2009年03月

2009年03月31日

5.2 戦極〜第8陣〜:マルロン・サンドロ選手 対戦相手決定!

本日、5.2(土)戦極〜第8陣〜“フェザー級グランプリ2009 2ndROUND”のカード発表記者会見が行なわれ、第2代キング・オブ・パンクラシストのマルロン・サンドロ選手とニック・デニス選手の対戦が決定しました!

========================
5月2日(土)戦極〜第8陣〜
場所:東京・国立代々木競技場 第二体育館
開場:14:00/開始:16:00
対戦カード:戦極フェザー級グランプリ2009 2nd ROUND
マルロン・サンドロ(ノヴァ・ウニオン/第2代K.O.P.)
vs
ニック・デニス(Ronin MMA)
========================

◆◇試合に向けてのコメント◇◆
マルロン・サンドロ:皆さん、こんにちは。パンクラス フェザー級チャンピオンのマルロン・サンドロです。
今回の試合は、僕のキャリアの中では素晴らしい試合になると思っています。なぜならニック・デニス選手も僕と同じ無敗の選手だから。この試合が終わったら、一人だけが無敗の選手になります。僕がその気持ちを感じたいです。

pancrasenews at 16:04|Permalink他団体参戦情報 

2009年03月29日

4.25 VALKYRIE:WINDY智美選手 参戦決定!

4月25日(土)ディファ有明にて開催される「VALKYRIE 02」で、パンクラスismのWINDY智美選手と高林恭子選手の対戦が決定しました。

========================
4月25日(土)VALKYRIE 02
場所:東京・ディファ有明
開場:13:30/開始:14:00
対戦カード:女子フェザー級次期挑戦者決定トーナメント 1回戦
WINDY智美(パンクラスism)
vs
高林恭子(ALIVE)
=======================

pancrasenews at 21:43|Permalink他団体参戦情報 

2009年03月26日

『パンクラス15年の真実 総合格闘技の舞台裏回顧録』発売のご案内

book 











このたび株式会社エンターブレインより書籍『パンクラス15年の真実 総合格闘技の舞台裏回顧録』が発売されます。
 第二次UWFの崩壊、その後の船木誠勝と鈴木みのるらの藤原組離脱……。プロレス界におけるこの流れから、著者である尾崎允実は「パンクラス」の旗揚げに団体の社長として関わることになりました。“秒殺”という言葉が生まれた1993年9月21日(東京ベイNKホール)での衝撃の旗揚げ興行は、まさに「完全なるリアルファイト」のプロレス団体が誕生した瞬間でした。
本書籍はパンクラスの社長を引き受けるに至った経緯から、これまで知られることのなかった15年間の舞台裏における数々のエピソードなどを尾自身が回顧。
 総合格闘技団体のパイオニアとしての暗中模索の日々、事件や事故、大きなケガ、そして選手の離脱、背信行為、契約に関わる法廷闘争など。さらにはヒクソン戦で敗れて引退した船木、プロレス復帰をはたした鈴木、両選手を間近に見てきた著者であるからこその対比なども盛り込まれています。社長として「長すぎた……」と実感する15年の日々とはどのようなものだったのか……。
 パンクラス、そして総合格闘技の歴史を知る上で欠かせない一冊となっております。

現在PANCRASE storeにて販売中!

