2018年10月02日

青い手袋

今日は工場で使っている手袋についてご紹介いたします。

現在工場では青い手袋を使用しています。

DSC_5779
↑ ゴム製の手袋。

DSC_5745
↑ エンボスタイプの手袋。

用途に応じて使い分けています。
DSC_5761 (1)

DSC_5754 (1)

少し前までゴム製の手袋は白色のもの、エンボスタイプの手袋は透明なものを使用していました。

しかし、白や透明だと万が一商品に混入してしまった場合に発見しづらいので、どちらとも青色タイプに変更しました


どうして青色だと見つけやすいのかというと、青色というのが食品にはない色だからです。

青色の食べ物って・・・思いつきませんよね。

なので万が一商品の中に混入してしまったとしても、発見しやすいための工夫です。


わが社ではその他にも工場で青色のものをたくさん使用しています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。


今年の6月に食品衛生法が改正され、原則としてすべての食品事業者に、一般衛生管理に加えHACCP(ハサップ)に沿った衛生管理の実施が求められることとなりました。

わが社もHACCPに沿った衛生管理を実施するため、具体的に動き出しています

これからも様々な工夫をしながら、安心安全な商品づくりに努めてまいります


panda50ban at 15:11
安心・安全 
“突撃!こだわり体験レポート” 間近で体験工場見学!!
twitter
記事検索
Archives