いえけあれぽーと ~DIYでプチリフォーム~

相続で一戸建て(現状空き家)の管理を任されることになった私パルティナの、DIYによる家のメンテナンス・プチリフォーム体験ブログ。       使用した資材、工具、塗料などについても紹介します。

庭木の剪定と庭の水はけ改善を試みた

今月は晴天が続きましたねえ・・・
おかげで庭木の剪定など外の仕事がはかどりましたよ。

モミジは12月中に剪定するのがいいみたいですね。
落葉樹は12~2月の休眠中が剪定の適期ですが、
カエデ類は休眠からの目覚めが早いので、
12月中に剪定を済ませておきます。

DSCN2616-1

剪定前のうちのモミジです。葉はほとんど落ちています。
上に向かって垂直に伸びる徒長枝が目立っていますね。
以前全ての枝を切り詰める誤った切り方をしてしまったため、
木が暴れてしまったんです。今回はその修正もしたいと思います。

その手順はまず芯を決め、それ以外の枝はより外側に広がる
枝に切り替えていくことです。あとは垂れ下がった枝や平行枝
などの不要枝を落としていくことですね。まあ、全体のバランス
を見ながらケースバイケースですが・・・

太い枝を切ったら、切り口からのばい菌の侵入を防ぐため
癒合剤(カルスメイト)を塗っておきました。

DSCN2618

剪定後のモミジです。外側に伸びる枝への切り替えはまずまず
ですね。あまりすかし過ぎると、夏に幹焼けを起こしてしまうので、
程々にしておきました。

DSCN2620-1

次にコデマリを剪定します。12~2月の休眠中が剪定の適期
ですが、秋には翌年の花芽ができているので、枝先は極力残す
間引き剪定を主体にします。これまで枝先を丸く刈り込む剪定しか
やったことがないので、かなり枝が込み合っていて、樹高も2m
くらいになっていました(本来は1.5mくらいが望ましいです)。

DSCN2623-1

間引き剪定は、太くなった古枝を根元から切ります。古枝の
途中から若枝が伸びている場合は、その分岐部で切って
若枝に切り替える場合もあります。

DSCN2628

特に上半分に太い枝があるとごつごつした印象になるので、
できるだけ細い枝が残るように間引いていき、柔らかく優しい
枝ぶりになることを目標にしました。

剪定後のコデマリです。太い枝を全て間引くと上部がさびしく
なり過ぎるので、下部の若枝が成長するのを待って、毎年
少しずつ若返らせていくつもりです。

DSCN2638-1

なお、今回の剪定では、以前も記事で紹介したことのある
「切るナビ!庭木の剪定がわかる本」を参考にしました。


次に庭の水はけ改善のため、ちょっとした土木工事を行いました。
うちの庭の土は黒土のため、水はけは悪いです。特に土中に庭木
の根がある場所は掘り返したことがないため、いつも湿っていて
シャベルも簡単には入らないほど土が硬くなっていました。

そのため土の表面にはゼニゴケがびっしりでした。削っても削っ
てもすぐに生えてきます(気持ち悪いので写真はお見せできま
せんが・・・)。

まず土を30cmほど掘りました。庭木の根をなるべく傷つけない
ように慎重に少しずつ掘り返しました。


DSCN2629-2

掘った土をふるいにかけて石を取り出し、穴の底に敷き詰め
ます。なるべく石と石の間隙が大きくなるよう敷き詰めていき
ました。


DSCN2630-1

石の上に面積に合わせて切った透水シートを敷きました。
このシートは、以前裏庭に雨水浸透桝を設置した際使ったもの
の余りです。本来は、袋状にしたシートで粒のそろった砕石を
包んだものを埋めるとよいのですが、広範囲に施工するため
節約しました。


DSCN2640-1

この上に掘った土を埋め戻して完成です。砂を多少混ぜると
さらに水はけは改善されると思います。この簡易な浸透桝で
ゼニゴケの繁殖を抑えられるかどうか、今後見守っていきたい
と思います。




このブログの誕生から1年がたちました。
これまで応援いただき有難うございます。
我が家の限られた空間での作業なので、更新は遅いかもしれ
ませんが、今後もDIY体験を紹介していきたいと思います。
来年もご愛顧のほどよろしくお願いいたしますm(_ _)m


ブログランキングに参加しています。
ポチッとして頂くと励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

