2017年11月21日

ミッドセンチュリーなお家を語るときに外せないキーワードが、indoor-outdoor。
室内(インドア)と屋外(アウトドア)がつながったように感じられる空間づくりが当時のモダンな住宅の特長でした。

時代は流れ、現代でも大きな開口や外の景色をとりこむような住宅は人気ですよね。
やっぱり人も動物。自然を感じながら生活したい、という潜在意識の表れでしょうか、、、


と前置きが長くなりましたが、今回ご紹介する家もインドア-アウトドアな空間が気持ちいいお家。自然素材や色を効果的に使って、ミッドセンチュリーなリビングになっていました。

IMG_2806


お引越し前に家具を納品。
まだモノが少なくすっきりとしていて、外とのつながりがより感じられます。

天井付けのスリット窓(クリアストーリーとも呼ばれます)や、室内の壁が外まで伸びたような外壁、軒と天井がつながって見える作りなどはまさにミッドセンチュリーなお家の要素ですね。

天井までの大きな掃き出し窓の向こうにはお庭の植栽が。ダイナミックなグリーンはそれだけで絵になります。。。



クリアストーリーの下、板を貼った壁面にはマッキントッシュのサイドボードを。

IMG_2809


床も板張りで、突板の壁に木製家具というウッド尽くしの高度な組み合わせですが、サイドボードのビンテージチークの風合いが壁と床の異種木材を懐深くうけとめてまとめてくれていますね。

よく、床の木材と家具の材は同じじゃないと変だから、、とおっしゃる方もいらっしゃいますが、木材の種類は揃えなくてもOK!
むしろガチガチにそろえてしまうと、個体差や経年変化の違いや他の材が少し入ったときに違和感を感じやすくなってしまいます。


サイドボードに対して垂直に配置したソファはサイドテーブルと一体になったエイドリアンのもの。V字の脚がかっこいい一台です。(ちなみにこちらはウォールナット)

ついついサイドボードと対面に置きがちなソファですが、庭の木々が近くに感じられるこの窓ならやっぱりこの配置でしょうね〜。


IMG_2810


その奥にみえるのがキッチン。ブロックを積んだカウンターもかっこいいですね。

一直線のLDKなので、キッチンからも掃き出し窓の向こうの木々がよく見えました。
垂れ壁で少しリビングと区切りをつけつつも、ゆるやかにつながった空間になっているので居心地がよさそう。日々の家事をこなすキッチンの居心地のよさはとっても重要です。


IMG_2812


ソファの張地はニュアンスのあるグリーンの織り地を。それに対してオレンジのヴィンテージシェルチェアもお選びいただきました。
グリーン×オレンジもミッドセンチュリーの王道配色ですね!ウッドを基調とした空間にこの2色が良いスパイスになっていました。


窓の位置や外との関連、L字に配置したサイドボードとソファ、木材の異種ミックス、アクセントカラーの組み合わせなど、みなさんもぜひ参考にしてみてください。

---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------


(18:15)

2017年11月14日

新しい仲間、ショップスタッフを募集します!

買い付けた商品をリペア・クリーニング後、店頭やウェブサイトにてご紹介するショップスタッフの募集です。

ビンテージインテリアが好きで模様替えにワクワクする方、写真撮影が得意、接客が好き、気が効く方。
それって自分のこと?って思った方、是非ご応募ください!

[仕事内容]
メインはビンテージ家具の販売とメールやホームページのアップなどです(小さなお店ですので、梱包出荷・配達・雑務も含みます)
細かな内容は面接時にお話しさせていただきます

[勤務地]
愛知県名古屋市中区大須1-4-7

[勤務時間]
10:00〜19:00
土日も含めて出勤お願いします
パートタイム可

[給料]
月給15万円〜20万円(研修期間有り)
交通費支給
社保完備

[年齢]
20歳〜30歳くらいまで

[性別]
不問ですが、大型の家具を日常的に動かしますので力仕事です

[応募資格・その他]
自動車運転免許証(必須)

[応募方法]
まずはメールで自己PRを添えてお問合せ下さい。追ってご連絡致します。



株式会社MODERN ANTIQUES
shop@palm-springs.jp 担当:長崎

(16:49)

2017年11月06日

Nagoya Antique Market 名古屋アンティークマーケット
パームスプリングスが出店します!


私達以外にもたくさんのアンティークショップさん達も出店するので楽しみです。
ミーツオーガニックマーケットも同時開催!


今週の日曜日11/12
10:00-16:00
名古屋市中区橘2丁目8−55
東別院からメ〜テレまでの山王通り沿いの参道です!
マップ

出品アイテムは只今ピックアップ中
チェア、サイドテーブル、キッチン小物・・・
当日掘り出し物があるかも?!?!?!

unnamed[1]

初めての出店です。。是非ヒヤカシ、お買い物に来てくださいね。
ショップもオープンしていますので、こちらも是非お越しください。



---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------


(17:49)

2017年10月18日

秋雨前線が停滞中でしばらく雨続きのようですが、パームスプリングスには夏にイギリスで買い付けた商品が届きました!

