配達

2019年05月22日

昨年の夏にブログでご紹介したこちらのお家
リノベーションでさらに進化していますので、レポートします!

ミッドセンチュリーモダンのインテリアは、ハマると泥沼のように(笑)、
ずるずるじわじわと引き込まれていきます。

こちらのご主人もそんなひとり。
前回のリノベーションでさらなる深みへとハマっていったようで、
今回は内装だけにとどまらず、壁をぶち抜いての大掛かりなリノベーション!

1回目のリノベーションでは、テレビ台の左は扉(白いドア)で閉じられています。

IMG_9213
扉の奥は廊下で、右に天井までの建具がありその向こうにお部屋があったそうですが、、

IMGP2060

建具をなくしてひとつの空間に!
廊下だったなんてもったいないくらいの、たっぷり日差しの差し込む明るいお部屋が現れました。
IMGP2061

床はミッドセンチュリーなお家で定番のタイルを採用。かっこよさとお手入れのしやすさを両立し、さらに石壁を作ってミッドセンチュリーなセカンドリビングを作られました。

メインリビングが突板やディープブルーで重厚感ある落ち着いた内装なのに対し、こちらはライトグレーの壁に白い板張り天井、ペールピンクのタイル床ととってもさわやか。

色味の少ない内装に、ヴィンテージオレンジのエイドリアンソファやウォールナットの家具がよく映えます。

ドレクセルのシェルフの横には、シャドウボックスを。文字盤のオレンジとソファがリンクしていますね。
IMGP2064
UFOランプの映り込みを計算して設置。入口からみたときにも、コーナーのフロアランプとテレビ脇のグリーンが映り込むようになっています。


ビッグサイズのソファの前にはドレクセルのコーヒーテーブルと、部屋のコーナーにはフロアランプを。
主張のあるアイテムとのバランスを取るため、引き算としてこのシンプルなタイプを選ばれました。ご主人どんどん腕を上げて来られます!

IMGP2068
数週間後、テレビ台にはブラジリアサイドボードが設置され、、


壁のディープブルーはメインリビングからのつながりになっていて、完全に別空間にするのではなくそれぞれの部屋が意識されるようになっています。
IMGP2098
実際は扉一枚分の空間が接しているだけですが、壁のつながりが意識しやすくなっていることで、奥行きが感じられ空間に広がりがありますね。



メインとセカンドでリビングの雰囲気が全然違うので、同じ家にいながら気分を変えることができそう。

一家に1リビングと思い込みがちですが、柔軟な発想で家での過ごし方がぐっと豊かになることを体現したお家でした!

内装だけでなく、家具とバランスを取りながらのリノベーション!大成功ですね。



おまけの納品小話。。

2階リビングのこのお宅、もちろんソファも2階への搬入でした。
階段を、ソファを立てて一段ずつ、、

IMGP2052


圧巻の光景でした。

---------------------------------------------------

[パームスプリングスが良くわかる、ウェブサイト・FBはコチラ]
ウェブサイト http://www.palm-springs.jp
facebook https://www.facebook.com/palmsprings




[お問合せ・ご質問はコチラ]    
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs(パームスプリングス)

〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  
電 話 : 052-222-7111
メール:shop@palm-springs.jp

---------------------------------------------------
(17:12)

2011年10月14日


先程、リノキューブさんとのコラボレーションイベントの「覚王山マンション」に、家具の搬入を終えてきました。



先日伺った時は、まだ床も養生中、洗面もまだ入っておらず、建築資材が転がっているような状況だったので、リノベーション慣れしていない私には、この数日でどんな感じになるか楽しみでした!



今日、入らせていただいた第一声は「オー」(小さく両手でパチパチッ)って感じです。では、出し惜しみ的ではありますが、部分的に先にご紹介しちゃいます!!というか、家具屋らしい写真だと思います。



今週末が明けるとリノキューブさんのHPにも写真がアップされると思いますので、今回オープンハウスにいけなかった方は、もう少しお待ちくださいね。



では、どうぞーーー!!!
DSC06514


ダイニングはカフェのような空間になっています。キッチンの奥棚のブルーと、ガラスランプのオレンジの目線上のコントラストがステキです。







DSC06520


キッチン奥のカウンター棚の隅に、テーブルランプを。お部屋の角部分で、柔らかい白熱球の光に癒されます。







DSC06523
リビングの右角には、部屋の角を忘れさせるよう(これで体感の奥行き感が変わります)コーナーキャビネットと設置し、その脇でロッキンチェアに癒される計算です。