源泉かけ流しと懐石料理の人気宿 笛吹川温泉坐忘に行ってきた

このところ寒いし、暗くなるのは早いしで、DIY作業は滞りがちです。
そこで今月21日、気分転換に1泊2日で母と温泉旅行に行ってきました。

DSCN2566

行先は山梨県塩山の笛吹川温泉坐忘、予約はJTB、プランは「優雅」の
本館和室プランです。この旅館は、源泉かけ流し温泉と懐石料理、
三千坪の敷地にたった18室という贅沢空間が売りの人気宿です。

私は温泉の質にはこだわる方で、さらにはなるべく誰もいない湯にのんびり
浸かりたいというのがあるので(でも露天風呂付きの部屋は私には高過ぎて
無理ですが・・・)、この旅館を選びました。

当日は好天に恵まれました。交通は電車利用、特急かいじ号で13時53分
塩山駅に到着しました。送迎車に乗って約10分で旅館に到着です。
チェックインは14時~なので、もしかして一番乗りかも・・・

本館2階の客室「水晶」に通されました。和室10畳の部屋ですが、
十分広く感じます。大きな窓から下を見下ろすと、庭園のモミジや
池が見えました。

DSCN2551-1

女中さんから浴衣などについて一通り説明を受けたあと、枠に空きがあるので
料理をアップグレードしてくれるというお話しを頂きました(ドタキャンでも出たの
かな?)。喜んでその話に乗りましたよ。

それとこの旅館には、無料で参加できるアクティビティが3つ用意されています。
そのうちの一つ、笛吹川フルーツ公園の夜景観賞ツアー(21時~)への参加を
申し込みました。新日本三大夜景の一つに選ばれている夜景ですので、楽しみ
な企画です。

15時過ぎ、まずはひと風呂浴びに行きました。大浴場は同じ本館の1階を少々
歩いた先にあります。入浴時間は14~24時と5時半~11時で、男女入替制に
なっています。

まずは内風呂に・・・お湯の温度は38度くらいかな。少々ぬるめなので湯口に
陣取りました。誰もいないので気がねがいりません。
お湯ざわりは申し分なし。ほのかに硫黄の匂いがしますね。

DSCN2557

露天風呂は岩風呂で、内風呂よりもう少しぬるめです。奥の方に湯口があり、
そこが特等席ですね。ゆっくり15分ほど浸かりました。

DSCN2556

更衣室には、自由に使える手拭いとバスタオルが山積みされているので
便利です。また、麦茶や玄米茶などをCOLD、HOTで選択できるサーバー
が設置されているのもいいですね。

大浴場からの帰り道、庭園の元気な錦鯉たちをしばし観賞・・・

DSCN2559-1

時間はたっぷりあるので、本館の玄関を出て旅館の敷地内を散策してみました。

DSCN2563

駐車場からは富士山の頭が見えました。

DSCN2571

離れ形式の客室の間には、石畳の小路が縫うように走っています。

DSCN2570

奥の方には、古民家を移築改装した食事処「懐石まる喜」がひっそり佇んで
いました。重厚感がありますね。夕食・朝食ともここでとるそうで楽しみ・・・

DSCN2567

18時半、この懐石まる喜のカウンター席へ案内されました。目の前にはご主人
の姿があります。ここでの料理は一汁三菜を基本とした茶料理だそうです。

始めにご主人の挨拶があり、ご主人自らその場で調理した懐石料理が一品ずつ
提供されていきます。しかも、一品出るごとにご主人の説明付きという丁寧さ。
こんなの初めて・・・

JTB特典でグラスワインが1杯サービスされます。現存する日本最古のワイナリー
「まるき葡萄酒」が経営する旅館ですから、ワインの種類も豊富で、メニューから
ベリーAの赤ワインを選びました。

