Kawasaki C-X Vs. A400M
川崎C-X vs エアバスA400M 海外の反応


1

(XC-2)
 2010年1月26日に初飛行を行った。C-Xは国産のC-1輸送機の後継として開発が進められ、XP-1固定翼哨戒機と同時に開発・一部部品の共用によって、両機合わせて3,400億円ほどの開発費となっている。XC-2は自主開発機としては過去最大のサイズとなっており、性能と共にC-1を凌駕している。全長は1.51倍、全幅は1.45倍、全高は1.42倍、空虚重量は2.5倍、最大積載量は3.75倍、最大速度は1.2倍、エンジン合計推力は約4.24倍、C-1の有効積載量2.6t、1700kmに対しXC-2では12t、6500kmとなっている。(詳しくはwikiで)

2

(A400M)
エアバスA400Mは欧州の航空機メーカー、エアバス・ミリタリーが開発を行っているターボプロップ四発の次期輸送機である。2009年12月11日に初飛行を行った。競合機となるXC-2(日本は輸出は行わないが)が2000年より計画されたのに対し、このA400Mは1991年以前より計画されており、国際共同開発等の影響もあり膨大な開発期間(国家間の要求の違い等)を伴っている。本来であれば2010年より配備が開始される予定であったが、予定よりも最大12tの重量超過、4年近いスケジュールの遅れ、大幅なコスト上昇の問題が生じてしまっている。現時点では2014年には納入を開始したいとしている。(2010年初頭の追加支援だけで、35億ユーロと、XC-2/XP-1の総開発費を上回っている) 詳しくはwiki
性能比較
3
wikiより転載


CMB56(アメリカ)
EUが次期輸送機としてA400Mを開発していると同時期に、日本においてもC-130JsやC-1の後継機としてC-X(XC-2)が開発されてる。この航空機は納入完了後には民間機として市場に投入される可能性がある。日本は自ら資金を投入し、たったの50数機の為に新型国産機を開発しようとしているのに、なぜここで誰も議論しないの?

現時点でわかる数少ない情報から、C-XはA310やB767-200と同じ位のサイズに見える。なぜ新しくB767-200Fsをボーイングから、もしくはC-130Jsをロッキードから50機買わないで、自分達で開発するんだ?

KC135TopBoom(アメリカ)
航空自衛隊には数機のC-130Hsと8機のB767-200ERsしかない。戦略的な空輸任務が必要となった時、既存の機体よりもXC-2の方が適しているんだよ。

日本が武器輸出3原則を変更するのであれば、XC-2はA400Mの競合機になるかもしれない。XC-2はA400Mよりも早く配備されるだろうし、同じくらいの性能を保有していると思う。

RFields5432(アメリカ)
日本の開発は有権者に支持されてるし、賢い選択さ。彼らは航空機の設計、製造技術の能力を国内産業で維持しなきゃって考えてるんだよ。

部分的ではあるけれど、P-3C哨戒機やF-16(F-2の事)をライセンス生産しているのがその良い例だ。国産のC-1と現在のXC-2。そして同時にXP-1を開発している。

基本的に、彼らは明確な基準と判断の元で開発を行っているわけだから、A400Mの様な議論は必要ないのさ。

A400Mがもし補助金やら国家の資金なしで独自に開発されていたのであれば、論議を醸さなかったと思う。C-160やG.222は明確な計画性があったから、論議を醸さなかったでしょ。

個人的にA400Mが複数の国家の介入による開発難航、予算超過がなければ、たいして問題はなかったと思う。

Revelation(アメリカ)
>RFields5432 [P-3CやF-16のライセンス生産]
ライセンス生産方式がどれくらい前から行われていたか知らないけど、確かF-4EJは自分達で生産してたってのを見たわ。

GDB(イギリス)
俺はXC-2がA400Mにとって代わるとは思わないよ。だってEADSの計画は、C-130JとかC-17の能力不足を補うものだし。C-130Jは陸軍の戦車等を運ぶことが出来ない。C-17は十分な性能があるけれど、凄く高いし、十分な数を揃えられないから、NATOとして機種を統一する必要がある。

C-17は忘れられてるかもしれないけど、開発初期に費用とか様々な政治的問題があった。

日本人が考えているように、彼らは航空機開発能力の維持をしたいのであって、輸出制限が厳しい日本製航空機がアメリカと競合する事はないと思うし、ヨーロッパ諸国も自分達でA400Mという機体を運用しようと考えているから、アメリカと同様に競合する可能性はない。

ヨーロッパで起こっている産業やら政府の問題なんて、アメリカも既に通ってきた道だよ。

C-160は事実上、フランスとドイツの航空産業再建の為の機体だったから、別にC-130の競合相手ではないよ。ロッキードの売込みがNATOに成功した様にね。

時々日本政府はF-2を、航空自衛隊の要望(双発)とは異なるF-16(単発)を元に作ったりといった、興味深い事をしてる。国産のジェット練習機を作ってはいたけど、結局専門的な問題(エンジン)だとか予算超過があったから、F-2では双発機の独自開発は出来なかったんだ。

C-1に関しては、航空自衛隊が後にC-130Hを買ったのを見ればわかる様に、十分な性能を持ってなかった。

KC135TopBoom(アメリカ)
>Revelation
正確には、F-15JやF-104Jと同様に、F-4EJも大部分を国産で作っていたよ。

>GDB
実際、A400Mと同じで最大積載量は37t、同じ位の広さの貨物室。それにXC-2はA400Mよりも巡航速度が速く、最大積載時でも航続距離はA400M(3298km)に対してXC-2(5600km)となってる。

Revelation(アメリカ)
>GDB
C-17は高いっていうけど、A400Mも自分らの仕事を続ける為に無駄に開発期間を延ばして、めっちゃ高い価格になってしまってると思う。それにC-17の政治的問題だとかも忘れてない。

AutoThrust(スイス)
>Revelation
誰が無駄に開発期間延ばしたって言ったわけ?

