旨かったと総括した。
甘っタレ、世襲タレ、馬鹿っタレ…タレにも色々ございます。

しかし、私は自分で作る冷やし中華が1番好きだ。
マルちゃんの3袋198円のあつにキュウリ、ハム、錦糸卵、これにトマトも。タレをかけた後にマヨネーズをドバッ、白胡麻をドバッ!食べる直前はとてもお見せできる状態では有馬温泉。
次作る時はこれにミョウガを。
夏ですから。
  
Posted by palm_ichiro at 16:36Comments(0)

2020年07月10日

今年の夏は。

IMG_1413

学生の頃、持ち物といえばカードが入る財布に予定帳くらいなものだった。予定帳の中に「アドレス帳」というのがあったのが懐かしい。
時は過ぎ、それに携帯電話と老眼鏡が加わった。
時は過ぎ、更にマスクとマイバッグが加わった。
この30数年で持ち物がずいぶん増えて面倒くさくなった、便利と不便はプラスマイナスゼロの感。何も持たないアライグマがうらやましい。

さて、7月も中旬になるが、これまでは涼しくて助かっている。
毎年今頃から夏バテが始まって熱中症を意識するが、今年はなかなかいい具合、これは野菜にとっても同じでこのままいけばトマトも8月いっぱいの収穫が期待できる。
涼しいといっても昔はこの気温が普通で、このあたりでもひと夏に30度を超える日は数日しかなかったと年寄りがいう。なぜならば、そのむかし親に
「30度を超えたらアイスキャンディを買ってあげる」
と言われて毎日温度計と睨めっこしてたからよく覚えてるそうだ。
アイスキャンディの恨みは恐ろしい。

毎年、7月5日は「ミョウガの初収穫の日」と決めてるが今年は珍しく遅れた。
本日が初収穫(写真)、味噌汁もいいが薬味にすると特にいい、冷たいうどんにたっぷりの刻みミョウガと白胡麻、
うーんマンダム、
なんとも夏。
たくさん食べると馬鹿になるそうだが、私の場合これ以上はないから平気。

いよいよ夏本番。
今年は催しがない分、じっくりと夏を見つめて味わってみたい。
いつもと違った夏を楽しもう!


  
Posted by palm_ichiro at 19:07Comments(0)

2020年07月09日

関節のないカタツムリ。

IMG_1361

梅雨時といえどもこう雨が続くと嫌になってくる。一説には
「雨が降って憂鬱になるのは人間だけ」
とがあるが果たしてどうか、野生動物達だって毎日びしょ濡れでは嫌になるのではないか。

カタツムリばかりは雨が良いだろうと思いきやそうでもないらしい、窓についたカタツムリをみてたら「エスカルゴのブルギニォン」を思い出した。
エスカルゴ…食べたいなあ(写真)。

3時間に1度はインターネットの天気予報を見てるが10日先まで晴マークがない。
生き物たちよ頑張れ!
菌難に水難、近く地難?なんだか生きるのが大変になって北方謙三。

陽気のせいか身体中が痛い、昔はよく「神経痛」という言葉を聞いたが最近はあまり耳にしなくなった。
神経痛って何ですか?
今、私の一番痛いところは身体中の関節だが、特に「足の親指の第一関節」がひどい。これを聞いてすぐに思いつくのは「痛風」だが、おかげさまでそうではない。親指がそっくり返ってくる症状で、これは「骨の変形症」ではないか、腰が曲がってくるのと同じように。

♪いてーよー、いてーええよー、いてていてていててよー♪(バナナボートソング風に)

♪いてーよー、あし、いででいででいででよー♪
♪たのーむよ、むょむょむょむょむょむょむょー♪

♪病院にいこーかなー、いくのよそおかなぁー♪(北島さぶろく18風に)

  
Posted by palm_ichiro at 21:34Comments(0)

2020年07月08日

目指すもの。

FullSizeRender

昼そばは久しぶりの丸一ラーメンへ。
こちらには開店当初から来ているが、はて何年前田のクラスター。開店当初から通う店はいくつかあるがいずれも開店年は覚えていない、それほど日常化してるということだろう。どうでもいいことは忘れてもいい。

それでももう十数年は経つだろう、若かった店主もすっかりオッサンになった、少し痩せたようだ。
いわゆる「横浜家系」で、開店当初は薄味だったが年々濃くなってきたように思う。店主の感性や考え方が変われば味も変わる、味が変われば客も変わる、楽器演奏と似てる。