IMGP3529


[倉庫開放のスケジュール]

期間:10月21日(土)〜10月29日(日)まで
場所:名古屋市中区大須1-4-7
※営業時間、木曜定休は通常通りです

ストックリストも更新しましたので、遠方の方はこちらをチェックしてください!いつもより多めに出しています!!
http://www.palm-springs.jp/stock.html

ご来店も、お問合せもじゃんじゃんお待ちしております。



---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------



(16:44)

2017年10月15日

一雨ごとに秋の訪れが深くなる今日この頃、月曜日にイギリスからのコンテナが到着します!

つきましては、16日(月曜日)は店舗はお休みとなります。
メールやお電話の応対も不規則となりますので、ご了承ください。


[ コンテナ入荷に伴うスケジュール ]

10月16日(月):店舗お休み

10月17日(火)〜:通常営業

10月21日(土)〜:倉庫開放もスタート
☆倉庫開放の詳しいご案内は改めてお知らせします。


イギリスのビンテージ家具とランプ・時計などのヨーロッパを含むアイテムがモリモリです。
お楽しみに!!


---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------<

(20:03)

2017年10月06日

今回のお客様は県外から。
ご自身の目指すイメージがしっかりしていらっしゃって、それに合うアイテムを気持ち良いほど軽快にピックアップされていきました。


思い描くイメージがしっかりしているって、とても大切。小物のチョイスに至っても、ブレないことで完成度が大きく違ってきます。
今回のお宅はそれが本当によくわかる、完成度の高い空間になっていました。

、、、と前置きが長くなりそうなので、写真とともにその圧巻の室内をご紹介します。


IMG_1680

玄関を入るとネイビーの壁にミディアムブラウンの腰壁(といっても背丈くらいの高さ)が縦板張りで張り巡らされ、クラシックな雰囲気が抜群。
アーチになった下り壁やモールディング使いが贅沢で、さながら豪華客船のような空間になっていました。

パームスプリングスからは、寝室にシンメトリーに配置されたブラジリアのナイトスタンドとテーブルランプを。

モールディングが額縁にように施されたブラウンの板壁に、白×木目のランプが美しく映える且つ統一感があります。
ネイビーの壁や白い天井、バーガンディーのベッドカバーなど配色のバランスも素敵。

IMG_1679


IMG_1674IMG_1682











2階リビングの間取りのため、1階に寝室や洗面・お風呂など。

水回りスペースもお客様こだわりの空間で、オープンなトイレやパウダールームと呼びたい洗面所など、こちらもアメリカンクラシックな重厚感あふれる内装。


圧倒されつつ、メインの納品先である2階へ上ります、、

IMG_1650

階段の正面も板張りにブラケットランプで雰囲気あります。


登って左手にトイレと洗面。こちらは憧れのコーラー社製の洗面を配置。木フレームのラウンドミラーが1階のモールディングとリンクしています。

IMG_1651IMG_1654
トイレの内装もクラシカルでかわいい。








右手はすこし広がったホール。アーチ型の窓は東を向いていて、朝日がたっぷり差し込むと思われる開放的な空間。

IMG_1670


IMG_1668

じつはここ、朝コーヒーでも飲みながらゆったりするスペース、として設定されたそう。
クラシックな欧米の間取りには朝食用のスペース”nook”(ヌック)が見られますが、こちらもそんな感じでしょうか。

自宅にいながら朝夕で違った空間で食事ができるなんて、贅沢ですよね。。
ちょっとしたスペースですが、生活が格段に豊かになること間違いなしです。


そしてメインのダイニング。こだわりの折り上げ天井にはルーサイトランプを。

IMG_1662IMG_1663











元々お持ちの50’sダイニングセットとの相性抜群なGプラントーラ&ブラックサイドボードもこちらに。

キッチンはアーチ型の下り壁にネイビーの扉でこちらも1階とリンク。

IMG_1665


半分ほどズレて広がるリビングも堀上天井でクラシックな雰囲気。
こちらは6灯のモダンシャンデリアを。

IMG_1669


家具はイギリスサイドボードにヘイウッド(US)のラウンドテーブル、50’sステップエンドテーブル、アメリカ製L字ソファ。イギリスとアメリカのビンテージを上手くミックス。

IMG_1655

このソファも運命的な出会いで、ご来店時にほぼ一目ぼれでご決定いただきました。

フィフティースらしい丸みのあるL型に、張り替えたラメ入りの生地がとってもかわいくて存在感があるソファ。
クラシックな内装に入ることでこなれた雰囲気が出て、とってもお洒落な空間になっていました。


アメリカンクラシックをベースに、上手に50’sアイテムでスパイス付けされた今回のお家。
これから小物や壁飾りなどで肉付けされていくと思うので、ますます完成度が高まっていくのが楽しみなお家です!



---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------


(18:03)

2017年10月01日

下記日程にて工事のため、店舗をお休みさせていただきます。

10/2(月)〜4(水)

※※お店はお休みですが中に人は居りますので、ご連絡いただければご対応可能です!

