買い付け

2017年06月03日

こんにちは。実はブログでは2回目の登場、リペア担当の大原です。

まだ、パームスプリングズに入って日の浅い僕ですが、なんと買い付けに連れて行ってもえることになりました!買い付けに同行するということが目標でもあった僕ですが、こんなにも早く行けるなんて!

今回の買い付けの日程で僕は後半より参戦だったので一人でアメリカまで行く訳です。先に旅立ったオーナーが旅立つ前に残した現地での合流の目印は、「黄色いでかいトラック」・・・・ざっくり!



でも、大丈夫!海外渡航には少しばかり自信のある大原です。空港にはWi-Fiが飛びまくっていて、LINEだってできちゃいます。全然大丈夫です。

なーんて思っていたら、成田で乗り換えの時間がなさすぎてターミナルを爆走する羽目になりました・・・。この時スーツケースのタイヤを傷め、後にホイールがもげることになるとはこの時はまだ知る由もありませんでしたが。



前置きが長くなりましたが買い付けの様子を。
DSC_0077

DSC_0078

こちらはフリーマーケット。当日の朝は早いです!朝6時頃会場に入るのですが、すでにベンダーさん(売り手の方々)は集結しており開店準備を進めています。

なかにはすでに陳列を終えコーヒーをすするものまで!だけれど、すべてのお店が開くのははやり昼前くらい。僕は2箇所のフリーマーケットに足を運んだのですが、やはり楽しいですね!雑貨から家具、ジャンクなものや手作りのもの、ありとあらゆるものがそこらじゅうに広がっています!一つづつ丁寧に見ていくと、あっとゆう間に時間が過ぎてしまします。まるで宝探しのようにいろいろなブースを見て回ります。




街中での買い付けでは、倉庫など大きな建物がある場所に行くことが多くその建物たちが煉瓦造りであったり、とても雰囲気のある場所であることがたまらなかったです!




DSC_0055 (1)




こんな裏道を抜けて




DSC_0054 (1)



この裏口をあけると・・・・




DSC_0056



どーーーん!なんとまあ!

一見ただの古い倉庫のように見えますが、中にはお宝が眠っていたりします!これを探し当てるのが買い付けの腕ですね。

個人的にアメリカの旧市街のような裏路地のこの雰囲気が大好きです。あんまりいい場所じゃなかったりするですけど、歴史を感じたり、そこに根付くカルチャーだったりをひしひし感じるのです。



IMG_5164




時にはガレージにお邪魔したりも!なかなかいい品を溜め込んでいたりします。



IMG_5161

この人のガレージ?は壮絶でしたね!笑

一回にはものが散乱していて、掘り出したいやら掘り出したくないやら複雑な心境!

そして、大のプロレスファンみたいで「豊橋総合体育館」とかかれた日本のプロレスのポスターを見せられある選手のことを力説されましたが、ごめんなさい、全然しらないっす・・。同じ愛知からきましたとも言おうか言うまいか・・。でも、とってもきさくないい青年でした!

IMG_5165



こちらは家を丸ごと倉庫にされているディーラーさんのお家。

家具もさることながらアートピースもかなり多くあり、中にはダリのサイン入り絵画も!本当にー??なんてい言いつつ、色々拝見させてもらい夜だったのにもかかわらず優しく接してくれました。




買い付けに同行でき、日本ではあまり見ることのできない家具や、まだ現役で使用されているアメリカのリアルなモダンの家具などとても勉強になったと同時に、こうやって色々な人を訪ね、様々な人に会うことによって会話を重ねていき、人とのつながりを実感することができました。

今回感じたことも日本に持ち帰り、いいリペアができればなと思います。



買付けブログ2につづく。



---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------

(14:17)

