日ユ同祖論  海外の反応

イスラエル
日ユ同祖論 海外の反応
翻訳の前に。

 管理人は日ユ同祖論を全く信じておりませんが、面白いとは思っています。所謂ロマン的な意味でです。こちらに詳しく解説?されております。興味がある方はどうぞ。また、こちら(wiki)にも解説がございます。wikiをご覧頂ければわかりますように、日・中・韓の言語しかない項目でございます。肩を張らずに気楽にご覧下さいね。












(読んでいる途中でサーバーエラーになった為、キャッシュで。)

ユダヤの失われた十支族・・・一部は日本にたどり着いたのだろうか・・・?

我々ユダヤにとって興味深い話を発見した。そしてこれは長年捜し求めてきた失われた十支族に関連する事かもしれない。かつて一部の支族がエチオピアへ渡った事は我々も知っている事であるが、その多くのユダヤ人は現在イスラエルで暮らしている。また、有名な説ではアイルランドやインドにも支族が渡ったという説がある。実際の所、検証を行っていくと失われた支族が日本に渡ったというのは理論的にも正しいと考えられる。

 日本の古代より伝わる儀式の多くは、イスラエルの失われた支族が日本に渡った事を示しているように思われる。



御頭祭に伝わる話は、旧約聖書、創世記22章に登場するアブラハムが息子イサクを神に捧げようとした物語と同じものだ。

イスラエル人が古代日本に辿りついた

長野県には、日本でも有数の諏訪大社がある(神道とは日本固有の宗教である)。

諏訪大社では、毎年4月15日に御頭祭と呼ばれる伝統的な祭事が執り行われてきた(旧暦の3月-4月)。この祭りは旧約聖書、創世記第22章に登場する、アブラハムが息子イサクを神に生贄として捧げる物語と同じものであり、諏訪大社においては古代から重要な祭りとして執り行われてきたものなのだ。

諏訪大社

諏訪大社の後ろには守谷と呼ばれる山(守谷山)がある。諏訪の人々は守谷山の神であったり守谷の神と呼んできた。つまり、この大社は守谷の神を祀る為に建立されたのである。

祭りでは小さい男の子がロープで木製の柱に縛られ、竹製の敷物の上に寝かされる。神主は小刀を用意し柱の一部を切りつけるが、そこで別の司祭が止めに入り、子どもは解放されるのだ。
この物語は、ま聖書においてイサクを捧げようとするアブラハムを天使が止める話を彷彿とさせる。

御頭祭に使用される小刀

この祭りでは、動物も生贄として捧げられる。75頭の鹿の頭部が生贄とされるのだ。この鹿は神の為に捧げられ、聖書に登場するイサクの代わりに生贄となった羊の物語と関連している可能性が高い。また、鹿の中には必ず耳裂鹿と呼ばれる耳が裂けた鹿が入っており、これは木に引っ掛かり動けなくなった羊の耳が裂けてしまった事を示している可能性がある。

なぜ羊ではなく鹿なのか。これは恐らく古代日本において羊が存在しなかった為であり、代わりに鹿を捧げたのだろう。古代であっても、伝統的に日本神道では動物の生贄は一般的ではなく、人々は変わった風習だと感じていたのだ。

イスラエルではゲリジム山において祭りが行われており、そこでは羊が生贄として捧げられている。その数は75頭であり、これは日本の諏訪大社における75頭の鹿と関連している可能性があるのだ。


以下飽きたので略。


翻訳元
翻訳元

日本人はユダヤ人? -日本とユダヤ教の密接な類似性から判断した場合-


・はぁああああああああああ?日本人はユダヤ人なのか。


・うーん。二つの民族には何の関係性も見出せないな。日本人はモンゴロイド系、ユダヤ人はセム系で、ユダヤ人の場合は、バビロニアとかメソポタミア(イラクらへん)とか、科学的に言えば5つの民族の子孫であって、アフリカとかコカーサス、セム、アリウス派とかネアンデルタール、色んな血が混ざっている。つまり色んな血が混じってるんだよ。


・まぁ、部分的にしか理解できないけど、面白いからもうちょっと詳しく知りたいな。


・うは。面白い。凄く色んな所が類似してるな・・・。


・おもしろ・・・。徳島で彼らが何を見つけたのか気になるね・・・。


・明らかにユダヤじゃねぇか。


・うはwwwwスゴイ面白い。髪の毛が逆立ったよ。ユダヤに関する謎が日本に隠されてるのか・・・。


・凄い面白い。私は東ヨーロッパ系のユダヤ人だけど、なぜかアジア人みたいに髪の毛がストレートで不思議だったの!・・・多分、私の祖先にはアジア系も混じってるんだわ!


・自分はイスラエルのユダヤ人だけど、納得できないわ。色々と間違ってるし、おかしい。


・失われた支族を忘れたのか?動画みればもしかしたら・・・って思うだろ。


・日本で交易していたポルトガル人は、ユダヤと日本人の類似性に気づいていたよ。例えば言葉の「ありがとう」はヘブライ語の「オブリガド」から来てて、この意味は「ありがとう」なんだ。多くの日本語がヘブライ語と類似している。ただ、哀しい事にユダヤ人がドイツを粉砕する為に作った原子爆弾は広島と長崎に落とされたんだよな・・・。


・俺はニューヨークで育ったユダヤ人だけど、いつも日本文化に魅了されていたんだ。で、思った事は、日本人は僕らと非常に似ているって事なんだ。この話の真偽については話すつもりはないけれど、決定的な資料が示されるまでは、日本とユダヤの関係を信じるね!