月ごとに料理の内容は変わるそうですが、今回出た料理のうち主なものだけ
ご紹介します。まずは、武川米のご飯と身延湯葉の汁、向付は天鮃紅葉造りです。

DSCN2574

煮もの椀です。百合根饅頭は淡泊で美味かったな・・・

DSCN2575

預鉢は鯛かぶらです。器も凝ってますね・・・
柔らかく総入れ歯の母にも優しい料理です。

DSCN2577

炭炉は甲州牛ヒレ肉の味噌幽庵焼です。炭火でちょっと炙って頂きました。
母には言わずとも細かく切ってくださる心遣いも・・・

DSCN2578

強肴は甲州百目柿と胡麻なます・小蕪の和え物です。元々は渋柿だそうですが
甘くなってます。季節感あふれる一品。

DSCN2579

八寸は五穀豊穣吹き寄せです。子持ち昆布やくわいのチップ、銀杏、むかご、
松の実などですね。稲穂の米はポップコーンになっていて食べられました。

DSCN2581

湯斗は焦がし湯(おこげ米入りの湯)です。ご飯はずわい蟹と栗の入った
ご飯でした。おかわりもできます。

DSCN2582

最後にご主人の立てた抹茶と水菓子で締めです。
時計をしてなかったので気付かなかったのですが、従業員に時間をきいたら
何と21時近い・・・夜景ツアーの出発時間が迫っているではありませんか!

部屋に戻る時間がなく、そのまま車に乗り込みました。
ご主人は「せわしなくて申し訳ありません」とおっしゃってました。
外はしんしんと冷え込んできたので、浴衣でなく来た時の服装で
食事に来ててよかったぁ・・・

夜景ツアーへの参加者は意外と少なく、うちを含めて3組でした。車で15分ほど
フルーツ公園までの坂道を上っていきました。車を降りてすぐの展望台からの
眺めです。

DSCN2585-1

冷え込んでるだけあって、夜景はきれいでしたよ。撮影はぶれないよう
カメラを固定して行いました。

その時です。夜景の上の低い空を大きな緑色の火の玉が降下してきて、
瞬間的に閃光を放って消えたのです。ものの2~3秒くらいの出来事で、
さすがに撮影はできませんでしたが・・・

流れ星にしては大き過ぎます。翌日のニュースにも出たほどの珍事で、
「火球」ではないかとのことです。詳しくは「火球 11月21日」で検索してみて
ください。毎晩来ている従業員の方も初めて見たと言ってましたので、見れて
ラッキーでした。旅館に戻り、もうひと風呂体を温めてから床に就きました。

明け方の5時過ぎ、といってもまだ暗いうちに目が覚めました。さすがにまだ
入浴する人はいないだろうと思い、三たび大浴場へ向かいました。

男女風呂が入れ替わり、今度の露天風呂の奥には洞窟風呂がありました。
まだ薄暗い中、白い湯気が立ち込め、幻想的な雰囲気です。

DSCN2597

洞窟の奥の湯口に一人佇み、しばし恍惚の時を過ごしました。
ふと思いました・・・離れに泊まった客は、主に部屋に備え付けの露天風呂に
入るだろうから、大浴場には滞在中一回くらいしか来ないだろうな・・・

すると、この立派な温泉設備はほんの少数の客のために動いているのか・・・
しかもかけ流しで。採算がとれるのだろうか?かといって大衆旅館みたいに
なってしまえばこの旅館の魅力が損なわれるだろうし・・・難しいな・・・
部屋に戻り、もう一回寝直しました。

フロントからの電話で、ハッと目が覚めました。寝過ごしたぁぁぁ!
もう8時半を回っています。慌てて懐石まる喜へ向かいました。

夕べと同じカウンター席へ。朝食にまでお品書きが添えられていたのは驚きです。
地産野菜のサラダや、地鶏の朴葉焼きなどなど。さらにこのあと、鱒の酒蒸しや
デザートまで出てきました。

DSCN2606

土鍋で炊いた武川米のご飯と、地産の麹みそを使ったみそ汁も美味かったです。
土鍋に入っていたご飯は、きれいにたいらげました。朝食にここまでこだわった
旅館は、ちょっと記憶にありません。

部屋に戻ると、ふとんはそのままでした。11時のチェックアウトまで、まだゆっくり
してくださいという心遣いでしょうね・・・洞窟風呂が名残り惜しかったので、
10時半頃最後のひと風呂浴びに行きました。またも一人のんびり・・・

11時送迎車で塩山駅へ。駅前の土産物屋で、山梨土産の定番くろ玉などを買い
ました。くろ玉は桔梗信玄餅並みに有名ですが、実は買うのは初めてです。

DSCN2608

11時44分発特急かいじ号で帰途に着きました。この日は天気が下り坂
だったので、1日ずれてたら旅行も台無しでしたね・・・

天気、料理、そして火球を見れたりと、幸運に恵まれた旅行でした。
人生もこんな風に幸運続きだといいんですけどね・・・

坐忘にはまた来ようかな・・・家から2時間足らずで行けるし、
何せ辛口の母でさえ、この旅館のことはほめてましたから。

笛吹川温泉坐忘の公式HPはこちら


ブログランキングに参加しています。
ポチッとして頂くと励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

裏庭のガレージ周りを整備して脚立を救出した?