DSC06509

別のお部屋の一角。きれいな水色の壁紙だったので、すかさずウォールナットのサイドボードとフロアランプを設置させていもらいました。






ちなみに今回の家具の選定・配置はリノキューブさんのデザイナーさんとの合作!別業種の方とお仕事ができて、とっても楽しくよい刺激になりました。この場を借りて、お礼を致します。また次回があることを期待しております…。




[お問合せ・ご質問はコチラ]
パームスプリングス  http://www.palm-springs.jp
ビンテージ家具&アメリカ家具 Palm Springs -------------------
〒460-0011 名古屋市中区大須1-4-7  052-222-7111
メール shop@palm-springs.jp

(14:30)

2008年11月02日

先日(10/17)ご紹介させていただいた愛知県南部の海が目の前にある、お客様のお部屋のご紹介のつづきです。

何度もパームスプリングスに脚を運んで頂いては、お持ち帰りいただいていたのですが、いつもお持ち帰りいただいていたので、実はお部屋がこんなになっているとは配達でお邪魔させていただくまで知りませんでした。


テンションポールランプ
さて、前回紹介済みのチェアの横には、灰皿と突っ張り棒式の6灯ランプを設置。ランプのガラスシェードはつぼみのような形。グリーンもついていて一気に柔らかいイメージをプラス。



ソファソファは2人掛けの対面に、ホテルのラウンジにありそうな黄色い1人掛けのソファを配置。お友達が来たときに、フローリングの床に座ることなくみなさんがイスやソファに座れるリビングです。イスやソファの脇には柔らかい光を放つ、シェードランプを配置。



minika-
そして、スゴイ数のミニカー。ミニカーに関しても私はまったく分かりませんので、次回以降に相方に託すとします。(前回とまったく同じセリフ)





海自分の好きなものに囲まれて過ごす。好きなものを着る。好きなものを食べる。好きな人と過ごす。好きなことをする。大人だからこそ出来る贅沢。そんな好きが詰まった家には、自然と人が集まって、温かい時間を刻むことができるのだと思います。

(14:19)

2008年10月28日

昨今のカフェ人気。
パームスプリングスのある大須でもカフェは何件あるだろう…
大須エリアは名古屋の商業圏でも、個人店の多いエリア。特に名古屋は喫茶店文化の定着している地域。というのは、全国的に有名ですね。

パームスプリングスから歩いて3分圏内にも喫茶店が4、5件あります。おもしろいことに、それぞれ全然違ったカフェ。その中でも交流のある2件を今日はご紹介したいと思います。



ノースコーヒーこちらノースコーヒーさん。
シンプルでナチュラルな、それでいてセンスの良い心地の良い店内。毎月どこかの雑誌で取り上げられ、大須のすっかり人気のカフェです。
店内で使用されているイス(イームズ)は、パームスプリングスがまだ北名古屋市にいるころにお買上げいただきました。そこ頃からのお付き合いで、お店のオープンの時期が近かったので、大須でも「最近、調子どう?」みたいな経営的なお話をよくします。



そして…
kemuri最近10/1にオープンされた、シーシャカフェのkemuriさん。
店名同様”けむりカフェ”です。でもタバコではありません。水タバコです。
私、知りませんでした。水タバコ…。なんでも、シーシャというガラスのビンに水を入れ、いぶした葉っぱのけむり(水蒸気のような)を吸うらしいです。
2階の照明をパームスプリングスでお買上げいただきました。まるで水面が壁と天井に移っているような、とっても幻想的な空間。水タバコのイメージにピッタリはまったようです。


と、いうようにカフェで使っていただける照明やイス。
パームスプリングスの商品をおうちに入れると「あら不思議。おうちカフェの出来上がり!」なんてことも夢ではありません。

いかがですか、心地の良い自分だけのおうちカフェ+パームスプリングス。

(12:43)

2008年10月23日

先日、ブログでもご紹介した小牧空港の元国際線ターミナルビルが、いよいよ生まれ変わって開港(オープン)します!


その名も「エアポートウォーク」
すでに中部地区ではCMが流れていますが、一足お先にご紹介してしまいます!