写真で見るとホウレン草の緑が効いている(写真)。
これをよく「くたくたでマズい」という人がいるが、この「くたくた」が家系の特徴、知らない人はモグラ、いやモグリだ。

食べてて思った、この店の目指すはお隣の「寿々木家」ではないか。同じ家系でもあちらは毎日長蛇の列…列んでまで食べたいラーメンとは。
具体的に目指すものがあるのはいい、いくらやっても同じにはならないしだから抜くこともできない。しかし努力してるうちにある時パッと独自性が生まれるもの、それが自分の味になるのではないか。
もう一軒、私が通う中華料理店「悟空」、こちらは味は決まってるが毎回違うのは「塩分」だと思う。なんたって人間が作るのだから、そこがおもしろい、だからまた行く。
昔から「塩梅」と言うが、やっぱり塩は凄い。

塩梅といえば私の梅干し、そろそろまたつけなおしをしようかな。
漬かり具合を確認、味見もしてみよう。
梅雨が明けたら干す。
ハピバスデーつーゆー。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 17:25Comments(0)

2020年07月07日

音楽活動のこと。

A3107E26-2CE6-41A8-B7D9-895AC205FC65

この4か月もの間、音楽活動についてはほとんど考えることがなかった、というよりはなるべく考えないようにしていた。再生機でいえば一時停止の状態、冷凍保存の状態だ。

同業者の間ではライブ活動を再開した人もいれば、無観客によるライブ配信など新たな取り組みををする人などもいるが、私はどうも今ひとつその気なれない。保守的というか消極的というか…今は新しいことに力を注ぐことよりも目先のことで精一杯というのが正直なところ。
今まで通りお客様を前にした生演奏がやはり理想で、その時のことを考えた方が楽しいし前向きになれる。

その時のために1日1度は楽器に触れて手の感覚を確認してる、手首から肩にかけての柔軟体操も練習のひとつだ。音を出せる環境にあることに感謝してる。
また、バンド用の新曲も作業が進んでいる。これまでに4曲もの譜面があがってきた。ライブ再開の暁には披露したいが、一気に4曲はもったいないので小出しにしようか迷ってるところ。

楽器の手入れもしたいが、打楽器は下手に分解掃除などすると音が変わってしまうことがあるのでカブトムシの要注意、専門家に任せた方がいいものもある。
皮と縁の間に猫の毛が詰まってほどよくミュートされいい音になる…わけないだろう中尾だよ。
本革は爪とぎにいいがプラスチックは滑って歯がたたぬ、いや爪がたたぬ。
「ご主人さまー、この太鼓、埃かぶってきましたよー」
埃じゃなくてお前たちの毛だろ、肉球ワックスをかけといてくれよ(写真)。
ああ、猫の手も借りたい。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 18:37Comments(0)

2020年07月06日

残念賞!

FullSizeRender

東戸塚西武へ。
前回、トップスカフェでカレーを食べた時、気になった献立が「ツナサンド(カレー味)」というものだった。
食事の献立数は少ないのにその中になぜツナサンドがあるのか、それもカレー味とは…これはもうとことんカレーにこだわってるのだろうと。
今回はこれを目当てにやって来た。

「お待たせいたしました、ツナサンドです」
見た目は想像通り、ただしカレー味だから中のツナは黄色がかっていた。それよりも何よりもこの量はあまりにも少ない、お上品と言うのはこういうことだがあまりに高価。仮にコンビニだとツナサンドは200円程度だから4.5倍、カレーライスだと400円位だから2倍ほど…ま、コンビニと比べるものではないが。
さて、問題のお味だが予想通りのものでこれなら自宅でも簡単にできそうだ、結果、残念賞!
せっかくなのでもう少し驚かせていただきたかった(写真)。

雨ばかりで気持ちも晴れないが、梅雨時期も必要だということで。
こうなると収穫も少ないので体力的には楽、これをいい骨休みにしたい。
骨休めて地かたまる。
たのむよ。





  
Posted by palm_ichiro at 18:16Comments(0)

2020年07月05日

普通の中華料理店。

FullSizeRender

実家に帰って気軽に声かけできる同級生がいるというのは嬉しいもの、これも昨年開催したクラスター、いやクラス会のおかげだ。

密を避け、2軒目にやってきたのは北口のジャニーズ中華。
いつもは賑わってるはずのこの店だが客は誰もいなかった。はて?
店数が少ないからといって客入りがいいというわけでもなさそうだ、この店も酒を飲まなきゃ普通の中華料理店だから客の回転は早いのだろう。
飲んでるのは私たちだけ、
「おい、お前、カブトムシの要注意だろ」
と餃子をつついた(写真)。