・まぁ、共通点としたらアメリカだとユダヤ人がポルノを支配し、日本じゃヘンタイ文化が社会に受け入れられているって事かな。


・面白いけどないわ。


・日本が韓国を植民地化した時に、日本にイスラエルと関係する文化を奪われた。だけど神の思し召しによって、韓国ではキリスト教が浸透し、世界でも高い割合でキリスト教が信じられている。それに対して日本はたったの数%。キリスト教の精神は1907年代から韓国で根付き始めており、神は韓国人を選んだ。韓国は多くの困難に見舞われ、100年間も支配された後に、ついに独立を果たしたが、内戦を経験する事となった。それでも奇跡は起きた。今では世界第11位の経済大国であり、これは奇跡だ。日本は過去1500年間韓国の植民地となり、韓国人の子孫であるという事を認めようとはしていない。しかも自分達がイスラエルの子孫だ何て思っている。


・日本人がユダヤ人の子孫だなんて思ってる、もしくは知っている日本人なんて限りなく0に近いね。思ってるのはイスラエル政府ぐらいじゃねぇの。韓国人をユダヤの子孫と思う人間だって居ないだろ。

全く、君みたいに韓国人はユダヤ人だーなんて言われると困るね。韓国のキリスト教徒が一体、ユダヤ教徒の為に何したっていうんだよwwwそもそも言ってる事が意味不明だからwww

なんで韓国人は何でもかんでも日本と比較したがるんだwww日本と比較したい韓国人でしょ?君wwww


・↑歴史を歪曲するのは君らだ。君は本当の歴史を知らない。日本にある文化の全ては韓国が起源だ。


・つうかそもそもキリスト教とユダヤ教は違うっていう・・・。


・韓国が日本に自分達の神(統一ry)を輸出しようとしてるよね。日本は注意して!


・大丈夫だろ。そんなの日本人には無用だ。日本は中世の頃から西洋と交流を持ってキリスト教を知ろうとしていた。日本でキリスト教を布教させようなんて難しいよ。何せ彼らはそもそも宗教に興味を持っていないからね。


・俺の父さんって日本人みたいなんだよね。で、俺はユダヤ人なわけさ・・・。俺って日本の遺伝子が流れてるのかな。


・おい、ユダヤ人は今度は日本人になりたがってるのかよ?w


・日本の皇室は日ユ同祖論を認めたの?


・日本がイスラエルの失われた支族かどうかについて、自分は調べた事がある。恐らく、彼らはイスラエルの支族だろう。日本は世界の経済大国グループであるG7の一角を担っている。ここにはアメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、そして日本、後G8ではあるけれどロシアが含まれている。なぜこれらの国は世界の経済に大きな影響を及ぼす国家になったのか?それは、これらの国がユダヤの国だからだ。彼らはユダヤの失われた支族なのだろうか?神の思し召しだ!フィリピンにもごく少数ではあるけれどユダヤの支族の生き残りがいるらしい。その為、日本のユダヤ教徒はフィリピンに向かったのだ。そしてそこにはソロモンの秘宝が隠されている。ただまだ情報が足りない。もっと多くの信頼すべき情報を見つけ出す必要gあある。日本人はユダヤ人なのか?それはまだわからないが、真実が判明すれば、世界に公表されるだろう。


・ないわwでも面白かったよw


・なんか日本人がイスラエルの失われた十支族の末裔じゃないかって仮説を聞いたんだけど、調べたらガチじゃねって思えてきた。現時点では、俺としてはユダヤの子孫だと思ってる。仮説だと日本語とヘブライ語は数千もの類似した言葉・意味があり、古代の伝統・文化・宗教的儀式、その他多くの分野で似た点があるとなっている。これってマジなのかな。


・笑えるわ。科学的・文化的にもないね。







 ロマン。ただそれだけ。上の韓国に関するコメントには、既に反論してくれている方がいらっしゃいますから・・・ね。どうか肩の力を抜いて読んでくだされば幸いです。上のフォーラムでは、多くの人はネタだと認識しています。信じているのは、一部の人といった感じです。

 ブログへの移転前、ちょうど去年の1月にも取り上げたので、それを丸写ししようと思っていたのですが、データが消えてました^^;

 早速、リクエスト頂いたネタで。コメント欄について規制云々等のご要望がございましたが、それについてはこちらをご覧下さい。前回のコメント欄において「
日本人が外人から賞賛されているテーマを翻訳してくれ。一切日本のことを悪く言うコメントは訳さないでくれ」との事でしたが、元々そういうブログではないので・・・。ブログ形式に以降する前から、日本にとって都合の悪い、気分が悪くなる文章・内容でも翻訳するという方針であり、今もそれは変わっておりません。ご理解頂ければ幸いです。前回ある種感情的な議論も見受けられましたが、お書き込みになる前にこちらをご覧頂ければ幸いです。皆でニコニコ。それがぱんだの希望なのです。


 コメント123様

 あ、こちらではそれ以前のお書き込みから皮肉と判っていましたので><;ただ、ここで合えて皮肉にお答えしたのは、一部の発言に対して感情的になり誹謗・中傷と取られかねない発言をなさる方もいらっしゃったので、あえて「日本の事を悪く言う発言も訳す」と申し上げさせて頂きました。ちょっと言葉が足りなく、前回のコメントを読んでいない方は123様を誤解してしまうような内容になっておりました><誠に申し訳ありません。


当サイトにつきまして

人気ブログランキングへ ランキングに参加しております。よろしければポチっとお願いします。




記事のリクエストは→リクエスト掲示板


このエントリーをはてなブックマークに追加 
当ブログのプライバシーポリシー