お客様方には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解をお願い申し上げます。



なぜにお休みをしなければならないのかー、、、というのもー。

さかのぼること約1か月前。

8月某日早朝。パームスプリングス横のコインパーキングから出庫した車が、ドーーーーーンとパームスプリングスに突っ込んできたのでした。早朝のため、スタッフ共々まったく知りませんでしたが、近所の方いわくかなりの地響きがしたそうです。

IMGP1756壁際にエアコンの室外機があるのですが、棚のように囲っていた単管パイプ(地面のコンクリートボルト締め)に激突。室外機を破壊。壁も少し内側に押され曲がってしまいました。
IMGP1757

ところが、、その前に展示してあったカップボードは少し動いたものの無傷。アメリカの家具は強いことが証明されました(笑)
IMGP1746

という訳でエアコン、シャッター、壁をそれぞれ取り替えることとなり、音もかなりするようですので敢え無くお休みという選択肢となりました。
ま、原状復帰なのでビフォーアフターはあまり変わらないようです。

5日は定休日となりますので、6日(金曜日)からは通常営業致します。


---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------


(18:04)

2017年09月22日

個人宅への販売が圧倒的なパームスプリングスですが、たまに店舗のお手伝いもさせていただいています。

東海圏に12店舗、関東圏に3店舗ある タイヤやホイールをメインとしたカーパーツショップの「CRAFT(クラフト)」。

カーパーツとヴィンテージ家具という異業種であり、使用される場所も外アイテムと家の中アイテムという真逆のもののMIXということで、かなり斬新な空間が出来上がりました!!

-----------------------[infomation]-----------------------

ユーロコンパクトカーカスタム専門店
ユーロスタイルクラフト

9月23日(土曜日) 10:00~OPEN!!
名古屋市東区矢田南3-1 2F
052-723-8411

-------------------------------------------------------------

IMG_4087
IMG_4088
サイドボードとホイール、意外とイケる!
IMG_4080
IMG_4081
カップボードはショーケースとして採用いただきました。
IMG_4082
オープン2日間のSALEもあるようです。
IMG_4091IMG_4092


これまでも取り扱いがあったユーロカー(ミニ、フィアット、フォルクスワーゲンなど)のホイールなどを専門店として分けたいとのことで、ご相談があったのが1か月半ほど前。

実は倉庫として使用されていた空間を半分くらいに仕切って、半分店舗にしたいと。(最初の写真と同じ位置から)
IMG_4094

当初てっきり御用達の内装屋さんがいて指示されるのかと思っていたら、、いつものところだといつものようになってしまうので、違うようにしたい。ということで、レイアウトやら壁の仕様やらもいつの間にかパームスプリングスが決めることになっていました(苦笑)
IMG_3982IMG_3991

試験的な店舗ということで低予算だったので、間仕切り壁は既存のシェルフを利用。





後ろは在庫置き場としても活用し、間仕切りのカベはなかなかのアイデアでした。




スクリーンブロックのカウンターもカッコよく仕上がりました!IMG_3994
トレドのスツールも入り、、
IMG_3998
商談やウェイティングスペースには、オールヴィンテージイームズです!
IMG_3997

-----------------------[infomation]-----------------------

ユーロコンパクトカーカスタム専門店
ユーロスタイルクラフト

9月23日(土曜日) 10:00~OPEN!!
名古屋市東区矢田南3-1 2F
052-723-8411

-------------------------------------------------------------

1階は国産車などのタイヤ・ホイル、カーパーツの店舗ですので、是非見に行ってください!!



---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------



(14:44)

2017年09月06日

新しい仲間、リペアスタッフを募集します!

アメリカ・ヨーロッパを駆け回ってひとつひとつ集めた商品をこの先も永く残していけるよう構造的な修復や、表面の古くなった塗装を直したり、愛情を持ってリペア・クリーニングをし、これからも価値を増すビンテージ家具をお届けするための修復作業員の募集です。

職人気質で家具が修復で蘇る感覚にワクワクする方、まじめで明るく好奇心の強い方、気が効く方、創意工夫ができる方。それって自分のこと?って思った方、是非ご応募ください!

IMGP013240IMGP014538

[仕事内容]
メインは家具の修復作業です(小さなお店ですので、接客・配達・雑務も含みます)
細かな内容は面接時にお話しさせていただきます

[勤務地]
愛知県名古屋市中区大須1-4-7

[勤務時間]
10:00〜19:00
土日も含めて出勤お願いします
シフト制で月6-7日休み

[給料]
月給15万円〜20万円(研修期間有り)
交通費支給
社保完備

[年齢]
20歳〜30歳くらいまで

[性別]
不問ですが、大型の家具を日常的に動かしますので力仕事です

[応募資格・その他]
自動車運転免許証(必須)
木工作業経験者・塗装作業経験者

職人さんお待ちしております

[応募方法]
まずはメールで自己PRを添えてお問合せ下さい。追ってご連絡致します。





株式会社MODERN ANTIQUES
shop@palm-springs.jp 担当:長崎


(15:46)

2017年08月21日

本日アップしたTWAのウォールクロック

正直なところ、調べるまでトランス・ワールド航空という名前は聞き覚えがありませんでした。
特に深掘りすることもなくスルーしそうなところだったのですが。

「TWA」

この3文字に引っかかったんです。

というのも、私が子供の頃に愛読し、今は息子のお気に入りのひとつになっている絵本に出てくるから。

その絵本というのが、こちら。

eloise 1989
エロイーズ
作:ケイ・トンプソン


NYのプラザホテル最上階に乳母と2人で住む女の子(とんでもなく悪戯っ子)の話なのですが、そのママというのが文中に度々でてきて、超・セレブであることが伺い知れるんです。