>KC135TopBoom
積載量37tが本当に正確な数字かはwikiからじゃわからないさ。C-Xは設計とかだってショボイし、ヘリコプターだって運べない、燃費だって最悪だろう。

KC135TopBoom(アメリカ)
>AutoThrust
航空自衛隊と川崎重工の公表した数字だよ。どれだけ知ってるわけ??XC-2は空中給油も可能だし、燃費だって良い。それに対してA400Mはいずれも欧州諸国の要望を満たせていない。

A400Mと比べてXC-2の設計が何で劣っているのか説明してくれ。XC-2は37t搭載可能な輸送機として開発されていて、どのような場合でも航続距離はA400Mよりも優れてるんだよ。

GDB(イギリス)

日本の輸送機に対する問題の指摘は、まだ次期早々だろうし、A400Mだって同じさ。

とにかくだよ、日本が武器輸出規制やら非戦を通している間は、NATOに日本の兵器を売ることはできないってわけ!!!

どんだけ性能が良くても、XC-2は輸出できるか疑問が付くわけ。

Cosmofly(アメリカ)
>AutoThrust
XC-2の設計がショボイって言うけれど、それでも俺らはトヨタとメルセデスを比較するわけ。そして君が少し良い物を望もうと、多くの人はトヨタ(もしくはレクサス)で十分幸せに生活出来るのさ。

Spudh(アイルランド)
なるほど、わかったぞ!!!!もしジャップがトヨタやホンダの様な信頼性がある軍用の輸送機を作れば、世界を手中に収めることが出来るってことだ。俺は日本ならやってくれるって確信してるぜ!

A342(ドイツ)
>KC135TopBoom
どれだけ知ってるわけ?と言うけれど、君に同じ疑問を抱いてるよ。A400Mよりも早く配備されると言ってるけど、それはあくまで憶測でしょ。実際はわからないだろ。

Cosmofly(アメリカ)
ところで、日本はボーイングがXC-2をライセンス生産して世界で販売するのを許してくれるかな?

CMB56(アメリカ)
たしかXC-2を民間機に流用するって記事をどっかでか読んだな。この場合、後ろのリフトを取り除いたりするんだろうけれど、アメリカ政府は民間機として日本の輸出規制を潜り抜けて購入し、緑色に塗装して軍用機として使用できないかな?

GDB(イギリス)
プアマンズC-17

A342(ドイツ)
C-1もF-2も、ライセンス生産をしているとは言っても、エンジンは米国製!

エンジン以外は独自の物かもしれない。

mandala499(インドネシア)
F-2は確かにF-16をベースとしているけれど、魔改造をして普通のF-16とは別物となってる。三菱はF-16をベースに、ロッキードと一緒にF-2を共同開発したんだ。F-16よりも大きいし、戦闘機としての役割だけではなく、攻撃機としての役割も担える。

araiguma(日本)
日本のXC-2,XP-1,F-2,10式戦車の開発コストもレポート

ここのXC-2の部分をまとめてみた。

平成5-12年 計画段階
C-Xの概要 4000万円
技術研究 5億円

平成13年-20年
開発費用 1563億円
技術試験 398億円
試験施設 77億円

平成23-30年
生産段階 264億円
購入  5492億円

平成17-70年(2058年まで)
運用段階 9760億円

これから考えると、XC-2、40機の購入費は5492億円だね。もちろん、これは大量生産による量産効果を排除して見積もられている。

XC-2の開発費は1560億円(XP1は1860億円)。運用経費は9760億円、ソフトウェア開発が260億円。40機のXC-2の開発から引退(2058年)までの総費用は1兆7千億円。

SeJowa(アメリカ)
おーありがと!


元ネタ



上の軍板はちょっと真面目すぎたので、以下youtubeのコメントをちょこっと。


AoEnabler(台湾)
いいね!!!

wot4edge540(イギリス)

マジ最高!!!

vinsimjos(インド)
カッコイイ!

nawitus(フィンランド)
バイクよりも良い物を作ってくれ…

KimmurielBaenre (アメリカ)

イイ!!A400Mはヨーロッパで色々問題あるから、輸出すればええやん!

guangwuzhongxing(中国)
XC-2は中国の軍事版でスゲー賞賛されてる。
デザインはヨーロッパのA400Mよりも遥かにカッコイイ。

SuperSexyCommando(韓国)
ギアは格納方式じゃないの?

初飛行時は格納しなかっただけなんだな(ぱんだ)

eulerw(中国)
ぱねぇ!川崎重工みたいに立ち上がれ。中国の大型輸送機も近いうちに初飛行すると思う。

dmcfarli (アメリカ)
ねぇねぇ、ヨーロッパさん、A400Mは日本にボコボコにされちゃったね。
ドラマ的な事はないよ。安いしね。おめでとう日本!

SUBSCRIBE(アメリカ)
おいおい…このカワサキってバイクメーカーのカワサキの事なのか・・・?

Nassault630(アメリカ)
アメリカでこの機体を見たいな。

juanchitu83(コロンビア)

俺Kawasaki Ninjyaを持ってたけど、マジこの飛行機カッケェ!ホシイ!




大佐…。白いほうが勝つわ・・・

人気ブログランキングへ押して頂ければ・・・嬉しいな


記事のリクエストは→リクエスト掲示板


このエントリーをはてなブックマークに追加 
当ブログのプライバシーポリシー