木工作業に欠かせない道具の筆頭格といえば、金槌ですね。
その金槌の柄が折れてしまいました。

DSCN1249

昔から家にあった金槌で、私もずっとDIYで使っていたのですが、
伐採した庭木の解体に使っていたら、バキッといってしまいました。
力任せな使い方はダメだったなと反省・・・

新しい金槌を買うのももったいないので、ホームセンターで
同じサイズの柄だけ買ってきて交換することにしました。

まずは折れた柄の取りはずしです。金槌は頭部の四角い穴
に柄がはめ込んであり、その先端にすっぽ抜け防止のクサビ
(写真中央)が打ち込んでありました。このクサビの周辺の木
を削ってクサビを抜き取ると、頭部から柄を取りはずせました。

DSCN1250-1

新しい柄の先の中央には、クサビを打ち込むための切れ込みを
予め鋸で入れておきました。

DSCN1252

柄の先は頭部の穴より少し大きめなのが仕様なので、これを少しずつ
ヤスリで調整していきました。削り過ぎるとゆるゆるになってしまうので、
ちょっときついかなというくらいがいいみたいですね。

DSCN1253-1

柄の後ろを木槌で叩いて、頭部の穴に柄の先をはめ込んでいきました。

DSCN1255-1

DSCN1257

最後にクサビをポンチで切れ込みに打ち込んで完成しました。

DSCN1259

DSCN1260

これでまたDIYで活躍してくれることでしょう。
金槌さん、今後もよろしくね!(ちょっと自分でもキモかったな・・・)

ブログランキングに参加しています。
ポチッとして頂くと励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村