2016年10月21日

先月EU&UKへ仕入れに行ってきました。その後、先日のイベントの準備、実行やら来月のアメリカ仕入れなど、相変わらずのバタバタスケジュールです。

さて、イギリスヴィンテージに引き続き、去年からはヨーロッパへも出向いておりますので、そのレポートです。(去年はブログを書いていませんでしたごめんなさい)

名古屋からのヨーロッパ直行便は、現在、北欧ヘルシンキとフランクフルト(2日に1便)の就航。名古屋は小さいなぁと感じる瞬間です。ま、イギリス以外は陸続きなので走ればいいんですよ走ればね。ということで今回は9日間の最短日程でイギリス含め4カ国走り抜けました。

DSC02498DSC02537DSC02663


場所にもよりますが、ヨーロッパって古い建物を活かして町が成り立っているため、都市部は特に似たような建物に店舗やスーパー、アパートがあり、見慣れないとどこに何があるかわかりづらい所も多々。
DSC02497こちらはスーパー

旅行であればそれも楽しいのですが、買付けではそんなことを楽しんでいる余裕はなく、どれだけ仕入れに集中できるかがカギ。余計なストレスは避けたいのが内情です。
なので寂しい話、買付けでの食事の大半はファストフードか持参のラーメン&サトウのごはんだったりします。夢のない話はこれくらいにして。。



アメリカ同様、フリーマーケットやショップ、ディーラーさんの自宅、倉庫を体当たりで回ります。

DSC02514DSC02550
DSC02530DSC02479DSC02485

ヨーロッパの大型の家具は運搬の都合上控えめにして、ランプや小物、チェアなどを中心に買い付けました。

DSC02422DSC02426DSC02461DSC02504DSC02511DSC02517DSC02589DSC02590DSC02591

そんな数日を過ごし、イギリスのディーラーさんのところへ。イギリスへは船で海を渡ります。電車に車を乗せて海底トンネルでもいけるのですが、また追々。今回は時間節約のため、船中泊にて渡りました。ちょっとだけセウォル号がよぎりますが、結局爆睡でイギリスインです^ ^

DSC02796DSC02682

イギリスではディーラーさんのところに去年も伺っているので、とっても安心。ただ今回イギリスは1泊のみと強行スケジュールで買付けのみで、はい終了。でした。

DSC02712DSC02724DSC027361352

そして最終日前日、買付けも終わりベルギーにて迷子に。この便利な世の中で、ナビがあるにもかかわらず迷子(苦笑)。どうにもホテルがわからず、通り沿いにあったパブで聞いてみることに。

ヨーロッパって英語が通じつところ(人)と通じないところがあって、酔っ払いのオッサンたちは後者。何語を喋っているか全くわからず(たぶんオランダ語?)、、でも色々教えれくれて(理解できませんが)十数分。
ようやく釈放され、ホテルに到着しました。翌日5時出発にもかかわらず時刻は12時前。超ショートステイの最終日となりました。DSC02799

帰りも同じフィンランド、ヘルシンキ経由。マリメッコ、イッタラ、ムーミンに群がる日本人と共に名古屋へ無事到着しました。

コンテナの到着は11月末ごろ。来月のアメリカ便もそのあとに続きますので、年末年始のパームスプリングスもお見逃しなく!コンテナ到着前にまた告知しますね^^お楽しみに。


---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------


(16:09)

2016年06月05日

スタールハウス。

名前をきいて「あれね!」と思う人も多いでしょうし、これからご紹介する写真を見て「あぁ、見たことあるある!」という人もたくさんいるでしょう。


そんな世界的にも超・有名な家。

建築家はPierre Koenig。以前ブログにも登場したCSH#21を手掛けた人です。鉄とガラスを使った設計の先駆者ともいわれ、ケーススタディハウスプロジェクト以外でも多くの名作ハウスをのこしています。


抜群のロケーションの土地を手に入れたのはいいけれど、自分たちの要望も土地の難しさもクリアしたプランを出してくれる人が現れず2年ほど試行錯誤していたスタール夫妻。

そんな彼らの前に現れたのが、若きコーニッグでした。
彼は夫妻の心を射止めるプランを提案し、ケーススタディハウスプロジェクトにも組み込んで、、、

そうして13か月ほど後にできたのが、スタールハウスです。




前置きはほどほどにして、、、

では。


スタールハウスツアー、スタート!