エアポートウォーク外観
外観はほんとそのまんま。看板類が付いただけなので、空港に来たみたいでこれから海外旅行に行くような、ワクワク感が味わえます。



エアポートウォークレストエリア
滑走路や小型の飛行機が間近でみられる、レストエリア。ついつい長居してしまいそうなロケーション。



エアポートウォークインフォメーション

極めつけはインフォメーションカウンター。グランドホステスの制服のようなお姉さんがご案内してくれるようです(笑)。早速、取材陣に囲まれていました。




エアポートウォーク アバディーン1そして、エアポートウォークにご出店されたアバディーンさん。以前にもご紹介させていただいた雑貨のチェーン店です。まるでパームスプリングスのような空間です。
それもそのはず。今回のご要望は、パームスプリングスみたいな空間にしたい。とのことでした。とても嬉しいご要望に、思いっきりウチらしい商品を並べさせていただきました。


エアポートウォーク アバディーン7天井には飴玉のような、宝石のような色とりどりのランプがズラリ。星屑のようなダウンライトの光に照らされたビンテージガラスのツヤが、たべちゃいたいくらい可愛いいです。



エアポートウォーク アバディーン5エアポートウォーク アバディーン6





落ち着いた壁面に飾られたいくつもの時計は、何十年もの時を刻んできたビンテージのものを象徴しているようです。

エアポートウォーク アバディーン6エアポートウォーク アバディーン2







エアポートウォーク アバディーン4










パームスプリングスみたいな空間…。とても嬉しい響き。涙が出そうです。
共感してくださる方がいる事に感謝します。


そして。もっともっとたくさんの方に紹介していければ、それに越したことはありません…。




小牧「エアポートウォーク」内 2F アバディーンby one's own
http://www.ones-own.co.jp/

(19:05)

2008年10月17日

海
今日は目の前にさえぎるもののない、愛知県南部のこんなステキなロケーションが目の前にある、こちらのお客様のお部屋のご紹介です。




外観
その海に向かってたたずむお宅前には、コレクションされている車関係の古い看板がズラリ!駐車しているフォードのモデルA(1920年代)に関して、私はまったく分かりませんので、次回以降に相方に託すとします。



というか、1回ではご紹介しきれないくらいのネタが詰まったお客様のお部屋なので、数回に分けてご紹介したいと思います。


おじゃまさせていただいたお部屋は、男性が好むアイテムがたーっくさん揃っていました。通常、男性が好むアイテムを並べると、どこか無機質な男くさい雰囲気になってしまうのですが、こちらは床・壁・天井全てウッドで、木製のブラインドが海に反射した眩しい光を柔らかくお部屋にとおしてくれていて、優しさを感じる大人の空間でした。


ファブリックチェア&ランプ
こちらお部屋の一角のこの光景。以前にお店でこの形そのままの展示をしていたことがありまして、ご来店頂いた時に「ココ全部下さい」と憧れの大人買い。





シャドウボックス
シャドウボックスの取付け方も個性的。窓にはめ込むような形で取り付けしているので、ブラインドを上げると、シャドウボックスの両脇の網の部分から光が差し込んでくるのではないでしょうか。面白い取付け方ですよね。


まだまだご紹介させていただきたいのですが、今日はここまでの出し惜しみとさせていただきます!次回もご期待くださいませ。

(17:02)

2008年09月12日

先日、運命的な出会いを果たされた女性がいます。

彼女が探していたのは、デスク。置く場所と自分に合ったサイズ、イメージの合うもの。これが全て揃ったデスクと出会ったのでした。

特にサイズは重要だったそうです。彼女は小柄な体型。一般的なものだと高さにどうしても妥協をしなければならなかったので、悩んでいたそうです。置く場所に関しては、奥行きが浅いものが条件でした。

デスク1デスク2






お買い求め頂いたデスクはこちら。買い付けた当初は脚にキャスターがつけられていました。動かしやすくするためか、はたまた子供用に使っていて成長と共にキャスターをつけて高さを出したのか…。

店頭で見ていただいたときには、この高さに合うイスがなく、座った感じが分からないといった事態に見舞われましたが、イスの座面の高さを想定したテーブルに座っていただき高さを決定、後日、イスの脚も調整してのお届けとなりました。

買い付けたときには、まさかこのキャスターを外しての販売になるとは思っても見ませんでしたが、このデスクと彼女が、時を越え海を超えてピッタリ一致したことに、運命を感じました。

パームスプリングスに来れば、あなたも奇跡の出会いを体験する事になるかもしれません…ね。

(14:35)

2008年09月02日

今年の7月にオープンした美容院「solive」さん。以前にもブログでご紹介をさせて頂きましたが、オープン後に納品でおじゃましましたので再レポートです。


カウンター前面
こちら前回のブログでは紹介できなかった、ドレッサーを加工した写真です。表からは引き出しがあるように思いますが開かない引出しで…



カウンター背面

裏側上2段が引出し、下は開口になっています。




待ち合い

待ち合いは他のお客様が気にならないよう、一人がけのソファです。




シャワールーム

シャワールームの照明は、グラスランプとシェードランプが一つずつ。目を開けたときにまぶしくなく、とても落ち着く空間です。




外観入口前






外観と入口。アイアンの柵も「今日のメッセージ」の黒板が引っ掛けてあって、上手にお使いいただいています。



そして…。

思い切って気になっていた事を伺いました。
「どうですか?順調ですか…」の問いに「おかげさまで十分すぎるスタートです」との答え。良かったー。ホント良かった。ホッとしました。