タイトル:パンクラス15年の真実 総合格闘技の舞台裏回顧録
価格:1,680円(税込)
体裁:判型=B6変型  総頁=260頁
発行:株式会社エンターブレイン


【本書のおもな内容】
■プロレスとの関わり、そしてUWF崩壊
古舘アナとの運命的な出会い、UWFとのビックビジネス、第二次UWFの3派分裂、そして……。
■パンクラス旗揚げまでの日々
船木、鈴木、冨宅の情熱に負け、社長を受託。そしてパンクラス設立へ。
■“秒殺”の格闘技誕生!衝撃の旗揚げ大会
前代未門の旗揚げ大会全5試合13分05秒。秒殺KOやチョークでの失神、全試合完全リアルファイト。
■ハイブリッドレスリングの真髄
プロレス? 総合格闘技?「二兎を追わなければパンクラスではない」
■パンクラスは「UWF」継承団体ではない
破壊と創造。パンクラスはUWFを破壊して、プロレス界に総合格闘技を創造した!
■UFCの出現と外国人選手の発掘
初期UFCとの交流。外国人選手招聘の苦悩。契約、移籍など整備されていなかった格闘技界の秩序。
■誤解から生じた他団体とのトラブル
「田村潔司引き抜き疑惑」「リングス代表・前田日明氏を相手どった訴訟問題」の真実。
■幻に終わった修斗との対抗戦
修斗との交流戦が行なわれていたならば、統一コミッションが誕生していたかもしれない。
■『コロシアム2000』で受けた一戦の重み
エースが死ねば団体もろとも、船木敗北による膨大なダメージから赤字会社への転落。
■団体の“新たなベクトル“全方位外交
PRIDEをはじめとする新興勢力の勃興による生き残りをかけた積極的交流。
■船木の退団と鈴木のプロレス復帰
静の船木、動の鈴木。パンクラスを創った二人に訪れた大きな転換期。
■“人生の修行“をした社長業の15年
プロモーター業も社長業も常に孤独。どんなときにも結論を迫られた15年間。
■今後のパンクラスが進むべき道とは…
パンクラスはジム扱いになってもいい! 乱立するMMA大会の統括組織を設立すべきである!
■選手たちへのメッセージと我が心のベストバウト
冨宅飛駈、高橋義生、柳澤龍志、稲垣克臣、國奥麒樹真、山田学、伊藤崇文、KEI山宮、長谷川悟史、近藤有己、菊田早苗、須藤元気、郷野聡寛、三崎和雄、美濃輪育久、謙吾、渡辺大介、北岡悟、大石幸史、佐藤光留、アライケンジ、金井一朗、前田吉朗、川村亮、鳥生将大、玉海力剛、WINDY智美、坂口征夫、志田幹、各選手へのメッセージと15年間のベストバウト

pancrasenews at 02:34|Permalinkグッズ 

2009年03月25日

Kamipro Move:北岡悟選手の毎日ブログがスタート!

DSC_0006













4月1日(水)より、Kamipro携帯サイト「Kamipro Move」で、北岡悟選手の毎日ブログがスタートします☆★

コラムのタイトルは、ズバリ………

「北岡悟のどうかと思う日常」
※北岡選手が命名しました。 詳しくはコチラへ!

「Kamipro Move」でしか見ることの出来ない貴重な写真や話題を盛りだくさんでお届けします!!

現在、北岡選手の動画も配信中です

========================
「Kamipro Move」サービス概要

■サービス利用料:月額315円(税込)
■対応機種:主要3キャリア全端末対応(※端末により一部非対応コンテンツあり)
■アクセス方法:
access_qrcode
========================

皆様のアクセス、お待ちしております

pancrasenews at 20:35|Permalinkリリース 

2009年03月22日

3.20 戦極〜第7陣〜:試合結果・試合後コメント

========================
3月20日(金・祝)戦極〜第七陣〜
場所:東京・国立代々木競技場 第二体育館
開場:15:00/開始:17:00
========================
メインイベント 戦極ライトヘビー級ワンマッチ
×川村亮(パンクラスism/第4代K.O.P.)
判定0-3
◯キング・モー(Kingdom of Mayhem)
========================
第1試合 戦極フェザー級GP2009 開幕戦
×川原誠也(パンクラスP'sLAB横浜)
1R 2:36 TKO ※タオル投入
◯ニック・デニス(Ronin MMA)
========================
第5試合 戦極フェザー級GP2009 開幕戦
◯マルロン・サンドロ(ノヴァ・ウニオン/第2代K.O.P.)
2R 2:57 TKO ※肩固め
×マット・ジャガース(Team Wolfpack)
========================

◆◇試合後コメント◇◆

★川村亮選手
DSCF6130














■敗因は何だと思いますか?
川村亮:見たままです。
■ああいう展開は予想していましたか?
川村亮:自分の(キング・モーに対する)印象の甘さではないと思うんですけど、あそこまでやられるのかと。驚きましたね。
■何回かバスターをくらってましたが。
川村亮:そういう受身は得意なので大丈夫です。
■判定では大きな差がついていましたが。
川村亮:もっとつけていいんじゃないかなと思いますけどね。思いっきりやって、思いっきり勝つか、思いっきり負けたかったんですけど。メインイベンターとしてそれが出来なかったのは、悔しいというか情けないですね。
■効いた攻撃はありましたか?
川村亮:一切ないんですけど、終始コントロールされたという感じですね。
■コントロールされた一番の理由は何だと思いますか?
川村亮:僕が弱くて、相手が強いからだと思います。パワーという感じじゃないです。試合して、自分がやらなきゃいけないことが色々浮かびましたし、もっともっと強くなっていかなきゃいけないと実感しました。
■やらなきゃいけないこととは?
川村亮:今は1+1が2になってる感じなんですけど、それを3とか4とかにしていかなきゃいけないなと。広げていかなきゃいけないと思います。
■相手の打撃を受けた印象は?
川村亮:あんまりないですね。僕は打撃をしたかったんですけど、やらせてくれなかった。その辺りに上手さを感じましたね。
■試合が中断されたのは、相手の指が目に入ったからですか?
川村亮:そうですね。故意ではないと思うんですけど、ディフェンスの際に相手の指が目に入ってしまったので。
■キング・モー選手は届かない壁だと思いましたか?
川村亮:僕はまだまだキャリアも浅いので、簡単に言うとまだまだ全然強くなれると思ってます。だから届かない壁だとは思いませんでした。ただ、これからが大切だなと。メインを任されて、ああやって完敗して、そこからどのようにやっていくかというのが今後の課題ですね。