で、その「わたしのママは〜」のくだりのひとつに、TWAとかAT&Tというのが出てきて。
この数十年、意味はわからないけど何かすごいことなんだろうな、と思っていたところ。

この時計を見たときに、もしかして!!とピンときて、調べてみたらトランス・ワールド航空だったというわけです。
文脈的にもトランス・ワールド航空でつじつまが合うので、間違いないでしょう。

ハリウッドスター御用達の航空会社だったようですし、エロイーズのママは差し詰めハリウッド女優とかそのあたりでしょうか。。。
子供心に謎めく存在だったので、個人的にこの発見はかなり大きなものでした 笑


で、このトランス・ワールド航空。
60年代に黄金期をむかえただけあって、とてつもないものを残してくれたんです。

建築系に強い方はご存知であろう、JFK空港のターミナル!

View-1_Exterior-TWA
TWA Hotel のHPから拝借


ミッドセンチュリーを代表するデザイナーのひとり、エーロ・サーリネンによるデザイン。

TWA_Flight_Center_IMG_6887no title

article-2214917-156C2D84000005DC-772_964x6661024px-5a28553r










とにかくどこを見てもスペースエイジらしくて、かっこいい!
残念なのは、閉鎖されていて見ることができないところなのですが、、、


なんと!


来年ホテルとしてオープンするそうです!!

しかも、当時のデザインを尊重しながらホテルとしての機能をもたせるということで、、


これは見にいきたい!というか泊まりたい!!


まだホテルのサイトはアナウンスだけで詳細不明ですが、かなり期待できるのでは。
お値段もすごそうですが 汗


少し前に一般公開(?)されたこともあったようで、日本の方の詳細レポートブログなどもあったので気になった方は検索してみるともっと色々な写真が見れますよ。

写真だけでも大興奮間違いなしのかっこよさです。


---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------


(13:55)

2017年07月31日

先日HPにアップしたファイヤープレイス。

鋳物のどっしりとした薪ストーブが主流の日本ではちょっと見かけないタイプなのでイメージがわかない、、という方も多いのでは?

というわけで、いくつか海外での使用例をご紹介します。



6a-red-fireplace-on-black-background-wall

室内にて。天井高にあわせて煙突を延長する必要がありますが、やっぱりかっこいいですね。
ホーローの軽快でシャープなフォルムはミッドセンチュリーモダンから現代モダンまでピリッと決まります。


8-Butterfly-Chair

こちらは外で。デッキの上がぐっとラグジュアリーな空間になっています。
炎を楽しむタイプの薪ストーブなので、アウトドア感もぐんと増して非日常を感じられそう。


modern-patio

屋根のあるテラスや中庭で。
インドア・アウトドア(中外があいまい)になってリラックスできる心地よい空間になっています。




”暖をとる”というより”ゆらめく炎を見て楽しむ”ためのものという印象が強いファイヤープレイス。

冬のある日本では熱効率の悪さばかりに目がいってしまいそうですが。。。

でも、キャンプなどで炎を囲んだときのあの何とも言えない安らぐ気持ちを考えると、あながち無駄ばかりではなく生活に見えない豊かさをもたらしてくれるアイテムなのかも。



ちなみに、ミッドセンチュリーハウスのモデルハウスではアトリウム(中庭)に同型のファイヤープレイスを設置予定。

スタッフも庭に置きたいと狙っているとかいないとか、、



ミッドセンチュリーインテリアを目指しているなら、要チェックのファイヤープレイスです。

商品ページはこちらから。

---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------


(13:16)

2017年07月23日

ここ数年のインテリア誌の変化にみなさまお気づきでしょうか。

今までは日本のおしゃれなお部屋をピックアップした記事が多かったかと思いますが、このところ海外のお部屋を取材したページが増えているように思います。(ただこれは私が好んで見えいる雑誌だけなので偏見かも)

海外のお部屋。憧れますよね。

一言で表現すると、人も部屋も一緒で自分らしさが確立されていて、アレンジが上手。ってなところでしょうか。

日本人が海外の部屋をマネしようとすると、スタイルにこだわり過ぎていい意味でも悪い意味でもショールームみたいになってしまうことが多いですね。正解はないのに正解を求めるような…

今日ご紹介させていただくお客様の住人は、60代のご夫婦(主に奥さま)のお部屋。終の棲家への住み替えで、お邪魔させていただきました。さすが年の功あって、お引越し早々にも関わらず、すでにご本人らしい素敵なお部屋になっていました。

玄関脇のチャーナーチェア(休憩用)。
IMG_2596


玄関からはこんな光景が見えます。
IMG_2588


ちなみにこちらは薪ストーブならず、石油ストーブ。給油も壁裏のタンクから自動的にできるそうです。IMG_2585

脇にはセンス良い飾りが並ぶシェルフ。
IMG_2577


居心地がよくて、ついお茶菓子をいただいて長居してしまいました。
IMG_2583

海外のように人が集うリビングには椅子が多く置かれています。
IMG_2573

テレビ台になっているのはアンティーク(中国っておっしゃったかな)の箪笥。
IMG_2575




終の棲家とはおっしゃっていましたが、いつもパワフルで、ご来店されるとつい話し込んで1時間。なんてざら。
もしかしたら、終の棲家の住み替えもまたあるかも??と思わせるお客様です!あったらまたブログにて、ご報告しますね。


---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------


(19:43)

2017年07月07日

本日、アメリカからのコンテナ入荷しました!

