うちの一階和室からテラスへの出入り口には木製の濡れ縁が
あります。新築時備え付けのものがかなりみすぼらしくなっていた
ので、一昨年の夏、新しい濡れ縁に交換しました。

DSCN1245
               現在の濡れ縁(塗装後)

古い濡れ縁の撤去と新しい濡れ縁の取付までは、注文先の業者
にやってもらいました。業者の持ってきたカタログにはアルミ製のもの
などもあったのですが、やはり従前のものと同様木製にしました。
水に強いヒノキのムク材です。

DSCN1247-1

日射しが照り付け雨が吹き込むこともある場所なので、さすがに
白木のままではまずいですから、自分で塗装しました。

従前の濡れ縁には平気でペンキを塗ったりしてましたが(塗膜が木の
呼吸を妨げる?)、今回は屋外木部に最適といわれる塗料の中から
選ぶことにしました。使ったのは、ガードラックアクア(カラーはチョコレート)
です。

DSCN1239

玄関扉の塗装(→玄関の扉の塗装再チャレンジ編②)に使った
ラテックスと同様、木目を生かすステイン系の塗料ですが、こちら
の方が隠ぺい性があります。塗りつぶしとまではいかないまでも、
下地のアラなんかは隠せますね。


DSCN1237

塗り方はハケで一行塗ったあと、すかさず余分な塗料をウエスで
拭き取りながら塗料を木材にしみ込ませるようにすると、きれいに
塗れます。

DSCN1238

すき間の塗りにくい部分は、ベンダーという道具を使いました。

DSCN1242

この道具の金属部分は曲げられるので、塗る場所に応じて適宜
曲げると作業しやすいです。

DSCN1243


DSCN1246

仕様は一回塗りですが、私は二回塗りしました。塗装後一日も
おけば完全に乾きますが、一週間くらいは水に濡らさない方がいい
みたいです。一週間もすれば、撥水性を発揮し始めます。

また、塗った当初は若干のベタ感があり、ほこりなどが付きやすい
ですが、月日がたつと段々それもとれてくるようでした。

DSCN1244

この濡れ縁には、以前は野良猫がよく上にあがり泥の足跡をつけ
ていくので困ってました。対策として、ダイソーの「びっくりスネーク」を
置いてみました。それ以来足跡がついていることはなくなったので
効果はあったのかな?

ブログランキングに参加しています。
ポチッとして頂くと励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村