★川原誠也選手

DSCF6126













■対戦相手の印象をお願いします。
川原誠也:なんか、いい人そうな感じで、ファイトスタイルは激しいなって思いました。
■効いた攻撃は?
川原誠也:ミドルをガードしたと思ってたんですけど、気付いたら尻もちをついていて…。蹴りとパンチですね。
■敗因は何だと思いますか?
川原誠也:……ちょっと分かんないですね。
■かなり体格差がありましたが、その辺りについては?
川原誠也:デカイとは思いましたけど、それは言い訳にするつもりはないです。(フェザー級GPに)出たくて出たわけだから。体格差というか、自分の土俵でやられたんで…。強かったですね。

★マルロン・サンドロ選手
9585184a-s














■どんな作戦で挑みましたか?
マルロン・サンドロ:今日の試合に関しては、ゲームプランは2つありました。一つは打撃でKOする、そしてもう一つはサブミッションで一本を取る。今回はうまい具合にスタンドで一本を取ることができました。
■あまり打撃を出していないようでしたが。
マルロン・サンドロ:対戦相手が真っ向から勝負してくれなかったからです。あまり前に出てこなかったので、打撃を出すことができませんでした。コーチ(アンドレ・ペデネイラス)からもグラウンドで行けという指示があったので、それに従いました。今日の試合は、自分のペースで出来たと思います。
■二回戦はどんな戦いをしたいですか?
マルロン・サンドロ:対戦相手が決まってから、対策を考えたいと思います。


詳しくは戦極オフィシャルHPまで!

pancrasenews at 22:02|Permalink他団体参戦情報 

2009年03月19日

3.20 戦極〜第7陣〜:計量結果・コメント

DSCF6113














■日時:3月19日(木)14:00〜
■場所:都内ホテル
■参加選手:3月20日(金・祝)戦極〜第7陣〜 出場全選手

========================
3月20日(金・祝)戦極〜第七陣〜
場所:東京・国立代々木競技場 第二体育館
開場:15:00/開始:17:00
========================
メインイベント 戦極ライトヘビー級ワンマッチ
川村亮(パンクラスism/第4代K.O.P.)
vs
キング・モー(Kingdom of Mayhem)
========================
第1試合 戦極フェザー級GP2009 開幕戦
川原誠也(パンクラスP'sLAB横浜)
vs
ニック・デニス(Ronin MMA)
========================
第5試合 戦極フェザー級GP2009 開幕戦
マルロン・サンドロ(ノヴァ・ウニオン/第2代K.O.P.)
vs
マット・ジャガース(Team Wolfpack)
========================

◆◇計量結果・コメント◇◆

■メインイベント 戦極ライトヘビー級ワンマッチ
DSCF6105














■川村亮選手(パンクラスism) 93.0kg
明日は巨大で危険な、そして美女ぞろいの王国に対して、一人の日本人がクーデターを起こしますので、楽しみにしていて下さい。
■キング・モー選手(Kingdom of Mayhem) 92.8kg
真のキングというのは一人で十分です。明日どうなるのか楽しみにしていて下さい。そして自分の力というものを試合で見せたいと思います。


■第1試合 戦極フェザー級GP2009 開幕戦
DSCF6099














■川原誠也選手(パンクラスP'sLAB横浜) 65.0kg
明日は一試合目で、しらけた試合をしたら盛り上がりにかけると思うんで、ガンガン潰しにいきます。
■ニック・デニス選手(Ronin MMA) 64.8kg
参戦の機会を与えて頂いて感謝しています。初来日で川原選手という日本有数の爆発力のあるストライカーと試合が出来ることを、すごく光栄に思っています。エキサイティングな試合が出来れば嬉しいです。