店内気温が2・3℃上がりそうな濃い入荷内容です。
全ジャンル大充実となっておりますので、
大物を探している方も、何か面白いものないかな〜という方も、お見逃しなく!


[倉庫開放のスケジュール]

期間:7月8日(土曜日)〜7月17日(月・祝日)まで
場所:名古屋市中区大須1-4-7
※営業時間、木曜定休は通常通りです

ストックリストも更新しましたので、遠方の方はこちらをチェックしてください!
http://www.palm-springs.jp/stock.html


スタッフ一同心よりお待ちしております。

---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------



(15:43)

2017年07月05日

暑さが日に日に厳しくなっているなか、金曜にアメリカからのコンテナが到着します!

つきましては、7日金曜は店舗お休みとなります。
メールやお電話の応対も不規則となりますので、ご了承ください。


[ コンテナ入荷に伴うスケジュール ]

7月6日(木):定休日

7月7日(金):店舗お休み

7月8日(土):通常営業・倉庫開放スタート
☆倉庫開放の詳しいご案内は7日に改めてお知らせします。


家具・ランプ・雑貨など全ジャンルが大ボリュームの入荷です。
お楽しみに!


---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------


(14:12)

2017年06月17日

こんにちは。
前回に引き続き、リペア担当大原です。

今回も先日の買い付けの様子を紹介していきたいと思います!



買い付けでは基本的にトラックでの移動になります。

フリーマーケットの日は登ってくる朝日に目を奪われそうになり、ハイウェイでは絵になるダウンタウンのビル群を横目にひたすら走ります。

DSC_0051 (1)


DSC_0074




海外に住んでいたりした僕ですが、海外で車を運転するのが初めてだったのです!

なので、慣れないルールなどにアタフタすることもしばしば。赤信号でも右折できるルールには最後まで馴染めず・・・。




でも、フリーウェイに乗ってしまえばまっすぐ走るだけ!よし。いけそうだ!

少しだけ気持ちに余裕ができ、ふと気になったのですが、路肩に黒い木の枝のような様々なサイズの破片が20m間隔くらいで度々現れるのです。どこまで行っても現れる黒い物体。「なんだあれ・・」段々もやもやしてきます。




「は!タイヤか!」




答えはバーストしたタイヤの破片でした。あまりの数がそこに置き去りにされているので(とはいえ路肩ですが)、瞬時にタイヤと気づかなかった僕は日本のクリーンな道路に慣れきっている!ということなのかもしれません。






そんな道中を楽しみながら買い付けはどんどん進んでいきました。今回の買い付けで目立つアイテムとしてはポスターやアート。いままでポスターなど避けていたわけではありませんが、やたらと今回は多く入荷致します。


アレクサンダー・カルダーというアーティストをご存知でしようか?1930年頃よりドローイング、彫刻など様々な作品を残し、モビールの発明で有名なアメリカの現代美術家です。

yjimagePQED97YM
このように彫刻にモビールを使い、動きを持たせた作品を創作した先駆者でもあります。


お恥ずかしいのですが僕、今回の買い付けで初めて彼のアートワークを間近にしその名前を知ったのです。帰国後彼の作品などを拝見していると、どこかで見覚えがあるような、無いような・・・。いや!これは!

t02200330_0467070010477406227

名古屋市美術館の入り口前にあるあの存在感のあるオブジェ!子供のころ滑り台だと思って滑ろうと思ったけど、滑れなかったあのオブジェ!

カルダーの作品がこんなに近くに!

そんなカルダーのアートピースも数枚入荷します!

DSC_0092

DSC_0091

DSC_0089




パームスプリングにお越しの際はすぐ近くにある、名古屋市美術館にて彼の作品も見ていかれてはいかがでしょうか?より身近に感じられること間違いなしです。




今回の買い付けアイテムは7月上旬入荷予定です!
楽しみにしていてくださいね!


おまけ。アメリカのスーパーと言えば、想像のつく方も多いと思いますがスケールが本当にでっかい!




DSC_0088



このリンゴの数!リンゴだけでこの品揃え!(こんなにいるのか!?)

ある意味、アートを感じます。


リペア担当の大原でした。



---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------

(20:03)

2017年06月03日

こんにちは。実はブログでは2回目の登場、リペア担当の大原です。

まだ、パームスプリングズに入って日の浅い僕ですが、なんと買い付けに連れて行ってもえることになりました!買い付けに同行するということが目標でもあった僕ですが、こんなにも早く行けるなんて!

今回の買い付けの日程で僕は後半より参戦だったので一人でアメリカまで行く訳です。先に旅立ったオーナーが旅立つ前に残した現地での合流の目印は、「黄色いでかいトラック」・・・・ざっくり!



