まずは手すりと下の鉄骨部分のサビ落としから始めました。
写真は6年前のものですが、特に矢印の鉄骨部分が
ひどくサビてるのがわかりますね。
穴があいたり、欠損してる箇所もありましたよ。

iuioioi-2

サビ落としには研磨スポンジやワイヤーブラシを使いました。
サビ止め塗料は、サビの上から塗れるタイプを使うつもり
でしたが、はがれかかった塗膜をはがすのも兼ねてできる範囲
で研磨しました。

一応下にシートを敷くなど養生はしましたが、高所から
サビ粉や塗膜を落とすので、カバーしきれなかったですね。
風のない日を選ぶようにはしましたが。

手すりの穴や欠損してる部分には、エポキシパテ金属用を
練って貼り付け成形しました。パテは硬化後、上に塗装を
することが可能です(油性・水性どちらでも)。

DSCN0897-1
           手すりのパテ補修箇所の一部(塗装後)


ベランダの底の部分の鉄骨は特にサビがひどく、
サビ落とししてたら、ボルトの一つがポロッととれちゃいましたよ。
まさか崩れてこないだろうな・・・と一抹の不安がよぎりました。

DSCN0907-1

鉄骨の側面には、通りがかりの人から見てもそれとわかる
けっこう大きな穴があいていました。さすがにパテでは足りず、
パワーテープで穴を隠すしかなかったですね。

DSCN0906-2
           パワーテープを貼った箇所(塗装後)

サビ落としとパテ補修が済んだら、サビ止めを下塗りしました。
サビの上からそのまま塗れる「油性サビ鉄用」という塗料を使い、
これをサビている部分にだけ塗っていきました。色は「赤さび」と
「ねずみ色」の二色ありましたが、塗った部分がわかりやすい
ように後者を選びました。


上塗りは「油性シリコン鉄部用」という塗料を1回塗りしました。
色は従前のものと同じく、手すりはこげ茶、下の鉄骨部分は
アイボリーにしました。


この下塗り塗料と上塗り塗料の組み合わせは、当時アサヒペン
に問い合わせ、同社の製品の中では最強の防サビ効果を
発揮するものとして教えてもらったものです。

最近は「カラーサビ鉄用」という上塗り兼用サビ止め塗料も
出ているみたいですね。リンスインシャンプーみたいなものかな?


DSCN0904-1
          
金属部分のサビの進行は、とりあえずくい止めました。
あとはここまでサビを進行させた、だだ漏れのモルタル床の
防水対策を急がなければなりませんね。
次回に続きます。

ブログランキングに参加しています。
ポチッとして頂くと励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村