IMG_7139

曇りガラスのエントランスドアをあけると、、、、














IMG_7141
いきなりこの有名すぎるアングル!



IMG_7142
床とフラットに近いプールを囲んで、L字の作り。思いのほかコンパクトです。敷地面積は200坪ほど。


IMG_7145IMG_7147










ここと、もう一部屋続きで部屋があって、子供二人で分けてつかっていたそう。
ベッドヘッドのところの壁のむこうにバスルームがあります。

IMG_1277

ミラーの使い方も斬新!外の景色がうつり込んで、壁なのに抜け感や爽快さを感じられます。


入ることも見ることもできませんでしたが(現在も住んでいるため)、この右奥にマスターベッドルームがあり、家族水入らずでテレビをみたりリラックスして過ごすファミリーリビングの役割もあったとか。




IMG_1272

廊下というものがないので、部屋を通って移動するか、プールサイドを通って移動します。


IMG_7149
キッチン。
部屋の中の部屋みたいなコーニッグお気に入りのスタイル、キッチンブース。
天井は格子のメッシュになっていて、天井からのスポットがメッシュを通ってキッチン内をふんわり照らします。

IMG_1279
外側はピンクベージュのレザーのようなものが張ってありますが、内側はオーク材で統一されたナチュラルな雰囲気。
もちろんキッチンからもロサンゼルスの街が一望できます。

IMG_7150
東側もこの景色!手前がダイニングで、右側の暖炉をはさんで向こうがリビング。

ちなみに主寝室についたバスルームからもこの景色が見えるそうで、毎朝歯磨きしながら朝日に染まるこの景色がみれたら、、最高でしょうね。


IMG_7152
有名すぎるリビング。ロサンゼルスの街が一望!
照明の配置も抜群に素敵。

左側にちらりと見える部分が土地の先端で、リビングから出ることができます。絶景とスリルの両方を独り占め。



家具などのインテリアは定期的に変えているようで、これまで誌面などで見ていたのとは違ったインテリアが楽しめました。




IMG_7165
エントランス(内側)。スクリーンブロック使いはさすが。視線は遮り光と風は通す。

IMG_7166IMG_7148











屋根を四角くくりぬいて、空と日差しを取り込んで。




IMG_7178
名残惜しくてもう一度このアングルから。

すこし日が傾いてオレンジがかった姿をみることができました。

夜は町並みのキラキラとした光の上に浮いているような感じに見えるのでしょうか、、想像しただけでも素敵すぎる。


IMG_7187IMG_7188











植栽もかっこよくて、最初から最後まで感嘆しっぱなしのオープンハウスツアーでした。











余談ですが、このもう少し下のところに背丈をはるかに超える巨大なストレリチア(たぶん)が生えていて、その凶暴そうな姿に衝撃をうけたのがツアーの締めくくりに。。

IMG_1347 - コピー
クリックして拡大してみてもらうとわかると思いますが、人の背丈も車高もかるく超える大きさ!
このサイズのがいくつも狂気をむき出しに生えていました、、

IMGP3345

小さければこんなに可憐なのに。





---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------


(16:11)

2016年05月28日



初めての買い付けレポートとして3回にわたってお送りしましたが、今回は番外編。

前回の買い付けは先日公開となったミッドセンチュリーハウスの視察も兼ねての渡米でした。

今回はそのごく一部を先行公開!





ミッドセンチュリーデザインのメッカであるパームスプリングス。建物も数多くの名作がありました。

有名どころからちょっとマイナーなお家まで、たっぷりの写真を見ながら一緒にドライブしている気分でお楽しみください!


