1階和室には備え付けの洋服ダンスがあります。扉は日に焼けて
変色し、上張りしてある化粧板はところどころ欠けていました。

DSCN0007-3

こうなると部分的に補修するより、上に何か貼った方がいいですね。
そこで、木目のカッティングシートをタンス全体に貼ることにしました。
扉をはずして横に寝かせ、取っ手を取りはずしての作業です。

まずは下地調整です。化粧板の欠けている部分を木工パテで
成形しました。他の部分にパテがつかないようマスキングした上
でパテを充填し、乾いたらサンドペーパーをかけて平滑にならし
ました。

DSCN0192-1

カッティングシートは薄いので、壁紙以上に下地の凹凸が表に現れ
ます。そのため下地調整はより念入りに、手間をかけてやる必要が
ありますね。

カッティングシートは、両端を扉より5cmほど大きめに切り、出だし
は扉の上のラインに合わせて貼り始めました。

カッティングシート貼りは、壁紙貼りよりも神経を使いますね。
いったん貼ったものをはがすと、表面にしわがよってしまいますので、
基本的に貼り直しがきかないからです。

DSCN0197-2

そのため裏紙は少しずつはがしていく必要があり、それと同時に
なでバケでならすようにしました。しわができてないことを常に
確認しながら、慎重に貼っていきました。

扉全体にシートを貼り終わったら、周辺のはみ出した部分を
カッターで切り落としました。取っ手を取り付け、下の引き出し
にもシートを貼って完成です。まあまあのリアル感かな?

DSCN0178-1

カッティングシートはこちらを使いました。色・サイズのバリエーションあります。

タンスの他の部分にも何か所か手を加えたのでご紹介。
扉の合わせ目に取り付けてあった縦長の部品は破損していたので、
L字・ブロンズのアルミアングル(矢印)に取り替えました。
扉の側面に小釘で固定です。

DSCN0187-1

ドアキャッチも壊れていたので、新調しました。取付位置は扉を
開け閉めしながら、実地に調整していきました。


DSCN0183-1

引き出しの開閉も重かったので、下枠に「敷居スベリ」(矢印)を貼り
ました。幅は貼る部分に合わせてカットしました。

DSCN0189-2

フローリング張りのあと、柱、壁、戸ぶすま、洋服ダンスの「化粧直し」
も済み、これでこの部屋のリフォームが完成しました。
色のトーンは淡黄色系にまとめたので、室内の照度がいく分上がった
ように感じます。


DSCN0203-1


ブログランキングに参加しています。
ポチッとして頂くと励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村