でも、大丈夫!海外渡航には少しばかり自信のある大原です。空港にはWi-Fiが飛びまくっていて、LINEだってできちゃいます。全然大丈夫です。

なーんて思っていたら、成田で乗り換えの時間がなさすぎてターミナルを爆走する羽目になりました・・・。この時スーツケースのタイヤを傷め、後にホイールがもげることになるとはこの時はまだ知る由もありませんでしたが。



前置きが長くなりましたが買い付けの様子を。
DSC_0077

DSC_0078

こちらはフリーマーケット。当日の朝は早いです!朝6時頃会場に入るのですが、すでにベンダーさん(売り手の方々)は集結しており開店準備を進めています。

なかにはすでに陳列を終えコーヒーをすするものまで!だけれど、すべてのお店が開くのははやり昼前くらい。僕は2箇所のフリーマーケットに足を運んだのですが、やはり楽しいですね!雑貨から家具、ジャンクなものや手作りのもの、ありとあらゆるものがそこらじゅうに広がっています!一つづつ丁寧に見ていくと、あっとゆう間に時間が過ぎてしまします。まるで宝探しのようにいろいろなブースを見て回ります。




街中での買い付けでは、倉庫など大きな建物がある場所に行くことが多くその建物たちが煉瓦造りであったり、とても雰囲気のある場所であることがたまらなかったです!




DSC_0055 (1)




こんな裏道を抜けて




DSC_0054 (1)



この裏口をあけると・・・・




DSC_0056



どーーーん!なんとまあ!

一見ただの古い倉庫のように見えますが、中にはお宝が眠っていたりします!これを探し当てるのが買い付けの腕ですね。

個人的にアメリカの旧市街のような裏路地のこの雰囲気が大好きです。あんまりいい場所じゃなかったりするですけど、歴史を感じたり、そこに根付くカルチャーだったりをひしひし感じるのです。



IMG_5164




時にはガレージにお邪魔したりも!なかなかいい品を溜め込んでいたりします。



IMG_5161

この人のガレージ?は壮絶でしたね!笑

一回にはものが散乱していて、掘り出したいやら掘り出したくないやら複雑な心境!

そして、大のプロレスファンみたいで「豊橋総合体育館」とかかれた日本のプロレスのポスターを見せられある選手のことを力説されましたが、ごめんなさい、全然しらないっす・・。同じ愛知からきましたとも言おうか言うまいか・・。でも、とってもきさくないい青年でした!

IMG_5165



こちらは家を丸ごと倉庫にされているディーラーさんのお家。

家具もさることながらアートピースもかなり多くあり、中にはダリのサイン入り絵画も!本当にー??なんてい言いつつ、色々拝見させてもらい夜だったのにもかかわらず優しく接してくれました。




買い付けに同行でき、日本ではあまり見ることのできない家具や、まだ現役で使用されているアメリカのリアルなモダンの家具などとても勉強になったと同時に、こうやって色々な人を訪ね、様々な人に会うことによって会話を重ねていき、人とのつながりを実感することができました。

今回感じたことも日本に持ち帰り、いいリペアができればなと思います。



買付けブログ2につづく。



---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------

(14:17)

2017年05月19日

このブログでも何度かヘイウッドに魅せられたお客様のお部屋を紹介してきましたが、今回のお客様はパームスプリングスのヘイウッド史上、1,2を争う揃いっぷりだと思われます。

若い時に買ってきたものが結局数年で使えなくなるものも多くあり、そんな経緯を考えると、長く使えるしっかりとしたもので揃えたいとお話ししてくれました。

実は2度お届けに伺っているのですが、毎日リビングで堪能されヘイウッドの良さを再確認。しばらく経ってからの2回目のお届けとなりました。

こちらが1回目でお届けしたリビングアイテムの「サイドボード」「ナイトスタンド」「コーヒーテーブル」「オリジナルソファ」。IMG_1609
光があたったときの滑らかな光沢がたまりませんね。
IMG_1614

IMG_1611


2回目のお届けは、「ダイニングテーブル」「チェア」「カップボード」。そしてかなり珍しいアイテムの「ディバイダー」が入りました。
IMG_2332

ヘイウッドのショールームみたいです!(創設のヘイウッド兄弟が知ったら涙ものだろうなぁ)
IMG_2331

ディバイダーにはスライドするテーブルが付いていて、なんと両面から使えるようになっています。
IMG_2328



新しいものを作ると、相当なエネルギーを要します。作るなら長く使える物を、もしくは今残っているものを使い続ける。人間はそれをつなげられる生き物。なかなか深いですね。


---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------

(17:20)

2017年05月08日

パームスプリングスHPのバナーでもお知らせしていますが、ミッドセンチュリーハウスのHPをリニューアルしました!

