KIMG1091


 スイートの極致……といった銘柄が新発売になりました。

●20本入り 350円

 異様に安いと思われるでしょうが、手巻きタバコのスーパースリムフィルターの太さで、フィルターも長め。
 タバコ葉を紙にした"シートタバコ"に詰めてある、いわゆる"リトルシガー"ですので、税制上は葉巻となります。1本当たり12.44円という税金がかかりますが、葉巻やシャグタバコは1gにつき12.44円になりますので、軽ければ軽いほど税金が安くなるということになりますので、今回のは350円という驚きの価格を実現できるわけです。これはキーススリムでも同様ですし、今に始まったことではないです。

 ハーベストといえば日本国内でも長い実績のあるフォン・アイケンが製造する手巻きタバコブランドで、今回はそれのリトルシガー版ということです。手巻きタバコのメーカーによるシガレットといえば一瞬で姿を消したドミンゴと同じメーカーによるジガーノフ・レインボーや、ブレーメンの人気ブランドブラックデビルもありますね。
 手巻きタバコとしてのハーベストは非常にシンプルなパッケージで、味もパッケージ通り淡くてフレーバーを抑え目で、ライトボディのブランドとして定着していますが、果たしてリトルシガーはどうだろう?

 まずはドギツイ程のバニラのフレーバーで、ハーベスト……というよりはコルツ・ヴァニラといった印象。フィルター部は口に貼りつかないピアニッシモと同じ紙を巻いてあるので、とても好印象なのだけど↓

「「「甘すぎる!」」」

 とにかく尋常じゃないくらいの甘味料を塗りたくっているのでガムシロップを舐めているだけの気持ちになります。
 さてさて、火を点けてみますと、葉巻扱いではありますが、普通に手巻タバコのハーベストをシートタバコで巻いただけの印象。やはりライトボディで、バニラのフレーバーはこちらの方がかなり効いていて明確です。
 中盤からは吸い口の甘味料が無くなってくるので、しっかりとバニラフレーバーの手巻タバコを味わえる……という感じ。

 これは結構良い線を行っているのでは?
 もっと甘いのが欲しいのだけど……と考えていた方には納得していただけるだけの強烈な甘さで、中盤からはしっかりとタバコを楽しめるハイブリッド仕様。そして何よりも価格が安いし、ポケットに入れていてもかさ張らないのもいいですね。
 単なるバニラではなく、”スイートバニラ”の意味が分かって頂けるかと。気分転換に甘い物を吸いたい時にはバッチリでしょう。シートタバコ特有のイガイガした喉越しも少ないですし、手巻きタバコ感覚で楽しめるのも好印象。
 甘いけど、フレーバーが負けていないし、コレはなかなか良いと思おう一方で、好き嫌いは激しく分かれるのも目に見えています。アロマティックが苦手だと分かっている方は絶対に手を出してはいけません。