では、ミッドセンチュリーハウスツアー in パームスプリングスへ出発!

IMGP3245

高級住宅街はいつの時代も、国が違えど高台にあるようで。。

山沿いのエリアへと向かいます。



が、その前に、、

IMGP3251
ノイトラの手がけたお家。
外からは建物がほとんど見えませんが、門構えや植栽はノイトラっぽさが感じられます。

ハウスナンバーはノイトラフォント!(写真クリックすると拡大して開きます)

IMGP3276

岩がごろごろの山の中腹あたり。ここで待ち構えているのは、、

IMGP3287
アルバート・フレイによるお家!

IMGP3288
IMGP3292




ヒストリックサイトに登録されていますが、普段はプライベートな空間で立ち入り禁止の看板が立っています。

たまたまいた庭師さんが立ち入りと写真の許可を住人のおじいさんにとってくれました。


遠目に見える、玄関正面にかけてあるランダムなミラーは以前に2台取り扱ったことも。真似したい!

IMGP3281IMGP3293





通りからは家がほとんど見えません。
傾斜をうまく利用しているのか、道の上のほうからみても屋根が岩の間に見える程度。
うーん。さすが。




さらに車を走らせます。


見えてきたのは、、、有名なカウフマン邸!
IMGP3296

こちらも外からのぞくだけで中の様子は伺い知れませんでしたが、それでもこの凛とした佇まい。
これが70年以上も前に建てられたなんて、、、しびれます。

IMGP3305IMGP3304

IMGP3325IMGP3298

IMGP3311IMGP3324




















ちなみに内部(?)、敷地内からの別アングルはこんな感じ。

IMGP1163
※書籍を直撮りなので色がすこしブルーがかっています

「家は"膜"であって"シェルター"ではない。」というポリシーのもと、詳細なアンケートを実施して施主にとって本当に必要なものを見極め、景観と実用性、快適性を融合させた、アメリカにおけるモダニズム建築の礎を築いたともいわれるノイトラ。
彼の美学がみてとれる家ですね。


さらに山を登っていきます。

IMGP3336
眼下に広がるのはパームスプリングスの街。


ふたたびアルバート・フレイの手がけたお家。
IMGP3327IMGP3326





エントランス側からは家はほとんど見えず、プライバシーに配慮されていました。

施主であるレイモンド・ローウィはコカ・コーラのボトルやピース(煙草)のパッケージ、果ては宇宙服などのデザインを手掛けた産業デザイナー。
そんな、最先端かつ現代まで残るデザインを手掛けた人の家。生でみてみたかったー。
(お店にある写真集では見れるんですけどね。)

それにしても、さっきのおじいさんのお家といい、フレイの手がけた家は通りから家がほとんど見えない!
それでいて家に入ると開放感抜群で(写真でしか見たことないけど)、地形の使い方がうまいなぁ、、

フレイハウス兇發修鵑粉兇犬世辰燭蕕靴い掘(ミワさん談)






IMGP3337IMGP3338





お次はE.スチュワート・ウィリアムズによるEdris House。こちらは崖の対岸のようなところに建っていて、近くには行けず、、
一番よくみえるスポットにヒストリックサイトのプレートが。

写真をクリックして拡大してもらうとわかると思いますが、屋根はフラットだけど、V字にみえるよう厚みがつけられていて「なるほど!」というデザイン。

IMGP3339

このアイディアは雨の多い日本でも使えそうですよね。



IMGP3342
最後はミッドセンチュリー関係なく観光名所にもなっている、ハウス・オブ・トゥモロー。
エルビスハネムーンハウスとしてのほうが有名かな?