早く帰るつもりが午前様…そう簡単には帰れません。
久しぶりに出た夜の街はやはりまだまだシズカゴゼン。
ここに来て2時間制、いや2次感染が始まった。
束の間の夜の街、明日からまた自粛!
カブトムシのヒモをキュッと締めて幼虫いだ。
それより明早朝、いや、数時間後の時差ボケが心配だ、さあ頑張れー!
(おわり)
  
Posted by palm_ichiro at 16:08Comments(0)

2020年07月04日

小瓶がちょうど良かった。

FullSizeRender

実家近くの同級生の店が再開したと連絡をいただいたので久しぶりに行ってみることにした。「夜の街」に出たのは実に4か月ぶりだった。
最後の夜の街はいつだったかと思い出すと、同級生の通夜の日で確か3月3日頃…偶然にもこの店だった。

店で飲み始めると、4か月ぶりという違和感はさほどなく日常感があったのは意外だった。
久しぶりにビールを、こびんチョビンはげちょびん、どれにしよう、ドレミしよう。
小瓶がちょうど良かった(写真)。
コビン毛がコスギ。

入れ替わり立ち替わりの客入りをみるとなかなかのもの、扉を開けて諦めた客が3組もいたには驚いた。
こうなると店数が少ない小さな街の方が活気があるのか。これが現実か!
バヤイ密だよ満田さん。
我々は店を出た。
(つづく)
  
Posted by palm_ichiro at 22:35Comments(0)

2020年07月03日

引っかかってもいいのです。

IMG_1285

子供の頃、身近な炭酸飲料はサイダー、コーラ、ファンタ、そして何故かカナダドライジンジャーエールくらいだった。今のように色々な炭酸飲料が発売され始めたのは1980年頃からだという。
そんな新しい炭酸飲料商品のひとつがこの「マウンテンデュー」だった。納品を終え荷捌場で宅急便の方々と一緒に休憩、従業員用の自動販売機の中にこれを見つけ思わずボタンを押した。

何十年ぶりに飲んだその味は、
「こんなもだったかなあ」
思うに当時は圧倒的なコーラに対抗した新商品だったのだろう、コーラがいかに凄い商品だということがよくわかる。

少し前、やはり自動販売機で「ゲーターレード」を発見した。
これは私が小学生の頃に流行ったもので、スポーツドリンクのハシリだった。ジュースの類だと思っていた子供としては独特の味に「美味しくない」と思ったもの、当たり前。当時、専用のベットボトルと保温するためのケースも売られてたがとても高価だったと記憶してる。

このような再発売商品の対象者は私たち世代ではないか。懐かしさを売る、そして買う。
自動販売機は滅多に利用しないがよく見ると面白いモノが入ってることがある、これからの季節は注視したい。
懐かしいものがあると高くてもつい買っちゃうだろうな…そこ!
引っかかるわけです、
引っかかってもいいのです。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 19:46Comments(0)

2020年07月02日

サマータイム。

IMG_1277

なななんと!作業まで三時間待ちではしかたがない…一度寝たらもう起きれないだろうから昼寝は避ける。早起き期間は昼寝が習慣だが梅雨時期は重いのでいっそのこと活動的になった方が良い。

というわけでドライブを。
ドライブといえば中尾じゃないよ三浦だよ。
数ヶ月ぶりに三崎鮨をと横浜横須賀道路を南下、軟化ではない。店のご夫婦と野毛飲みしてから一年経ったなんて信じられない、いつもなら満席で忙しい店内も空せきが目立つ、本日悪天のせいもあるがやはり騒動の煽りだという。おかげでゆっくり話ができたが店にとっては良くない、すみま千円。
帰り際、肴をと寄った売店に併設されてる鮨店はなんと閉店!
まいったぞ!

