ひなまつり生活発表会ギブ・アンド・ギブ

2007年05月19日

死後の世界はあるのか?

福島大学教授 飯田史彦先生によると「死後の世界」があるかないかの議論は、あると言っておいた方が優位であると言っておられます。
つまり、死後の世界を信じている人の場合、実際に自分が死んだ後に意識があれば「やはり思ってた通りだ」と満足することになるし、万が一、無に帰してしまい意識がなかったとしても、意識自体がないのだから「しまった、やはり死後には何もなかった」と知ってがっかりすることもない。しかも、仮に死後に何も残らなかったとしても、本人は最後まで死後の生命を信じて希望を抱きながらこの世を去ることが出来るのです。
一方、死後の世界を信じてない人は、事態がどう展開しようとも芳しくない結果となります。なぜなら、自分の主張の正しさが証明されたとしても、すでにその時には自分の意識がないのだから、死後に自分の勝利を味わうことは決して出来ません。しかし、万が一、死後にも自分の意識があった場合には、自分の誤りを知って衝撃を受けたり、唯物論的な生き方をした自分の人生に対して猛烈な反省を促されることでしょう。しかも、本人は死後には無に帰してしまうだけだと思いながら死んでいくため、それまでの人生に充実感が乏しい場合には、後悔に満ちた、寂しく、希望のない死を迎えることになります。死は全ての終焉であり、喪失以外何物でもないと思っていたのですから。このように考えると死後を信じている人は事態がどう進展しても「幸せ感」を得ることが出来るのに対して、信じてない人は、いずれにしても朗報はもたらされないようです。
このことからすると、死後の生命や生まれ変わりについては、疑わしきは信じないよりも、たとえ疑わしくても信じておいた方が良いのではないでしょうか。しかも、これらについては科学的に認めるか認めないかは別として、個人的価値観として信じながら生活する方が、心理的にさまざまな利点を持つと思います。死が自分の人生の終わりでないならば、大きな希望が持てますね。

pamama7777 at 18:33│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ひなまつり生活発表会ギブ・アンド・ギブ