こちらはウィリアム・クライセルがデベロッパーのアレキサンダーとの事業の一環で作ったもの。それをアレキサンダー夫妻が気に入って自邸にしていたところに、エルビス・プレスリーと新妻がハネムーンを過ごすのに滞在したことから一躍有名になりました。

そんなわけで、中にはエルビスのゆかりの品が展示されていましたよ。
IMGP3346IMGP3347
中央の暖炉も目をひきますね。

IMGP3345
ストレリチア(極楽鳥花)も気持ちよさそうに咲いていました。









さて、パームスプリングスの名作ハウスツアーはここまで!

お疲れさまでした ^^



次回ツアーは有名すぎるあのスタールハウスです。お楽しみに!


---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------


(18:00)

2016年05月05日

まずはコンテナ入荷のお知らせを。

6日(金)にいよいよ買い付けたアイテム達が名古屋に到着します!

今回は家具が少なめとなっていますが、チェアやランプ、小物類が充実しています!
いらっしゃった方はご存知ですが、倉庫の奥のほうが見やすくなっております。是非お立ち寄りくださいませ。

倉庫解放:5月7日〜15日まで

HPのストックリストも更新していますので、遠方の方はそちらからどうぞ ^^
*ストックリスト*
http://www.palm-springs.jp/stock.html
スタッフ一同お待ちしております!



さて、買い付けレポートも今回が最終回です。

買い付けと関係のないレポートが続きましたが、もちろん買い付けもしてきましたよー!



swap meet。物々交換の大々的なバージョンのようなイベントで、色々な物が並んでいました(実際はそれぞれの出展者のところでお金を払って購入します)。
DSC01769
朝はやくからたくさんの人。

雑多なものたちの中からミッドセンチュリーな良いものを探します。。
買い付けじゃなかったら手を出してしまいそうな古ーい鍋や古着、壺や置物なんかもあって、これは観光で旅行に行った人でも地味に楽しめるイベントかも。



移動中にガレージセール発見!

Uターンして戻ってみましたが、収穫はゼロ。。
DSC01786
そう簡単には良いものはみつからないですね。。

でも、本場の(?)ガレージセールを見ることができておもしろかったです。
本当に家の前、公道の脇に家具からおもちゃまで出してあって、どこからともなく人が見にきて。。
日本でもこんな風に手軽に、フリマ的に不用品の処分ができたら良いのになーとうらやましくなりました。




そのほかにも、日が昇るまえから懐中電灯片手にお宝探しをしたり、あちこち歩き回ったり。

DSC01806

買い付けは日本で思い描いていたよりはるかにハード!!

それでも、今回は長距離移動がなかったぶん買い付け入門編だったと推測されますが。。





そんなこんなで初めての買い付けから帰ってきて。

ひとつひとつ、「あ!」と出会って、購入して、運んで、、海を渡って日本に来て、コンテナからおろして、メンテナンスをして、やっとお店に並んで、、、という流れを身をもって体験して、それぞれのアイテムがここにあることが奇跡のように思えてきました 笑

さらにそのアイテムがお客様と出会うのは、運命の出会いだな、と。


そうなれば、お客様にも家具たちにも、できるだけ多くの良い運命の出会いを提供しなくては!





さて、はじめての買い付けレポートはここまで。
(大したレポートもできず申し訳ないですが、、)

金曜にはアメリカで出あった子たちと再会できると思うとドキドキします。
日本の空気のなかでどんな風に見えるのかなー。


---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------




(12:00)

2016年05月01日



車は一路パームスプリングスへ!

IMGP2682
なんだか山肌が黄色いなーと思いながらだんだん近づくと、、


IMGP2683
何この感じ!一瞬でよくわからないけど可愛い!