道が空いてたので海岸線をそのまま茅ヶ崎まで走り、ブレッド&バターの東海岸の辺りで折り返した。あの本を読んでからこの辺りの見え方も変わってきた。
1号線や横浜新道もガラガラで到着はピタリ3時間後、14時には社会復帰したがここからが長い、19時まで明るいから幼虫意だ。

この3時間の気分転換は私にとってはなんとも良いが逆に言えば3時間で済んでしまうのかと…これなら箱根の日帰り温泉もモハメド=アリか。陽が長いからできることだと前向きな考え方でいきましょう。
これが本当のサマータイム。

♪ミスターサマータイム、さがーさないでー、あの頃のわたしをー♪
ミスターマンダム、
マダムはミスター。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 20:02Comments(0)

2020年07月01日

あれから4年。

IMG_1280

ついに子グマが姿をみせた、クマといっても荒井チュー子だが。

顔にまだ白模様はなく毛も薄い、見た目は大きいネズミといった感じで不気味、動物の子供はたいていかわいものだが、アライグマだけはお世辞にもそうとはいえない。警戒心が強くなかなか撮影許可が下りないので、2016年にトウモロコシ畑でワナにかかったチュー子を載せておく、参考までに(写真)。

このチュー子は弱ってたこともあるので体力がつくまで保護していた。保護といっても飼育したわけではなく事務所の前に離して餌を与えていたのだ。
私が戻ると窓の外に現れて餌をもらい半月ほどすると元気になった。当然のことながら居心地はいい、そろそろ独り立ちなのだがどうやらここに住み着いた。
一体どこにいるのか不思議だったが、ある時窓の外を眺めていたら目の前の木の上でこちらを見てたのには驚いた、どうやら日中は木の枝に揺られて優雅に過ごしてたらしいのだ。
うらやましい!
そんな毎日だったが、1ヶ月後に交通事故で昇天、甘やかしたのがいけなかったかと反省した。

あれから4年。
チュー子の再来、さあどうするか。
とっさに頭に浮かんだのは
「交通事故にあわないためにはどうするか」
反省の色がない。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 20:41Comments(0)

2020年06月30日

ポートレート機能。

FullSizeRender

最近、食べ物の写真を「ポートレート機能」にして撮影しておりなかなかいい写真が撮れてると自負してる。
悟空の五目焼きそばもいつもと違った感じでいい雰囲気だ(写真)。

その昔、日本農業新聞の記者をしてた時、もちろんまだフィルムの一眼レフを首から下げてあちこち飛び回っていた、あちこちといっても市内の畑がほとんどだったが…。
ある時、撮影に夢中になってカメラにフィルムを入れ忘れてたことがあった、フィルムがなくてもシャッターが下りるから紛らわしい。あとで聞くと先輩記者たちも一度は入れ忘れを経験するそうだ。今はデジタルだからそんな心配はないだろう、何の話ですか?ってなもんでしょう。

この日記も毎日書けるのは記者をやってたおかげだろう。
小学校の頃は作文が大の苦手だったが、縁あって記者になり原稿を何度も直され苦汁を飲まされたおかげだと今は感謝してる。

♪シャバだードゥビドゥビ、家〜、
俺がむかし作文だった頃、姉ちゃんは英文で兄ちゃんは論文だった。父ちゃんはカナブンで母ちゃんはブンチョウだった。婆ちゃんはブンタンだったが爺ちゃんはキンカンだったー
家〜、わっかるかなぁ、わっかんねぇだろぅなぁ。
  
Posted by palm_ichiro at 17:58Comments(0)

2020年06月29日

最近私のインドは高い。

FullSizeRender

東戸塚駅へ。
3月に新装開店する予定だった西武デパートだが、この騒動でその予定が大幅に狂った。新しい店舗を楽しみにしてた人々もそれどころではなくなったし、店だって開店したところで自粛だからもうどうしようもない状況だった。開店時から知ってるデパートだから親しみがある、頑張っていただきたいドジョウ。
状況もだいぶ落ち着いてきたので最近また通い始めたのだが半額狙いの悪い客…たまにはキチンとね。

というわけで、新入店「トップス」の喫茶部ご自慢のカレーにした。
ご存知の通り最近私のインドは高い。

トップスといえば「チョコレートケーキ」が有名だが、その昔、赤坂本店の隣にあったカレー店と合併したのがカレーとの関わりだという。こちらならではの玉葱を煮込んだオニオンカレー(写真)を注文、
旨い!
うーん、やはりインドは奥が深い。

暑くて食欲減退時にはやはりカレー、今年は冷やし中華よりもカレーにこだわりたい。
よりスパイシーなものを食してより一層インド、いやミンドをあげるというのはいかがで消化。
カレーを見直したい。
そして、加齢もまた見直したい。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 17:42Comments(0)

