2019年04月12日

アグオン、沈黙を破る。

skyticket presents PANCRASE 304
sponsored by ONE championship
4月14日(日)スタジオコースト

20190411_151335

――コンディションはいかがですか。
カイル 絶好調です。毎日トレーニングを続けています。本当に調子がいいです。

――もうすっかりパンクラスでおなじみの顔になりましたね。
カイル またパンクラスで闘えることが光栄です。日本の文化や、とにかく日本が大好きです。パンクラスでキャリアを積むことは、私の理想としているキャリアの積み方です。

――さて、今回はタイトル挑戦権をかけての試合です。今までと変えてきた事はありますか?
カイル MMAをより進化させる為に、1つ1つの競技に集中して練習してきました。たとえばボクシングに集中、ブラジリアン柔術に集中、レスリングに集中というように。コーチにもつき、それぞれに集中して個別の能力をアップし、それをMMAに昇華させるという形です。レスリングは(山本)美憂とトレーニングする事で磨いてきました。

――新しいカイル選手が見られるということですね。
カイル このスポーツを始めて10年以上になりますが、より進化した自分を見せられるように、1つ1つの競技に集中しています。また、その中で深い気付きもあり、より深化していると思います。

――カイル選手にとって、美憂選手の存在とは?
カイル 美憂は三度の世界女王に輝いた選手で、私の周りにはそういう人はいませんでしたし、とても尊敬しています。いつも練習のあとには、美憂に練習について聞きます。叱りを受けることもありますし、褒めてくれる時もあります。いつも適切なアドバイスをくれる良いコーチです。そして、私がMMAをコーチしていく中で切磋琢磨している、とても良い関係です。彼女のおかげで私のレスリング力は向上していますし、自信にもつながっています。
57000705_377239622866264_3144003604990394368_n

――今回の相手、中島太一選手に対する印象はいかがでしょうか。
カイル 相手は経験も豊富ですし、トータルMMAファイターとしてとても強い選手だと思っています。柔術も、スタンドも、レスリングもできる選手ですね。突出しているものはありませんが、トータルで強い選手です。田村一聖選手にも勝っていますし、仕留めることは難しいかもしれませんが、やりがいのある相手だと思います。

――どんな試合になりそうでしょう。
カイル 今回は、何よりアグレッシブに攻めて行くつもりです。レスリング、ボクシングなどそれぞれ集中してきたので、どの分野でもアグレッシブに攻めて勝ちたいです。

――中島選手は手足が長い選手ですが、その間合いに入らないということでしょうか。
カイル 相手は長い距離で闘う選手ですが、私はどちらかというと近い距離で闘うスタイルです、相手に合わせずに、自分の距離で試合を進めたいです。

――中島選手の組みに関してはいかがでしょうか。
カイル 彼のレスリング力については全く心配していません。掴むだけなので、レスリングの技術だと思っていないです。私の方が技術があるので、組み付きのは全く心配していません。自分のペースを作って勝利につなげたいです。
20190411_141707

――カイル選手は、初参戦当時からタイトルを獲りたいと話していました。
カイル はい、その通りです。最初に参戦したときから目標にしていることです。私はISAO選手にも勝っていますし、今回勝ってぜひタイトルに挑戦したいです。

――パンクラスはONE Championshipと提携を結び、王者になるとONEで闘うことができるようになりました。このことについて、どう思いますか?
カイル ONEで闘えることは、モチベーションにつながっています。でも、まずパンクラスのベルトを獲ることが先決です。その先で、ONEが待っていると思います。

――最近、カイル選手への声援が増えてきましたが、どのように感じていますか。
カイル 確かに、声援が増えているのを感じています。私は日本や日本の文化が大好きですし、ケージに入るとエナジーが上がります。そして、声援はとても嬉しいのですが、美憂のコーチを始めたからじゃないかなと思います(笑)。でも、声援が集まってくれることはとても嬉しいです。

――どんな勝ち方をしたいですか。
カイル 試合はその場に応じてやっていくものですが、私はフィニッシュが大事だと思っています。KOか一本、フィニッシュして勝ちたいです。よりアグレッシブに闘うので、私の試合を楽しみにしてください。
text.佐佐木 澪
p304na

★第8試合 フェザー級 次期王座挑戦者決定戦 5分3ラウンド★

Taichi Nakajima
中島 太一(2位/パラエストラ東京)
vs.
Kyle Aguon
カイル・アグオン(3位/SPIKE22)

≪試合の見所≫
ロシアACBで世界の強豪と渡り合い、約3年ぶりにパンクラスのリングへ戻ってきた前戦で、田村一聖を破りその実力を見せつけた中島。
掴みどころのないファイトスタイルで、パンクラス参戦後は現暫定王者ISAOや半蔵に勝利しているAguon。
5/26大会で行われる王者NAZARENO vs. 暫定王者ISAOの、王座統一戦勝者への挑戦権をかけた一戦となる。
中島がかき回すか!? Aguonが落ち着かせるか!?

https://www.pancrase.co.jp/tour/2019/0414/index.html

https://www.youtube.com/watch?v=KPQQzXNDTk4&feature=youtu.be

pancrasenews at 11:30│
official site

schedule