2019年04月14日

4/14(日) 久米鷹介@トム・サントス

――まずお互いに一言お願いします。
久米「急遽、相手に変更がありましたが、すぐにこういう素晴らしい相手を用意して頂き、パンクラスに感謝しています。また、試合を受けて頂いたサントス選手にも感謝しています。自分は復帰戦になりますが、強い相手を用意して頂いて、モチベーションも途切れる事なく闘う準備もしっかりできています。明後日それをぶつけて、自分の全てを出してKO、1本を狙って行きたいです」

サントス「久米選手はすごいファイターであり、今度の闘いは私にとって新しいステップになるでしょう」
20190412_170126

――相手が変わってからは、どのような気持ちで過ごしていましたか。
久米「初めはアントン選手に集中してやっていましたが、サントス選手に代わりました。サントス選手はHEATの王者ですが、HEATは名古屋の大会なので見ていましたし、強い選手だと知っていました。ですので、特に相手の交代に惑わされる事はありませんでした。いいモチベーションを保ったまま試合に臨む事が出来ると思っています」

――相手の変更後、修正してきたところは?
久米「すぐサントス選手という強い選手を用意してくれましたし、連絡もすぐに頂いたので、気持ちはそのままで落ちている暇もないというか。サントス選手も、アントン選手と同じく自分のもの全てを出して闘わないといけない相手ですし、相手が変わっただけという感じで、特に混乱なく自分を作り上げてきました。準備はしっかりしてきたので、それを皆さんの前でしっかり出したいです」

――サントス選手には急遽のチャンスとなりました。どのように作ってきましたか?
サントス「先月もタイトル戦があり、相手は韓国人でタフな試合をしている選手でした。私はHEATの王者、久米選手はパンクラスの王者。王者どうし、どちらが強いのか決着をつけたいです」

――前戦はどのように影響していますか?
久米「前回も準備はしっかりしてきましたが、相手に勝負所で仕留められてしまいました。でも、これも勝負の世界です。変わらず自分の持っているものを出す事に集中して行きます」

――お互いの印象を教えてください。
久米「やはり打撃の攻撃力がすごくて、KOもしくはKOに近いシーンまでいくところを目の当たりにしていますし、映像でも見ています。そこを意識して闘います」

サントス「私は早くに終わった試合もありますが、相手が殴りかかってきたので応戦して勝っただけです。1ラウンドでも2ラウンドでも5ラウンドでも勝つつもりです」

――サントス選手の打撃については?
久米「他の試合でもKOしているので、気をつけて行きたいです」

――サントス選手はHEAT、RIZIN、パンクラスと、日本での試合が増えています。
サントス「2015年から日本に来るようになって、日本が大好きです。日本の環境にもだいぶ慣れました。日本はチャンスの国です。今回タイトルマッチができてすごく嬉しいです。おそらく日曜は私の手が上げられて王者になるでしょう」
20190412_170338

――さて、パンクラスはONEと提携して、今後、王者はONEで闘うことになりますが、このことについてどう思いますか。
久米「自分の中では、選択肢を一つ増やしていただいた、自分の道が一つ増えたという感覚です。でも、今はそれよりもこの防衛戦に集中しています。全てをかけなければいけない相手ですし、この試合に勝たなければ、その先も考えられません。今はこの試合に集中しています」

サントス「ONEとの契約は大変新しい面白い契約だと思います。でも、私も今はパンクラスで勝つ事しか考えられません」

――今回は、どのようなフィニッシュで勝ちたいですか。
久米「どのラウンドというよりは、常に1本、フィニッシュを狙っていく中で、フィニッシュが訪れると思います。それを狙いながら試合を進めたいです」

サントス「今度の試合は、グラウンドもスタンドも両方の展開があると思います。私はKOして勝ちたいです」

――最後に意気込みをお願いします。
久米「たくさんの人のサポートで、この日を迎える事が出来ました。お世話になった人たちの為にベルトを守りたいです」

サントス「日曜は、日本とブラジルで観戦する人たちの全部のエネルギーをもらって、チャンピオンになります」


skyticket presents PANCRASE 304
sponsored by ONE championship
4月14日(日)スタジオコースト

★メインイベント ライト級 キング・オブ・パンクラス
タイトルマッチ 5分5ラウンド★
p304kop
   
久米 鷹介 (ALIVE/第7代王者)【1985年4月28日生
vs.
トム・サントス 【1985年1月2日生
(Team Brazilian Thai/5位/HEAT現ライト級王者)  

≪試合の見所≫
王者久米二度目の防衛戦は、当初予定されていたKuivanen
へのリベンジマッチから怪我欠場を受けSantosに変更。

Santosはパンクラス二連勝をあげRIZINにも参戦。3月2日に行われたHEAT44にてライト級タイトルマッチに挑み王座を獲得、さらなるタイトル獲得のチャンスを得た。

トータルファイターの久米と、勝利の80%をKOで飾っている強打のSantos。
緻密なTEAM ALIVEのFithing Planは、獰猛なHEAT王者の
Fighting Dragonを打ち取りベルトを守るか!?
Fighting Dragonの猛炎が王者HAWKを焼き尽くすか!?

https://www.pancrase.co.jp/tour/2019/0414/index.html



pancrasenews at 11:30│
official site

schedule