これまであちこちで書いていたアメリカのオープンハウスレポートも新たにページを作りまとめましたので、ぜひ見てみてくださいね。


さて、今回のブログはそんなオープンハウスレポートの第9弾。

モダニズム建築にはいくつか世界的に一般まで知れわたった名建築がありますが、こちらもそのひとつ。
ミース・ファン・デル・ローエが手掛けたファンズワース邸です。

DSC100303


アメリカのイリノイ州、プレイノ。フォックス川のたもとの緑豊かななかに佇んでいます。
現在は保全団体によって保護されていて、春から初冬にかけてツアー見学することができます。


買付けの合間に見学に訪れたのも秋が深まったころ。
シカゴから車で1時間半ほど。あたりがどんどん田舎の風景になるなかをぐんぐん走ります。

「こんな田舎町に、モダニズム建築があるの?」と車中で話したほど。

曇っていることもあり、この日はとても寒かった、、、
粉雪がチラチラまっていたところもあり、冬の訪れを感じる日でした。

そしてこの寒さが、後々ファンズワース邸の底力を強く感じさせてくれることになるのですが。


川沿いをしばらく走ると、フェンスに囲われたエリアが。

敷地入り口には簡素な横断幕。

DSC100252DSC100259






入るとビジターセンターやギフトショップがあって、建物の解説や資料、施主である医師、Edith Farnsworthについてのパネルや映像展示が。

中で受付をして、ガイドさんや他のツアーメンバーとともにいよいよファンズワース邸へ。



ファンズワース邸があるのは、川岸の林の中。日本でも大きな河川の下流域では木が生い茂った幅の広い岸になっていますが、あの感じです。

紅葉した木々や葉をおとした木々の間を歩いて林(もはや森のようですが)を進みます。

DSC100287DSC100288






途中はフォックス川の支流(?)もあったりして、ちょっとしたハイキングのよう。
新緑の季節も気持ちいいんだろうなー。


そして、見えてきた建物。

常緑の芝と落ち葉や赤・黄に紅葉した木々の色鮮やかな中に佇む、真っ白な建物。

DSC100295


骨組み以外がガラスになっているので、余計フレームの白いラインが際立っていました。

DSC100299


居住部分と、そこからひと続きになった屋根のあるテラス、一段下がったステージ状のデッキ部分の3構成。
鉄骨柱8本と2つの平行な平面。

鉄骨フレームがむき出しで、居住空間もおおきな一部屋を中央のボックスをつかってゆるやかにエリア分けした、みるからにシンプルな作り。


ですが、ミース・ファン・デル・ローエはこのプランを作るのに最終的に167枚もの図面を描いたそう。

彼が目指したのは、多くの人が思うこの家の印象「前衛的なアートとしての家」ではなく、豊かな自然の中で時に自然から独立し、時に自然と融和する、そんな生活ができる場所でした。

このオープンデッキはそんな思いが現れているのかもしれませんね。

DSC100330




さて、デッキやテラスも室内も、大理石タイルが敷き詰められています。外でのガイドを寒さをこらえて聞いたあと、室内へ移動、、と思ったら。

「靴は脱いでください」との指示が。

屋根付きテラスで靴を脱がされ、キンキンに冷えた大理石の上を歩くという拷問。
これでずっと見学するとか、無謀。

、、、と思ったら。


室内に入ると、そんなに寒くない!

DSC100352


足元は床暖で靴下越しに優しい暖かさ。空間も、ガラス張りで想像していた温度とは明らかにちがいます。


パームスプリングスの同時期のお家にも床暖は入っていますが、あの気候だからまかなえているんだろうと思ったら。

こんな寒い、しかもガラス張りのお家でも靴下をとおして温かさが伝わってくるなんて。
大理石だから遠赤外線的なじんわり中から温まるかんじもあるような。。

ちなみに後になってヒーティングシステムを調べたら、こんなふうにしっかりと配線されてました。

farnsworth-house-construction-details-27-638


外側は線の間隔が狭くなっていて、ガラス付近の寒さをシャットアウトする工夫も。

ミース・ファン・デル・ローエ、恐るべし!です。


DSC100357


家具はもちろんミースデザインのもので揃えられ、インテリアはシンプルに。

ベッドはサイドテーブルがスライド式で一体になったものを作ったり、収納の扉も取っ手の金具や掘り込みなどをつけず、パネル扉を隙間をもたせて設置することで手掛けにしていたり。

随所にミースの哲学が見て取れました。


そしてこの居住空間をつくる中央のボックス。リビング側は暖炉と収納、その反対側はI型のキッチンになっています。

DSC100367DSC100370





テラス側の短辺の中はバスルーム、その反対側は寝室エリアになっていて、ボックスの中には同様にバスルームが入っています。

farnsworth-house-construction-details-12-638


当時はリビングとベッドエリアの間に、ディバイダーのようなシェルフ(本棚)があったそう。


箱の中央に配管や配線がまとめられているので、その外周にあたる居住エリアはすっきり!

カーテンもレールを綺麗におさめて目立たなくしています。
ガラスもほとんどがfixガラスで、その収まりも見事。

DSC100321DSC100365






生活感が極力抑えられて、外の景色と溶け込むような空間になっていました。


DSC100338


なんといっても南側はすぐそこにフォックス川。
地面のレベルもほとんど変わらないので、デイベッドに寝そべれば川に浮いたようなそんな感覚で寛ぐことができそうでした。




部屋を出て建物の下をのぞくと、8本の柱のほか配管の太いパイプしかないのがよくわかります。

配線や配管もひとまとめにして、外観のおさまりまで考えてありました。
こういった細部まで目を配った設計が、名建築たる所以なのでしょうね。。

DSC100397


白いカーテンをぐるりとひけば、夜はふんわりと光る建物が浮かび上がってみえるのだろうな、、
きっとそんな姿までイメージしていたんだろうと思います。

DSC100402




名残惜しい気持ちもありつつ、建物をあとに。



写真などで見ていた名建築。

実際に見てみるとそのアウトラインのすばらしさはもちろんですが、細かな部分まで計算された美しさには脱帽でした。
やっぱり後世にのこるものはこういったところから違うんだな、と。