ただ生えているだけの植物にもいちいち(静かに)感動 笑


見たことのない景色がびゅんびゅん通り過ぎていって、「アメリカだぁ〜」と感想にもならない感想を胸に、車にゆられること数時間。


山を越える(?)のも、日本の深い山を越えるのとは全く違って、なんだかアドベンチャーっぽい!!
IMGP2698

IMGP2703

IMGP2708
そして、ついにPalm Springs の文字が!(興奮と振動でブレブレですが、、)


現地に着いたのは暗くなったころ。

有名なビジターセンターも薄がりの中でシルエットとなって浮かび上がっていました(こちらも一瞬)。
IMGP2716
1965年、アルバート・フレイによってデザインされた元ガソリンスタンド。シルエットだけでも圧倒の存在感。





、、、ついにミッドセンチュリーのメッカに来てしまった!






宿泊したお家もそれはそれはかっこいい、ミッドセンチュリーの名作ハウスで(こちらについては追々ミッドセンチュリーハウスのHPでご紹介できればと思っています)寝るのが惜しいほどだったのですが、さすがに日本を飛び立ってからの疲れもあり撃沈。。。


そして翌日、いよいよパームスプリングスの町をさらっと散策!


IMGP2866
ぐいっとカーブした屋根。

IMGP2914
これがケンタッキー!?脱帽です、、、


IMGP2865IMGP2915






セブンイレブンですらかっこよく見えてきた、、
そしてVictor GruenによるBank Of America。


IMGP3480
さらに、E.スチュワート・ウィリアムズによってデザインされた銀行(現在も)。
ブロイヒルのブラジリアシリーズにも似てますね。

日本と同じように、地元の人がATMでお金をおろしてさっと帰っていくのが印象的でした。
彼らにとってはこれが当たり前にある景色なんだなぁ、、と。


観光客向けショッピングエリアでは、大きなヤシの木(?)の斬新なカットに驚き。
IMGP2889
シャグによる商店街広告(?)も。


そうそう、パームスプリングスで目を惹かれたのは建物だけでなく植物も同様でした。

IMGP2895IMGP2900

IMGP2877IMGP2882

IMGP2881IMGP2880

IMGP2902IMGP2898

































日本だったら屋内で小さく鉢植えになっているであろうサボテンや、見たことがありそうでなさそうな植物がいたるところに植えて(生えて?)ありました。

小さな芽も出てきていたり。


気候が全く違う国にくると、こういった植生を目にするのも楽しくて、人間も植物も気候や環境の中で生命をはぐくむ「生き物」と考えると、所変われば人も変わる、というのは頷けるなぁ、、とも思ったり。

IMGP2906
アイスクリームをほおばりながら、そんなことも思った町散策でした。



IMGP2905

ちなみにこのアイスクリームやさんの道路挟んで正面には大きなマリリンモンローの像が、、、

あったはず、とのこと。


取り壊されたのか、移転したのか、跡形もありませんでしたが。

何か大きなビルを建てていたので、新しい観光名所ができるのかも!?



さて、お待ちかねの入荷アイテム案内!

032-0212032-0065

032-0045032-0077

032-0001032-0078

032-0117032-0235



























気になる商品がありましたらHOLDを承ります。
到着後、優先的にご紹介させていただきますので、お気軽にご連絡くださいませ!




---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------


(14:54)

2016年04月25日

こんにちは、タマミです。

はじめまして、と言ったほうがいいのでしょうか。。
いままでミワさんと半々、無記名でブログを書いていたのですが、今回名を名乗ったのにはワケがありまして。

先日初めての買い付けに行ってきて、その買い付けブログを書くにあたって名を名乗らないわけにはいかないだろう、との自己判断です。
(だってミワさんが右も左もわからないはずがないですからね 笑)


そんなわけで、スタッフタマミの『初めてのアメリカ!初めての買い付け!レポート』をお届けします。

恒例の入荷商品案内もありますのでお見逃しなく!





