Battle of Sekigahara

no title


Part1


Part2


 かなり既出の動画なのですが、まだご覧になった事がない方もいらっしゃると思いますので、軽くご紹介とコメントの翻訳を。
 
この動画は、イギリスの放送局 BBC において製作された映像です。たぶん、英語がわからなくても、関ヶ原で何が起きたかある程度ご存知であれば、わかるんじゃないかなー。たぶんだけど!ちなみに、この記事は今日ご紹介した信長への海外の反応のおまけみたいなものなので、かなり手抜きです^^;

解説
 

関ヶ原の戦いは、1600年10月21日に関ヶ原を主戦場として行われた天下分け目の決戦である。勢力は徳川家康を総大将とする東軍と毛利輝元を総大将と
し、石田三成を中心とする西軍にわかれて戦った。西軍方は三成の拠る「笹尾山」、宇喜多秀家の拠る天満山、小早川秀秋の拠る松尾山、そして毛利秀元が布陣
する南宮山のラインで東軍を囲む鶴翼の陣を敷く。明治の世に軍事顧問として来日したドイツのクレメンス・メッケル少佐は関ヶ原における両軍の布陣図をみ
て、即座に西軍の勝利を断言したという。しかし、東軍は鶴翼の「翼」の部分に相当する諸将の多くを内応させており、本来ならば圧倒的に不利である鶴翼の陣
の奥深くに陣を置くことができたのである。

 両軍の士気は高く、戦いは非常に熾烈を極めた。しかし、西軍において実際に戦っている部隊は
3万程にすぎず、三成はまだ戦いに加わっていない大名達に参戦を促した。本来であれば、松尾山の小早川秀秋隊1万5,000と南宮山の毛利秀元隊1万
5,000、その背後にいる栗原山の長宗我部盛親隊6,600ら、計4万7,000が東軍の側面と背後を攻撃すれば、西軍の勝利は確定的となるはずであっ
た。しかしも毛利・長宗我部盛親・長束正家・安国寺恵瓊は内応済みの吉川広家に阻まれ、参戦できず、直後に小早川秀秋の裏切りによって、東軍は西軍に対し
て総攻撃を開始し、西軍は壊滅した。

時に、西軍で参戦していた島津隊は東軍によって包囲され、島津隊は多大な犠牲を払いながらも、敵中突破を強行する(島津の退き口)。

 島津と言えば、豊臣政権下の文禄・慶長の駅において朝鮮・明連合軍から鬼石曼子と恐れられていた。記録によれば、7000人の寡兵で約3万の朝鮮・明連合軍を打ち破ったとされており、その力は家康にも警戒されていた。

 詳しくはwikiなり教科書なりを・・・ご覧ください。^^;



RoniCMaste
サムライが英語話せたなんて知らなかったよ!!!

Suppressingfire(マルタ)
いや、BBCのドキュメンタリーだから。

dodow1234 (インドネシア)
もっとアップロードしてくだしあ!!!

my3or8racing(アメリカ)

もっと見たいです

Suppressingfire(マルタ)

ほんと、サムライは大好きだよ・・・。特に日本刀と脇差が・・・美しいよね。

Tokugawa Ieyasu(カナダ)

カッケェー。もっと見たい。

RoninShinobi88(アメリカ)
これ何ていう映画なの?

Suppressingfire(マルタ)
これはBBCのヒーロー&悪者を描くシリーズの映像だよ。ラインハルトとかナポレオン、スパルタカス、フン族のアッティラとかもあるよ。

theif55(マレーシア)

秀秋カワイソス。俺秀秋みたいな奴、好きだよ。

theif55
凄く上手く作られたドキュメンタリーだな。関ヶ原の戦いは世界史においても偉大な戦いの1つだよね。

mrbeate
実際、戦いはこれよりも大きかっただろうなー。

deathpussful(中国)
0:42秒のってサンタクロースの帽子かぶってんの?

(Part1の方)ぱんだ

420Guitar420(アメリカ)
これってヒストリーチャンネル?

ChineseinCanada(カナダ)
何で英語しゃべってんの?

kishaba1980(ロシア)
確かに全体的には良いけどさ・・・日本語の方が絶対にいいよ。

warriormoonlight(インドネシア)
サムライたちが日本語はなしてたらもっと良かったのにぃ。

TheGriefmaker(ニュージーランド)
織田信長が粉を挽き
豊臣秀吉が焼いてケーキを作り
徳川家康が食べました!


Yojimbo13david(アメリカ)
この戦いは世界の軍事史の中でもお気に入り!


 本当は信長の方にまとめようと思ったんだけど、忘れてた。。。話もちょっと違う話なので、別個にしました。おまけなので、特にコメントもなす。次回こそOH-1で。

人気ブログランキングへ押して頂ければ・・・嬉しいな

記事のリクエストは→リクエスト掲示板


このエントリーをはてなブックマークに追加 
当ブログのプライバシーポリシー