まさに、"God is in the details"。
ミースの哲学をひしひしと感じたファンズワース邸見学でした。










[おまけ]

さて、建物の下をのぞいた写真でもわかる通り、鉄骨フレームにはサビがかなり出ていました。

もちろん長年の風雨や経年によるものもあると思いますが、じつはファンズワース邸はある問題に直面しています。

それは、メインの眺望でもあるフォックス川の氾濫。
川岸に建っていることもあり、近年はとくに頻繁に浸水しているそう。

farnsworth-flood


現在は、
.譽戰襪鬚気蕕望紊欧襦
移築(少しおくまった高いところ)、
ジャッキアップ機能(水力や機械)をとりつけて氾濫時は建物(デッキ除く)を持ち上げる、
の3案を検討しています。

建物が朽ちてしまっては元も子もないですもんね。
でも、フォックス川と共存するように佇むファンズワース邸が見られなくなるのも少し寂しい気がします。

なので、個人的には一番突拍子もないとも思えるのリフトアップ案が良いかな。 

(16:02)

2017年04月24日

家具屋のせいか、ドラマのセットやCMの部屋についつい目が釘づけになってしまう私。

今日のお部屋紹介のお客様は関東からわざわざご来店され、家具を発送。その後お送りいただいた写真がまるでドラマのセットのような素敵なお部屋でしたので、ご紹介させていただきたいと思います。

シングルのsofaを2脚セレクト。左側のsofaはご希望の生地に張替えたものです。お部屋に置かれた写真をみて、この生地をセレクトされた意図が分かりました。
IMG_0093

こちら中古物件を大掛かりにリノベーションされたそうで、壁の色使いや建具がとっても魅力的です。床の大柄なヘリンボーンもパターンが活かされています。繝輔ぃ繧、繝ォ_003

sofa前の大理石テーブルやナイトスタンドをパームスプリングスから。繝輔ぃ繧、繝ォ_008
リビングには、幾何学模様にガラスがはめられた格子枠が素敵。

階段脇にもアイアンでパーティションを製作されたそうです。ランプもパームスプリングスから。
繝輔ぃ繧、繝ォ_005(1)繝輔ぃ繧、繝ォ_004

2Fのお部屋にはサイドボードと白いアートボードを。
繝輔ぃ繧、繝ォ_000(1)

お部屋のポイントとして、幾何学模様のパターンが入れられていて世界観が統一されていますね。配分を間違えるとくどくなってしまう難易度の高いコーディネートで、バランスの良いお部屋です!


ところで、、あちらこちらに猫ちゃんが写っていますが、、世の中空前の猫ブームと言われていますね。

お引越し後、猫を飼うようになったそうですが、せっかく素敵にリノベーションをした部屋にお気に入りのヴィンテージ家具を置いて素敵な空間が仕上がったのに、猫用品の残念なラインナップに直面。

SNSなどで同様の意見があることに気が付き、納得いく商品がないのであれば、作ってしまおう!という発想から、引いては海外ブランドのセレクトまでを取り扱うネットショップを立ち上げたそうです。

しかも、ミッドセンチュリーモダン合わせてデザインされたフードスタンドと、爪とぎはオリジナル商品。
e5a73f531d8723c1da055148b0869651[1]繝輔ぃ繧、繝ォ_000

特徴をしっかりと押さえたデザインが超かわいいです!これならお部屋にずーっと置いてあっても気にならない。毎日使うものですのでむしろ気分が上がりますね!


こちらは商品ではありませんが構造上抜けない筋交いには、うまい具合にキャットタワーをMIXされています。
繝輔ぃ繧、繝ォ_002

ホームページのトップの猫ちゃんも写真に写っていますので、ぜひ探してみてください。とっても美人さんです。

*****************

DecoraMeow デコラミュウ

公式サイト:http://decorameow.com
オンラインショップ:http://shop.decorameow.com/
Instagram:https://www.instagram.com/decorameow.ig/
Facebook:https://www.facebook.com/decorameow/

*****************


---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------

(16:47)

2017年04月12日

ここ数日寒かったせいで桜がまだ綺麗な本日、イギリスからのコンテナが入荷しました!
IMGP7293IMGP7292

コンテナ入荷案内の一斉メールを送信させていただいた途端、続々とお問合せをいただいており、感謝感謝。


さて、恒例の倉庫開放のお知らせです。

期間:4月14日〜23日まで

場所:パームスプリングス 2F倉庫

ポイント:倉庫では奥になっていたり眺めているだけではイイものが見つけにくくなっています。スタッフを捕まえてどんどん質問してくださいね。的確に、親切に、楽しくアドバイスいたします!

IMGP7297IMGP7296IMGP7294IMGP7295

ご遠方でなかなか行けない、、という方はこちら。
http://www.palm-springs.jp/stock.html


皆様のご来店、お待ちしております。


パームスプリングス スタッフ一同

---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------

(18:42)