ご無沙汰です。先月も8月と同様悪天続きでしたね。
屋外作業に本腰を入れようと計画していたのですが、
毎週末台風に見舞われたのが痛く、それで記事の更新も
滞っておりました。スイマセン・・・

前回は、裏庭の雑草対策に砂利を敷きました。次は裏庭の
ガレージ周りをすっきりさせようかな。

DSCN0022-3

以前記事にも書きましたが倒壊寸前だったガレージの屋根は
応急処置的に脚立で支えている状態でした
(→ガレージの波板張り替え④)。

このままだと、うちで一番大きな脚立が使えず不便きわまりない
ですし、見た目もスマートじゃないですね。

そこで、脚立を家にあった有り合わせの木材とブロックに置き換え
てみました。木材は構造用の安い木材、その下のブロックは4個
積み重ねて丁度いい高さに調整しました。
木材はあとで塗装しなくちゃね。

DSCN2393-2

ガレージ横の物置には、以前雨水の排水ホースを取り付けましたね
(→物置に排水ホースを取り付けてみたけれど・・・)。

このホース、防藻ホースを買うのをケチって透明のを取り付けてしまった
ため、たびたび藻が詰まって雨水が滞り、機能不全に陥ってました。
このホースは取り外すことにしました。

DSCN2391

物置とホースをつなぐ自前の継手(ハチミツ容器のフタ)も、接着剤
では接着部分の面積がわずかなため、たびたびとれてしまいます。

そこで、継手の先端に雨水を通す切れ込みを入れた上で、ステンレス製
のネジを下から挿し入れ、

DSCN2510-1

物置の上で木片に留めました。この木片には以前ブロック塀の
防水塗装で使った防水一番(→ブロック塀の防水塗装)を塗布
してあります。これでこの継手はピタッと接着しました。

DSCN2395

ホースは塩ビパイプ(外径18mm)に交換することにしました。
まずは各部の採寸をした上で金のこで切断加工し、

DSCN2507

エルボ(L字状の継手)でつなげていきました。パイプの先は
背面の波板の裏側を通って、外の道路まで続いています。

DSCN2508

雨水が流れるよう、きちんと勾配も確認しながら、

DSCN2511

パイプを支えるための釘を木材に打ち込みました。物置との間
の狭いスペースなので、やむをえず金槌の腹で打ちましたよ。

DSCN2513

最後に、パイプにはペンキ(アイボリー)、木材には濡れ縁の
塗装でも使用したガードラックアクア(チョコレート)を塗布して
完成しました(→濡れ縁をガードラックアクアで塗装してみた)。

DSCN2518-1

何かスッキリしたと思いませんか?雨水がパイプを通り
きちんと外の道路まで流れていくことも確認済みです。
何より脚立が使えるようになってよかったぁ・・・

あっそうそう、もう一つやったことがあります。
玄関脇のドウダンツツジが植わっている土の部分ですが、
ここにも防草シートと砂利を敷きました。

ここは目立つ場所なので、裏庭に敷いたような安い砂利では
なく、周囲のカラーに合わせてサビ砂利を敷きましたよ。
ドウダンツツジも色づき始めましたね。

DSCN2519-2

ブログランキングに参加しています。
ポチッとして頂くと励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

裏庭の雑草対策 防草シートと砂利を敷いてみた

以前、家の東側通路の雑草対策に防草シートを敷きました。
(→防草シートを敷いて草むしりから解放された?
それ以来、東側通路の草むしりからは解放されたのですが、
北側の裏庭の草むしりには相変わらず難儀していました。

DSCN1263-1

そこで先月、この裏庭全体にも防草シートを敷くことにしました。
写真は裏庭の草むしりと整地をしたあと、二階から撮ったものです。
右端には東側通路に敷いたシートの一部が見えてますね。

整地は、表面の土をふるいにかけて石などを取り除き、足で
踏みならして平滑にしていきました。

御覧のとおり、裏庭の土地は物置などに囲まれ、ちょっと複雑な
形状をしています。さらに中央には電気温水器のタンクという
障害物もあり、防草シートを敷くのも東側通路ほど簡単には
いかないようですね・・・