今回のアメリカ買い付け。パームスプリングスに勤務して4年、あいだに産休をはさみながらも何度も買い付けの話を聞き、写真を眺めとやってきた私に、

「アメリカの空気を体感してほしい」

とのオーナーの何とも太っ腹な計らいで実現したものでした。

IMGP2632















海外はヨーロッパやアジアなど9回ほど経験があるのですが、一人気ままな旅や気心の知れた人とのんびり行くのとは勝手が全く違います。

仕事ですから少しでも役に立たねば!と緊張の初渡米となりました。
(出発前にお客様に叱咤激励されてましたし 笑)






さて、前置きが長くなりましたが、離陸の遅れやら前の座席のクレーマーがフライト中ずっとCAさんに絡んでいたりと小さなハプニングはあったものの無事入国。

IMGP2629

LAXの外に出て、冬の終わりから一気に夏!

外国人や異国の言葉や空気感はやっぱりわくわくするー!と秘かにテンションが上がった私。
先に買い付けをしているオーナーと合流し、軽く食事を、とミッドセンチュリーなダイナーに連れて行ってもらいました。

IMGP2633
どーん!

IMGP2636
正面からだと入りきらないほどの迫力!


フィフティース感満載のPann's。
ミッドセンチュリー!といった外観から、店内に入るとダイナー!な雰囲気で、長時間フライトの疲れや胃もたれを忘れ、パンケーキを食べてきました。

IMGP2647

IMGP2642



ビジュアルのインパクト抜群、メニューも豊富で迷う楽しさもあるし、とってもおすすめのお店です。
(土地勘が全くないので場所などの詳細は店長にお尋ねください、、)

IMGP2658IMGP2651





初USA定番、驚愕のドリンクサイズ!   しょっぱい&甘い魅惑のパンケーキ


IMGP2661
岩使いもさすがの迫力!!

サンルームのようなテラス席もあり、お店のまわりのかっこいい植物たちとともに日差しを浴びながら軽食を楽しむ地元の人々で賑わっていました。










お腹も心も満たされて、次の目的地へ。

その途中で白バイ(?)につかまり、映画みたいに両手を車につけたりするの!?とドキドキしましたがそんなことはなく 笑

IMGP2673


無事解放されたのでした。



その後所用を済ませ、長距離(と思うのは初アメリカの私だけ?)移動。

ミッドセンチュリーモダンのメッカとも言える、パームスプリングスへと旅は続きます!




・・・・・

さて、お待たせしました入荷アイテム案内です。


032-0067レーンのトライアングルテーブル







032-0191Pann'sについていたランプと同じものを偶然発見!






032-0133かわいいキッチンクロック







032-0055マガジンラックも何種類か







032-0085







032-0050ダイニングテーブル








気になる商品がありましたらHOLDを承ります。
到着後、優先的にご紹介させていただきますので、お気軽にご連絡くださいね。




次回ブログは、店名にもなっているパームスプリングスレポート。

ミッドセンチュリーの風を感じてきました!

---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・ブログはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
ブログ http://blog.livedoor.jp/palm_springs/
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs -------------------
〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7   052-222-7111
メール shop@palm-springs.jp

(12:25)

2015年11月03日

過去のブログ管理画面を見ていると、下書きのままに(ちなみにコレは2年半前)なっているものが数件あり、なぜその時下書きにしたかも、もう忘れてしまったので「思い立ったが吉日」今日アップします。

---ここから---

以前の買い付けの時に行った、日本でも話題の[ACE HOTEL]のレポートです。
ACE HOTELとは、、、ニューヨークをはじめ、シアトル、ポートランド、パームスプリングス(この2年半で世界7都市に増えたようです)にある、古くなったホテルを若者の現在の感覚でリノベーションして再生させたホテル。


私たちが行ったのは、パームスプリングスのエースホテル。ニューヨークやシアトルは都会ホテルなのでビルなのですが、ここパームスプリングスは50年代に建てられた規模の大きいモーテルを敷地ごとリノベーションしたのが特徴です。