2020年06月28日

便利な小売店への出荷。

IMG_1236

騒動がだいぶ落ち着いてきたとはいえまだまだ油断大敵雨多過ぎ…これが第2波なのか。
日本はインドが高いから大丈夫だとはいえないのでは?
あっそーかい。

合羽を着て数少ない客待ちをしてる時ほど寂しいものはないが仕方がない、私が客だとしても「来週でいいや」と思うだろう。
この雨じゃ。

そんな時に便利なのが小売店への出荷だ、余った野菜はそのまま店に運べば良い。余ったと言っても今朝獲りだからまだどこよりも新鮮なのだ。
店舗に向かった。

雨の日は納品も少ないようで幸運だった、本日の業務はこれにて終了、野菜が無事に売れますように。
久しぶりに地鶏、いや自撮りを。
ハイチーズ!
♪わたしがおばさんにーなーあたらー♪
その大根で頭を叩いてください(写真)。
その大根は私が作ったものだよ中尾だよ。
たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 18:23Comments(0)

2020年06月27日

お持ち帰り。

IMG_1189

鮨の中で一番好きなものは「鉄火巻」もちろんキチンとした店のものに限る、マグロには海苔が合う。
いつもの店で鉄火巻きをお持ち帰り、
ウッシッシ、
いや、
マッグッグ。
マグロ、酢飯、海苔すべてが完璧の母(写真)。

あいかわらず「昼そば」は外食だが夜はウチにこもってる、おそらく3月に入ってから夜店には行ってない。来月いっぱい夜遊びはできないのは騒動のせいではなく農作業の都合上。
いつも書くが20時には寝るのです。
おー農ー!

というわけで、すっかり「お持ち帰り」が定着した。
昼そばの頃に今夜の肴を考えてそれによって中華か日本蕎麦かに決めている。
そしてスーパーへ。

スーパーも何軒か行くと定員の教育に差があることがよくわかる。少し前、副総理大臣が日本のコロナ感染者数が抑えられたのは
「民度(みんど)の違いだ」
とおっしゃったが、聞き慣れない言葉で「インド」かと思ったがそれはレインボーマンだった…話がそれた。その、スーパーの従業員の質の高さを「員度=インド」というのではないか。
私がモヤシの前に立っていたら、邪魔だとばかりに尻を押しつけてきたオバサン定員がいた…このスーパーはインドが低過ぎる。
今日は納豆の前に立ってインドを測ってみたいと思う。
え、どうせならカレー売り場でインドを測れって?
ごもっとも。
では、いってまいります。
インドアー。
  
Posted by palm_ichiro at 20:30Comments(0)

2020年06月26日

身ひとつで持ち物は何もない。

IMG_1223

恋の季節、子育ての季節。
ついに2匹がやってきた、身体の大きさは倍ほど違うがこれは果たして夫婦か親子か(写真)。
しばらく観察してると、餌の取り合いか大きい方が小さい方を威嚇した、こりゃ夫婦だな。

30分ほど食事をして山に帰った。
餌箱をみると空っぽ、飲み水は泥で真っ黒…何でも洗うアライグマ、餌まで洗うし最後は後ろ足まで突っ込んだ、足湯じゃないんですが…。
水を替え餌を出して室内に戻ること30秒、外を見るとさっきの小さい方が今度は1匹でやってきた。大きい方に餌をとられまだ空腹、未練たらたらで餌の追加を待ってたのだろう。今度は1匹で優雅に30分食事をして帰って行った。
試しにもう一度餌を山盛りにして様子を見たところ現れなかったが翌朝見ると空だった。

彼らの表情を見てると生命への緊張感を感じる。
何一つやるのも命がけだという緊張感…これは見習うべきだ。身ひとつで持ち物はなにもない。
それに比べて持ち物が多すぎる私、
ハンカチにちり紙、財布にスマホ、通帳にジップロック、薬各種に老眼鏡…最近はこれにマスクと手袋が加わった。所持品が増えれば忘れ物もまた増える。
悩ましい。

さて、アライグマ。
2匹来たから3匹目もそろそろお目見えか。
毛が生えそろわないアライグマの子供は
「おまえ、一体誰だ?」
という風貌だ。
子供が来たら小物入れをプレゼントしてやろう、肩からぶら下げて大事な物は入れときなさいと。
何を入れるのかな。
20時、
うとうと、
ああ、たのむよ。
  
Posted by palm_ichiro at 19:50Comments(0)