2022年12月24日

パームスプリングスが10周年の時に作ったブラジリアのリーフレット。あれからお店で配布しているのですが、抽選も始まったことだし改めてご紹介させていただきます!


---------History of BROYHILL-------
ブロイヒル社はJames Edgar“Ed” Broyhillによって設立されました。
彼はそれまで兄の家具業を手伝っていましたが、そこでは製造していなかった椅子に目をつけてLenoir Chair Co.を設立。1930年代、兄の会社とエドの会社は世界恐慌にもかかわらず成長を続けます。
そして1937年、エドは両社を統合しBroyhill Furniture Industriesと名付けました。
ブロイヒル社はさまざまな分野からインスピレーションをうけ家具のデザインへ落とし込んでいきました。
エドの息子、ポールの若い感性も取り入れられ、1950年代にはブロイヒルはブランドとして確立。
60年代初頭にポールがCEOに就任したのちも、コンピューターを工場に導入するなど革新的なアイディアで成長をとげていきました。
そのクオリティは健在で、Heritage Home Groupの傘下となった現在でもトラディショナルファニチャーの分野でその名をとどろかせています。


---------Story Of Brasilia---------
1956年ブラジルの首都が移転となります。新都ブラジリアの建造物設計を担ったのが建築家オスカー・ニーマイヤー。
彼はルシオ・コスタの招きで来伯したル・コルビュジエと共に、ブラジルの保険庁舎や52年にはNYの国連本部ビルなどを手掛けた有能なデザイナーでした。
新たなコミュニティ、もっと言えばブラジルという国の新しい時代を作っていく街にはどんなデザインがふさわしいのか。
彼がモチーフにしたのは、ブラジルの飛躍や推進力を願うかのような、航空機や鳥のような飛翔物でした。
d567962991d68b59156a20c3249a7556そして自身の探求テーマでもある自由な曲線とコンクリートの可能性も追求していきます。そうして、新しく生み出される都にふさわしい新しいデザインの建造物が作られたのでした。
無題


---------Brasilia Furniture----------
当時すでに家具メーカーとして人気を確立していたブロイヒル社ですが、その向上心や革新的なアイディアを求める姿勢は変わりませんでした。
それまでの家具デザインとは抜本的に違うデザインを探し求めていたデザイナーたち。彼らの目に、新首都ブラジリアの自由な曲線を多用した新しいデザインがとびこみます。
運よく自社デザイナーの中にその建造物をデザインしたオスカー・ニーマイヤーと働いていたことのある人物がいて、ライセンスをとり家具へと落とし込むこととなったのでした。


・ブラジリアの首相官邸と5段チェストやダイニングチェア
1024px-Palacio_da_Alvorada_Exterior

06281236_60d943d5869f3
横からの光があたると立体感のあるプライウッドや金物の取っ手の美しい陰影がでます

07301538_5d3fe5f8628ba

・大聖堂とカテドラルテーブル
8-7-1024x683

cathedoral brasilia
大地から集約された気流が空へと昇っていくような美しいストラクチャーがそのまま活かされたテーブルの脚。その佇まいは建物に引けをとらない気品があります。

・プラナルト宮 とナイトスタンド
1931-7x3[1]

b_021-0164-1
シリーズに共通するシャープな脚は、このプラナルト宮のストラクチャーからきているよう。見る角度によって表情が変わる。

・ファブリックやタイルデザインはメインテーマである航空機や鳥のようなモチーフでパターン化。
e74e8b1f7976c301a5866867cb26bb38 - コピー

・引き出しの内側に取り付けられているタグは年代によって少しずつ変化していく。
flickr_kinzco_firstlabel


ブロイヒル社のブラジリアシリーズは1963年のシアトル万博のブラジルパビリオンで発表され、その後半世紀以上経った現代でも次々に新たなファンを獲得しています。
目にした人をぐっと惹きつける魅力があるのがブラジリア。
もしかしたら、特徴的なパターンに込められた、大空を飛ぶ航空機の上昇するイメージや、自由な空気を知らず知らすのうちに感じ取って惹かれているのかもしれませんね...

5684929866_f477c89b9e_o

そんな心に響く家具をここ日本で紹介できることを誇りに思います。

ホームページでブラジリアを検索!


---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]

ウェブサイト http://www.palm-springs.jp

facebook https://www.facebook.com/palmsprings

instagram https://www.instagram.com/palmsprings.vintagefurniture/


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------


(18:29)

コメントする

名前
 
  絵文字