うちのガレージの屋根は、平成の初め頃従前のトタン波板から
ポリカーボネート板に変えたものです。たまに水洗いはしてきた
のですが、どうも近頃汚れが目立ってきました。
元々半透明な素材ですが、さらに透明度が落ちてるような・・・

DSCN3178

下から見上げると、砂塵のような粒子がこびりついてますね。
どうりで下が薄暗いわけです。

DSCN3198

まずは何か洗剤で洗ってみることにしました。
調べるとポリカ板には中性洗剤を使うようにとのこと。
アルカリ性や酸性では素材を傷める可能性があるからです。
それで身近にある台所用洗剤を使うことにしました。

清掃時の天候は、雨の降る直近が便宜と思います。
残留した洗剤等を後で流してくれるからです。

DSCN3191

脚立に乗っての作業になります。間違っても屋根の上には
乗っからないことですね。板が割れる危険性があります。
それとタワシやデッキブラシなど毛先の硬いものは板に傷を
つけてしまうので禁物です。
そこで、手が届くところはハンディタイプのカーブラシ、手が届か
ないところは柄付きのカーブラシで洗浄しました。

ちなみに、この柄付きのカーブラシは、以前外壁を洗うために
通販でとったものです。外壁も毛先の柔らかいもので洗わない
と、塗装がはげてしまいますからね。

洗剤を水で流したあとも、前述の「砂塵のような粒子」はまだ
こびりついたままでした。試しに爪でこするとそれは落ちるので、
研磨すれば落ちるタイプの汚れです。問題は、素材を傷めずに
いかにそれを研磨して落とすかですね。

DSCN3246

そこで思いついたのはクリームクレンザーです。まずは目立たない
ところで試してみて、傷がつかないことを確認してから使いました。

表面をよく濡らしてから、手の届くところはスポンジ、手の届かない
ところはバスブラシで磨きました。さすがにゴシゴシやるといかに
クリームクレンザーでも微細な傷がつく可能性があるので、
なるべく優しくですね。

これでも完全に落ちたわけではありませんが、深追いはしません
でした。クリームクレンザーは残留すると白く跡が残るので水で
よく洗い流しました。

DSCN3201

洗い終わって上を見上げました。少しは透明度が上がったかな?

ところで、先日とある方からスズランの苗をいただいたので、
そのお礼に以前紹介した折り紙のヤモリを差し上げたら
大変喜ばれました。

春先から始めた折り紙がついに趣味にまで格上げ?
これまで折った作品を少々ご紹介しましょう。

カブトムシ・折り紙

カブトムシは複雑な造形をしていて、2本の角と6本の足を
うまく出さなければならないので、折り紙を考えた人はすごい
なあと思います。

クワガタ・折り紙

クワガタはぜひとも折ってみたかったです。大あごは折り紙の本に
少々工夫を加えました。実は何を隠そう私は高校生のときにも
クワガタを飼っていました。

ペガサス 折り紙

ペガサス・・・ギリシア神話に出てくる伝説の空飛ぶ馬です。
折り紙でここまで繊細に表現できるとはと感心しました。
天国へ行ったらぜひ乗ってみたい・・・なんてね。


上のカブトムシが掲載されている折り紙の本は、「ビバ!折り紙」
(著者:前川淳・笠原邦彦/出版社:サンリオ)です。1989年発売
の古い本なので、中古本しか出回ってないみたいです。

上のクワガタが掲載されている折り紙の本は、

上のペガサスが掲載されている折り紙の本は、

ブログランキングに参加しています。
ポチッとして頂くと励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村