■第5試合 戦極フェザー級GP2009 開幕戦
DSCF6101














■マルロン・サンドロ選手(ノヴァ・ウニオン) 65.0kg
戦極という素晴らしい舞台で戦う機会を与えて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。今回のフェザー級トーナメントは、どの選手も才能があり、レベルの高いトーナメントです。今までやってきたことをしっかり発揮して、いい試合をお見せします。
■マット・ジャガース選手(Team Wolfpack) 65.0kg
今回試合をする機会を与えて頂き、戦極主催者の方に感謝しています。日本には10年前に一度来日しているんですが、また戻ってこれてすごく嬉しいです。日本の素晴らしい舞台で戦えることを光栄に思います。


詳しくは戦極オフィシャルHPまで!

pancrasenews at 19:08|Permalink他団体参戦情報 

2009年03月18日

3.20 戦極〜第7陣〜:マルロン・サンドロ選手 独占インタビュー

DSCF6057














3.20(金)戦極〜第7陣〜フェザー級GP2009 開幕戦に出場する、第2代キング・オブ・パンクラシスト マルロン・サンドロ選手の独占インタビューです☆★

========================
3月20日(金・祝)戦極〜第七陣〜
場所:東京・国立代々木競技場 第二体育館
開場:15:00/開始:17:00
対戦カード:戦極フェザー級GP2009 開幕戦
マルロン・サンドロ(ノヴァ・ウニオン/第2代K.O.P.)
vs
マット・ジャガース(Team Wolfpack)
========================

■では、今改めて去年10月のタイトルマッチ(vs滝田J太郎戦)を振り返ってみていかがですか?
マルロン・サンドロ:練習をいっぱい積んだので、もっといい内容の試合が出来たはずなのにという気持ちが正直あります。でもタフでサウスポーの相手にやらなければいけないことは出来たので、そういう意味では満足のいく試合が出来ました。しかも、その試合のおかげで戦極という国際的な大会に出場できることになって、すごく嬉しいです。
■チャンピオンベルトが自分の腰に巻かれた時の心境は?
マルロン・サンドロ:“やり遂げた”という満足感でいっぱいだったし、この階級のチャンピオンになれたことがすごく光栄でした。まるでマイベイビーを抱いた時のような気持ちになったよ(笑)。
■ノヴァ・ウニオンの道場生、家族はどのような反応でしたか?
マルロン・サンドロ:奥さん・息子・兄弟、みんながすごく喜んでくれました。ノヴァ・ウニオンは自分にとって家族みたいなもので、彼らのサポートがあったからこそのベルト獲得です。だからこのベルトは僕だけのものではなくて全員のもの、このタイトルはチームのものです。ここまで指導してくれた師匠(アンドレ・ペデネイラス)には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
■アンドレ・ペデネイラスさんにお伺いします。道場生の試合が重なり、マルロン選手のタイトルマッチには同行されていませんでしたが、勝利の報告はどのようにして受けたんですか?
アンドレ・ペデネイラス:セコンドのエリオ(・ダミアミ)に電話をして、報告を受けました。マルロンはタイトルマッチに向けてしっかり練習を積んでいたので、間違いなく勝つだろうとは思っていたんですが、その報告を受けるまではずっとソワソワしていました(笑)。報告を受けた時は、とにかく嬉しかったですね。
■マルロン選手が総合12戦目、デビュー4年目にしてベルトを獲得しました。長年マルロン選手を指導してきたペデネイラスさんは、感慨深いものがあったんじゃないですか?
アンドレ・ペデネイラス:長年の苦労、練習の日々があったからこそのチャンピオンですから、感慨深いものはありました。“私たちのやってきたことは間違っていなかった”という証拠がこのベルトですので、本当に感動しました。

DSCF6053














■パンクラスのチャンピオンとして、日本の2大格闘技イベントと言われる“戦極”に参戦することになりましたが、その辺りに関しては?
マルロン・サンドロ:言葉では言い表せないくらい、嬉しい気持ちでいっぱいです。戦極は昔で言えばPRIDEのような大会だと思いますので、すごくワクワクしています。でもここまで来れたのはパンクラスのおかげなので、期待に応えられるように一生懸命頑張ります。
■パンクラスのチャンピオン、そして戦極参戦ということで、これからは今まで以上に厳しい試合が続くと予想されますが、不安等はありますか?
マルロン・サンドロ:不安は特にないですね。僕はどの選手も尊敬しています。対戦相手がプロデビューする選手だとしても、今までと変わらず、しっかりと相手の研究をして、一生懸命練習した上で試合に挑むだけです。今はチャンピオンベルトを持っているわけですが、だからと言って相手を見下したりとか、練習を疎かにするということは全くないです。
■では最後に、マルロン選手を応援しているパンクラスファンに向けて、メッセージをお願いします。
マルロン・サンドロ:パンクラスファンの皆さんには本当に感謝しています。今までパンクラスでやって来たことを、戦極という新しい舞台でも発揮して、ファンの皆さんに満足してもらえるように頑張ります。いい試合をします!
■マルロン選手ありがとうございました。戦極での試合に期待しています!