それでは、敷地内をご案内。

エントランスには、雑誌等でよく紹介されているACEの文字が置かれた駐車場。すでにおしゃれ感が漂っています。DSC06594


DSC06573その塀の向こう側には、超素敵なプール。ここはほぼ当時(1950年ごろ)のままの状態です。


DSC06572振り向くとこんなロケーション。もちろんこれもほぼ当時のままでしょうね。


プールの脇に設置されたシャワー。これはリノベーションによるもの。サイン関係も統一されたこんな看板が付いています。
DSC06577



建物の余白部分にはこんなビンテージのチェアが置いてあり、ゆったりと敷地内を散歩したりできます。DSC06548


建物はなかなかのアイデアでリノベーションされていて、共用部分で暖炉を囲んだりもできます。
DSC06558


通常、モーテル(モーターホテル)は車を部屋の目の前に停めて、すぐ部屋に入れる造りになっているのが普通で、当時のエースホテルも同じような造りだったようですが、その駐車場部分をブロック塀で囲んで、プライベートパティオに。ちなみにこのシステムの為、駐車場からは歩いて入らなくちゃいけないのですが…DSC06547


プライベートパティオ内とお部屋の中は、また(近々)ご紹介させて頂きます!


---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs -------------------
〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7   052-222-7111
メール shop@palm-springs.jp

(15:33)

2015年08月28日

こんにちは、矢田です。

前回のブログに引き続き買い付けの後半を紹介したいと思います。

買い付けの後半は長距離移動と倉庫での梱包と積み込みが中心となります。

今回は移動距離が長かったこともあり、トラック二台での買い付けとなりました。

IMG_8670






交代するドライバーもいないので睡魔に襲われると大変です。
僕は運転中に睡魔が襲ってきそうな時はJ-popなどを聞いて何とか乗り切りました。

倉庫に着いてからは梱包と積み込みです。
IMG_8712







IMG_8711







手前の少し段ボールが敷いてあるスペースで梱包あるのみです。
まだこの奥には商品の山は広がってます。
梱包が終われば積み込みです。
最初は全部コンテナに積み込む事ができるか不安でしたが何とか全部入りました。
ひと安心です。
IMG_8735









このような仕事(買い付け〜コンテナ詰め〜リペア〜販売〜配達)とすべてやっているといつも不思議な感覚になってしまいます。感慨深いものがありますね。

このコンテナが無事に名古屋に着く事を願ってます。

それではみなさん。
スタッフ一同お待ち致しております。


facebookいいね!
よろしくお願いします。


---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・ブログはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
ブログ http://blog.livedoor.jp/palm_springs/
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs -------------------
〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7   052-222-7111
メール shop@palm-springs.jp



(16:44)

2015年08月25日

こんにちは、矢田です。ご無沙汰してます。
僕がブログに登場する時はだいたい買付けの報告するときになってきました。

、、、、ということで早速!!

今回、僕は途中から合流しました。
アメリカの空港で待ち合わせ、そこから国内線に乗り換え目的地を目指しました。

長ーい旅の始まりです。
IMG_8377







目的地にも無事に着きまして順調に買い付けも進みました。
その中で訪れたお店が今では珍しいものがたくさんあったので紹介したいと思います。

IMG_8566






IMG_8561






店内すべてこのような雰囲気でおもしろそうな物がたくさんあり、まるで宝探しでした。
カウンターも古い美容室で使われいたであろうショーケースや
ミッドセンチュリーのランプすごくよかったです。

IMG_8564






最近買い付けに訪れてもこのような感じのお店はなくなり、見る事ができなくなってきました。
残念ですが仕方ないです。

時代の経過と共に環境は変わっていきますね。
次はいよいよ最終回です。 楽しみにしていてください。



facebookいいね!
よろしくお願いします。


---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・ブログはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
ブログ http://blog.livedoor.jp/palm_springs/
facebook https://www.facebook.com/palmsprings


[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs -------------------
〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7   052-222-7111
メール shop@palm-springs.jp

(16:30)