大須のパームスプリングスのお店は以前、美容院でした。40年以上も営業されていたそうです。soliveさんもそうなるといいな、と思います。家具やランプと共に…


美容院「SOLIVE(ソウライブ)」
住所:愛知県安城市新田町小山14-5 0566-71-3311

(17:11)

2008年08月22日

パームスプリングスの倉庫は名古屋の北に位置する、北名古屋市(名古屋の中心部から車で20分ほど)にあります。その北名古屋市を含める東西の市町には、平屋の古い借家がたくさん存在します。

先日お届けに上がったお客様も倉庫のすぐお近くの平屋の借家にお住まいです。まだ倉庫兼お店として稼動していた頃から、何度も足を運んでくださってました。
そのたびに家をなんとかしたいんですよね…とご相談を受けていました。

古い物が大好きなお二人のお宅は、お国は違えどもどれをとってもビンテージ期のものばかり。初めてお届けに上がったときも、二回目も、どうしても長居してしまうゆったりとした時間が流れているような空間でした。



リクライニングソファはじめてお買上げいただいたのは、奥のリクライニングソファとランプ。お届けしたときより数段、縁側になじんだご様子です。縁側からは燈篭なんかも見える、落ち着く場所に設置。照明は月明かりのような優しい光を放つ、スパゲッティランプをチョイスされました。



DUXソファ次にリビングに北欧家具(DUX製)の1Pソファを2脚。こちらはどことなくアジアンな雰囲気を持つフレームとオレンジのクッションが気に入ってくださいました。そして、天板が跳ね上がったコーヒーテーブルは、下段に本が置けるのも重宝しているご様子でした。



ブロイヒルカップボード

今回のお届けはアメリカのブロイヒル社製カップボード。飾り棚としてお使いになるそうです。




お若いお二人なのですが、お届け時に初挑戦の梅干が漬けあがったようで頂きました。塩分もほどよく少しまろやかなお味で。梅干やぬかづけってその人の手の塩分や性格までも味に出るといわれます。

家具も家の空間やその他のインテリアで、その人の独特の味が加わってどんどん馴染んでいくのではないでしょうか。

(15:39)

2008年08月05日

真夏の配達はただでさえ大変なのに、先日の配達は「真夏の炎天下」×「危険」=「最強」の配達となりました。

配達先は以前にも伺った事のある事務所。2階建ての建物の2階部分。だいたい2階建ての2階といった時点で、エレベータがないのはわかってはいました。

幸い階段は吹き抜けになっているのですが、2階の部屋の間口が狭く、ここからの搬入は無理…というのも、うすうすわかってはいました。

そうなんです。ご購入いただいた家具は、かなり大きいサイズ。

そんな状況を知ってか知らずか、2階の窓の開口がやたらと広く設計されていて、やっぱりここから搬入する事になりました。

またそんな状況を知ってか知らずか、道路に面した建物でトラック(レンタカー)をピッタリ壁に横付けできるようになってまして、一旦トラックの荷台の屋根に引き上げて(これで高さが1.5階(3m)くらい)そこから2階の部屋へ引き上げる。という計画…。

登ってビックリしたのがレンタカーのアルミの屋根部分の薄いこと!歩くたびにボコッ(ごめんなさい)とへこみ…。恐る恐るって言ってられたのも最初だけ。家具を引き上げる時には、そんな事も忘れて落とさないよう必死でした。



事務所(ダイニングテーブル)そんな甲斐あって、無事事務所内に設置された家具がコチラ。
コチラのダイニングテーブル。キャスターが付いているのですが、これ、なんと木で出来たキャスターなんです。おそらく40年代くらいのもの。しかも、アメリカ人は何にでもペンキを塗ってしまうので、こういった木肌の古いものはなかなかめずらしいと思います。



事務所(キャビネット)あとは商材を乗せるためのキャビネット。色が渋いですね。この年代のものは、突き板の技術がまだなかったのか、無垢材で作られているものが多く、やたら重いんですけどね。




事務所(アメリカの地図)
ご商売はイタリアから輸入した雑貨を販売されています。なのに、なぜかアメリカの地図までご購入いただきました(笑)





事務所ランプ
階段吹き抜けにはガラスランプ。実はこれも取付けに危険な思いをしましたが、無事キレイに光を放っています。

(13:41)