DSCF6056














マルロン・サンドロ:そういえば、僕がチャンピオンであることをまだ(ホームページに)載せてないでしょ?
■いやいや、しっかり載せてますよ!
マルロン・サンドロ:えっ?本当??……ここのところずっと練習ばかりで、あんまりチェック出来てなかったから、もう一回ちゃんと見てみるよ。
■かっこいいマルロン選手の写真がたくさん載ってますよ。
マルロン・サンドロ:あぁ、そう……アリガトウ(照)。

■実は“マルロン応援団長”の佐藤光留選手から、応援メッセージを預かってきたんです。
マルロン・サンドロ:えっ!本当に!?

========================
マルロン・サンドロ選手へ

こんにちは、マルロンさん!!日本へようこそ。今回も長旅、お疲れ様!!

今回は戦極のフェザー級トーナメントという、大事なトーナメントですね。
日本からの出場選手を見ても、選ばれた選手の出るトーナメントである事がわかります。パンクラスからも、そして僕の道場からも選手が出ます。
僕はマルロンさんを尊敬する総合格闘技の選手として、そしてアニメがつなげてくれた大切な友人として、心から応援しています。

当日、僕は日本の名古屋という場所でプロレスの試合をしています。少し離れているけど、マルロンさんに届くように「気」を送ります!!
試合に勝って、日本の美しい春を体感していってください。

パンクラス・佐藤光留より
========================

マルロン・サンドロ:すごく嬉しいよ。本当にありがとう!前回来日した時に光留さんからもらったTシャツとフィギュアは、家に飾ってあるんだ。もう毎日眺めているよ(笑)。光留さんに会えないのは残念だけど、当日はお互いベストを尽くして頑張ろう!……あ、これ(光留選手からのメッセージが書かれた用紙)も飾りたいからもらってもいい??
■どうぞ(笑)。20日はマルロン選手にとって、最高の一日になるように頑張って下さい!

DSCF6058














↑光留選手からのメッセージを手に、すっごく嬉しそうなマルロン選手

pancrasenews at 22:23|Permalink他団体参戦情報 

北岡悟ステッカー 発売のご案内

kitaoka












戦極 初代ライト級チャンピオン・北岡悟選手のステッカーが登場!

爆発的大ヒットの北岡悟Tシャツでお馴染みのキャラクターであるフロックマ、アキレス犬らが入ったかわいらしいデザインの当商品は、3月20日(金・祝日)「戦極〜第七陣〜」の会場、及びPANCRASE storeにて販売します。
この機会をお見逃しなく!

商品名:北岡悟ステッカー
価 格:¥735(税込)【会場では¥700(税込)】
サイズ:横148mm×縦100mm
素材:紙(表面PPコート加工)


pancrasenews at 20:51|Permalinkグッズ 

2009年03月17日

ジョシュ・バーネット選手 IGFプロレスリング「GENOME8」試合結果

========================
3月15日(日)
IGFプロレスリング「GENOME8」
会場:広島サンプラザホール

○ジョシュ・バーネット(アメリカ)
7分13秒 フェースロック
●フォンセカ(ブラジル)
========================


快進撃を続けるジョシュ選手のこれからの戦いにも要注目!




pancrasenews at 18:15|Permalinkプロレス参戦情報 

2009年03月13日

3.15 格闘秘宝館:北岡悟選手 イベント出演情報

DSC_0284













下記日程にて開催される『格闘秘宝館 vol.4』に、パンクラスismの北岡悟選手がゲスト出演します

========================
格闘秘宝館 vol.4
開催日時:2009年3月15日(日)19:00〜
開催場所:阿佐ヶ谷ロフトA
司 会:高橋ターヤン(映画秘宝、kamiproライター)
    橋本宗洋(格闘技ライター、映画秘宝レビュアー)
    高崎計三(格闘技ライター)、
ゲスト:北岡悟選手(パンクラスism所属)
    青木真也選手(パラエストラ東京所属)
    佐伯繁氏(DEEP代表、DREAM広報)
入場料 :2,000円(前売り/当日、共)

※詳しくはコチラまで!
========================

お時間のある方は是非遊びにいらして下さい

もしかしたら……



北岡選手の、あっ!と驚く仰天話が聞けちゃうかもっ(≧∀≦)☆★


pancrasenews at 19:54|Permalinkリリース 
official site

schedule