DSCN1847          

まずは裏庭の各部を採寸し、防草シートを敷くためのレイアウト
を考えました。シートの規格は1m☓10mのもので足りることを
確認しました。

以前東側通路に使ったシートは、切ったところがほつれるタイプ
のものでした(つまり安いやつ)。今回は切り込みを入れる箇所
が多数あるので作業効率を考え、ほつれない不織布タイプのもの
を選びました。ホームセンターで値段は倍以上しましたが・・・

DSCN1507

難所の温水器周りは角に切り込みを入れ、縁に合わせてシート
に折り目をつけて裁断しました。切り過ぎに要注意です。
カット定規までは使わなかったものの、ちょっと壁紙貼りを
やっているような錯覚を覚えました。

止め具は不織布用の金串タイプのものではなく、ちょっと節約して
東側通路に使ったプラスチック製のものを使いました。
予めキリなどで穴をあければ、丈夫な不織布でも問題なく
止められました。

DSCN1504

温水器の配管の部分は、切り込みを入れて輪に通し、

DSCN1508

小さく切ったシートを上から接着剤で重ね合わせて、補強して
おきました。

DSCN1509-1

防草シートの上には、美観上の観点から砂利を敷く予定でした。
やはり、東側通路と違い目につく場所ですから。

砂利はホームセンターで一番安いやつにしました。1袋20kg
入りで198円です。砂利の値段はピンキリですが、裏庭でも
あるし高級なのを敷くのはもったいないかと・・・
粒の大きさは10mm以下の不ぞろいです。

敷く部分の面積は約7㎡で、シートが隠れる程度に薄く敷く
予定でした(厚く敷くと砂利に雑草が生えることもあるそう
なので)。袋に記載されている必要量の目安を参考にして
8袋分を用意しました。

DSCN1844-1

砂利はざっと水洗いして、手でならしながら敷いていきました。
物置の下は砂利が入り込まないように、シートを反らせて
敷いてあります。

DSCN1841-1

安い砂利の割には、まあまあきれいだと思いませんか?
これで雑草対策はもちろん、雨の日の泥はね対策もできて
よかったです。


ブログランキングに参加しています。
ポチッとして頂くと励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

吸蜜性のアリの駆除 アリメツの効果は?

庭木に新しい芽や茎が生えてくると、たいていそこには
アブラムシがびっしりとくっつきますね。そしてさらにそこには
体長二ミリくらいの小アリの大群がぞろぞろと集まってきます。

この小アリ、何アリなのか正式な名称はわかりませんが、
アブラムシとは共生関係にあるんですね。つまり、アブラムシの
出す蜜をもらうかわりに、天敵からアブラムシを守っているのです。

したがって、アブラムシを駆除する際には、この小アリも併せて
駆除する必要がありますね。うちでは、去年から「アリメツ」という
駆除剤を使っています


DSCN0686-1

アリには雑食性のもの(普通に見かける黒いアリ)と、吸蜜性
のもの(茶色っぽい小アリ)があります。黒いアリは虫の死骸
などを掃除してくれるので、駆除したいのは専ら後者でした。

駆除剤の選定にあたり「アリの巣コロリ」なんかも検討したの
ですが、あれは黒いアリをも駆除の対象としています。吸蜜性の
アリの駆除に特化したものがよいだろうということで、アリメツを
選びました。

この毒蜜を小アリが巣に持ち帰ると、持ち帰ったアリはもちろん
巣のアリもいっせいに中毒死するので、巣を全滅させることが
できるとのことです。

添付されている受け皿のくぼんでいる部分に数滴たらし、
小アリの行列の途中にこっそり置いてみました。
5分後にのぞいてみると・・・


DSCN0688

何という食いつきのよさ・・・これは笑えるほどです。
3日もたつと小アリの姿がほとんど消えました。そのため
使い切れなかった薬液は、今年も繰り越して使っています。

ホームセンターになかったので、私はネット(メール便対応のもの)で
取り寄せました。

ブログランキングに参加しています。
ポチッとして頂くと励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
プロフィール
DSCN0019-3
パルティナ

東京郊外在住の50代男性です。

DIYが趣味で、休日は親から相続

した一戸建て(現状空き家)のメン

テナンス~プチリフォームにいそしん

でいます。
記事検索